fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

輸出できない食品が国内に還流している

 大震災と原発事故を受けて「これからの経済生活はどうなるのか」を書きました。
 結論的には、

 すでに、海外では日本の食品はもとより、工業製品のボイコットが始まっている。出来上がった製品の中のビスひとつでも微量な放射線が測定されたら、いくら微量でも人は買わない、いちいち測定はコスト倒れだから輸入しないし、こちらは売れなければ生産できない。
 日本は決して輸出依存経済ではないが、輸出の大部分を占める機械部品部材材料などの資本財には大きな「風評被害」がかかってくるとみなければならないだろう。
 
 加工食品、農産品、水産品は言わずもがなである。国内でも西日本では東北関東産は売れないだろうし、だから生産できなくなる。
 当然、海外では日本産というだけで、誰も買わないから、輸出できなくなる。
 従って、日本は物流する「物」すべてにおいて生産をダウンせざるを得ないだろう。
 観光は外からは来る者なく、出るものは相手国の入国審査で放射線検査になっている。

 と言う状況と考えています。

 阿修羅に興味深い投稿があったので引用します。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
近所のスーパーからみる世界経済
http://www.asyura2.com/10/idletalk39/msg/381.html
投稿者 metola 日時 2011 年 5 月 20 日

東日本の大地震の直後、日本有数の農地を襲ったこの地震だから、食糧品の価格が高騰するだろうと最初は思った。しかし、実際にはさほど高騰していないようだ。いや、むしろ下落しているとすら思える。

ちゃんと市況情報を確認していないのだが、例えば国産牛などは、アメリカ牛やブラジル牛よりも安く売られているし、鮭やイクラなんてのも以前の水準からは信じられないほどに安い。単に季節だからというのでは説明が着かない。
もちろん、栃木牛などのように(もともとあんな肉が何故高く売られているのかわからないが、)東日本産のものは「風評被害」にあっただろうし、同じく関東以北でとれる魚も安値で買い叩かれているだろうとは想像がつく。
でも、たとえば九州産の肉や野菜についてはどうだろうか。
日本海側でとれる魚介類についてはどうだろうか。
東日本から客が流れているのだから、いつもよりも買手が多い(筈の)これらの物品は価格が上がる筈である。

しかし、それらの価格は実際には、それほどあがっていない。
いや、むしろ安くなっているとすら感じる。というのも、私はこれまでずっと食材は国産のものしか買わないことにしているが、批判を恐れずに書けば、原発事故後、東日本産の食材は避けていた(もともと西日本の人間だから、西日本の馴染みのある地名の製品をよく買ってしまうのだが、地震を機にそれに拍車がかかったと思って頂きたい)。
そうであるにも関わらず、食費として取り分けている費用の減りが例年より少ない。浮いた金でちょっとした遊びに行けるくらいだ。

もっと不思議な事実として、以前、阿修羅で近所のスーパーで国産の食材が売られていないと愚痴をこぼしたことがあったが、その、同じスーパーに、国産のものが溢れているのである。それこそ、おなじ国産でも西日本の産地を選べるほどに。

理由として考えられるのは、食材の輸出が落ちているのではないか、ということである。
契約の関係もあるだろうから正確な数字に反映されるのは今月ごろからだろうが、世界地図の中でゴマみたいな日本で、チェルノブイリ級の事故が起きたのだから、日本産の食材を買う外国人は減るだろう。日本産の食材は外国人が買い占めているのである。

例えば、近所に、とても高級な茶畠がある。昔ながらの農法で、そこの家でお茶を頂くと目が飛び出るほど旨いお茶なのだが、国内では一切流通していない。
アラブなどの国から買い付けに来て、そこに全て納入させるからだ。
同じく近所に米農家があって、ここもまた、この地域にしては信じられないほど旨い米をつくっているのだが、そこも、そのほとんどを、海外に引き取られている。魚沼でも丹後でもないし、「こしひかり」のような庶民に知れ渡った品種でもないから、国内では、無知なバイヤーに安く買い叩かれるのだ。
だから、ちゃんとリサーチして適正な価格を提示する海外勢に売らざるをえない。

他にもそういう事例を何件か知っているから言えることだが、基本的に国内にはメジャーな銘柄の庶民受けする程度の高級品と、安物しか出回っていなくて、その中間を輸入に頼っているのだ。
一方で、国内の超高級品と、品質の良いお手頃な品は海外に流出している。小学校でならう、東南アジアの欧米人による搾取(プランテーション農業の弊害)が、日本でもおきているのかもしれない。

今回、原発による「風評被害」で、海外からの契約の見直しが行われた農家も多いだろう。
結果として、一時的に国内に「品質の良いお手頃な品」が放出されているのではないかと感じている。
これから先、日本の食糧品業界を巡って行われる、海外勢の壮絶な戦いに、注意したい。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 高級食糧の輸出が激滅していると思われる。
 「日本産の食材は外国人が買い占めているのである。」と言うよりも、これから、たぶん10年くらいは高級食品の海外需要はないだろう。
 逆にアメリカなどからは、ドル安とTPPなどの戦略的な農業・水産業への攻撃が始まる。
 彼らにしてみれば、農産品・水産品の対日輸出攻勢の絶好のチャンスに他ならない。
 
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/433-9ce5125a

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん