もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢氏検審起訴の卑劣さ

 小沢2010

 小沢一郎氏が東京地裁指定弁護士により検審起訴されることとなった。
 
 小沢一郎民主党元幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、政治資金規正法違反容疑で告発され、東京地検特捜部が2回にわたり嫌疑不十分で不起訴とした小沢氏について、東京第5検察審査会は4日、起訴すべきだとする「起訴議決」をした。(2010/10/04-15:49)(時事)

 これは、立法権に対する「介入」である。政治的権利に対する「人権侵害」でもある。
 すでに完全冤罪であることが明らかであるが、仮に万歩譲って、記載違いだとしても、通常は選管への修正届けで終わりのものである。仮にこれを罪とするなら「立ちションベンよりも遥かに......
最初からまるっきり無関係で、異様なことなので、これをあたかも、通常に見せかけようとマスコミが狂乱しているのである。

 有りもしない嘘をでっち上げて、都合の悪い人間を「風評被害」で失脚させる。何と言う卑劣。

 小沢は今日の国際社会において、もっとも卓越した手腕を持つ政治家のひとりであることは疑いない。ヨーロッパには彼に比肩し得るような政権リーダーは存在しない。政治的手腕において、そして権力というダイナミクスをよく理解しているという点で、アメリカのオバマ大統領は小沢には及ばない。(カレル・ウォルフレン) 

 裁判では100%無実となるだろうが、その間の生活、経済、外交など「政治被害」は国民が受けるのだ。
 深刻な政治危機。検察審査会はその責任を負えるのか。
 卑劣な影響を与え続けた検察と担当弁護士、そしてマスコミはこの全責任を負ってもらわなければならない
 
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 追記
 「強制起訴」という言い方はマスコミの偏向的な操作と考えるので、「検審起訴」と言い換えました。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/34-01ceb232

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。