もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想像を絶するほどの卑劣漢が総理大臣

 6/2の朝、内閣不信任案が賛成多数で議決されそうな情勢である事を知った菅は、急遽鳩山と会談した。
 2次補正予算編成の区切りがついたら、退陣すると思わせた。
 そのあと、直ちに発表し、「若い人達にいろいろな責任を引き継ぐ」として、近々の退陣を表明していると思わせた。

 短時間に情勢は急転換した。
 民主党の反菅議員にとって、近々に退陣するのであれば、自民、公明と組んで民主党を分解することは当然にも避ける。
 殆んどの議員は一瞬にして、不信任案に賛成から反対に回ってしまった。

 この急展開に小沢氏も強引に不信任は貫けない。せめて幹部は欠席した。
 こうして、衆議院の議決は、不信任は否決された。

 そして、その日の夜に早くも菅は、「第一原発の冷却安定まで」として、近々の辞任を否定した。
 政権幹部は「辞任などとは言っていない」と表明。
 騙された鳩山は「ペテンだ」と怒った。

 なんとも、鳩山はまたまた騙されて、議員たちを騙すための山車にされた。
 人のよいのは分かるが、騙されるのも限度がある。
 もっとも鳩山が騙されなくても、かなりの議員たちは騙されて、不信任案は否決されただろう。

 なぜなら、これほどにまで人だましの卑劣な詐欺をするとは、普通の人間にはとても思いつかないからだ。
 2次補正予算編成の区切りがついたら、若い人達に責任を引き継ぐ、と言い。
 不信任案が否決されたら、原発が冷却安定したら、辞任とは言ってない、と言う。
 
 少なくとも鳩山氏を含めて、80人近い議員が詐欺被害に遭ったわけだ。
 菅の嘘と騙し、ずるさといった卑劣さは、普通の人間には想像がつかないほどのレベルだ。
 空き缶の中は空気ではなく、そういった想像を絶する諸々がぎっしりと詰まっている。
 その中には、間違っても誠意とか責任とか国民とか政策とかはまったく入っていない。

 不信任案は一期に再度出せないなら、通年国会にしたらもう出ない。
 あとは(今までどおりに)怠けて、万事を責任逃れを続けていれば、原発も遅れ、震災復旧も遅れ。放射能は広がる。
 復興は米国と財界の好みに合わせて現地をゆっくり経済特区にでもなるだろう。増税して米国債さらに買うのも勝手にやらせておけば、総理の椅子は安泰だ。

 その間も、被災者は餓死者と病死が続出している。
 福島の子供達はそのまま被曝させている。
 国民は急速な窮乏化が進んでいる。
 
 
関連記事

コメント

もう、言わせてもらう。
こんな、卑怯者、いらない。
軽蔑する。
ひとりじゃないな。

 館総理は政治戦術として、鳩山元総理を上手く誤魔化した(だませた)という認識なのでしょう。確かにそうした戦術も有りやも知れません。
しかし、こうした戦術は”欺ヘン行動”と呼ばれる物で、戦術としては最低の戦術とされる物。
 それは、言葉自体を馬鹿にした(尊厳を否定する)行為である故。言葉を武器とする政治家たる人種が、言葉を軽視しては先は無いでしょう。

菅と言う男は、人生すべてが詐欺だったようだ。
こんな卑劣漢を、常に党三役にしていた「オリジナル民主党」連中の資質が現れている。
いずれは退陣するだろうが、それまでの間はさらに政治は崩壊し官僚は動きを止め、復旧も経済も壊滅に向かいかねない。

しかし

これで自民が与党に返り咲く可能性はなくなり
本人もこの先は針の筵でしかないし
もしかしたら小沢さんの勝利条件の
修正条件が満たされたのかも知れない
って見方もありますから
せいぜい敵しかいなくなった閣内で
小突き回されながら
我々の役に立ってください。
前言を翻しちゃった代償を
泣き叫びながら払ってもらいましょうか?

Re: しかし

しかし、ひどい.................。
いったん退陣表明と同じことをしたのだから、党内も官僚も相手にしないだろう。
行政はさらに停滞するだろう。
こうなったら、もう叩きまくって一日も早く辞めさせなければならない。
なんとか、小沢氏の威力を回復したい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/468-b0f6e4c8

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。