もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

70年間平和だった日本、戦争に加担するのかの分水嶺に立つ日本:山田

イスラム圏

   イスラム国を「敵」とするのか  分水嶺に立つ日本外交   1/29  山田厚史  ダイヤモンド・オンライン

 オバマ大統領は国の方針を示す一般教書演説で「イスラム国を壊滅させるため、国際社会で主導的な役割を果たす」との決意を述べた。
 アメリカはイスラム国を「敵」として位置付ける。では日本はどうなのか。
 イスラム国を敵とするのか。これまで国際社会に敵を作らない国、それが日本だった。

 安倍首相の積極的平和主義は世界を敵と味方に分ける発想だ。日本外交はいま分水嶺に立っている。

  同じ価値観という大義の危うさ

日本の首相よ、お前はイスラム国から8500キロも離れているのに、自発的に十字軍に参加した。女性や子どもを殺し、イスラム教徒の家を破壊するために、日本は1億ドルを得意げに差し出した

 人質を前に黒装束の男が発したメッセージだ。罪もない人質を殺す残酷非道なやり方は言語道断だが、日本という国が彼らからどう見られていのか、この言葉でよく分かる。

十字軍」は日本ではカッコいいイメージがある。犠牲的精神を秘め、聖地奪還に赴く騎士団という崇高さが漂う。
 ハリウッド映画の影響かもしれないが、イスラムの人たちにとっては、遠くからやって来て人を殺し、家を焼いた侵略者だ。

 イラク・シリアで空爆を続ける有志連合はさしずめ現代の十字軍と彼らの目には映るだろう。
 キリスト教もイスラム教も、一神教であるが故に「異教徒は殺してもよい」と曲解されかねない一面もある。
 その理解に立てば、シロ・クロをはっきり分けがちだ。

 日本の国柄は、ちょっと違うように思う。
 敵味方を峻別しない。異教徒は殺せ、という精神風土でもない。少なくとも戦後の日本は国際社会に「殲滅すべき敵」はいなかった

 安倍首相の積極的平和外交は、地球儀俯瞰外交とか価値観外交ともいわれる。
 地球を眺め、同じ価値観の国と一緒になって、世界の秩序作りに積極的に参加する、ということだろう。キーワードは、共通価値観・秩序作り・積極参加である。

 共通の価値観は、法の支配、人権の尊重、民主主義、市場経済など。
 西欧のキリスト教文化を下地にした生まれた近代の価値観である。
 だがこの価値観が一方では帝国主義・植民地主義を生んだ。先進国の都合で勝手に敷かれた国境線でイスラム社会は分断された。

  積極的平和主義の裏に潜む「軍事活動」

 世界には別の価値観もある。その折り合いをどうつけるか、そこが秩序作りのポイントになるはずだ。

 秩序作りの中心にいるのがアメリカである。
 この国を除いて世界の秩序は語れないが、かなり風変わりな国である。
 欧州で迫害された新教徒が移り住んだ地で、先住民族と戦いながら生活圏を広げてきた人たちが作った国だ。
 確固たる価値観を持つが、他国にも押し付ける。そして国際紛争を武力で解決することをいとわない

 無法や非道を見つけると、よその国でも踏み込み「世界の保安官」といわれるが、逆の立場から見れば侵略である。侵略者とされないのは、掲げる価値観を多くの国に認めさせる外交力があるからだ。

 日本は国際紛争の解決を武力に訴えない、と憲法に定める稀有な国だ。アメリカ式の紛争解決にはなじまない。
 民主主義や市場経済で一致しても「国際紛争を武力で解決する」という考えは日本と相容れない。「共通の価値観」と一括りにするのは無理がある。

 積極的平和主義の危うさは、積極的という言葉の裏に「軍事活動」が刷り込まれていることだ。
 平和外交は、これまでも日本の基軸だった。安倍首相はこれまでの日本を「消極的平和外交」と見ているのだろう。
 憲法が妨げになっているなら、憲法を変えよう、という考えだ。

集団的自衛権はその一歩である。憲法解釈を変えて閣議決定で決めたのは、憲法を空洞化し、改正へ向けた既成事実作りだろう。

  それは「誤解」だと言えるか

 26日から始まった国会には、集団的自衛権の行使容認に沿った安全保障法制の改正案が提出される。
 自衛隊の海外派兵を簡便にできるようにするなど、軍事貢献を伴った外交へと着々と進んでいる。

 援助にも軍事の色が滲む。
 安倍政権が定めた「開発協力大綱」は、これまでのODA大綱が封印していた軍事援助に道を開いた
 戦車や戦闘機など戦闘に直接つながる機材や物資は援助できないが、災害活動や沿岸警備、軍人の留学資金などなら援助の対象にできるようルールを変えた。
 軍事転用される可能性は否定できない。抜け穴を作ってかいくぐる憲法の空洞化は、援助でも進んでいる。

 イスラム国が指弾したのも援助だった。
 人道支援だと政府は言っても、カネに色はついていない。イスラム国と戦う国に2億ドル出す、といえば軍事支援と同じに見られるだろう

 日本政府はイスラム国を攻撃する有志連合には加わっていない。日本の国民もイスラム国を困りものと思ってはいても「敵」とは見ていない。そこはアメリカと違う。

 だがイスラム国は日本を「敵」とみなし始めている。すくなくとも「敵の仲間」と見ている。
 それは違う、誤解だ、と日本はいえるだろうか

  なぜイスラム国から「敵視」されるのか

 日本のイスラム団体「イスラミックセンター」は、日本とイスラムは良好な関係にあることを次の5点にまとめ世界に発信した。

(1)イスラエルと闘うパレスチナに理解がある
(2)パレスチナに対する最大の援助国
(3)イスラム教徒が日本で平穏に暮らせる
(4)宗教活動に政府は干渉しない
(5)イスラム国を含め、いかなる国に対しても宣戦布告をしない唯一の国


 大多数のイスラム教徒は穏健で平和を愛している。
 欧米で冷ややかな視線を受ける彼らにとって日本は居心地のいい社会だろう。日本人もまたイスラム教徒を受け入れている。
 日本は中東で手を汚していない。イスラム教徒と戦ったことはない。
 人々は平穏な関係にありながら、イスラム国から「敵視」を受けるのは日本の外交が変わってきたからだ。

 発端はイラク戦争への加担だった。
 2003年3月、国際社会の支持がないままイラク攻撃に踏み切ろうとした米国を、真っ先に支持表明したのは時の小泉首相だった。
 陸上自衛隊はイラクのサマワに入り給水、航空自衛隊は兵員の空輸、海上自衛隊はインド洋で艦船への給油(こちらのきかっけはアフガン戦争)で協力した。
 陸海空挙げての後方支援に取り組んだ。
 攻撃の口実とされた大量破壊兵器は存在せず、武力行使の大義名分は失われたがイラクの政権は倒され、フセイン大統領は処刑された。

日本はアメリカの戦争に加担した
 憲法の制約があって戦闘には加われないが、アメリカの後ろにいてカネと役務で協力する国と見られるようになった。

 アメリカはイスラム国を殲滅すると宣言した。
 有志連合を束ねて2000回を超える空爆をしている。ピンポイントのミサイル攻撃で指導者を殺害している。「テロとの戦い」の戦場となったイスラム国の支配地で、非戦闘員も含め多くの命が失われている。
 人質をとって殺害するのは残虐極まりない。だが空爆やミサイル攻撃でもっと大規模に命が消されている。

 原油施設を破壊され、輸送ルートも断たれたイスラム国は、原油価格の低下も重なり兵士を養うことが苦しくなっている、とも言われる。
 アメリカはイラク北部のクルド族をけしかけて攻撃させているが、決定的な勝利には米軍の地上部隊を投入することが欠かせないといわれる。

  日本はルビコン川を渡るのか

 有志連合が地上戦に踏み切る時、日本はどうするのか。
 アメリカは協力を求めるだろう。だが行使容認された集団自衛権でも中東への戦闘部隊の派遣は難しい。浮上するのはイラク攻撃と同様、後方支援ではないか。

 正面から戦えないイスラム国勢力は、手薄なところを狙うゲリラや民衆に紛れた自爆テロで対抗するしかない。
 後方支援は危ない。

戦争が終わって70年。この間、日本は戦地で誰も殺さず、一人の犠牲者も出さなかった
 だがイスラム国との戦いに参加すれば、この大記録に終止符が打たれることになるかもしれない。
 戦場で血が流れた時、世論はどう動くのか。

 イスラム国の人質になっていた湯川遙菜さんは殺害された可能性が高い。過激派イスラム国の残虐性への怒りが高まっている。
 この原稿がアップされるころには後藤健二さんの運命は決まっているかもしれない。人質殺害は「日本にとっての9・11」という見方もある。

同時多発テロの一撃でアメリカの世論は激高し、一気に戦争へなだれ込んだ。
 フランスでは「シャルリー・エブドの惨事」がテロとの戦争へと政権を走らせた。
 目の前に血を見ると人々は冷静でいられない。

 日本の平和外交は、いま分水嶺にある。国際紛争を武力で解決する国になるのか。敵を作り戦いに参加するか。

 安倍政権は、アメリカと共に戦う国になることで、世界秩序の維持・形成に貢献したいと思っているようだ。
 そのために血を流すこともいとわない国になることが、国際社会でしかるべき地位につける、と考えているようだ。それが「普通の国」であると。

 アメリカやNATO参加国はそうした考えだろう。日本は異質であってはいけないのか


 文明の衝突がいわれる。
 G20の時代ともいわれる。
 20世紀を牽引した欧米の先進国の価値だけで世界が動く時代ではなくなっている
 日本の立ち位置が問われている。
 多くの国民は、イスラム社会と仲良くしたい、と思っている。
 イスラム過激派を敵に回したくない、とも考えている。

 アメリカは一緒に戦おうと誘うだろう。いままでそうだった。
 平和憲法があって、と言い訳しながら、日本は従う一方で武力行使は回避してきた。
 これからも従うのか。安倍首相は自らの意思で協力するかもしれない。

 それはルビコン川を渡ることだ。
 日本も「国際紛争を武力で解決する国」の仲間に入ることになる
 「敵」は殲滅するしかないのか
 世界はシロかクロかで分けられない。その間をゆく国のかじ取りはないのだろうか
 ーーーーーーーーーーーーー
※ 70年間平和だった日本を本当に大好きでした。
  「「平和な日本が好きだった」集団的自衛権に抗議の焼身自殺未遂男性」。
関連記事

コメント

縺ェ繧峨★閠?嵜螳カ繧呈叛鄂ョ縺励◆繧牙、ァ螟峨↑縺薙→縺ォ縺ェ繧汲

縲?雉?コ舌?荵上@縺?律譛ャ縺ッ縲∵ャァ邀ウ縺ョ邨梧ク亥ー?事縺九i閾ェ霄ォ縺ョ謇九〒蝗ス髮」繧貞?繧企幕縺薙≧縺ィ縲∽サ墓寺縺代i繧後◆鄂?縺ォ蠏後∪繧願セ帶干縺励″繧後★縺ォ髢区姶縺励※縺励∪縺?∪縺励◆縲らアウ蝗ス縺ィ豈斐∋縺ヲ迚ゥ雉??雉?≡繝サ諠??ア繝サ遘大ュヲ蜉帙↓貂。繧頑焚蜊∝?阪?蟾ョ縺後≠縺」縺溘〒縺励g縺??らアウ蝗ス縺ッ譌・譛ャ縺ィ縺ョ謌ヲ莠峨〒譌・譛ャ縺御ス墓腐縺薙l縺サ縺ゥ蠑キ縺??縺九r蛻?梵縺励◆荳翫〒縲∵律譛ャ繧帝ェィ謚懊″縺ォ縺吶k諞イ豕輔→蠕ケ蠎輔@縺溷渚謌ヲ謨呵ご縺ァ邨ア豐サ縺励※縺阪∪縺励◆縲
縲?謌ヲ蠕後?譌・譛ャ縺ッ蝗ス髦イ繧堤アウ蝗ス縺ォ蟋斐?縺ヲ邨梧ク医↓驍??イ縺ァ縺阪◆邨先棡縲∵ュヲ陬?@縺ェ縺上→繧ょョ牙ソ?@縺ヲ逕滓エサ縺ァ縺阪k雎翫°縺ァ蟷ウ蜥後↑逅?Φ蝗ス螳カ縺?縺ィ蝗ス豌代?螟ァ螟壽焚縺悟ョ滓─縺励※縺阪◆縲ゅ◎繧後?諞イ豕慕ャャ?呎擅縺ィ縺?≧謌ヲ蜉帶叛譽??莠、謌ヲ蜷ヲ螳壹r縺励◆譛?鬮俶ウ戊ヲ上′譛峨k縺九i縺ァ縺ゅj縲∝ケウ蜥後r螳医k縺?∴縺ァ迥ッ縺励※縺ッ縺ェ繧峨↑縺?b縺ョ縺?縺ィ諤昴▲縺ヲ縺励∪縺」縺溘?縺?縲

縲?縺励°縺励?∵律譛ャ蝗ス豌代↓縺ッ迴セ螳溘r遏・縺」縺ヲ縺サ縺励>縲ょケウ蜥後↑郢∵??r髯ー縺ァ謾ッ縺医◆霆堺コ句鴨縲梧律邀ウ螳牙?菫晞囿譚。邏??阪′縺励▲縺九j縺ィ蟄伜惠縺励※縺?k縺薙→繧偵?ゆク也阜縺瑚憶蠢??縺ソ縺ァ謌舌j遶九▽縺ョ縺ァ縺ゅl縺ー豁ヲ陬??蠢?ヲ√?縺ェ縺??よ姶蜑阪→謌ヲ蠕後〒譌・譛ャ縺ョ荳也阜隕ウ縺ッ豼?螟峨@縺ヲ縺励∪縺」縺溘?よ律譛ャ縺悟ケウ蜥瑚キッ邱壹↓騾イ霍ッ繧貞?繧頑崛縺医※?暦シ仙ケエ縲∽ク也阜縺ョ蜷阪□縺溘k蝗ス繧ょケウ蜥後∈縺ョ豁ゥ縺ソ繧偵@縺ヲ縺?k縺ィ縲√?繧ケ繧ウ繝溘r蜈磯?ュ縺ォ螟壹¥縺ョ譌・譛ャ莠コ縺ッ骭ッ隕壹@縺ヲ縺?k縲ゅラ繧、繝?→譌・譛ャ縺ッ遒コ縺九↓謌ヲ蜑阪→豎コ蛻・縺励◆縲ゅ□縺後?∝?逕」蝨上〒縺ゅ▲縺溘Ο繧キ繧「縺ィ荳?蜈夂峡陬√?荳ュ蝗ス縺ッ縺ゥ縺?□繧阪≧縺九?り?逕ア荳サ鄒ゥ縺ィ蟇セ蟲吶☆繧九%繧後i縺ョ譬ク雜?、ァ蝗ス縺ッ莠コ髢薙?蟆雁宍繧堤┌隕悶@荳也阜縺ョ蟷ウ蜥後r蟶梧アゅ☆繧句嵜螳カ縺ァ縺ッ縺ェ縺??縺?縲ゆクュ蝗ス縺ォ閾ウ縺」縺ヲ縺ッ髫」謗・蝗ス縺ァ縺ゅk繝「繝ウ繧エ繝ォ繝サ繧ヲ繧」繧ー繝ォ繝サ繝√?繝?ヨ縺ク縺ョ螟ァ驥乗ョコ謌ョ縺ァ鬆伜悄繧貞・ェ縺」縺溘?ゆクュ蝗ス縺ョ譬ク螳滄ィ薙?繧ヲ繧」繧ー繝ォ蝨ー蛹コ縺ァ謨ー螟壹¥螳滓命縺輔l縲∵ュサ閠?b閹ィ螟ァ縺ァ繧ヲ繧」繧ー繝ォ莠コ繧呈$諤悶↓髯・繧後※荳ュ蝗ス縺ォ騾?i縺医↑縺?h縺?↓縺励◆縲

縲?荳?㈹縺ョ髟キ蝓弱?荳ュ蝗ス縺梧ァ狗ッ峨@縺溷嵜蠅?キ壹□縲ゅ◎繧後′蝗ス蜀?↓縺ゅk縺ィ縺?≧縺薙→縺ッ蜊励Δ繝ウ繧エ繝ォ繧貞・ェ縺」縺溘%縺ィ縺ォ縺ェ繧九?ゅ∪縺励※繧?ク也阜驕コ逕」縺ォ逋サ骭イ縺励◆縺薙→縺ッ縲∵?縺九↓繧ゆクュ蝗ス縺御セオ逡・蝗ス螳カ縺ァ縺ゅk縺薙→繧定?繧芽ィシ譏弱@縺ヲ縺?k繧医≧縺ェ繧ゅ?縺?縲ゆサ翫b蜊励す繝頑オキ縺ィ縺?≧蜈ャ豬キ縺ァ縺ッ荳ュ蝗ス縺ォ繧医k萓オ逡・縺檎カ壹>縺ヲ縺?k縲ゅ?繝医リ繝?繝サ繝輔ぅ繝ェ繝斐Φ縺ク縺ョ荳サ讓ゥ萓オ螳ウ繧定ィア縺励※縺ッ縺ェ繧峨↑縺??
隴ヲ蟇溷ョ倥?縺?↑縺?→縺薙m縺ッ謔ェ縺瑚箔蟒カ繧九?ゆクュ蝗ス縺ョ證エ謖吶r譌・邀ウ縺ッ縺ゥ縺?ッセ蜃ヲ縺吶∋縺阪°縲

縲?譌・譛ャ縺ァ縺ッ2009蟷エ9譛医°繧?012蟷エ12譛医∪縺ァ縺ョ豌台クサ蜈壽帆讓ゥ縺ョ縺ィ縺阪↓蝗ス髫帷噪縺ォ菴輔′襍キ縺阪◆縺九?

笳乗ー台クサ蜈夲シ郁遵逶エ莠コ?画帆讓ゥ譎ゆサ」繝サ繝サ繝サ蝨ィ閨キ譛滄俣2010/06/08??011/09/02
2010蟷エ9譛?譌・ 窶 蟆夜魅隲ク蟲カ荳ュ蝗ス貍∬飴陦晉ェ∽コ倶サカ縺檎匱逕溘?
2010蟷エ11譛?譌・ 窶 繝ュ繧キ繧「縺ョ蝗ス螳カ蜈?ヲ悶→縺励※蛻昴a縺ヲ繝峨Α繝医Μ繝シ繝サ繝。繝峨?繝シ繧ク繧ァ繝募、ァ邨ア鬆倥′蝗ス蠕悟ウカ險ェ蝠上?
笳乗ー台クサ蜈夲シ磯㍽逕ー菴ウ蠖ヲ?画帆讓ゥ譎ゆサ」繝サ繝サ繝サ蝨ィ閨キ譛滄俣2011/09/02??012/12/26
2012蟷エ8譛?0譌・縺ォ髻灘嵜螟ァ邨ア鬆倥〒縺ゅk譚取?蜊壹′遶ケ蟲カ縺ォ荳企匣縺励◆縺ィ縺?≧蜃コ譚・莠九?
2012蟷エ8譛?4譌・縺ォ譚取?蜊夐沒蝗ス螟ァ邨ア鬆倥′縲悟、ゥ逧?シ域律邇具シ峨′髻灘嵜縺ォ譚・縺溘¢繧後?迢ャ遶矩°蜍募ョカ縺ォ隰晉スェ縺帙h縲阪→隕∵アゅ@縺溘?
2012蟷エ8譛?5譌・縺ォ荳ュ闖ッ莠コ豌大?蜥悟嵜鬥呎クッ迚ケ蛻・陦梧帆蛹コ縺ョ縲碁ヲ呎クッ菫晞?陦悟虚蟋泌藤莨壹?阪?繝。繝ウ繝舌?繧峨′縲∵律譛ャ縺碁?俶怏縺吶k豐也ク?恁蟆夜魅隲ク蟲カ鬲夐?蟲カ縺ォ荳肴ウ穂ク企匣縺励◆莠倶サカ縲
縲?蝗ス髦イ繧定サス隕悶☆繧区ー台クサ蜈壽帆讓ゥ荳九〒迴セ螳溘↓襍キ縺阪◆莠倶サカ縺ァ縺ゅk縲ゆサョ縺ォ莉翫b豌台クサ蜈壹′謾ソ讓ゥ繧貞濤縺」縺ヲ縺?◆縺ェ繧峨?縲∬ヲ?ィゥ荳サ鄒ゥ繧帝。輔↓縺励◆荳ュ蝗ス縺ォ繧医k迴セ蝨ィ騾イ陦御クュ縺ョ蜊励す繝頑オキ縺ァ縺ョ鬆伜悄諡。蠑オ陦檎ぜ繧呈律譛ャ縺ィ縺ッ辟。髢「菫ゅ→縺?≧隱、縺」縺溷愛譁ュ縺ォ繧医j陦悟虚逶」隕悶☆繧峨@縺ェ縺?〒縺ゅm縺??よュ蝣ア縺ョ蜿門セ励?逵溷ョ溘r隕矩??&縺ェ縺?→縺?≧縺薙→縺ァ縺ゅj縲∝ョ牙?菫晞囿縺ョ蝓コ譛ャ縺ァ縺ゅk縲よュヲ蜉帙↓繧医k螽∝嚊縺九i霄ォ繧貞ョ医l繧九?縺ッ逶ク謇九r譁ュ蠢オ縺輔○繧句ッセ謚玲ュヲ蜉帙〒縺ゅj縲√◎繧後r謇?謖√☆繧九%縺ィ縺ッ迢ャ遶句嵜縺ョ蟶ク隴倥□縲

縲?謔ェ貍「縺九i謌代′蟄舌r螳医i縺ェ縺?ッ崎ヲェ繝サ辷カ隕ェ縺後←縺薙↓縺?k縲ょ嵜豌代r萓オ逡・縺九i螳医l縺壹↓蝗ス螳カ縺ィ縺?∴繧九°縲よ?豕輔?蝗ス豌題?霄ォ縺ァ縺ッ縺ェ縺??ょ嵜豌代′蜊ア讖溘↓譎偵&繧後※縺?k縺ョ縺ォ縲∫函縺阪※縺?k蝗ス豌代〒縺ッ縺ェ縺乗?豕輔?縺サ縺?r螳医l縺ィ縺?≧豌台クサ蜈壹?蜈ア逕」蜈壹?譫懊◆縺励※譌・譛ャ莠コ縺ィ縺?∴繧九□繧阪≧縺九?よ律譛ャ蝗ス豌代?螳牙?繧貞ョ医j謚懊¥豎コ諢上′譖ク縺九l縺ヲ縺?↑縺?b縺ョ縺ッ縲√◎繧ゅ◎繧よ?豕輔→縺ッ險?縺医↑縺?□繧阪≧縲よ律譛ャ繧呈?縺吶k隕壽ぁ繧呈アコ繧√※譌・譛ャ蝗ス邀阪r蜿門セ励@縺溯???蛻・縺ィ縺励※縲∵律譛ャ豌第酪繧定イカ繧√k逋コ險?繧偵☆繧玖シゥ縺ッ蝗ス繧ょ慍譁ケ繧りュー蜩。縺ォ縺励※縺ッ縺ェ繧峨↑縺??ょ嵜莨壹〒隨ャ?呎擅隴キ諞イ繧剃クサ蠑オ縺吶k閠??蜈育・悶↓譛晞ョョ蜊雁ウカ邉サ縺檎岼遶九▽縲ゅ◎縺ョ蝣エ蜷医?豺キ陦?縺ァ繧よ律譛ャ莠コ縺ョ陦?繧貞シ輔>縺ヲ縺?k諢剰ュ倥′縺ェ縺???↑縺ョ縺ァ縺ゅm縺??り?霄ォ縺ョ鬲ゅ?繝ォ繝シ繝?′縺ゥ縺薙↑縺ョ縺九→縺?≧縺薙→縺ッ謾ソ豐サ繧貞昇繧倶ク翫〒迚ケ縺ォ螟紋コ、蝠城。後→繧ゅ↑繧九→辟。髢「菫ゅ〒縺ッ縺ェ縺??
逕溽黄蟄ヲ逧?↓縺ッ豌第酪縺ィ縺?≧繧ゅ?縺ッ譛ャ閭ス逧?↓遞ョ縺ョ髦イ陦帶э隴倥′縺ゅk繧ゅ?縺?縲

縲?縺輔※縲∵?譯医↓縺ェ縺」縺ヲ縺?k譌・譛ャ縺ョ蝗ス髫帛撫鬘後↓逶ョ繧堤ァサ縺吶→
笳丞圏譛晞ョョ縺ォ諡芽?縺輔l縺滓律譛ャ蝗ス豌代r蜿悶j霑斐☆縺ョ繧ゅ?∫ャャ?呎擅縺碁囿螳ウ縺ォ縺ェ縺」縺ヲ縺?k縲よ隼諞イ縺ェ縺代l縺ー諡芽?蝠城。後′隗」豎コ縺吶k縺薙→縺ッ荳榊庄閭ス縺?縲
笳丞圏譁ケ鬆伜悄繧偵∩縺ヲ縺ソ繧医≧縲ゅた騾」縺ッ譌・繧ス荳ュ遶区擅邏?r遐エ繧翫?∫┌蜉帙→縺ェ縺」縺滓律譛ャ縺ョ蜊?ウカ蛻怜ウカ縺ッ蛹励°繧牙漉縺セ縺ァ蜈ィ蟲カ繧偵た騾」霆堺コ倶セオ謾サ縺ァ螂ェ縺」縺溘?ゅし繝ウ繝輔Λ繝ウ繧キ繧ケ繧ウ隰帛柱譚。邏?〒譌・譛ャ縺梧叛譽?@縺溘→險?繧上l縺ヲ縺?k縺後?∵里縺ォ繝昴ヤ繝?繝?螳」險?縺ァ辟。譚。莉カ髯堺シ上&縺帙i繧後※縺?◆縺ョ縺ァ縺ゅk縲ょ漉讓コ螟ェ縺ッ譛?邨ら噪縺ォ譌・髴イ謌ヲ莠峨?邨先棡蜿門セ励@縺溘◆繧∝ケウ蜥檎噪縺ェ鬆伜悄縺ァ縺ッ縺ェ縺九▲縺溘?ゅ@縺九@縲∝圏蜊?ウカ縺ッ譌・髴イ謌ヲ莠牙燕縺ォ蜊?ウカ繝サ讓コ螟ェ莠、謠帶擅邏?〒蟷ウ蜥檎噪縺ォ譌・譛ャ鬆倥→縺ェ縺」縺溘b縺ョ縺?縲ゅし繝ウ繝輔Λ繝ウ繧キ繧ケ繧ウ隰帛柱縺ァ騾?i縺医?縺ゥ縺?↑縺」縺溘%縺ィ縺九?よ姶蜍晏嵜縺ォ繧医j邱?邨舌&縺帙i繧後◆譚。邏?′蝗ス髫帶ウ輔→險?縺医k縺ァ縺ゅm縺?°縲よ律譛ャ縺ッ蜊?ウカ蜈ィ蟲カ縺悟ケウ蜥檎噪縺ォ蝗ス髫帶ウ輔↓蝓コ縺・縺?◆譌・譛ャ鬆伜悄縺ァ縺ゅk縺薙→荳サ蠑オ縺吶∋縺阪〒縺ゅk縲ゆク也阜荳ュ縺ァ豁ヲ蜉帙↓繧医k鬆伜悄縺ョ萓オ螳ウ縺ッ莉翫b邯壹>縺ヲ縺?k縺薙→繧貞ソ倥l縺ヲ縺ッ縺?¢縺ェ縺??ょ鴻蟲カ蛻怜ウカ繧ら樟諞イ豕穂ク九〒縺ッ繝ュ繧キ繧「蜆ェ菴阪?縺セ縺セ縺ァ縺ゅm縺??
笳冗ォケ蟲カ縺ッ菫晏ョ蛾嚏縺九i閾ェ陦幃嚏縺ク縺ョ遘サ陦梧凾譛溘↓縲?沒蝗ス霆阪′莉翫□縺ィ縺ー縺九j縺ォ譌・譛ャ縺九i謗?繧∝叙縺」縺溘?
縲?蝗ス髦イ諢剰ュ倥?縺ェ縺?ソ鷹團蝗ス繧貞鴨縺ァ螂ェ縺」縺ヲ縺?¥縺ィ縺?≧謔ェ縺???∴繧呈干縺丞嵜縲?′縺ゅj縲∵風謌ヲ蠕後?譌・譛ャ繧ゅ◎縺ョ讓咏噪縺ィ縺ェ縺」縺ヲ縺?k縺薙→繧呈律譛ャ蝗ス豌代?遏・繧峨↑縺代l縺ー縺ェ繧峨↑縺??

縲?荳也阜縺ョ霆堺コ句鴨縺ッ縲∫ャャ莠梧ャ。荳也阜螟ァ謌ヲ繧貞「?↓蜴溷ュ千黄逅?ュヲ繝サ繧ウ繝ウ繝斐Η繝シ繧ソ縺ョ鬟幄コ咲噪縺ェ逋コ螻輔→縺ィ繧ゅ↓諤・騾溘↓鬮倥∪縺」縺溘?ゅリ繝ウ繝舌?繝ッ繝ウ縺ョ繧「繝。繝ェ繧ォ縺ァ縺輔∴閾ェ蝗ス縺?縺代〒螳牙?繧堤「コ菫昴☆繧九%縺ィ縺ッ縺ァ縺阪↑縺??ゅ◎縺?@縺滉ク也阜諠?兇縺ョ荳ュ縲∵律譛ャ縺ョ蜿悶k縺ケ縺榊ョ牙?菫晞囿縺ョ驕ク謚槭?閾ェ逕ア荳サ鄒ゥ髯」蝟カ縺ョ繝ェ繝シ繝?繝シ縺ァ縺ゅk繧「繝。繝ェ繧ォ蜷郁。?嵜縺ィ蠑キ縺丞崋縺?オ?→縺励?∽ク斐▽譌・邀ウ縺御ク也阜縺ォ菫。鬆シ縺輔l繧九h縺?い繝。繝ェ繧ォ縺ョ陦悟虚縺ォ蟇セ縺励※繧ら悄縺ョ蜿九→縺励※繧「繝峨ヰ繧、繧ケ縺ァ縺阪k蜷檎屐蝗ス縺ァ縺ェ縺代l縺ー縺ェ繧峨↑縺??よョコ謌ョ繧剃ス輔→繧よ?昴o縺ェ縺?燕荳也エ?縺ョ蝗ス螳カ菴灘宛縺ァ縺ゅk荳ュ闖ッ莠コ豌大?蜥悟嵜縺ッ隕∵ウィ諢上〒縺ゅk縲ょ?逕」蜈壹?荳?蜈夂峡陬√′蟠ゥ螢翫@縲∝嵜豌鷹∈謖吶↓繧医k豌台クサ荳サ鄒ゥ蝗ス螳カ縺ィ縺ェ繧九h縺?クュ蝗ス蝗ス豌代↓縺ゅi繧?k謇区ウ輔r逕ィ縺?※蜒阪″縺九¢縺ェ縺代l縺ー縺ェ繧峨↑縺??ゅ%繧後?譌・邀ウ縺?縺代〒縺ェ縺丈ク也阜荳ュ縺ョ蜊泌鴨縺悟ソ?ヲ√□縲ょ嵜螽√?逋コ謠壹↓豬ョ縺九l縺ヲ縺?k荳ュ蝗ス縺ョ髢区叛繧医j繧ゅ??≡荳?譌上′謾ッ驟阪☆繧句圏譛晞ョョ縺ョ髢区叛縺ョ譁ケ縺悟ョ溽樟縺ッ譌ゥ縺?□繧阪≧縲

縲?蟷ウ蜥後?繧ア縺ィ辟。髢「蠢??謔ェ縺ォ鬟イ縺ソ霎シ縺セ繧後※縺励∪縺??よ姶蠕後?豁エ蜿イ謨呵ご繧呈侠繧頑園縺ォ縺励◆諤晄Φ縺ァ縺ッ逵溷ョ溘↓逶ョ繧帝哩縺悶@縺溷ケウ蜥後@縺玖ヲ九∴縺ヲ縺薙↑縺??り?蝗ス縺ィ莉門嵜縺ョ驕主悉縺ョ蜃コ譚・莠九→蝗?譫懊r蛻?梵縺励?∫樟蝨ィ繧定ヲ区紺縺医◆縺?∴縺ァ譛ェ譚・縺ォ郢九£繧区ュエ蜿イ繧貞卸騾?縺吶∋縺阪〒縺ゅk縲

譌・譛ャ縺ッ遏・諱オ縺ィ蜍?ー励〒荳也阜繧堤何蠑輔☆縺ケ縺阪□

縲?螳牙?埼ヲ也嶌縺ョ繧「繝。繝ェ繧ォ荳贋ク倶ク。髯「蜷亥酔隴ー莨壽シ碑ェャ繧?シ偵?繝ゥ繧ケ?抵シ亥、紋コ、諡?ス鍋嶌繝サ髦イ陦帶球蠖鍋嶌?峨↓繧医k譌・邀ウ譁ー繧ャ繧、繝峨Λ繧、繝ウ縺ォ縺、縺?※縲?㍽蜈壹?蜿」繧呈純縺医※?磯??コ上′騾?〒縺ッ縺ェ縺?°縲∝嵜莨夊サス隕悶□?峨→謇ケ蛻、縺励◆縲
縺薙l縺ッ縲∵帆遲匁アコ螳壽焔鬆??豌台クサ荳サ鄒ゥ縺ォ蝓コ縺・縺?※縲∝?縺夊ュー莨壹?蟋泌藤莨夂ュ峨〒縺ョ莠玖ア。隱崎ュ倥→蜷域э縺後↑縺代l縺ー縺?¢縺ェ縺?→縺?≧諤晁??↓蝓コ縺・縺乗ウィ譁?□縲
縲?縺励°縺励??シ亥、紋コ、縺ィ縺ッ菴輔°?峨r閠?∴縺ヲ谺イ縺励>縲ゅ??菴輔〒繧ゅ?繝医Β繧「繝??縺ィ縺?≧諤晁???縺ゅ∪繧翫↓繧ょ腰邏斐□縲ゅ??縺昴l縺ァ縺ッ髟キ縺御ク崎ヲ√↓縺ェ縺」縺ヲ縺励∪縺??ゅΜ繝シ繝?繝シ縺ッ蝗ス豌代?蝨ー蝓滉ス乗ー代r繝ェ繝シ繝峨☆繧句ュ伜惠縺ァ縺ゅj縲√♀鬟セ繧翫〒縺ッ縺ェ縺??ゅ??蟶る聞繧ら衍莠九b鬥也嶌繧ゅヨ繝??繝?繧ヲ繝ウ縺ァ騾イ繧√k莠区氛縺ッ縺溘¥縺輔s縺ゅk縲ゅ??荳也阜蜿イ繧偵◆縺ゥ縺」縺ヲ繧ゅ?∵э諤昴r蜷後§縺上☆繧句嵜縺ョ繝ェ繝シ繝?繝シ驕斐?謌ヲ逡・繧堤ッ峨¥縺溘a縺ォ髮?>莨夊ォ?@縺ヲ縺阪◆縲ゅ??縺昴≧縺励※蝗ス逶翫r遒コ縺九↑繧ゅ?縺ィ縺ィ縺吶k縺ケ縺乗怏蛻ゥ縺ェ菴灘宛繧帝??縺」縺ヲ縺阪◆縺ョ縺?縲ゅ??蝗ス蜀??蜷域э繧貞セ励※縺九i蜷檎屐蝗ス縺ィ繝医ャ繝嶺シ夊ォ?@縺溘?縺ァ縺ッ蜈ィ縺城≦縺吶℃繧九?ゅ??譌・譛ャ繧定イカ繧√k豢サ蜍輔r縺礼カ壹¢縺ヲ縺阪◆髻灘嵜縺ッ縲∫畑諢丞捉蛻ー縺ェ螳牙?埼ヲ也嶌縺ョ縺薙?貍碑ェャ縺ァ荳?豌励↓蠖「蜍「騾?サ「縺ョ諞ゅ″逶ョ縺ォ縺ゅ▲縺溘?ゅ??蜈医★縺ッ蝗ス莨壹〒隧ア縺怜粋縺」縺ヲ縺九i繝サ繝サ繝サ縺ェ繧薙※謔?髟キ縺ェ縺薙→繧偵@縺ヲ縺?◆繧我ス懈姶縺ッ鬆捺賢縺励※縺?◆縺?繧阪≧縲ゅ??蝗ス蜀?〒縺ッ譌・譛ャ縺ョ蠑ア菴灘喧繧帝?イ繧√※縺?k?磯㍽蜈壹?譁ー閨槭?TV?峨′螯ィ螳ウ縺吶k縺ョ縺ッ逶ョ縺ォ隕九∴縺ヲ縺?k縲ょ、紋コ、縺ィ縺?≧繧ゅ?縺ッ繝医ャ繝励ム繧ヲ繝ウ縺ァ陦後≧繧ゅ?縺ェ縺ョ縺?縲ゅ??縺薙l縺ッ縺吶∋縺ヲ縺ョ蝗ス螳カ縺ォ蠖薙※縺ッ縺セ繧倶コ句ョ溘□縲
笳乗律譛ャ蝗ス豌代?縺ソ縺ェ縺輔s縲√←縺?°逶ョ繧定ヲ壹∪縺励※縺上□縺輔>縲
TBS縺ョ繧オ繝ウ繝??繝「繝シ繝九Φ繧ー繝サ蝣ア驕鍋音髮??ゝV譛晄律縺ョ蝣ア驕薙せ繝??繧キ繝ァ繝ウ縺ッ閾ェ豌大?繧呈音蛻、縺吶k繧ウ繝。繝ウ繝??繧ソ繝シ縺?縺代r逋サ蝣エ縺輔○縲∝?ア驕薙?蜈ャ豁」繧堤┌隕悶@縺溽分邨?ァ区?縺ァ隕冶?閠?r豢苓┻縺励※縺?∪縺吶?ゅ??蜈ャ蜈ア縺ョ髮サ豕「繧剃スソ縺??√%繧薙↑繧?j譁ケ縺ッ蜊第?ッ縺?縺ィ諤昴>縺セ縺帙s縺具シ

縲?謌ヲ莠峨?隱ー縺ァ繧ょォ後〒縺吶?ゅ??謌ヲ繧上↑縺代l縺ー豁サ閠??蜃コ縺ェ縺?→縺?≧縺ョ縺ッ蝌倥〒縺吶?ゅ??荳ュ蝗ス繧定ヲ九※縺上□縺輔>縲ゅ??繝ュ繧キ繧「繧定ヲ九※縺上□縺輔>縲ゅ??縺薙??偵Ψ蝗ス縺ッ縲∝嵜騾」豎コ隴ー譯医↓諡貞凄讓ゥ繧呈戟縺、蟶ク莉サ逅?コ句嵜縺ェ縺ョ縺?縺ィ縲∵ィゥ蜉帙r閾ェ蝗ス縺ョ驛ス蜷医□縺代↓陦御スソ縺励※縺?∪縺吶?ゅ??縺薙s縺ェ蝗ス縺ョ證エ謖吶r邨カ蟇セ險ア縺励※縺ッ陦後¢縺セ縺帙s縲ゅ??螳溘↓縺イ縺ゥ縺?%縺ィ繧偵☆繧句嵜縺?縺九i縺ァ縺吶?
笳丈クュ蝗ス縺ッ蟷ウ蜥檎噪縺ェ豌第酪縺梧坩繧峨@縺ヲ縺?◆?亥漉繝「繝ウ繧エ繝ォ繝サ繧ヲ繧」繧ー繝ォ繝サ繝√?繝?ヨ?峨↓萓オ謾サ縺怜、ァ驥乗ョコ謌ョ縺励※蠖シ繧峨?蠎?、ァ縺ェ鬆伜悄繧貞・ェ縺?叙繧翫∪縺励◆縲ゅ??荳ュ蝗ス莠コ縺ョ蜿肴帆蠎應ココ迚ゥ縺ッ蛹玲悃魄ョ縺ィ蜷後§繧医≧縺ォ諠ィ谿コ縺輔l縺ヲ縺?∪縺吶?ゅ??荳ュ蝗ス縺ッ蠕ケ蠎輔@縺溽ァ伜ッ?クサ鄒ゥ縺ョ蝗ス螳カ菴灘宛縺ァ縺吶?ゅ??莠コ蜿」?托シ灘т繧定カ翫∴繧倶クュ蝗ス縺ッ邊セ縲?シ托シ仙т縺後■繧?≧縺ゥ縺?>縺ィ諤昴▲縺ヲ縺?k縺上i縺?〒縲∽ココ縺ョ蜻ス繧剃ス輔→繧よ?昴▲縺ヲ縺?∪縺帙s縲ゅ??荳?蜈夂峡陬√r謗イ縺偵k荳ュ蝗ス蜈ア逕」蜈壹↓騾?i縺???r縲∵帆豐サ迥ッ縺ョ豎壼錐繧堤捩縺帙※縺ッ螟ァ驥上?莠コ縲?′豈取律遘伜ッ?」上↓谿コ縺輔l縺ヲ縺?∪縺吶?ゅ??縺昴?谿コ螳ウ莠句ョ溘r荳ュ蝗ス蝗ス豌代?遏・繧峨★縺ォ荳ュ蝗ス蜈ア逕」蜈壹?蜿肴律繝サ蜿咲アウ螳」莨昴〒豢苓┻縺輔l縺ヲ縺?∪縺吶?ゅ??莠句ョ溘r遏・縺」縺溯???豢サ蜍墓ュ蝣ア繧堤衍繧峨l繧九d蜊ウ騾ョ謐輔&繧後∪縺吶?ゅ??莠コ讓ゥ蟆企㍾縺ョ譌・譛ャ縺ィ縺ッ縺セ繧九〒騾?〒縺吶?ゅ??縺昴?荳ュ蝗ス縺ッ迴セ蝨ィ繧ょ漉豐呵ォク蟲カ繧剃セオ逡・荳ュ縲
荳ュ蝗ス縺ッ繧、繝ウ繝峨r蛹?峇縺吶k縺溘a縲√せ繝ェ繝ゥ繝ウ繧ォ繝サ繝舌Φ繧ー繝ゥ繝?ャ繧キ繝・繝サ繝代く繧ケ繧ソ繝ウ縺ォ荳ュ蝗ス霆榊渕蝨ー繧貞ア暮幕荳ュ縺ァ縺吶?
笳上た騾」縺ッ蜈ア逕」蜈壹↓繧医k迢ャ陬∵髪驟肴帆豐サ縺ョ繧ゅ→縲√ラ繧、繝??繝ヲ繝?繝、莠コ陌先ョコ繧医j繧る▼縺九↓諱舌m縺励>螟ァ驥剰剞谿コ縺悟嵜蜀?〒縺ゅj縺セ縺励◆縲ゅ??譌・繧ス荳ュ遶区擅邏?r遐エ繧頑律譛ャ鬆伜悄縺ァ縺ゅk蜊?ウカ蛻怜ウカ繧貞・ェ縺?叙縺」縺溘%縺ィ繧ゅ@縺」縺九j縺ィ險俶?縺励※縺上□縺輔>縲ゅ??繧ス騾」隗」菴灘セ後?繝ュ繧キ繧「繧ゅ?繝シ繝√Φ螟ァ邨ア鬆倥?繧ヲ繧ッ繝ゥ繧、繝頑帆螟峨〒縲梧?ク菴ソ逕ィ貅門y縲阪r逋コ險?縺励∪縺励◆縲

縲?譌・譛ャ縺ッ螳牙?菫晞囿縺ョ蛯吶∴縺御ク崎カウ縺励※縺?∪縺励◆縲ゅ??迴セ諞イ豕輔↓縺ッ蝗ス豌代?逕溷多繧貞ョ医j縺ャ縺乗アコ諢上′譖ク縺九l縺ヲ縺?∪縺帙s縲ゅ??GHQ謖?、コ縺ァ譌・譛ャ繧帝ェィ謚懊″縺ォ縺吶k諞イ豕輔r謖√◆縺輔l縺溘°繧峨〒縺吶?ゅ??隨ャ?呎擅縺ョ繧医≧縺ェ?域姶莠峨?謾セ譽??莠、謌ヲ蜷ヲ螳夲シ峨r險倩シ峨@縺滓?豕輔r謖√▽蝗ス縺ッ縺ゥ縺薙r謗「縺励※繧ゅ≠繧翫∪縺帙s縲ゅ??螟門嵜莠コ縺ォ閨槭>縺ヲ繧よ怏繧雁セ励↑縺?→險?繧上l縺セ縺吶?ゅ??縺昴l縺サ縺ゥ縺ォ邏?譎エ繧峨@縺??豕輔□縺ィ縺?≧縺ョ縺ァ縺ゅl縺ー逵滉シシ繧句嵜縺後≠縺」縺ヲ縺?>縺ッ縺壹〒縺吶′縲∬?谿コ陦檎ぜ縺ォ遲峨@縺?擅譁?r縺セ縺ィ繧ゅ↑蝗ス縺ッ謖√■縺セ縺帙s縲ゅ??謌ヲ莠峨′雖後□縺九i豁ヲ蜉帙↑繧薙°辟。縺上※縺?>縲∬?陦幃嚏繧よ律邀ウ螳我ソ昴b蜿榊ッセ縺?繝サ繝サ繝サ縺ィ險?縺」縺ヲ縺?k莠コ縺ッ邨仙ア?閾ェ蛻?□縺第姶轣ォ繧帝??l縺溘>縺ィ縺?≧閠?∴縺ェ縺ョ縺ァ縺励g縺??
縲?蜿ッ諢帙>繧上′蟄舌?蜑阪↓蛻?黄繧呈戟縺」縺溷?證エ縺ェ謔ェ貍「縺瑚ソォ縺」縺滓凾縺ォ縲√≠縺ェ縺溘?縺ゥ縺?@縺セ縺吶°?
迴セ蝨ィ縲∝ョ牙?肴帆讓ゥ縺碁?イ繧√※縺?k蟷ウ蜥悟ョ牙?豕募宛縺ォ蜿榊ッセ縺励※縺?k驥主?隴ー蜩。繝サ蛛城㍾蝣ア驕薙☆繧亀V螻?縺ィ縺ッ荳?菴謎ス戊??↑繧薙〒縺励g縺?°縲

縲?縺ェ縺應ク也阜蜷?嵜縺瑚サ埼嚏繧呈戟縺」縺ヲ縺?k縺ョ縺ァ縺励g縺?°縲ゅ??莠コ鬘槫彰縺ォ縺ッ荳堺ソ。縺悟クク縺ォ莉倥″縺セ縺ィ縺」縺ヲ縺?k縺九i縺ァ縺吶?ゅ??菴慕卆荳?ケエ繧ゑシ域ョコ縺怜粋縺??螂ェ縺?粋縺??髫キ蠕難シ峨r郢ー繧願ソ斐@縺ヲ縺阪◆縲ゅ??莠コ髢薙?閼ウ縺九i證エ蜉帙r豸医@蜴サ繧九%縺ィ縺ッ荳榊庄閭ス縺ァ縺吶?ゅ??縺輔≠縲√%繧後°繧峨??域ュエ蜿イ繧貞、峨∴繧医≧??シ峨→蜻シ縺ウ縺九¢縺ヲ繧りェー縺梧ュヲ蝎ィ繧呈焔謾セ縺吶〒縺励g縺?°縲ゅ??隱ー縺御サ紋ココ繝サ莉夜Κ譌上r菫。縺倥″繧九〒縺励g縺?°縲ゅ??菫。逕ィ縺ァ縺阪↑縺?ココ鬘槫彰縺ァ縺ゅ▲縺溘°繧峨%縺晞?」蜷医@蜷檎屐縺励※縲∝、紋コ、縺ィ豁ヲ蜉帙〒豌第酪縺ョ螳牙?繧堤「コ菫昴☆繧九?縺ァ縺吶?ゅ??蝠城。後↑縺ョ縺ッ縺?▽縺ョ譎ゆサ」繧ら峡陬∝嵜螳カ縺後≠繧九%縺ィ縲??伜悄諡。蠑オ繧剃シ∝峙縺吶k蝗ス縺後≠繧九%縺ィ縺ァ縺吶?ゅ??縺昴l繧呈叛鄂ョ縺励◆繧峨?∵ョ玖剞縺ァ諱舌m縺励>邨先棡縺悟セ?▲縺ヲ縺?∪縺吶?

ならず者国家を放置したら大変なことになる

 資源の乏しい日本は、欧米の経済封鎖から自身の手で国難を切り開こうと、仕掛けられた罠に嵌まり辛抱しきれずに開戦してしまいました。米国と比べて物資・資金・情報・科学力に渡り数十倍の差があったでしょう。米国は日本との戦争で日本が何故これほど強いのかを分析した上で、日本を骨抜きにする憲法と徹底した反戦教育で統治してきました。
 戦後の日本は国防を米国に委ねて経済に邁進できた結果、武装しなくとも安心して生活できる豊かで平和な理想国家だと国民の大多数が実感してきた。それは憲法第9条という戦力放棄・交戦否定をした最高法規が有るからであり、平和を守るうえで犯してはならないものだと思ってしまったのだ。

 しかし、日本国民には現実を知ってほしい。平和な繁栄を陰で支えた軍事力「日米安全保障条約」がしっかりと存在していることを。世界が良心のみで成り立つのであれば武装の必要はない。戦前と戦後で日本の世界観は激変してしまった。日本が平和路線に進路を切り替えて70年、世界の名だたる国も平和への歩みをしていると、マスコミを先頭に多くの日本人は錯覚している。ドイツと日本は確かに戦前と決別した。だが、共産圏であったロシアと一党独裁の中国はどうだろうか。自由主義と対峙するこれらの核超大国は人間の尊厳を無視し世界の平和を希求する国家ではないのだ。中国に至っては隣接国であるモンゴル・ウィグル・チベットへの大量殺戮で領土を奪った。中国の核実験はウィグル地区で数多く実施され、死者も膨大でウィグル人を恐怖に陥れて中国に逆らえないようにした。

 万里の長城は中国が構築した国境線だ。それが国内にあるということは南モンゴルを奪ったことになる。ましてや世界遺産に登録したことは、愚かにも中国が侵略国家であることを自ら証明しているようなものだ。今も南シナ海という公海では中国による侵略が続いている。ベトナム・フィリピンへの主権侵害を許してはならない。
警察官のいないところは悪が蔓延る。中国の暴挙を日米はどう対処すべきか。

 日本では2009年9月から2012年12月までの民主党政権のときに国際的に何が起きたか。

●民主党(菅直人)政権時代・・・在職期間2010/06/08~2011/09/02
2010年9月7日 – 尖閣諸島中国漁船衝突事件が発生。
2010年11月1日 – ロシアの国家元首として初めてドミトリー・メドベージェフ大統領が国後島訪問。
●民主党(野田佳彦)政権時代・・・在職期間2011/09/02~2012/12/26
2012年8月10日に韓国大統領である李明博が竹島に上陸したという出来事。
2012年8月14日に李明博韓国大統領が「天皇(日王)が韓国に来たければ独立運動家に謝罪せよ」と要求した。
2012年8月15日に中華人民共和国香港特別行政区の「香港保釣行動委員会」のメンバーらが、日本が領有する沖縄県尖閣諸島魚釣島に不法上陸した事件。
 国防を軽視する民主党政権下で現実に起きた事件である。仮に今も民主党が政権を執っていたならば、覇権主義を顕にした中国による現在進行中の南シナ海での領土拡張行為を日本とは無関係という誤った判断により行動監視すらしないであろう。情報の取得は真実を見逃さないということであり、安全保障の基本である。武力による威嚇から身を守れるのは相手を断念させる対抗武力であり、それを所持することは独立国の常識だ。

 悪漢から我が子を守らない母親・父親がどこにいる。国民を侵略から守れずに国家といえるか。憲法は国民自身ではない。国民が危機に晒されているのに、生きている国民ではなく憲法のほうを守れという民主党・共産党は果たして日本人といえるだろうか。日本国民の安全を守り抜く決意が書かれていないものは、そもそも憲法とは言えないだろう。日本を愛する覚悟を決めて日本国籍を取得した者は別として、日本民族を貶める発言をする輩は国も地方も議員にしてはならない。国会で第9条護憲を主張する者は先祖に朝鮮半島系が目立つ。その場合は混血でも日本人の血を引いている意識がない者なのであろう。自身の魂のルーツがどこなのかということは政治を司る上で特に外交問題ともなると無関係ではない。
生物学的には民族というものは本能的に種の防衛意識があるものだ。

 さて、懸案になっている日本の国際問題に目を移すと
●北朝鮮に拉致された日本国民を取り返すのも、第9条が障害になっている。改憲なければ拉致問題が解決することは不可能だ。
●北方領土をみてみよう。ソ連は日ソ中立条約を破り、無力となった日本の千島列島は北から南まで全島をソ連軍事侵攻で奪った。サンフランシスコ講和条約で日本が放棄したと言われているが、既にポツダム宣言で無条件降伏させられていたのである。南樺太は最終的に日露戦争の結果取得したため平和的な領土ではなかった。しかし、北千島は日露戦争前に千島・樺太交換条約で平和的に日本領となったものだ。サンフランシスコ講和で逆らえばどうなったことか。戦勝国により締結させられた条約が国際法と言えるであろうか。日本は千島全島が平和的に国際法に基づいた日本領土であること主張すべきである。世界中で武力による領土の侵害は今も続いていることを忘れてはいけない。千島列島も現憲法下ではロシア優位のままであろう。
●竹島は保安隊から自衛隊への移行時期に、韓国軍が今だとばかりに日本から掠め取った。
 国防意識のない近隣国を力で奪っていくという悪い考えを抱く国々があり、敗戦後の日本もその標的となっていることを日本国民は知らなければならない。

 世界の軍事力は、第二次世界大戦を境に原子物理学・コンピュータの飛躍的な発展とともに急速に高まった。ナンバーワンのアメリカでさえ自国だけで安全を確保することはできない。そうした世界情勢の中、日本の取るべき安全保障の選択は自由主義陣営のリーダーであるアメリカ合衆国と強く固い絆とし、且つ日米が世界に信頼されるようアメリカの行動に対しても真の友としてアドバイスできる同盟国でなければならない。殺戮を何とも思わない前世紀の国家体制である中華人民共和国は要注意である。共産党の一党独裁が崩壊し、国民選挙による民主主義国家となるよう中国国民にあらゆる手法を用いて働きかけなければならない。これは日米だけでなく世界中の協力が必要だ。国威の発揚に浮かれている中国の開放よりも、金一族が支配する北朝鮮の開放の方が実現は早いだろう。

 平和ボケと無関心は悪に飲み込まれてしまう。戦後の歴史教育を拠り所にした思想では真実に目を閉ざした平和しか見えてこない。自国と他国の過去の出来事と因果を分析し、現在を見据えたうえで未来に繋げる歴史を創造すべきである。

日本は知恵と勇気で世界を牽引すべきだ

 安倍首相のアメリカ上下両院合同議会演説や2プラス2(外交担当相・防衛担当相)による日米新ガイドラインについて、野党は口を揃えて(順序が逆ではないか、国会軽視だ)と批判した。
これは、政策決定手順は民主主義に基づいて、先ず議会・委員会等での事象認識と合意がなければいけないという思考に基づく注文だ。
 しかし、(外交とは何か)を考えて欲しい。 何でもボトムアップという思考はあまりにも単純だ。 それでは長が不要になってしまう。リーダーは国民・地域住民をリードする存在であり、お飾りではない。 市長も知事も首相もトップダウンで進める事柄はたくさんある。 世界史をたどっても、意思を同じくする国のリーダー達は戦略を築くために集い会談してきた。 そうして国益を確かなものととするべく有利な体制を造ってきたのだ。 国内の合意を得てから同盟国とトップ会談したのでは全く遅すぎる。 日本を貶める活動をし続けてきた韓国は、用意周到な安倍首相のこの演説で一気に形勢逆転の憂き目にあった。 先ずは国会で話し合ってから・・・なんて悠長なことをしていたら作戦は頓挫していただろう。 国内では日本の弱体化を進めている(野党・新聞・TV)が妨害するのは目に見えている。外交というものはトップダウンで行うものなのだ。 これはすべての国家に当てはまる事実だ。
●日本国民のみなさん、どうか目を覚ましてください。
TBSのサンデーモーニング・報道特集、TV朝日の報道ステーションは自民党を批判するコメンテーターだけを登場させ、報道の公正を無視した番組構成で視聴者を洗脳しています。 公共の電波を使い、こんなやり方は卑怯だと思いませんか?

 戦争は誰でも嫌です。 戦わなければ死者は出ないというのは嘘です。 中国を見てください。 ロシアを見てください。 この2ヵ国は、国連決議案に拒否権を持つ常任理事国なのだと、権力を自国の都合だけに行使しています。 こんな国の暴挙を絶対許しては行けません。 実にひどいことをする国だからです。
●中国は平和的な民族が暮らしていた(南モンゴル・ウィグル・チベット)に侵攻し大量殺戮して彼らの広大な領土を奪い取りました。 中国人の反政府人物は北朝鮮と同じように惨殺されています。 中国は徹底した秘密主義の国家体制です。 人口13億を越える中国は精々10億がちょうどいいと思っているくらいで、人の命を何とも思っていません。 一党独裁を掲げる中国共産党に逆らう者を、政治犯の汚名を着せては大量の人々が毎日秘密裏に殺されています。 その殺害事実を中国国民は知らずに中国共産党の反日・反米宣伝で洗脳されています。 事実を知った者は活動情報を知られるや即逮捕されます。 人権尊重の日本とはまるで逆です。 その中国は現在も南沙諸島を侵略中。
中国はインドを包囲するため、スリランカ・バングラデッシュ・パキスタンに中国軍基地を展開中です。
●ソ連は共産党による独裁支配政治のもと、ドイツのユダヤ人虐殺よりも遥かに恐ろしい大量虐殺が国内でありました。 日ソ中立条約を破り日本領土である千島列島を奪い取ったこともしっかりと記憶してください。 ソ連解体後のロシアもプーチン大統領はウクライナ政変で「核使用準備」を発言しました。

 日本は安全保障の備えが不足していました。 現憲法には国民の生命を守りぬく決意が書かれていません。 GHQ指示で日本を骨抜きにする憲法を持たされたからです。 第9条のような(戦争の放棄・交戦否定)を記載した憲法を持つ国はどこを探してもありません。 外国人に聞いても有り得ないと言われます。 それほどに素晴らしい憲法だというのであれば真似る国があっていいはずですが、自殺行為に等しい条文をまともな国は持ちません。 戦争が嫌だから武力なんか無くていい、自衛隊も日米安保も反対だ・・・と言っている人は結局自分だけ戦火を逃れたいという考えなのでしょう。
 可愛いわが子の前に刃物を持った凶暴な悪漢が迫った時に、あなたはどうしますか?
現在、安倍政権が進めている平和安全法制に反対している野党議員・偏重報道するTV局とは一体何者なんでしょうか。

 なぜ世界各国が軍隊を持っているのでしょうか。 人類史には不信が常に付きまとっているからです。 何百万年も(殺し合い・奪い合い・隷従)を繰り返してきた。 人間の脳から暴力を消し去ることは不可能です。 さあ、これからは(歴史を変えよう!)と呼びかけても誰が武器を手放すでしょうか。 誰が他人・他部族を信じきるでしょうか。 信用できない人類史であったからこそ連合し同盟して、外交と武力で民族の安全を確保するのです。 問題なのはいつの時代も独裁国家があること、領土拡張を企図する国があることです。 それを放置したら、残虐で恐ろしい結果が待っています。

譌・譛ャ縺ッ遏・諱オ縺ィ蜍?ー励〒荳也阜繧堤何蠑輔☆縺ケ縺阪□

縲?螳牙?埼ヲ也嶌縺ョ繧「繝。繝ェ繧ォ荳贋ク倶ク。髯「蜷亥酔隴ー莨壽シ碑ェャ繧?シ偵?繝ゥ繧ケ?抵シ亥、紋コ、諡?ス鍋嶌繝サ髦イ陦帶球蠖鍋嶌?峨↓繧医k譌・邀ウ譁ー繧ャ繧、繝峨Λ繧、繝ウ縺ォ縺、縺?※縲?㍽蜈壹?蜿」繧呈純縺医※?磯??コ上′騾?〒縺ッ縺ェ縺?°縲∝嵜莨夊サス隕悶□?峨→謇ケ蛻、縺励◆縲
縺薙l縺ッ縲∵帆遲匁アコ螳壽焔鬆??豌台クサ荳サ鄒ゥ縺ォ蝓コ縺・縺?※縲∝?縺夊ュー莨壹?蟋泌藤莨夂ュ峨〒縺ョ莠玖ア。隱崎ュ倥→蜷域э縺後↑縺代l縺ー縺?¢縺ェ縺?→縺?≧諤晁??↓蝓コ縺・縺乗ウィ譁?□縲
縲?縺励°縺励??シ亥、紋コ、縺ィ縺ッ菴輔°?峨r閠?∴縺ヲ谺イ縺励>縲ゅ??菴輔〒繧ゅ?繝医Β繧「繝??縺ィ縺?≧諤晁???縺ゅ∪繧翫↓繧ょ腰邏斐□縲ゅ??縺昴l縺ァ縺ッ髟キ縺御ク崎ヲ√↓縺ェ縺」縺ヲ縺励∪縺??ゅΜ繝シ繝?繝シ縺ッ蝗ス豌代?蝨ー蝓滉ス乗ー代r繝ェ繝シ繝峨☆繧句ュ伜惠縺ァ縺ゅj縲√♀鬟セ繧翫〒縺ッ縺ェ縺??ゅ??蟶る聞繧ら衍莠九b鬥也嶌繧ゅヨ繝??繝?繧ヲ繝ウ縺ァ騾イ繧√k莠区氛縺ッ縺溘¥縺輔s縺ゅk縲ゅ??荳也阜蜿イ繧偵◆縺ゥ縺」縺ヲ繧ゅ?∵э諤昴r蜷後§縺上☆繧句嵜縺ョ繝ェ繝シ繝?繝シ驕斐?謌ヲ逡・繧堤ッ峨¥縺溘a縺ォ髮?>莨夊ォ?@縺ヲ縺阪◆縲ゅ??縺昴≧縺励※蝗ス逶翫r遒コ縺九↑繧ゅ?縺ィ縺ィ縺吶k縺ケ縺乗怏蛻ゥ縺ェ菴灘宛繧帝??縺」縺ヲ縺阪◆縺ョ縺?縲ゅ??蝗ス蜀??蜷域э繧貞セ励※縺九i蜷檎屐蝗ス縺ィ繝医ャ繝嶺シ夊ォ?@縺溘?縺ァ縺ッ蜈ィ縺城≦縺吶℃繧九?ゅ??譌・譛ャ繧定イカ繧√k豢サ蜍輔r縺礼カ壹¢縺ヲ縺阪◆髻灘嵜縺ッ縲∫畑諢丞捉蛻ー縺ェ螳牙?埼ヲ也嶌縺ョ縺薙?貍碑ェャ縺ァ荳?豌励↓蠖「蜍「騾?サ「縺ョ諞ゅ″逶ョ縺ォ縺ゅ▲縺溘?ゅ??蜈医★縺ッ蝗ス莨壹〒隧ア縺怜粋縺」縺ヲ縺九i繝サ繝サ繝サ縺ェ繧薙※謔?髟キ縺ェ縺薙→繧偵@縺ヲ縺?◆繧我ス懈姶縺ッ鬆捺賢縺励※縺?◆縺?繧阪≧縲ゅ??蝗ス蜀?〒縺ッ譌・譛ャ縺ョ蠑ア菴灘喧繧帝?イ繧√※縺?k?磯㍽蜈壹?譁ー閨槭?TV?峨′螯ィ螳ウ縺吶k縺ョ縺ッ逶ョ縺ォ隕九∴縺ヲ縺?k縲ょ、紋コ、縺ィ縺?≧繧ゅ?縺ッ繝医ャ繝励ム繧ヲ繝ウ縺ァ陦後≧繧ゅ?縺ェ縺ョ縺?縲ゅ??縺薙l縺ッ縺吶∋縺ヲ縺ョ蝗ス螳カ縺ォ蠖薙※縺ッ縺セ繧倶コ句ョ溘□縲
笳乗律譛ャ蝗ス豌代?縺ソ縺ェ縺輔s縲√←縺?°逶ョ繧定ヲ壹∪縺励※縺上□縺輔>縲
TBS縺ョ繧オ繝ウ繝??繝「繝シ繝九Φ繧ー繝サ蝣ア驕鍋音髮??ゝV譛晄律縺ョ蝣ア驕薙せ繝??繧キ繝ァ繝ウ縺ッ閾ェ豌大?繧呈音蛻、縺吶k繧ウ繝。繝ウ繝??繧ソ繝シ縺?縺代r逋サ蝣エ縺輔○縲∝?ア驕薙?蜈ャ豁」繧堤┌隕悶@縺溽分邨?ァ区?縺ァ隕冶?閠?r豢苓┻縺励※縺?∪縺吶?ゅ??蜈ャ蜈ア縺ョ髮サ豕「繧剃スソ縺??√%繧薙↑繧?j譁ケ縺ッ蜊第?ッ縺?縺ィ諤昴>縺セ縺帙s縺具シ

縲?謌ヲ莠峨?隱ー縺ァ繧ょォ後〒縺吶?ゅ??謌ヲ繧上↑縺代l縺ー豁サ閠??蜃コ縺ェ縺?→縺?≧縺ョ縺ッ蝌倥〒縺吶?ゅ??荳ュ蝗ス繧定ヲ九※縺上□縺輔>縲ゅ??繝ュ繧キ繧「繧定ヲ九※縺上□縺輔>縲ゅ??縺薙??偵Ψ蝗ス縺ッ縲∝嵜騾」豎コ隴ー譯医↓諡貞凄讓ゥ繧呈戟縺、蟶ク莉サ逅?コ句嵜縺ェ縺ョ縺?縺ィ縲∵ィゥ蜉帙r閾ェ蝗ス縺ョ驛ス蜷医□縺代↓陦御スソ縺励※縺?∪縺吶?ゅ??縺薙s縺ェ蝗ス縺ョ證エ謖吶r邨カ蟇セ險ア縺励※縺ッ陦後¢縺セ縺帙s縲ゅ??螳溘↓縺イ縺ゥ縺?%縺ィ繧偵☆繧句嵜縺?縺九i縺ァ縺吶?
笳丈クュ蝗ス縺ッ蟷ウ蜥檎噪縺ェ豌第酪縺梧坩繧峨@縺ヲ縺?◆?亥漉繝「繝ウ繧エ繝ォ繝サ繧ヲ繧」繧ー繝ォ繝サ繝√?繝?ヨ?峨↓萓オ謾サ縺怜、ァ驥乗ョコ謌ョ縺励※蠖シ繧峨?蠎?、ァ縺ェ鬆伜悄繧貞・ェ縺?叙繧翫∪縺励◆縲ゅ??荳ュ蝗ス莠コ縺ョ蜿肴帆蠎應ココ迚ゥ縺ッ蛹玲悃魄ョ縺ィ蜷後§繧医≧縺ォ諠ィ谿コ縺輔l縺ヲ縺?∪縺吶?ゅ??荳ュ蝗ス縺ッ蠕ケ蠎輔@縺溽ァ伜ッ?クサ鄒ゥ縺ョ蝗ス螳カ菴灘宛縺ァ縺吶?ゅ??莠コ蜿」?托シ灘т繧定カ翫∴繧倶クュ蝗ス縺ッ邊セ縲?シ托シ仙т縺後■繧?≧縺ゥ縺?>縺ィ諤昴▲縺ヲ縺?k縺上i縺?〒縲∽ココ縺ョ蜻ス繧剃ス輔→繧よ?昴▲縺ヲ縺?∪縺帙s縲ゅ??荳?蜈夂峡陬√r謗イ縺偵k荳ュ蝗ス蜈ア逕」蜈壹↓騾?i縺???r縲∵帆豐サ迥ッ縺ョ豎壼錐繧堤捩縺帙※縺ッ螟ァ驥上?莠コ縲?′豈取律遘伜ッ?」上↓谿コ縺輔l縺ヲ縺?∪縺吶?ゅ??縺昴?谿コ螳ウ莠句ョ溘r荳ュ蝗ス蝗ス豌代?遏・繧峨★縺ォ荳ュ蝗ス蜈ア逕」蜈壹?蜿肴律繝サ蜿咲アウ螳」莨昴〒豢苓┻縺輔l縺ヲ縺?∪縺吶?ゅ??莠句ョ溘r遏・縺」縺溯???豢サ蜍墓ュ蝣ア繧堤衍繧峨l繧九d蜊ウ騾ョ謐輔&繧後∪縺吶?ゅ??莠コ讓ゥ蟆企㍾縺ョ譌・譛ャ縺ィ縺ッ縺セ繧九〒騾?〒縺吶?ゅ??縺昴?荳ュ蝗ス縺ッ迴セ蝨ィ繧ょ漉豐呵ォク蟲カ繧剃セオ逡・荳ュ縲
荳ュ蝗ス縺ッ繧、繝ウ繝峨r蛹?峇縺吶k縺溘a縲√せ繝ェ繝ゥ繝ウ繧ォ繝サ繝舌Φ繧ー繝ゥ繝?ャ繧キ繝・繝サ繝代く繧ケ繧ソ繝ウ縺ォ荳ュ蝗ス霆榊渕蝨ー繧貞ア暮幕荳ュ縺ァ縺吶?
笳上た騾」縺ッ蜈ア逕」蜈壹↓繧医k迢ャ陬∵髪驟肴帆豐サ縺ョ繧ゅ→縲√ラ繧、繝??繝ヲ繝?繝、莠コ陌先ョコ繧医j繧る▼縺九↓諱舌m縺励>螟ァ驥剰剞谿コ縺悟嵜蜀?〒縺ゅj縺セ縺励◆縲ゅ??譌・繧ス荳ュ遶区擅邏?r遐エ繧頑律譛ャ鬆伜悄縺ァ縺ゅk蜊?ウカ蛻怜ウカ繧貞・ェ縺?叙縺」縺溘%縺ィ繧ゅ@縺」縺九j縺ィ險俶?縺励※縺上□縺輔>縲ゅ??繧ス騾」隗」菴灘セ後?繝ュ繧キ繧「繧ゅ?繝シ繝√Φ螟ァ邨ア鬆倥?繧ヲ繧ッ繝ゥ繧、繝頑帆螟峨〒縲梧?ク菴ソ逕ィ貅門y縲阪r逋コ險?縺励∪縺励◆縲

縲?譌・譛ャ縺ッ螳牙?菫晞囿縺ョ蛯吶∴縺御ク崎カウ縺励※縺?∪縺励◆縲ゅ??迴セ諞イ豕輔↓縺ッ蝗ス豌代?逕溷多繧貞ョ医j縺ャ縺乗アコ諢上′譖ク縺九l縺ヲ縺?∪縺帙s縲ゅ??GHQ謖?、コ縺ァ譌・譛ャ繧帝ェィ謚懊″縺ォ縺吶k諞イ豕輔r謖√◆縺輔l縺溘°繧峨〒縺吶?ゅ??隨ャ?呎擅縺ョ繧医≧縺ェ?域姶莠峨?謾セ譽??莠、謌ヲ蜷ヲ螳夲シ峨r險倩シ峨@縺滓?豕輔r謖√▽蝗ス縺ッ縺ゥ縺薙r謗「縺励※繧ゅ≠繧翫∪縺帙s縲ゅ??螟門嵜莠コ縺ォ閨槭>縺ヲ繧よ怏繧雁セ励↑縺?→險?繧上l縺セ縺吶?ゅ??縺昴l縺サ縺ゥ縺ォ邏?譎エ繧峨@縺??豕輔□縺ィ縺?≧縺ョ縺ァ縺ゅl縺ー逵滉シシ繧句嵜縺後≠縺」縺ヲ縺?>縺ッ縺壹〒縺吶′縲∬?谿コ陦檎ぜ縺ォ遲峨@縺?擅譁?r縺セ縺ィ繧ゅ↑蝗ス縺ッ謖√■縺セ縺帙s縲ゅ??謌ヲ莠峨′雖後□縺九i豁ヲ蜉帙↑繧薙°辟。縺上※縺?>縲∬?陦幃嚏繧よ律邀ウ螳我ソ昴b蜿榊ッセ縺?繝サ繝サ繝サ縺ィ險?縺」縺ヲ縺?k莠コ縺ッ邨仙ア?閾ェ蛻?□縺第姶轣ォ繧帝??l縺溘>縺ィ縺?≧閠?∴縺ェ縺ョ縺ァ縺励g縺??
縲?蜿ッ諢帙>繧上′蟄舌?蜑阪↓蛻?黄繧呈戟縺」縺溷?證エ縺ェ謔ェ貍「縺瑚ソォ縺」縺滓凾縺ォ縲√≠縺ェ縺溘?縺ゥ縺?@縺セ縺吶°?
迴セ蝨ィ縲∝ョ牙?肴帆讓ゥ縺碁?イ繧√※縺?k蟷ウ蜥悟ョ牙?豕募宛縺ォ蜿榊ッセ縺励※縺?k驥主?隴ー蜩。繝サ蛛城㍾蝣ア驕薙☆繧亀V螻?縺ィ縺ッ荳?菴謎ス戊??↑繧薙〒縺励g縺?°縲

縲?縺ェ縺應ク也阜蜷?嵜縺瑚サ埼嚏繧呈戟縺」縺ヲ縺?k縺ョ縺ァ縺励g縺?°縲ゅ??莠コ鬘槫彰縺ォ縺ッ荳堺ソ。縺悟クク縺ォ莉倥″縺セ縺ィ縺」縺ヲ縺?k縺九i縺ァ縺吶?ゅ??菴慕卆荳?ケエ繧ゑシ域ョコ縺怜粋縺??螂ェ縺?粋縺??髫キ蠕難シ峨r郢ー繧願ソ斐@縺ヲ縺阪◆縲ゅ??莠コ髢薙?閼ウ縺九i證エ蜉帙r豸医@蜴サ繧九%縺ィ縺ッ荳榊庄閭ス縺ァ縺吶?ゅ??縺輔≠縲√%繧後°繧峨??域ュエ蜿イ繧貞、峨∴繧医≧??シ峨→蜻シ縺ウ縺九¢縺ヲ繧りェー縺梧ュヲ蝎ィ繧呈焔謾セ縺吶〒縺励g縺?°縲ゅ??隱ー縺御サ紋ココ繝サ莉夜Κ譌上r菫。縺倥″繧九〒縺励g縺?°縲ゅ??菫。逕ィ縺ァ縺阪↑縺?ココ鬘槫彰縺ァ縺ゅ▲縺溘°繧峨%縺晞?」蜷医@蜷檎屐縺励※縲∝、紋コ、縺ィ豁ヲ蜉帙〒豌第酪縺ョ螳牙?繧堤「コ菫昴☆繧九?縺ァ縺吶?ゅ??蝠城。後↑縺ョ縺ッ縺?▽縺ョ譎ゆサ」繧ら峡陬∝嵜螳カ縺後≠繧九%縺ィ縲??伜悄諡。蠑オ繧剃シ∝峙縺吶k蝗ス縺後≠繧九%縺ィ縺ァ縺吶?ゅ??縺昴l繧呈叛鄂ョ縺励◆繧峨?∵ョ玖剞縺ァ諱舌m縺励>邨先棡縺悟セ?▲縺ヲ縺?∪縺吶?

長々と馬鹿馬鹿しい

日本男児氏ごくろうさま。
中国、ソ連の悪事だのあなたに言われなくてもみんな知ってますよ。ついでに言えばアメリカの悪事もね。
そんなアメリカにこびへつらい、その軍事力の傘の下で対抗しなきゃという短絡的な発想にはうんざりさせられます。
そんなに日米の軍事同盟がお好きで、中国やロシアと戦争したいなら、あなた自身が傭兵にでもなって、日の丸掲げて戦ってくれればよい。

結局あなたのようなどうしようもないお馬鹿さんは、自分だけは、作戦参謀にでもなったつもりで、実際に戦争で犠牲になることなどないと信じているから、こんな馬鹿な考えから抜け出せない。

むしろこういう人間こそが憲法9条の恩恵を受けた「平和ボケ」であることに全然気づいていないのである。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/2652-a6c922a4

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。