もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

104歳世界講演旅行

104歳で世界講演旅行=「健康長寿の極意伝える」-福岡の昇地さん(時事通信)

 「99歳までは助走。100歳からが本番」-。福岡教育大名誉教授で知的障害児通園施設「しいのみ学園」(福岡市)園長の昇地三郎さん(104)が、6回目となる世界講演旅行に出発した。健康長寿の極意や幼児教育、障害児教育の大切さを説いて、米国など5カ国を回る。

 昇地さんは1954年、脳性まひの長男と次男のために「しいのみ学園」を創立。親子でおもちゃを作って子どもに刺激を与え、触る、見る、聞く経験を豊富にする教育を実践してきた。現在は耳が聞こえにくくなったが、100歳を超えても、国内外で年間60回以上の講演をこなしている。

 健康の秘策は「リズミカルな生活」という昇地さん。食事は一口で30回かむこと、関節などを動かす棒体操、ラジオの語学講座を聴くことなど、自ら心掛けてきた「サブちゃんの十大習慣健康法」を紹介する。
 世界各国を講演する旅行は99歳の2005年から始め、100歳を超えてからは5回目。講演では、あいさつと自己紹介を現地の言葉で自ら話す。長時間の飛行機旅行で体調管理が心配されるが、秘書の古賀毅敏さん(69)は「フルフラットのシートで寝ていれば100歳でも大丈夫」と話す。

 19日に成田空港を出発。米国ニューオーリンズで開催される米国老年学会で、英語で講演をするほか、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランドの大学やシンガポールの幼稚園を訪問し、来月9日に帰国する。
 昇地さんは世界を飛び回る原動力について「行ってみないと分からないから」と明言。「人を驚かせることが今からの人生。104歳から後も希望に満ちている」と元気に話した。(2010/11/20-05:50)
 .....................................

 驚きましたね。
 80歳代でも世界講演旅行などは珍しいと思いますが。
 104歳とは...........................
 
 社会が高齢化する中で、クレーム老人とか、暴走する老人とか、刑務所は老人だらけとか、さらにゴミ屋敷の孤独死などの暗い話が多いですが。
 健康で、社会発揮出来ることは最高の人生ですね。

 104歳は別格としても、80.90歳代で元気な方も増えてくるでしょう。
 こうして、元気で社会に自分を発揮出来る人も増えてくることでしょう。
 高齢者が増えれば、暗い老人も増えるかも知れませんが、同時に明るく発揮する老人も増えるはずですね。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/75-3856941d

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。