もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

習近平、中日友好交流大会「中日関係の前途は両国国民の手の中にある」

 習近平

   習近平主席 中日友好交流大会で重要講演  5/24  人民日報(人民網)

習近平国家主席は23日、北京の人民大会堂で中日友好交流大会に出席し、重要な講演を行った。
習主席は講演の中で、
中日双方は歴史を鑑とし、未来志向で、中日関係の4つの政治文書を基礎として、平和発展をともに促進し、子々孫々の世代に至る友好関係をともに考え、両国が発展する美しい未来をともに作りだし、アジアと世界の平和に貢献しなければならない
と強く訴えた。

習主席は、「中日は一衣帯水の隣国であり、2千年あまりにわたって平和発展が両国国民の心にある主旋律だった。
両国国民は互いに学び合い、互いに相手を鑑とし、それぞれに発展を促進し、人類の文明の進歩に向けても重要な貢献を行ってきた。
近代以後は、日本が対外侵略を拡張する路線を歩んだため、中日両国は一時期、痛ましい歴史を刻み、中国国民には深刻な災難がもたらされた。
両国の旧世代の指導者たちは高度な政治的な知恵に基づいて、重要な政治的決断を行い、幾重にもわたる困難を克服して、中日の国交正常化を実現するとともに、平和友好条約を締結し、両国関係の新たな時代を切り開いた
中日両国の見識ある人々はかつて両国関係のために積極的に奔走し、たくさんのことをしてくれた。
歴史が証明するように、中日友好事業は両国と両国国民にとってプラスであり、アジアと世界にとってプラスであり、私たちがもっと大切にし、注意深く守る価値のあるものであり、これからも努力を続けていく」と述べた。

習主席は次のように指摘した。「(「論語に」)『徳は孤ならず、必ず隣あり』とあるように、中日両国の国民が真心で友情を結び、徳をもって隣国に接すれば、必ず子々孫々の世代に至る友好関係を実現することができる
中国は中日関係の発展を高度に重視している。
私たちは日本とともに、中日関係の4つの政治文書を土台として、両国の善隣友好協力を推進していきたい」。

また習主席は次のように強く訴えた。「今年は中国人民抗日戦争勝利70周年および世界反ファシズム戦争勝利70周年にあたる。
当時、日本の軍国主義が犯した侵略の罪を覆い隠すことはできないし、歴史の真相をねじ曲げることもできない。
日本の軍国主義による侵略行為を歪曲・美化しようとするいかなる発言や行動も、中国国民とアジアの被害国の国民はこれを認めないし、正義と良心をもった日本国民もこれを認めないことを信じる。

前事を忘れざるは後事の師なりだ。歴史をしっかりと胸に刻むことは、未来を切り開くためだ。
戦争を忘れないことは、平和を守るためだ。
日本国民もあの戦争の被害者だ。
中日双方は歴史を鑑とし、未来志向で、平和発展をともに促進し、子々孫々の世代に至る友好関係をともに考え、両国が発展する美しい未来をともに作りだし、アジアと世界の平和に貢献しなければならない」。

習主席は、「中日友好の土台は民間にあり、中日関係の前途は両国国民の手の中にある
中国政府は両国の民間交流を支援し、両国各界関係者が、特に若い世代が中日友好事業に勢いよく飛び込むことを奨励し、両国の青年が友好の信念を固め、積極的に行動し、友好の種を継続的にまき、中日友好を大きな木に育て、さらに木々が生い茂る森林に育て、中日両国国民の友好を子々孫々の世代へと引き継いでいくことを期待する」と述べた。

日本の自民党の二階俊博総務会長はあいさつの中で、
「このたびの日中友好交流大会は非常に重要なものであり、日本の各界からたくさんの参加があった。
中国政府がこのように重視し支援してくれたことに感謝している。
習近平主席の講演は非常に重要なものであり、私たちは日中関係の発展推進に向けてさらに努力しなければならない。
日中関係の土台は民間にある。
両国国民の民間・文化交流を維持すること、特に両国の青少年の相互理解と相互往来を促進することは二国間関係の長期的発展を維持するために非常に重要であり、双方がこうした分野での交流協力を強化することを願う。
私たちは中国とともに、両国関係の長期的発展に向けて絶えず努力していきたい」と述べた。

今回の中日友好交流大会はここ数年の中日両国の民間交流における一大イベントで、政治、経済、観光、文芸など日本の各界の友好の士約3千人が集まった。
大会では、両国が民間の交流協力を強化し、中日の子々孫々の世代に至る友情のために手を携えて努力することを呼びかける「中日友好交流大会提起書」が、中日各界の人々により共同で発表された。
 ーーーーーーーーーーーーー
※ 中日関係の4つの政治文書。 

1. 1972年:日中共同声明(国交回復文書)
日本側:田中角栄首相、中国側:周恩来首相

2. 1978年:日中平和友好条約(日中間のすべての紛争を平和的手段により解決し、武力又は威嚇に訴えないことを確認)
日本側:園田直外務大臣、中国側:黄華外務大臣

3. 1998年:日中共同宣言(毎年、日中一方の国家指導者が相手国を訪問することを確認)
日本側:小渕恵三首相、中国側:江沢民国家主席

4. 2008年:日中共同声明(戦略的互恵関係)
日本側:福田康夫首相、中国側:胡錦涛国家主席
関連記事

コメント

日本ユダヤ同祖論の嘘

歴史捏造は日本土民の十八番。戦前は日本人が劣等民族でない証として、天皇の先祖はシュメール人(ユダヤ人の祖先)とほざいていた。スメラノミコトがスメル/シュメルと音が似ているからという噴飯な理由で。

何を今更、、日本に攻めれないとわかったら南沙で居座り、平和を乱す。
侵略と環境破壊を繰り返す中共こそ両国民の敵です。

北風さん、お元気ですか?ブログが更新されないと心配してしまう私です^^;私の方はですね、全然元気ありませんよ。この国があまりにもひどくって・・・。もう本当に救いようがないです。大切な家族さえ守ってやれないなんて情けない。どうしたらいいんでしょうね?

『明治維新からの大陸侵略路線』

明治維新の指導者吉田松陰の幽囚録以来の『大陸侵略路線』は中国や韓国でも有名であり、警戒されている所でしょうね。

何年も前に中国に旅行に行った事を思い出します。貧民がいた事。生活が大変そうで売るのに必死。昼寝していた猫に平和を感じました。
国民に罪はなく、過去を見るのは怠慢でしかない。
国民をダシに使う恥知らず。キンさん
戦争準備の掛け声かけたのはこのオッサンで、日本を攻める気だったそうですね。
かなわぬと見たか?臭い擦りより。
軍も呆れてる事でしょう。
日本は相手にせず、蒙古襲来に備えましょう。

『日本の親イスラエル派はどうする?』

『日本の親イスラエル派はどうする?』ドイツのテレビが、ホロコーストの史実性に疑問を呈する発言を放映した!http://tanakanews.com/150612israel.htm

田中宇さん

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

どういう状況なのかはわかりませんが

もう歩くことができなくなったのでしょうか
本当にお疲れさまでした
ありがとうございました

また、お会いできたらうれしいです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

昨今の左翼に対する世論の硬化の激しさから
心配しておりました。
管理人様は左右両方の立場から発信されて
来られたことは、原発事故からのROMして
ましたのでよくわかっています。
ちょっと左がかっているだけで
居づらくなるのは、まあ、仕方ないのかも
しれません。

自衛隊に急襲されるようなことはほかと違って
ないものと思いますが
よくよく気をつけてください。
長いことありがとうございました。
とても良い情報源でした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 心配しています。

拡散をよろしくお願いいたします。
願いはそれに尽きます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/2867-a4c56e9a

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。