もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翁長知事12/10就任会見

 翁長

翁長知事会見 冒頭発言全文  12/10  琉球新報

 翁長雄志知事が10日午前に行った就任会見の冒頭発言の全文は次の通り。

 ハイサイ、グスーヨー、チュウウガナビラ。県民の皆さん、本日をもって県知事に就任をいたしました、翁長雄志でございます。
 先ほど、高良副知事から事務引き継ぎを受けまして、沖縄県知事として今、公務を開始をいたしております。

 このたびの県知事選挙の結果を受けて、公約の実現に全力を傾けて頑張っていきたいと思っております。
 基地問題につきましては、もう戦後70年になるわけでありますけれども、この0・6%の面積に74%の米軍の専用施設があるというのは、やはりいくら何でも理不尽ではないかということをベースにしながら、ぜひ日本の安全保障は、日本国民全体で考えてもらいたいと、
 こういうことを訴えていきたいと思います。

 私も日米安保体制には大変理解を持っておるわけでありますが、やはりこの沖縄県の過重な基地問題はぜひとも日本国民全体で考えていただきたいと、このように思っております。
 このような認識の下、日米両政府に対しまして、過重な基地負担の軽減、日米地位協定の抜本的な見直しを求めるとともに、騒音問題や米軍人・軍属による犯罪など、米軍基地から派生する諸問題に取り組んでいきたいと思っております。

 普天間基地の辺野古移設問題につきましては、昨年1月28日ですね、東京要請をいたしまして、普天間基地の県外・国外(移設を求め)、あるいは県内移設はやらないようにと、あるいはまた、オスプレイの配備撤回という形で要請をさせていただきましたけれども、残念ながら一顧だにされませんでした。

 去年の埋め立て承認を受けまして、新辺野古基地がこれから大変厳しい環境になると思いますが、私からしますとあの美しい大浦湾を埋め立てて、辺野古の基地を造るのはやめてもらいたいということで、これからいろんな埋め立て承認の法律的な瑕疵(かし)がないかどうか、こういったところを検証しながら、専門家の意見も踏まえて判断を下していきたいと思っております。

 また、沖縄振興については、沖縄21世紀ビジョンの策定、それから新たな沖縄振興特別措置法、および土地利用推進法などの制定、および沖縄振興交付金の創設が実現されておりまして、この点につきましては大変、一歩一歩、一定の前進がですね、図られているものと思っております。

 来年は沖縄県が沖縄戦から終結して70周年を迎えますけれども、この節目の中で、まあある意味で、歴史の新しい一ページを開くという意味でもですね、大変この節目の中で私自身、知事に就任しましたことを重く受け止めて、全力を挙げて頑張っていきたいと、このように思っております。

 県政運営に当たりましては、よく言われております、アジアのダイナミズムをですね、取り入れる中に、沖縄県のこれからの経済発展、あるいは日本の国とアジアを結び付ける懸け橋となるという、こういった役割が沖縄にあろうかと思います。

 そのまた原点となるのが、私たちのこの沖縄が何百年にわたって自然、歴史、伝統、文化、そういったものを守り育ててきたソフトパワーがですね、これから生かしていけるのではないかなと思っております。
 特に琉球王朝時代の万国津梁の精神、これは世界の懸け橋になる、アジアの懸け橋になる、こういったものを私どものご先祖が、私たちに引き継いでくれました。

 そういう意味ではアジアのダイナミズムに対して、沖縄が果たす役割というのは大変、大きいのではないかなと、このように考えております。
 そういったもの等で、いま現に沖縄県の中で進んでおりますのが、国際物流拠点、あるいはまた情報通信産業の拠点、あるいは国際観光リゾート産業、こういったアジアを視野に入れたもろもろの産業がいま大きく芽を開こうとしております。

 そういったものの中に、誇りある豊かさをという私の選挙中のスローガンを取り入れながら、ぜひとも沖縄県の発展に力を尽くしていきたいと、このように思っております。

 いろいろ申し上げたいこと、ございますけれども、そういった、基地の問題、あるいは経済の問題、それから県民生活、いろんなものがございます。
 こういったこと等をですね、ぜひとも21世紀ビジョンの実現に向けて、私自身、一歩一歩頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いをしたいと思っております。
 県民の皆さま、これからも一生懸命、頑張りますので、よろしくご指導のほどをお願いいたします。イッペー、ニフェーデービル。
 ーーーーーーーーーーーー
翁長知事会見 質疑応答全文  12/10  琉球新報
2014年12月10日

 翁長雄志知事の就任会見での報道陣との質疑は次の通り。

 【普天間問題】
 ―辺野古の新基地建設を造らせないという形で当選した。方針や意気込み、承認の撤回や取り消しについて聞きたい。

 「先ほども就任ということで県民の皆さまの方々へのごあいさつの中で申し上げたわけですけど、やっぱりあの美しい大浦湾を埋めてて新しい基地ができるというのは、どうしても今日までの沖縄の実情を考えますと、やってはいけないなと思っております」

 「そういう意味で今、埋め立ての変更申請とか出されていますけども、やはりこれはしっかりと検証をしてですね、まずは知事の権限で、どこまでこういった検証の中から物事が進めていけるかどうか、これをまず第一番目にやっていこうと思います」

 「そういった検証の中で法律的な瑕疵(かし)がないかどうか。
 これも瑕疵がありますとやはり取り消しということも視野に入って参りますので、その辺も専門家の意見を聞きながらぜひともしっかりと検証していこうと思います」

 「またそういったものの上に立って、状況の変化によっては新たな公益というか、撤回というようなことも視野に入るという法律論もありますので、こういったことも考慮に入れながら新辺野古基地は造らせないというような形で私自身の県政運営の柱にしていきたいと思います」

 ―宜野湾市の佐喜真市長から普天間飛行場の危険性除去について要請があった。知事としてどう取り組むのか。

 「昨年の埋め立て承認を前後しまして、普天間を5年間以内に運用停止をするというような4項目の一つがありますけども、ぜひともそれは可能であるならばまず実現に向けて日本政府のお力を貸していただきたいと思っております」

 「ただ、新辺野古基地の建設を県政としては認めるわけにはいきませんので、そういったこと等の中で考えるならば、新辺野古基地を造らせないということが普天間の固定化につながるかということになるわけですけども、やはり10年ほど前にラムズフェルド国防長官がおいでになったときに『普天間基地は世界で一番危険である』と、こういうような言葉を残しておりますので、やはり普天間の固定化は大変厳しいだろうと思っております」

 「で、よく代替施設を沖縄側が探すべきだという話もありますけども、戦後沖縄は基地に関しては自ら提供したことは一度もないわけですから、その自ら提供したわけでもない基地が今回、世界一危険になったからと言って沖縄側が代替施設を考えるというのはちょっとこれは理不尽ではないかなと思っておりますので、ぜひとも日本政府においてこの件についてはしっかりと対応していただきたいなと、そういうふうに思っております」

 ―辺野古移設の取り消しと撤回について。検証チームを作って瑕疵があれば取り消すと説明しているが、県民の民意が示されたということで直ちに撤回することもできるのではないか。取り消しができなければ撤回、という流れなのか。もう一点、来年春の工事着工までに権限行使する考えがあるか。

 「今日まで順序立てて話をするときに、知事権限の行使ということと、それから法律的な瑕疵、そして取り消しということでございました。
 これはこれから一つ一つ吟味していくわけでありますが、今仮定の話として、法律の瑕疵があるなしにかかわらず、撤回を先にやる可能性もあるかというようなご質問でした」

 「取り消しと撤回の違いは私も勉強させていただきましたら、取り消しはある意味で一番最初に戻って取り消しができると。
 撤回はその時点から以降が法律的な効果があるということだと聞いておりますけれども。
 今までは取り消しをまず中心にして、それから撤回ということでございますので、その意味ではその後の民意のもの以前にですね、法律的な瑕疵がある場合の方が意味合いが大きいのかなという感じもしますので、まずこれをやる意味において、その後に撤回ということが考えられるべきではないかと。
 今、現段階ではそう思っています」

 「ただこれは、私自身が選挙に臨むに当たっていろいろ私なりに検証した結果の結論でありますので、これから法律の専門家の皆さま方とも相談しながら、いい形で行くんであれば順序というものは、私からするとどちらでもいいのかなと思いますが、
 これはしかし私なりの判断という意味では答える形で申し上げられませんので、そういったことでご理解いただきたいと思います」

 ―来年春までに権限行使の考えについては。

 「期限的なものは権限という意味ではですね、変更申請とかありますので、これについては今、現段階で見た中で、なかなか変更申請の中身が乱暴だなというようなふうには思っていますので、これはしっかり検証させていただきたいなと思っております」

 【訪米・人事】
 ―日米両政府に直接要請という話もされているが、具体的なスケジュールはいかがか。また副知事以外の政策的、実務的なサポートをするポストの設置を考えているか。

 「日米両政府への要請はすぐ考えているかということです。
 今回のことについて一番、意表を突かれたのは衆議院の解散でありまして。本来ならば民意を受けて当選しましたら数日以内にまずは日本政府にごあいさつも兼ねて行くところでありましたが、衆院解散によりましてそれがかなわなくなっております
 それでアメリカ等々への打診をする場合には、やはり私ども単独で段取りする場合と、それから外務省とか、そういったところとの力を得ながらのことも考えられると思います」

 「ですから、そういった総合的なものでいかにどういう形でするのが効果的なのか、全ての材料がそろっていないものですから、やっぱりそれはちょっと年内は、いろいろ頭の中で考える中でですね、やはり具体的に動き始めるのは年明けで、その中からいろいろ検証してですね、
 いい形で効果が上げられるような方法が見つかったなら、それにのっとってやっていきたいと思います」

 「それから、副知事とは別にということですが、今まで、政策参与というのが県の中では置かれていることもございました。
 ですから政策参与の中に基地問題、経済を含めて、それから私はアジア経済戦略構想とかですね、いろいろ公約してきたところがありますので、そういった分野等にも参考になる形で政策参与が置けるのであれば考えて行きたいが、
 今具体的に例えば基地の問題とか、アジア経済構想に持ってくるとか、そういうところまでは煮詰まっておりませんので、今はとりあえず12月定例会を乗り切ることを中心にして、それが終えてから、やはり年を越して、本格的なそういった問題の対応になっていくと思っています」

 【県議会対応】
 ―議会への対応の仕方について聞きたい。選挙では共産党を含めた枠組みで戦ったが、議会運営となると、「腹八部、腹六分」の方針だけでは、執行部が出す議案の採決で、共産と立場が分かれる場合もあると思うが、どういう考えで臨むか。

 「今回のオール沖縄、あるいはイデオロギーよりアイデンティティーと保革を乗り越えたという形でですね、今回の知事選挙、枠組みが出来上がっておりますが、それの中心になるのが、いわゆる去年の建白書の中に普天間基地の問題、県内移設の問題、オスプレイの問題こういったこと等でですね、大同団結をしましょうということで今回の知事選挙でございました。
 ですから、全ての分野において全ての会派がですね、一緒になるということは必ずしもあるとは限らないと思っております」

 「ですから、まあ県政の課題いろいろあると思いますが、いくつかにおいてはですね、そういう意味では是々非々でやっていただく場合もあるでしょうし、
 それからまあ今野党ということになるわけですけれども、自民党県連さん、あるいは公明党さん、とまたご一緒して、そういったものはご一緒できるものはあると思うんですよ。
 いずれにせよ基本的なベースを守りながら県政運営をして、そして、特に基地問題ですね、これはぶれることなくご一緒にやっていきましょうということになっていますので、
 これからまだどういう条例とかですね、出てくるのか見えてきませんので具体的な話はできませんけれども、とりあえず枠組みが決まったのはそういうことですので、
 それ以外の場面がある場合には今断定的にこうだああだと言うことは言えないと思っております」

 【衆院選】
 ―翁長さんの話の中で「意表を突かれた」解散だったとあったが、現在進行している衆院選で、先の知事選で示された民意について、どういう影響があると考えているか。

 「まあ本当に突然の解散で、私自身も戸惑ったわけでありますが、解散から1カ月もない中でですね、投票が行われるということであります。
 そうしますと、国政はいろいろ消費税の問題とかTPPとか集団的自衛権とかいろいろ課題があると思っておりますけど、
 沖縄県におきましては今1区から4区と、いろいろそれぞれの政策、それぞれやっぱしバラエティーに富んでですね、あることはあるんですが、
 私たちの枠組みから言いますとですね、やっぱり県知事選挙を受けての、私のその考え方を支える人材を強くおっしゃっているのが今1区から4区のそれぞれ候補者がおりますので、
 そういう意味では基地問題が沖縄では争点になるのかなあという感じは致します」

 「ただ本土というものとそれから国政選挙という意味合いを考えますと、知事選挙とはですね、必ずしも百パーセント直結するわけではありませんから、重きが置かれているというふうには思いますけどそれがどの程度重きが置かれているかということにつきましては私から判断の基準があるわけではありません」

 ―知事選から間もなく解散・総選挙という政権の判断、狙いに知事が沖縄県の状況と関連付けて考えていることはあるか。情勢報道では自公政権が非常に有利だが、その通りになった場合、とりわけ基地問題に与える影響はどのようにお考えか。

 「解散の意義につきまして、突然だということで戸惑ったということはございますけれども、やはり私からすると民意を受けて、ある意味ではできるだけ早く上京して、本土の皆さま方や政府の担当の大臣等々に要請をしたかったところでございますが、
 それができなくなったというようなことを含めますと、沖縄側からするとそういったものがなかなか政策の全国的なものになり得なかったという意味では残念な思いを強くいたしております」

 「それから自民党が大勝するような報道がなされているということでございますけれども、
 私は沖縄問題に関しましては、安定過半数から上の数はそんなには意味をなさないのではないかと。
 やっぱり日本国の安全保障の問題を沖縄がたった0・6%に74%の米軍専用施設があるということは、自民党が大きく議席を伸ばしてもあるいはまた、安定多数という形ぐらいであっても、そういったもの等のこれまでの考え方に大きな影響はないと思っております」

 「ですから従いまして、今あらためて民意が出ましたので、それをもって、しっかりとお話し合いをさせていただきたいなというふうには思っております。
 そして21世紀ビジョンの中で沖縄がアジアと日本の懸け橋になるということがしっかりうたわれておりますので、そしてまた内閣総理大臣の基本方針でも、日本経済のフロントランナーとして沖縄が果たす役割は大きいと書かれておりますので、そういったこと等の意味合いをですね、ぜひお話をさせていただいて、沖縄の役割についてですね、ご理解をいただきたいなというふうに思っております」

 ―安倍政権が大勝した場合に辺野古移設についても承認が得られたと主張される懸念についてはどうか。

 「そこまでは、どういうふうにみられるかということまで私が予測してですね、話するのは大変違う考え方になっていたら失礼になりますのでね、私からシミュレーションを描いて話をするということはなかなか難しいんですけど、
 ただいずれにしましても、その数の多さ、少なさでは、政権を担う中での多さ少なさでは、そう大きな違いがない中で、沖縄問題に対処していくのではないかなあというふうには思っております」

 【政府との対話】
 ―今の質問の関連だが、沖縄県知事が翁長さんになり、どういう形でメッセージを発するか、政府も注目をしている。あらためて基地問題、沖縄振興を含めて政府とはどのように対応していくか。

 「私も市長会の会長として稲嶺知事の場合にもその時の枠組みの中でですね、官房長官はじめ外務大臣、防衛大臣、沖縄担当大臣という形で議論をさせていただきました。
 仲井真県政の場合でも同じ立場でそばに座ってですね、補佐的ではありますけれども、意見の交換をさせてもらいました」

 「ですから、あの場所でどういう形で話し合いがなされるのかというのは、それなりに、その時にお二人の知事の発言等もお聞きをしながら私なりに勉強をさせてもらっておりますので、
 これからのもし私がこういう形でお話し合いをするということになりましたら、やっぱりいま持っている考え方をですね、しっかりとお伝えをして、その中からご理解を得ていくと、いうような形になるかとは思います」

 「ただ、そういう形のものがまたどういうものになるかということについても、まだ私からすると判断できませんが、
 まずは民意をというものをしっかりと日本政府に伝えて、そしてその中での答弁と言いますか、そういったこと等を勘案しながら、しっかりと沖縄の気持ちをですね、伝えていきたいと思います」
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/2564-b5b3dc1b

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。