FC2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

食べてはいけない魚

 北海道から静岡県に至る太平洋側の水産物は、子どもに与えてはいけない。
 福島県沖、茨城県沖は大人も食べてはいけない。
 それより遠くでとれたものなら大人なら食べて良いのか。

 これが簡単にはいえない話になるのだ。

 先ずはそれら以遠でも、魚の種類によってばらついている。
 また遠くの港に下ろすと「愛知県産」なり「青森県産」になってしまい、誰も解らない。
 大衆魚でも、漁獲してから300~400kmくらいは運ばれると考えたほうが良いのではないか。

 面倒な話だが、現実は現実なので、食べないほうが良い。

 サカナは食べられるか?      10/25   武田邦彦

8月から10月にかけての太平洋側のサカナの汚染状態について整理をしてみたいと思います。基本的には状況は変わっていません。結論としては、次のようになるようです(太平洋岸の北海道から静岡まで)。

1)時々、大人でも食べてはいけないサカナが見られる(セシウム)。

2)おおよそ、子供は食べない方がよい(セシウム)。

3)ストロンチウム、プルトニウムのデータがほとんど無く、小魚を骨ごと食べるのは避けた方がよい。

4)汚染の数値はセシウムの値を2倍にするのがメヤス。

結局、東日本の太平洋側のサカナは買わない方がよいのですが、その理由は、
1)暫定基準値が高く設定されいるので、表示されていなければ1年5ミリの被曝になる可能性がある、
2)安全レベルの1キログラム40ベクレル以下のものもあるが、40ベクレル以上のものも「安全」として売られているので区別がつかない、
3)相変わらず福島近辺の海からとれるサカナが汚染が高く、海の海流などでのセシウムの拡散が遅いようだ、
4)川魚、貝類、藻類も同じように危険、ということです。今年は買うのをやめておいた方が良いでしょう。(川魚の汚染と水道の汚染のつじつまが合わずに、若干困っています。)
・・・・・・・・・
1. 8月のグリーンピースのデータ

bandicam1.jpg

8月のデータでは、アイナメ、メバル、サクラマスなどの主力魚が200から1000ベクレル程度汚染されています。1年1ミリの被曝として、空間0.4ミリ、水0.1ミリ、ホコリ0.1ミリ、食材0.4ミリと割り振ると、サカナは1キログラム40ベクレルが限度になりますから、いずれもまったく食べることができないぐらいでした。

日本にいてグリーンピースのデータを使うのは残念ですが、私が最初にサカナの汚染を調べたのもグリーンピースでした。今までグリーンピースの批判をしていましたが、国がダメなときには「徹底的な反対派」がいることも大切ですね。

2. 9月の水産庁のデータ

bandicam2.jpg

9月は8月と同じく福島近辺では50ベクレルから1700ベクレルぐらいになっていて、状態の変化はありませんでした。これを「放射性物質の移動」という意味では海に流れた放射性物質を陸揚げしているということを意味しています。特に海に流れたと考えらえられるストロンチウムやプルトニウムをサカナを媒介して陸に揚げていることも心配されます。

また水産庁の測定は信頼できると思いますが、肝心のストロンチウムとプルトニウムの値が出てこないので、その点で不誠実と思います。またサカナも一部が公開されているのか、全体から見て、ここで示したサカナが何%なのかも判らない発表のしかたです。

3. 10月の水産庁データ

bandicam3.jpg

青森県から宮城県沖でとれたサカナは、タラ、カレイ、ブリなどの主力魚がおおよそ10から40ベクレルぐらいで、「汚染されているが食べられる」というレベルにあります。もし、国が食材について1年0.4ミリシーベルトというまともな規制を引いていたら、これらのサカナは堂々と「安全」というレッテルを貼って出荷されるでしょうが、なにしろ基準値が500ベクレルなどになっているので、これらのサカナも紛れて危険になってしまいます。

bandicam3_1.jpg

茨城沖も10から50ベクレルぐらいでギリギリの状態が続いています。このような状態は北海道の太平洋側から神奈川まで続いていて、静岡のデータはほとんど得られません。静岡のデータが見つからないのは、私の探し方が悪いのか、本当に測っていないのか判りません。静岡はお茶の時に「測定しない」という方針をとったので、その名残があるのかとも思っています。

bandicam4.jpg

川魚はどうかというと福島などは汚染されていますが、100ベクレル程度の汚染がみられます。このデータは栃木県のアユですが、子供は絶対に止めた方が良いという値です。これでも国の暫定基準値(1年5ミリ、セシウムだけ)の範囲に入るのがとても残念です。

このような状態なので、「検出せず」のサカナも多いのですが、基準値が高いので、やはり避けた方が良いと思います。総じて、水産の人にも順法精神と日本の子供を守る日本の大人としてのプライドを求めます。
関連記事

コメント

北海道

グリーンピースのデータをご覧になったのなら、北海道は今は大丈夫だと思うのですが。

個々で危険だと思う基準は違いますが、武田先生でもグリーンピースのデータが出てからは、
北海道はものによっては注意程度に言いなおされています。

これこそが風評被害を産むと思うのですがいかがでしょう。

私は御ブログをたまに読んで参考にしていますし、北海道は安全だ!と言いたいわけではないのですが、この記事を読むとどうも違和感がぬぐえなくなりました。

グリーンピースの引用データも北海道の部分はありませんし・・・
漁業関係者でもなんでもないんですが。

Re: 北海道

コメントをありがとうございます。
北海道産の農産物は大丈夫と思います。
水産物は道東太平洋側の各港の水揚げが今年は異常に大きく、疑問がある。
現段階では、疑問以上にも以下にもなリませんが。
疑問のあるものは子どもに食べさせてはいけないと思います。

はじめまして

もうずぐ北風さま はじめまして ぞぬと申します
いつも楽しく拝見しております
非常に有益な情報をいただいております

横レスで失礼なのですが まう様へ
全ての食品に関して言えることですが安全という言葉を使うこと自体が不適当ではないかと考えています
程度こそあれ汚れているわけですから 食べるかどうかは消費者の判断に依るしかないでしょうね
いずれにしてもストロンチウムのデータが公表されなければ口にして良いかどうかの判断すらできない状態にあると思います

Re: はじめまして

コメントをありがとうございます。
概ね同感です。
安全基準自体が、自分で判断し、決めなければならない状況です。
間違ったり、知らないで買うことを勘案すると、最大限用心するしかない。
「程度問題」ということになりますが、面倒ですが、事実です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/728-50e1031a

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん