fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

原発災害のリスク

 田村秀男氏から
 ーーーーーーーーーーーーーーーー
 原発災害のリスクとは何か
 以下、友人への手紙から。

 リスクとは何か。危険の確率をどう計算し、その度合でどう判断すべきか。それは自動的なマニュアルとして国民の行動規準にすべきだと思います。そのほうが、パニックを防ぎ、秩序ある対応ができるし、政府も備えることができるのではないでしょうか。

 日本には放射性物質の広がりを気象条件などを加味してリアルタイムで予測できる緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)と呼ぶ装置があると言われます。それは財団法人原子力安全技術センターが運営しているのですが、政府の求めがあれば公開するという具合ですが、官も専門家も情報公開にしり込みしているのです。
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819499E0E2E2E29C8DE0E2E2E1E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

 福島原発の安全の確率は急速な勢いで下降し、放水などで中休みはあっても、安全度が再上昇する見通しは立っていないのが現状です。つまり危険の確率が急上昇する曲線を断ち切ることはできません。
 このことは核専門家ならわかっているので、米仏などがいち早く東京から家族を脱出させたわけです。

 おそらく米国、欧州と日本では、リスクというもののとらえ方が違うのでしょう。
米国流で言えば、リスクというものは、危険が起きる度合であり、原発事故が引き起こす災害については、確率が数%でも避難すべきと考え、半ば自動的に避難勧告を出す。日本は逆に、数%なら安全と考える。

 もう一つの日本の問題はあまりにも、官製情報に依存することです。小生が記者駆け出し時代、岡山・水島の公害情報を県庁が仕切り、安全と繰り返していたのですが、住民のほうの健康被害の訴えのほうが正しかったのです。中途でそのことに気付き、県環境局よりも住民情報を重視するようにしたことを思い出します。
 
 また、当時は大気汚染とは亜硫酸ガスや有害物質の濃度、PPMというわけで、その量的重要性を当局もメディアも重視しないという重大な過ちを犯しました。今回も、放射線の強さだけが取り出され、レントゲンを受けるよりも弱いと言って健康に被害なしと強調します。そんな子供だましの論法にテレビの解説者が乗るのはなんとも奇妙です。

 しかし、核生成物が例え微量でも対内に取り込まれた場合、無害とは言えないはずなのです。問題は放射性物質の濃度ではなく、量そのものです。

 復興国債の日銀大量引き受けは当然なのですが、この期に及んでも、谷垣氏は増税を言い、菅直人が飛びつくという不見識。そんな日本の政治リーダーが大連立を組めば、むしろ早期の復興のチャンスを潰すと懸念します。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/253-da2246e3

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん