もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄は野党が全勝するも、全国政治では平和憲法の危機

   沖縄、野党が全勝 「辺野古反対」民意再び  12/15  琉球新報

 第47回衆院選は14日に投開票され、自民、公明両党は3分の2(317)を上回って計325議席となり、安倍政権の継続が決まった。
 一方、沖縄の4選挙区は、1区で共産前職の赤嶺政賢氏(66)、2区で社民前職の照屋寛徳氏(69)、3区で生活前職の玉城デニー氏(55)、4区で無所属新人の仲里利信氏(77)が当選した。
 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する野党側が全てを制し、翁長雄志氏が大差で勝利した11月の知事選に続き移設反対の民意が示された


 総選挙沖縄

自民、維新5氏 比例復活

 県内選挙区で敗れた自民前職の国場幸之助氏(41)、宮崎政久氏(49)、比嘉奈津美氏(56)、西銘恒三郎氏(60)、維新元職の下地幹郎氏(53)の5人は、比例代表九州ブロック(定数21)でいずれも復活当選した。比例を含めた県選出の当選者は改選前の7人を上回る9人となり、過去最多となった。
 県内選挙区の投票率は52・36%で2012年の前回を3・66ポイント下回り、過去最低を更新した。

 1区の赤嶺氏は知事選で翁長氏を推した「オール沖縄」カラーを前面に出し、全国で18年ぶりとなる共産の小選挙区議席を得た。

赤嶺
 【1区】 赤嶺氏6選

 2区の照屋氏は革新地盤の強みを生かし、翁長知事を支持した一部保守層も取り込み、終始安定した選挙戦を展開した。

 照屋
 【2区】 照屋氏5選

 3区の玉城氏は知名度の高さに加え、普天間飛行場の辺野古移設に反対する有権者からの支持を受け、序盤からリードした。

 玉城
 【3区】 玉城氏3選

 4区の仲里氏は自民出身ながら辺野古移設反対を訴えた。翁長氏らの全面的な支援を得て、無党派層に支持を広げて接戦を制した。

 仲里
 【4区】 仲里氏初当選

 前回衆院選で小選挙区の4議席中、3議席を獲得した自民は普天間飛行場の辺野古への移設作業に反発する県民世論が逆風となり、苦しい戦いを強いられた。
 比例九州に単独立候補していた自民新人の安里政晃氏(46)、共産新人の伊礼一美氏(67)は及ばなかった。公明前職で党沖縄方面議長の遠山清彦氏(45)は比例で当選した。
 ーーーーーーーーーーーー
   <社説>安倍政権に信任 平和憲法が危機に オール沖縄の民意尊重を 12/15  琉球新報

 第47回衆院選は自民党が絶対安定多数を獲得し、大勝した。
 自民党は政権公約に「憲法改正を目指す」と明記した。選挙結果を受けて安倍晋三首相は「改憲の必要性を訴えていく」と述べた。
 改憲勢力の協力が得られれば、憲法改正の発議に必要な「3分の2」議席を超え、憲法改正の動きが加速する恐れがある。
 国民投票などの関門がまだあるとはいえ、国民は危機感を持つ必要がある。
 平和憲法に込めた「不戦の誓い」が戦後70年を前に揺らぎ始めているのである。
 私たちは今、大きな岐路に立っていることを自覚せねばならない。

政権運営は謙虚に

 自民大勝の要因は政権批判の受け皿が無かったことの裏返しともいえる。
 安倍政権が信任を受けた形だが、対立軸を打ち出せなかった野党のふがいなさに負うところが大きい。戦後最低の投票率からもそのことがうかがえる。
 安倍首相の党内での存在感が増し、長期政権となる公算が大きい。改憲に積極的な他党議員が協力すれば、衆院の「3分の2」を確保する可能性もある。
 そうなれば、憲法9条改正が射程に入る。日本が戦争のできる国へとまた一歩近づく危険性が高まることを危惧する。

 歴代内閣が堅持した憲法解釈を国会議論も経ずに変更し、集団的自衛権の行使容認を閣議決定した安倍首相である。
 憲法改正まで一気に突き進む可能性がある。
 ただ、憲法改正の発議には参院でも「3分の2」以上の賛成が必要で、発議後の国民投票では、有効投票総数の過半数の賛成が改憲の要件となる。

 2016年の参院選が大きなヤマ場となる。憲法を改正すべきか否か。国民一人一人が真剣に考えることを求めたい。
 共同通信が10、11日に実施した世論調査では憲法改正に反対が45・6%、賛成は36・2%だった。国民が望むことが憲法改正でないことは明らかである。

 遅々として進まない福島の復興、持続可能な社会保障制度の確立、人口減少社会への対応、子育て世代への支援、疲弊した地域経済の立て直しなどに安倍首相は全力を挙げるべきだ。
 連立政権を組む公明党と合わせて与党の議席が3分の2を上回り、巨大与党が誕生する。

 与党は参院で提出法案が否決されても衆院で再可決できる。再可決が乱用されれば、参院の存在意義が問われかねない。
 安倍首相はこの2年、強引な政権運営に終始した。巨大与党だからこそ、謙虚かつ丁寧な政権運営を心掛けてもらいたい。

反基地の民意三度

 沖縄選挙区では、政府が推し進める米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に反対する4氏全員が当選した。
 移設推進の自民党4氏全員は支持を得られなかった。

 県民は「沖縄のことは沖縄が決める」と自己決定権を行使し、政府与党に辺野古移設拒否をあらためて突き付けたことになる。
 知事選に続き「オール沖縄」で反新基地の民意が示されたといえる。
 政権公約に地元が三度(みたび)反対を明確に打ち出したこと、さらには衆院選沖縄選挙区で自民党公認が全敗したという現実を安倍政権は重く受け止め、移設を断念すべきだ。
 地元の民意をこれ以上無視することは民主主義国家として許されない。

 選挙区で落選し、比例で復活した自民党の4氏は政府与党と歩調を合わせた辺野古移設の公約が有権者から支持を得られなかった事実を真摯(しんし)に受け止めてほしい。
 「普天間の危険性除去」の一方で、辺野古に新たな危険をもたらす移設を沖縄の政治家が推進していいのか。「一日も早い危険性除去」なら普天間飛行場の即時閉鎖しかない。

 沖縄の代表として、過重な米軍基地負担を沖縄だけに押し付ける差別政策を今後も認めていいのかを、いま一度考えてもらいたい。
関連記事

コメント

仮に平和憲法があっても外交で損すれば同じこと。
多少改正は必要。外交的な意味においても。
海賊、密漁、テロの取り締まりは強化すべき。
平和の精神は日本国民に充分育まれていますし、理に合わぬことは拒否できるようにしないといけません。
中国、韓国、ロシア、北朝鮮は信用できませんし、アメリカもオーストラリアもまだまだ人種差別国家、焦らず、淡々と取り締まって、平和に外交すべきですね。
また、国内のルール強化、テロ対策、各種団体の透明性確保や、選挙不正を防ぐような選挙政策。中選挙区と区割り見直しで格差是正。
中間層復活の為の養育、育休支援や貧困者対策、日本はなかなかうまくいかないことだらけ。
少なくともモラルと国民の平和だけは守れるよう、大人がしっかりしないといけません。
韓国や中国を批判してる場合ではないです。
来年は特亜はほっといて、日本国内の景気がよくなりますように、、、援助なんてもってのほか、国内インフラ更新、教育改革に国民の保護、特に貧困高齢者に投資すべき。

選挙報道はないに等しいまま投票が行われた
BPO(放送倫理委員会)は 一番大切な国民の権利に不誠実だった
できることならBPOを訴えたい

国民のTVがほしいですね。国民スポンサー番組ほしいですね。

安倍自民党がやってはいけない事

福島の復興。子育て支援。地方活性化。少子高齢化対策。
これらをしっかりやられたら、憲法は改正されてしまいます。
これらをしなければ、若しかしたら国民は拒否します。
早い話が岩盤規制を壊せずに、今のまま年月が進んで行って、2年後を迎えるのが一番なのではないですかね?
16年の夏参議院選挙で彼らが行おうとしている事に、全て完全拒否の政党が今回以上に躍進し、三分の二以上を取らせない。
これが最後の砦です。その為にも上記政策を押し進めない事が必要なのではないですか?
いや、巧く進めないで欲しいですね。
 尚、他の方が海賊や密漁・テロの取り締まりなんて、今の法律をもって出来る事の為に改憲を唱えています。
間違いも程々にして下さい、としか言葉が有りません。
あのような人は自民党の廻し者でしょう。良い事を書いているようで、誤魔化し切れていません。
今の安倍政権と同じです。

人の不幸を望むのは良くないですね。
国民の生活が第一ですよ。
そもそも経済がうまくいっても改憲については国民が納得しなければ改憲にNOと言うと思いますよ。
良い野党がいない。民主党のように数だけ集めてもダメ。それが日本の不幸です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/2570-eb025f97

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。