fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

通貨戦争(35)金兌換停止から今日へのドル/円

 金兌換停止から今日に至る基軸通貨ドルの変遷、特徴と傾向を振り返ってみる。
 
 ドルが基軸通貨であることを踏まえて、日米、世界の状況とつき合わせれば良い。
 グラフが全てを語っている。

 fxdondon 氏から
 ーーーーーーーーーーーーーーーー
為替相場に大きな影響を与えた出来事

usd:jpy


■1971年8月:ニクソン・ショック
金とドルの交換が停止され、ドルはリアルマネ-金の裏づけのないただのペ-パ-マネ-と生まれ変わった。
ここからドルは価値の下落が約束され、実質的なドルの切り下げによって、円については1ドル=360円の体制を離脱した。
また、1973年から先進主要国で変動相場制が開始され、8月まで1ドル360円だったものが、10月には330円、年末には315円。1973年に260円、1976年には300円、そして、1978年のカ-タ-・ショックを迎える。

■1978年11月:カーター・ショック
米国の貿易収支の大幅な赤字進行とインフレ率の上昇等でドルが急落。これに対応するため、協調介入の強化や公定歩合の引き上げなどを含めた一連のドル防衛策が実施された。ドル/円は1日で10円以上のドル高・円安になるようなジェットコ-スタ-相場が続いた。
1978年初めには1ドル240円、年末には195円と200円を切った。しかしその後、200円以上のドル高円安相場となったものの、プラザ合意を迎える。

■1985年9月:プラザ合意
米国内で死んだ産業構造が露呈したのがこの時期にあたり、低迷する米国経済を支援するため、ニューヨークのプラザホテルに集まったG5の要人が対ドルでの自国通貨の切り上げを政治的に決定した。
プラザ合意前には1ドル330円にまでドル高円安が進んでいたが、世界的な協調介入でドル安誘導を行い、年末には300円を切り、2年後の1987年末には我々も数年前のバブル期に見たことがある水準の120円にまでドルは切り下がった。
リアルマネ-金の裏づけのないただのペ-パ-マネ-・ドルは、いとも簡単に適正な評価へ導かれた。

■1990年~1992年:社会主義国崩壊
ソ連崩壊・東欧改革の混乱、イラク軍クウェート侵攻、湾岸戦争勃発、ユーゴスラビア崩壊。
1990年には1ドル145円まで戻したものの、1992年初めには125円となった。

■1992年9月:欧州通貨危機
経済通貨同盟(EMU)の先行き不透明感やドイツの高金利政策維持により、投機筋によってドイツマルクが買われ、逆に弱い通貨である英ポンド、イタリアリラ等が売られた。これによってERMは、5年9カ月ぶりに中心相場の再調整に追い込まれ、イギリスとイタリアがERMから離脱した。
ジョージ・ソロス氏によるポンドへの売り浴びせは激しさを増し、9月16日のブラック・ウェンズデー(暗黒の水曜日)は今でも有名である。
1993年には1ドル101円にまで下落、その後やや戻したもののメキシコ通貨危機を迎える。

■1994年:メキシコ通貨危機
メキシコで貿易赤字の累積や社会不安が表面化したことから、資本の海外逃避が一斉に始まり、変動相場制への移行と自国通貨の切り下げによってメキシコペソは大暴落した。
この背景には、米国が1994年2月~1995年1月の期間に7回の利上げで、3.00%→6.00%へ引き上げたことも、メキシコから米国へのレパトリを加速させた。
1994年初めには1ドル112円だったが、4月にはここしばらく円最高値を言われてきた79円台をつけた。

■1995年:七夕介入
4月に史上最高の1ドル=79円台をつけ、7月7日に日米が協調介入を実施し、同時に日本は利下げを実施した。この年は、為替介入により年末には103円になった。しかし、アジア域で通貨危機が起こりそうな流れから、円も安く動いた。

■1997年:アジア通貨危機
事実上、ドル・ペッグ制をとっていたタイ・バーツが市場の圧力でペッグ制を維持できなくなり、切り下げられて大暴落した。それがアジア各国に波及し、通貨の切り下げや通貨制度の変更に追い込まれた。特に、タイ、インドネシア、韓国は、経済面で大きな打撃を受けた。
1997年には1ドル130円を超える円安で、1998年には150円に迫る円安となった。

■1998年:ロシア金融危機(ロシア財政危機)
ソ連崩壊後、市場経済化を進めたロシアは、インフレと財政赤字に悩み、さらにアジア通貨危機の余波も受けて、98年に国債価格が暴落。国債での資金調達が難しくなった政府は、危機打開のためにルーブル切り下げや対外債務の支払い凍結を発表。これによって、政治は混乱し、通貨・株・債券のトリプル安になった。
8月に150円に迫る円安相場も、有事の円買いによって円高基調へ動き出した。

■1998年10月:LTCMの破綻
米国のヘッジファンドLTCMが破綻し、10月7日から8日にかけてのわずか2日の間にドル/円が20 円以上動いた。その要因として、膨大に積み上がった円キャリートレードの損切りがあった。
8月の150円から10月には115円、1999年末には102円となったが、米国ではITバブル景気に沸き、2001年7月には125円に戻した。
2001年9月11日、同時多発テロ事件という米国で起こった同時多発テロは、ニューヨーク市場が大打撃を受け、一時マーケット機能が停止し、株価は全面安となったが、為替は一時的に円高に振れたものの、2週間ほどで元のレベルに戻った。

■2007年8月以降:
BNPパリバ・ショック、リ-マン・ショック、ドバイ・ショックなど民間の危機を経て、最終章であるソブリン・ショックへの過渡期にある。

ドルの歴史は下落の歴史、これが過去の経験則であり、帝国の栄枯盛衰は100年サイクル、というのも過去の経験則です。
たとえ「米国が潰れるわけない」とする立場をとったにしても、通貨の基軸性と価値は別物であり、たとえ1ドル50円になっても基軸通貨はドルのままであり、基軸性と価値を混同しては相場を見誤ると思います。

今注目すべきことは、米国の対外赤字ではなく、対内赤字である、つまり、財政赤字である。今までの為替相場で「双子の赤字」として大きく騒がれたことはあったものの、どちらかと言えば貿易赤字が主体だった。
救いようのない連邦政府債務が騒がれるのは、これが初めてとなる。
それが、今後において解消できることならともかく、解消できずに膨れ上がることだけを見ていくわけなので、米国に将来はないとジャッジが下るのは当然とも言える。

4月に米格付け会社が米国債の見通し(アウトルック)を弱含み(ネガティブ)に下方修正したことはセンセ-ショナルだった。今までタブ-とされてきたことを格付け会社は実行した。2年後までに財政赤字解消に向けた取り組みがなされない場合には、格下げも有りうるとまで言い切った。
昔では考えられないことである。それこそ、過去の「双子の赤字」危機と叫ばれた当時には無かったことである。

今、米国において見えない将来債務が75兆ドルに達することを、市場はまったく注目していない。
世界最大の債券ファンドであるPIMCOなど一部の者を除いて、世間一般は目に見える政府債務14.3兆がどうのこうのと騒いでいるだけである。
今までは若かった米国は、今後の老大国への備えがいっさいできていないどころか、経常赤字にしても財政赤字にしても赤字を積み上げてここまで来てしまっている。
もうすでに手遅れの状態である。ベビ-ブ-マ-7600万人が年金受給者に換わる重大な過渡期にあることをまるでわかっていない。

世界の通貨の中で、唯一価値の下落が約束されているのはドルだけである。もちろん、短期的には上下動は繰り返すものの、長期的には価値を切り下げていくしかないのは明らかである。
ソブリン・ショックの主役は、今騒がれているギリシャをはじめ欧州諸国なんかではない。まだ世間一般では目に見えない、本当の米国の醜さが世間一般にわかる時、ドルはその役目、役割を終える。
関連記事

コメント

デノミのタイミング

来週か再来週に大きな地震か天変地異があります。
6月16日が満月なので、その前後が危ない。
その14日後か28日後の新月満月にずれ込む可能性もありますが。

災害は拡大します。政治家官僚は馬鹿とキチガイとロボットが支配してます。

ハイパーインフレから「デノミ」の実行です。

単純に考えれば、日本の赤字は、日本人の個人預金をそっくり充当すれば解消するのです。

お一人様500万円まで保証。あとは「没収」ね。

こんなことをたくらんでると思います。

「ヤバい考え」に思い到りましたので、ブログには書けません。

自分の身は自分で守る。サバイバルの世界に突入しました。
2,3年後は平和な世界が来ると信じています。

平和になった世界で、みなさん集まって、酒でもくみかわしたい。そのように妄想してます。
でも、これからしばらくは、「サバイバル」の時代です。なんとか生き残ってください。
私も生き残ります!

>平和になった世界で、みなさん集まって、酒でもくみかわしたい。そのように妄想してます。
 ーーーーーーーーーーー
実に、ほんとにほんと、
昔のパソコン通信ではありませんが、
少々、さね、考えてみよう。
秋田あたりで合流???????
夢かもしれないが、夢でもないし、良い

2,3年後のオフ会

日本は壊滅的な被害を受け破綻、世界から孤立。
あおりを受けて、中国、アメリカ、ロシアなども破綻、内戦内乱。

いち早く、日本は復活します。
休耕田の多い日本ならではで、食料自給が100%。必要なら、いつでも耕作ができます。
エネルギー革命が起こります。
アメリカの石油、ヨーロッパの原子力エネルギー政策のために、次世代エネルギーは抹殺封印されてました。 これが、最近でもちらほら出ています。日本が鎖国すればすぐにでも陽の目を見ます。 レアメタル、レアアースの宝庫が実は日本なのです。黄金の国ジパングです。
今まで封印されてきた、資源大国「日本」が目を覚します。

1年後、世界にさきがけ破綻。孤立鎖国。
世界の大混乱。
2~3年後、世界にさきがけ、完全循環地域の確立。

秋田?良いですね。 東北と北陸は食い物が旨いです。

日本完全復活オフ会めざして、とにかく、生き残りましょう!

生き残りましょう

> 休耕田の多い日本ならではで、食料自給が100%。必要なら、いつでも耕作ができます。
お説のとおりと思います。農政を転換すれば耕地はある。しかも世界一の水資源国です。
> アメリカの石油、ヨーロッパの原子力エネルギー政策のために、次世代エネルギーは抹殺封印されてました。
> 今まで封印されてきた、資源大国「日本」が目を覚します。
日本こそ地熱発電の開発補助を復活させて、活用すればほぼ地熱でまかなえるほどの火山国です。
脱原発。食料自給への切り替えを。
いずれも、欧米の餌食にならない覚悟を示さなければ。
生き残りましょう

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/460-b2b9b546

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん