fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

ただいま被曝中(7)いま想うこと

 いま想うこと       10/17 「ただいま被曝中」氏から

いずれ、真実が解る日はくるのだろうか?

我々がしている事、言っている事はしょせん想像でしかない。
チェルノブイリ以上だと言うもの。
チェルノブイリ程ではないというもの。
全く安全だというもの。

どれが真実なのだろうか。

現在に至り、外国からの評価はチェルノブイリ程ではないという見解が多くなってきている。
しかしそれは現段階においてまだ目に見える障害が起きていないからではないだろうか?
だんだん麻痺してきているのがわかる。

日常が取り戻されてきている。
内陸部はほぼ元の生活に戻っている。
少し子どもが減っただけである。

今日M弁護士からお電話をいただいた。
避難している方が非難され苦しんでいると。
話をしに来いと。
いつでも行きますよ。
 
避難された皆さん!
皆さんの判断は絶対に間違っていません。
なぜなら、放射線被害の真実など誰も知らないのです。
これが事実です。

ということは、防災の基本は万一を考えての防護です。
皆さんの行動こそが英断です。
多くの人々に出来なかった事をやってのけたのです。
避難出来ない人々は、やってのけた人々を称えるべきです。

ひがみや、やっかみはみっともない!
私は支持します。
素晴らしい英断です。

いずれはっきりする時がくるでしょう。
100%後悔しない道を選ぶしかないのです。
いつの日か、はっきりして、そのときまた、いがみ合うのでしょうか?
万が一何事もなかったなら、避難しなかった人々は胸を張って威張るのでしょうか?

私は結果ではなくて、その時に何ができたかであると思うので、どんな結果が出ようと今の気持ちは変わらないと思います。

なにも起こらず、元通りになれたなら、私は笑われても照れ笑いを満面の笑顔で返すでしょう。
関連記事

コメント

事故時点で

一刻も早く自己判断で避難された方はすばらしいです、
それを非難する人たちには救いはないような気がします。

福島原発の数ははチェルノブイリ以上、ウラン量も多く、
まだ収束されてない、そして放射能拡散圏内の人口密度も高いとなれば
必然的に被害はそれ以上だとおもわれます。

まったく安全だというなら今までの今から想うと些細な原発事故の
とりあげ方が過敏であったというのかなぁ~とおもいますよねっ・・・


もうすぐ北風さん、いつも情報の拡散ありがとうございます、
狭いネットの世界かもしれませんがこれからもお願いします!

全国から見れば、避難した方々のほうが賢いと感じますし応援したいと思います。
郷土愛、愛着。それもいいけれど、
今は異常事態です。
こののんびりとした日常では、感じることも難しいですが・・・

避難しましょう。
出荷をやめましょう。
食べて応援をやめましょう。
(補償される邪魔になります)
瓦礫拡散をやめましょう。

そして日本人同士助け合いましょう。
そこにいては無理です。

Re: 事故時点で

今もそうですが、テレビなどはまだまだ安全神話を振りまいています。
マスコミぐるみで圧倒的に洗脳してくるので、政府や県とともなって、「気にならない」人たちが多数派になっています。
実際には「気にならない」のではなく、「見て見ないふり」と言うのでしょうがね。
思考停止を破らなければ。

Re: タイトルなし

コメントをありがとうございます。
同感です。
異常事態が続いているのに、通常を装うのはとんでもないことです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

ずいぶん膨大なホームページの中だったのですね。
驚きました。
おかげ様であちらこちらと拝読させて頂きました。
なかなか勉強になります。
よい思い出ですね。
書いておくことは大切ですね。本当に。
私は匿名に甘んじないよう、少し反省しなければ。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

もうすぐ北風さんのいうとおり、たいしたことない。やら深刻でない。という論調のものが多いと思います。
ただ20年から30年後に、結論が出ることなので、非難した方達を批判する理由はないと思います。
アメリカが渡航者に半径80キロメートル以内の一年以上の滞在不可を警告しているので、決断の判断は正解だと私は思います。
将来ある子供さんたちが心配でなりません。

Re: タイトルなし

コメントをありがとうございます。
通常ではない、放射能汚染と言う異常な事態が今もこれからも続くわけなので、このことについては常に最悪を想定して行動する。
このことが重要と思います。
政府とマスコミが責任逃れの思考停止しか発表しない以上、私たち自身の判断が大変重要です。
米国の半径80kmも「最適」ではなく、「最低限」の範囲と思います。彼らも後は「自己責任」ですから。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/715-ded473da

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん