FC2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

事態は核戦争、方針も作戦も無い政権

 航空の現代 西川渉氏から
 ーーーーーーーーーーーーーー
核戦争が始まった  4/16

 災害は戦争である。大災害は大戦争である。敵弾こそ飛んではこないが、放射能が飛びはじめた。これぞ「核戦争」にほかならない。日本は今、大きな危険にさらされているのだ。

 しかるに、その戦争に臨む最高司令官たちの資質、能力、戦略はいったい如何なるものか。まったく情けない為体(ていたらく)であることは、今や日本国民の誰もが知るところとなった。これでは核戦争に勝てるわけもなく、日本という国は滅びるほかはあるまい。

 滅びの覚悟を決める前に、せめてわが最高戦争指導者たちの実態を見ておくことにしよう。具体的なことを教えてくれるのは「文藝春秋」5月号である。

 まず菅直人は、この戦争におけるA級戦犯だそうである。早くも負け戦さと見たのか、あわてて東電本社に怒鳴りこんだらしい。有事の際の指揮命令系統がしっかりできていれば、そんなことをせずとも、首相は最終判断に集中すればよかったはずだが、そのうろたえぶりはこれだけではなかった。

 都知事のところに直接電話をしてきて、東京消防庁に出動指示を出して貰いたいというのだが、そのときはとっくに出動していた。首相だけが知らなかったのは組織系統が機能してなく、必要な情報が官邸に上がっていないからだった。

 にもかかわらず、首相みずから陣頭指揮を執ろうとする。というよりも動転した素人が口出しをするものだから、注水作業がはじまってからもしばしば停滞せざるを得なかった。現場のことは現場にまかせて、首相は関係省庁を束ねつつ大方針を示すべきだった。つまり戦争の仕方を全く知らず、周りの参謀たちも無能者ぞろいか、見て見ぬふりをしているのか、首相ひとりが宙に浮いたまま無駄に右往左往するだけといったありさまなのである。

 もうひとりお粗末なのが、いつのまにか経産大臣の椅子に坐った男で、原発冷却水の放水作業にあたって、原子炉の周囲ががれきの山で近づけない。そのため現地に派遣された消防や自衛隊が大量の放射線を浴びながら、がれきを片付けたり、長いホースをつないだりしているところへ、「遅い! 早くしろ」「いつ始めるんだ!」「消防は下がれ! 代わりに自衛隊がやれ」などの口汚い命令を出してくる。いったい経産相が防衛相や総務相の隷下にある部隊に直接命令を出せるのか。

 あげくの果ては「モタモタしていると処分するぞ」などと、あり得べからざる罵声を浴びせてきたらしい。人間、自分の能力を超えた地位についてはならないという教訓の典型的な例といえよう。

 一方で官房長官は「役所以上に役所的体質」といわれる電力会社からの楽観論を、連日発信しつづけた。このような事故の過小評価は、あとになって事態が暗転する結果となり、「原発クライシス」を招いてしまった。

 同時にアメリカ政府からの協力申し出を断ったため、原発事故について何か重要な事実を隠しているのではないかという疑いをアメリカに抱かせた。これが大きな判断ミスであるというのは、少なくとも原発事故の処理に関して日本を孤立させることになってしまった。戦争における判断ミスは味方の命取りになる。

 さらに節電担当大臣になった女代議士は都知事のところへやってきて「節電をお願いします」と言ったらしい。その調子であちこちの知事にお願いして回れば節電になるとでも思っているのか。そんな無駄なことをする前に強制力を持った政令を大臣の責任で出せばいいではないかといわれてポカンとしていたとか。政策実行のための方法も知らなかったのだ。

 おまけに事業仕分けで「スーパー堤防」の予算を削った一件を指摘され、「あれは官僚の出してきた数字がいい加減で……」と、つい本音を口走った。つまり事業仕分けというのは、官僚の書いたシナリオに従って、政治家がサル芝居を演じているだけのことだったのである。これを聞いて「バカ大臣をいくら増やしてもバカが増えるだけ」と喝破したのは国民新党の亀井代表であった。

 かくて、日本の中枢はどうにもならない無知無能の痴愚どもが占拠するところとなり、国家体制が崩壊し、組織も制度も秩序もなくなってしまった。つまり、ろくな作戦も立てられぬまま敗けてしまったようなもので、こんな危なっかしい敗戦国に住んではいられないというので、日本在住の外国人は続々と脱出していった。

 今や世界中が、統治能力(ガヴァナンス)のない日本政府への信頼を持てなくなっている。航兵衛もまた絶望の余り、かかる三流国に向かって小言をいう気力もなくなった。

 嗚呼、悲しいかな、恥ずかしい哉。

 ーーーーーーーーーーーーーーー
 筆者は理工系の高齢研究者で、特段人道的でもなければ、民主的でもない人です。
 私は航空機はよくわかりませんが、航空機以外の話はなかなか着想が斬新で真当です。
 「戦争を始めたのは誰か」、「NASAアポロ計画の謎」、9.11疑惑の関係は項目だけで内容の殆どが後から削除されています。

 
関連記事

コメント

解決

原発事故の収束を一刻も早く願うばかりです。
今回の原発事故の対応が後手後手になっていると
感じているのはねこまただけではないと思います。
結局東電、政党、官僚の癒着が問題を複雑怪奇な程絡ませているのだと思います。

Re: 解決

後手後手なのは、米国、マスコミ、官僚と政府が利権で複雑に絡み合っているからでしょう。
言いたくはないが、
「オリジナル民主党」ですから。
http://bator.blog14.fc2.com/blog-entry-22.html

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

福島県の小中学校について

浜通り中通りの小中学校等では、本来休校措置と学童疎開ならびに除染が必要ですが、
とりあえず0.6マイクロSv以上で休校にしなければならないはず。
学校、教委がしっかりしてくれるか、父母PTAあるいは町内会などが抗議進言できれば絶好なのですが。
テレビ新聞がこの有様では、いろいろな意見が別れてまとまらない場合が多いと思われます。
反対の親、用心したい親で話し合いできれば良いのですが。
最後は親の自主判断しか無いかも知れません。
数週間、学校を休んでも犯罪になるわけではありません。
周りとの軋轢とかしがらみとかあるでしょうが、名目の都合を作っても良いではありませんか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/364-d0f415cd

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん