もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア、独、仏、ウクライナが停戦合意

独仏ロ宇

   ウクライナ和平協議で停戦合意  2/12  アレクセイ・ティモフェイチェフ ロシアNOW

 ウクライナ和平を目指すロシア、ドイツ、フランス、ウクライナの首脳による「ノルマンディー4者協議」が、ベラルーシの首都ミンスクで行われた。11日午後8時過ぎ(現地時間)に始まり、夜通しで約16時間続く、記録的な長時間協議となった。
 4首脳は15日午前0時からの停戦で合意した。

 ウラジーミル・プーチン大統領、ドイツのアンゲラ・メルケル首相、フランスのフランソワ・オランド大統領、ウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領が、ウクライナ和平を目指してミンスクに集結し、協議を行った。

 これと平行してミンスクでは、ロシア、ウクライナ、欧州安全保障協力機構(OSCE)、ウクライナ東部義勇軍の代表からなる、同じくウクライナ和平を目指す「連絡部会」の協議も行われた。
 連絡部会の参加者は、9月に調印された「ミンスク停戦合意」の履行に関する文書を承認。ノルマンディー協議の4首脳は、この文書の支持を表明する宣言を採択した。

  新憲法と境界

 プーチン大統領は会談後、記者団に対し、「重要な部分で合意できた」(2月15日午前0時からの停戦)と語った。
 これ以外にも、境界線からの重火器の撤去、50~140キロメートルの安全保障地帯の創設について合意したと、合意内容の写しを入手した報道機関が伝えている。

 停戦を監視するOSCEは、「ウクライナからの外国人部隊撤退」も管理する。
 合意内容には、ウクライナ東部で地方選挙を早期に実施することの必要性、内戦に参加した者の恩赦の発表、ウクライナ東部の「特別な地位」に関する法律のウクライナ政府による承認、ウクライナでの憲法改正も含まれている。

 ウクライナでの憲法改正とは、ウクライナの地方分権が「主要な点」となる新憲法を前提としている。
 新憲法とウクライナ東部のための特別法は、ウクライナ東部とロシアの間の国境警備という、ウクライナ側にとってもっとも重要な課題の一つとも合致している。
 合意内容によると、ウクライナ政府の国境警備再開は、憲法改革の実施を条件として、義勇軍代表との交渉を通じながら、段階的に行われる

  期待できる結果

 ロシアの専門家は、今回の新たな合意に肯定的な反応を示した。
 ロシア科学アカデミー欧州研究所欧州安全保障部のドミトリー・ダニロフ部長は、停戦および境界線という今後の和平プロセスの基本条件について合意できたと話す。
 国際情勢の専門家で、ロシア連邦外務省国際関係大学ポスト・ソ連研究センターの上級研究員ヴィクトル・ミジン氏は、今回の合意について、停戦へと導く、期待できる事実と称した。

 それほど楽観視していないアナリストは、将来的な解決という文脈でこの合意を見ている。
 合意された妥協案、特にウクライナ東部の特別な地位、境界線の管理といった敏感な問題を、当事者がさまざまに解釈できると、ダニロフ部長は指摘する。
 多くがウクライナ政府の行動によって変わってくるという。 「ポロシェンコ大統領はこれから、キエフで自身の周辺の人物や国民と交渉しなければならない」とダニロフ部長は述べながら、合意を崩壊させないような解釈をする責任が義勇軍にもあると説明した。

 ミジン氏によると、今回のミンスクでの協議の後でも、ウクライナ東部の地位の問題は、ウクライナ東部の一部地域におけるウクライナとロシアの国境の問題と同様に、残り続けるという。
 合意に効果がなかった場合、ウクライナ東部の本格的な崩壊という恐れがあるという。これはロシアも欧米も望んでいない。
 西側の意見を集約するアメリカ政府は、ロシアのマスメディアでウクライナに関するいかなるプランもないと言われがちだが、ミンスク協議の成功に関心を持っている、とミジン氏は説明する。
関連記事

コメント

アメリカ合衆国は停戦を歓迎?

 政権転覆を専らとする合衆国政府が停戦・平和を尊重するとは思えません。何せ,ヤヌコビッチを追い出す前にすでに50億ドルを使っているのですから。
 アメリカ合衆国が「東ウクライナを支配できな」ければ,あまり大きな利益はないと,思います。合衆国同様,財政破綻しているウクライナ(キエフ)から奪う物はほとんどないので,例の術を使って,資源豊かな東ウクライナに暗殺やテロを仕掛けるでしょう。
 ザハルチェンコ大統領は,去年9月の停戦合意が破られたことを重々知っているはずですが,またもや停戦過程に合意を出しました。また後悔することになると思います。なぜなら,ポロシェンコの統制が利かないネオ・ナチが残虐非道を繰り返すでしょうから。
 クロアチアの,ポーランドの,オーストリア等の親ネオナチが東ウクライナでザハルチェンコ大統領率いる分離派と戦っていることは明らかです。
 記憶が定かではありませんが,国連でナチス反対決議に賛成票を投じなかったのは,アメリカ合衆国と豪州,カナダだったような気がします。
 合衆国がテロリスト・ネオナチとその一派を支援している以上,西ウクライナにも東ウクライナにも平和は来ないと考えざるを得ません。

 冷戦ではなく平和を望むなら,ロシアが欧州向けの天然ガス補給を一時停止(平和が訪れるまで)すると公言することであると,世間に疎い私は考えます。

Re: アメリカ合衆国は停戦を歓迎?

米国がウクライナに武器供与すると言い出したので、独仏が急遽ロシアに働きかけたのでしょう。
いつまでも米国に引きずられていては、独仏の利害は無視されるばかりです。
停戦合意は必ずしも全面的に守られなくても、前進は前進と思います。
ロシアと欧州の利害一致点なので、戦略的には「米国抜きの停戦合意」が有効に働くことを期待したい。
ウクライナは4度目の動員令が機能しておらず、正規軍は崩壊寸前。多少の衝突の度に義勇軍側が支配地を拡大しつつある。
ポロシェンコにとっては独仏ロシアから「最後のチャンス」を与えられたわけだ。
米国はウクライナをシリアのような内戦の泥沼にしても構わないわけだが、欧州にとっては死活の安全である。
米国NATOの思惑が進めば進むほど欧州とりわけ独仏の利害とかけ離れてしまう、再度のユーロショックをなんとか押さえ込んでいる状態である。
軍事的に優勢な義勇軍側の情勢と併せて、ロシアは今回の「米国抜きの停戦合意」で大きく戦略的な位置を勝ち取った。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/2681-b26ad213

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。