fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

放射能汚染の状況

 東京都の水道水については浄水場の測定で乳児には避けよとなっていますが、蛇口からの測定ではないので注意。 実際の蛇口から出る水(西新宿)は基準値未満との情報があります。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第1原発>被ばく線量試算、初めて公表…原子力安全委
毎日新聞 3月24日(木)2時3分配信

 東京電力福島第1原発から放出される放射性物質について、内閣府原子力安全委員会は23日、想定される拡散状況と被ばく線量を初めて公表した。地震発生の翌日の12日から12日間に、屋内退避を指示されている同原発から20~30キロ圏で累積500ミリシーベルト、30キロ圏外でも同100ミリシーベルトになる地点があるという。

 分析は、放射性ヨウ素による被ばくの影響を最も受けやすい1歳児が一日中屋外にいると仮定している。100ミリシーベルトは、甲状腺疾患予防で安定ヨウ素剤の服用を求める指標とされている。枝野幸男官房長官は23日「直ちに避難や屋内退避をする状況ではない。発電所の風下に当たる場合はできるだけ窓を閉め、密閉した屋内にとどまることを勧めたい」と語った。

 試算は、国が開発した「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)」を使用した。

 それによると、同原発から12日間に放出された放射能の強さ(毎時400兆ベクレル)から、約50キロ離れた福島県伊達市やいわき市でも12日間で100ミリシーベルトに達する地域があった。同委員会の班目(まだらめ)春樹委員長は「屋内の被ばく量は4分の1から10分の1に抑えられる」と説明した。【山田大輔、影山哲也】
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
続・日本に原発は要らないー直ちに全ての原発を廃止せよ。
http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/649.html
投稿者 天の網島 日時 2011 年 3 月 24 日 01:39:50

前稿で、電力需要の20%を占める業務用電力が原子力発電(発電電力の25%)のために使われているのではないか、そうだとしたら何のための原発か、という趣旨を述べた。
これに対し読者の方から「業務用電力は一般にも使われており、発電のためのものではない」との指摘をいただいた。
改めて調べるとその通り、「業務用電力」とはビルや学校など電灯と動力の両方を使う場合のもので、発電に使用するものでないことが判明した。
ここにお詫びして訂正させていただく。また、投稿を撤回する旨の書き込みを行った。

しかし、その後、放射性汚染による原乳・野菜の摂取制限・出荷制限を政府が指示したとの報道、東京都水道局による乳幼児の水道水飲用自粛、ミネラルウォーター配布などの報道を見るにつけ、改めて原発の危険性と廃止の必要性を痛感したので、矢も盾も堪らず、新たなデータを添えて、この続編を書き、わが思いを訴えることとする。

経産省は毎年、電力会社から提出された供給計画を纏めて公表している。
今年度供給計画のなかで示された平成21年度推定実績は次の通りである。
 ・電力需要 8587kWh
 ・供給量  9551kWh ー (電力需要は供給量の90%弱)

8月の供給量は19540万KW、最大需要量が15517万KW、予備力4028kw、予備率26%
http://www.meti.go.press/20100331011/20100331011-1.pdf

以上の推定実績は(景気低迷による電力需要の落ち込みがあるとはいえ)年間を通じて
ほぼ10%の電力が余ったことになる。
又、需要ピークの8月は実に26%の電力が実際に使われない予備電力として残ったことを示している。この26%はほぼ原子力発電比率とイコールである。
因みに、22年度計画においてはこの予備率は14%と見込まれている(供給電力は微減)
が、それは閑散期の発電を抑制乃至調整しての供給量であろうし、21年度の8月供給量をみる限り「供給能力」は十分すぎるほどあることは明白である。

我々は騙されてはならない。現在、東電で行われている計画停電も「原発が必要」というキャンペーンの一端であろう。
古来、経済学で「バターか大砲か」と問われるが、今まさに「野菜・魚介か原発か」の選択を迫られている。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(毎日)
東日本大震災:放射線の蓄積注視を 福島市、自然被ばく年間量超す 24時間屋外なら

 ◇福島市で1770マイクロシーベルト
 東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発からの放射性物質の漏えいにより、福島県内を中心に大気中の放射線量が高い状態が続いている。福島県や文部科学省の測定値を毎日新聞が積算したところ、同原発の北西約65キロの福島市では14~21日の間に、日本人が1年間に浴びる自然放射線量(平均1500マイクロシーベルト)を上回る1770・7マイクロシーベルトに達した。政府は「直ちに健康には影響しない」としているが、原発事故の収束が遅れれば、「新たな手立てが必要」との指摘もある。【須田桃子、下桐実雅子、神保圭作】

 積算は、文科省や福島県が公表している1時間当たりの放射線量を足し合わせ、14日午前9時~21日午後5時の累積放射線量を推計した。24時間、屋外にいることを推計の前提としている。

 その結果、福島市以外では、原発の南約50キロの福島県いわき市で299・7マイクロシーベルトに達したのをはじめ、宇都宮市34・1マイクロシーベルト、水戸市33・2マイクロシーベルト(同市のみ15~21日)と、複数の場所で、日本人が浴びる1週間分の自然放射線量の平均値(約29マイクロシーベルト)を上回った。

 このほかの地点では、前橋市17・4マイクロシーベルト▽さいたま市15・1マイクロシーベルト▽長野市11・8マイクロシーベルト▽東京都新宿区10・8マイクロシーベルト▽神奈川県茅ケ崎市10・2マイクロシーベルト。仙台市では観測点の電源が壊れデータがない。

 文科省によると、平常時の福島県での自然放射線量は1週間当たり最大約12マイクロシーベルトで、今回福島市で観測された値のほとんどは原発事故の影響とみられる。

 一般人の年間被ばく限度は「自然放射線以外に1000マイクロシーベルト」で、もし毎日24時間屋外にいれば、約1週間で年間許容量を上回っていることになる。

 ◇長期化好ましくない/雨雪、直接触れずに
 福島市での累積放射線量(1770・7マイクロシーベルト)について、前川和彦・東京大名誉教授(救急医学)は「日本人が1年間に受ける自然放射線量に相当する量だ。ただし連日連夜、屋外で過ごすことは非現実的」と指摘する。

 福島市の数値が突出している理由を、同県の担当者は「これまでのデータでは、風は(原発のある双葉町を中心に)時計回りに吹いているが、放出された放射性物質が福島市上空に来た際、雨や雪と一緒に地上に落ちてきたためではないか」と分析する。その上で「無用な外出は避けてほしいが、水や食料の確保のため外出するのは問題ない。雨や雪に直接触れないよう工夫してほしい」と話す。

 福島県によると、福島市で観測される1時間当たりの放射線量は22日にはピーク時(15日)の3分の1以下になるなど、減少傾向にある。前川名誉教授は「この環境汚染がどこまで続くのかは、(原発の)事態をいかに早く収束させるかにかかっている」と力説する。

 被ばく医療に詳しく、福島県の放射線健康リスク管理アドバイザーも務める山下俊一・長崎大教授は、福島市の累積放射線量について「直ちに健康に影響を与える値ではないが、もし今後もこの値が長く続いたり悪化するようであれば好ましくなく、政府が新たな手立てを検討すべきだ」と話す。

 一方、放射性物質を吸い込むことで起こる「内部被ばく」に詳しい矢ケ崎(やがさき)克馬・琉球大名誉教授(物性物理学)は「政府の『直ちに健康に影響しない』という発言は、その後の影響がまるでないように言っており問題だ。放射性の微粒子が体に入ると、体にとどまるため継続して被ばくを受ける。吸い込みを防ぐためにはマスクをする以外にない。野菜などの食品も水でよく洗ってから食べて」と話す。
関連記事

コメント

初めまして。
これを聞いて少し安心しました。
ありがとうございます。

少しでも安心していただけると

個人的な立ち位置は最初から原発反対です。
でも、この状況の中では、とにかく、冷静な、少しでも正しい事実を伝えなければと、「感じたので」書いてきました。
情報の捨選選択とか、疲れてきましたが
私にとっては励ましです。

北風さん、
東日本大震災が起きてから記事を拝見させて戴いています。
最初の頃から日本のテレビの報道には疑問だらけで、政府やメディアの対応に不信感がを持っていましたが、北風さんの様に現状を把握されている方がいらっしゃると知り、少し気持ちが落ち着きました。有難うございます。日本の家族(東京在住)は、あまり今の危険な状況をよく理解していないようでとても心配しています。

それにしても、こまでしても東電の作業員の方達は作業を続けなければならないのでしょうか。
他に手立てはないのでしょうか。
アメリカからの給水ポンプは?この発電所が回復するという確立は一体どのぐらいなんでしょうか、と色々考えるとかなり落ち込みます。
もうセメントで固める方向をとった方がいいのでは、とそんなに簡単にはいかないと知りつつもそのように思ってしまうしだいです。長いコメントですみません。

コメントをありがとうございます

当初、東京電力は廃炉に抵抗したようですが、これが後手後手の原因と思います。
ホウ素注入、海水注入しかなく
既に廃炉しかありません
半年以上は冷却を続けてからでなければ、石館もしくは同等の遮蔽埋設はできないようです
課題は爆発から、放射能汚染に進みました

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/263-6fcc3f2a

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん