fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

プルサーマル発電の危険と設計の手抜き

 第一原発3号機がMOX燃料を用いたプルサーマル発電であること。非常に毒性の強い事を、このブログでも警告してきましたプルトニウム汚染の危険だ

 それと使用済核燃料は格納容器もなく、原子炉建屋内部の「肩」のあたりに「空中プール」で保管されていたこと。
 どうりで地震のたびに各地の原発で使用済燃料のプールから水が溢れるわけだ。
 原発の設計そのものが極めておかしい設計思想だ。

 山本 尚利「新ベンチャー革命」から
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東電福島原発の水素爆発:建屋内はなぜイナートガス雰囲気にされていなかったのか

1.爆発した東電福島第一3号機:MOX燃料の問題が顕在化

 今、東電福島第一原発の事故機である3号機、4号機への放水作業が行われています。自衛隊ヘリから撮影された事故現場の記録画像が日本のみならず世界に配信され、日本国民のみならず、世界の人々の注目を引いています。一方、米英仏は、世界の人々が日本の原発事故に気を取られているスキを突いて、リビアのガダフィー政府軍の軍事施設を巡航ミサイルで攻撃し始めました。リビア市民を守ると正義漢を装っていますが、世界的寡頭勢力(米国戦争屋および欧州寡頭勢力の呉越同舟勢力)は、リビアの石油利権争奪戦を始めたとみなせます。

 ところで悪徳ペンタゴン・大手マスコミは3号機のMOX燃料についてまったく言及しませんが、2011年3月20日付けジャパンタイムズは3号機のMOX燃料について報じています。

 3号機にMOX燃料を使用する問題は2000年代初頭から議論されており、2002年、福島県民の安全性を危惧した当時の佐藤栄佐久・福島県知事は国・東電に反対意思表示していたようです(注1)。その後、説得されて、2003年、しぶしぶ容認させられています。ちなみに、同知事は2006年、悪名高い東京地検特捜部に微罪で国策逮捕されて失脚しています(注2)。小沢氏同様に、佐藤氏は悪徳ペンタゴン官僚から失脚工作のターゲットとされたことがもうミエミエです。

 なお、上記、悪徳ペンタゴンおよびその黒幕・米国戦争屋の定義は、本ブログのNo.225の注記をご覧ください。

 国の原子力保安院と東電は、これまで3号機にMOX燃料が使用されていることをあえて、マスコミに知らせていませんが、われわれ国民は、プルサーマル計画(注3)やMOX燃料(注4)についてよく知っておくべきです。これは、おのれの安全、家族の安全に直結する一大事です。ところが、震災後、どの民放も肝心なことは報道せず、やたらAC(公共広告機構)とやらの意味不明のキレイゴト・コマーシャルを執拗に垂れ流しています。洗脳されているようで心底、不愉快です。筆者などは悪徳マスコミの執拗な小沢攻撃プロパガンダを連想し、ACの音楽が流れただけでもう吐き気がします。

 なお、大爆発した3号機に使用されているMOX燃料についてはウィキペディアの“プルサーマル”(注3)に詳しく解説され、その利点と欠点も書かれています。問題はMOX燃料の放射能はウラン燃料より発がん性が高いという、その欠点です。

 国策逮捕された佐藤・元福島県知事の危惧が今まさに現実のものになったということです。その佐藤氏をあろうことか、国策逮捕した東京地検の犯罪性(その犯罪性は小沢氏や田中角栄の国策逮捕で明らか)は許しがたいです。

2.3号機がすさまじい爆発した要因

 3月14日、3号機のすさまじい爆発の中継画像は日本国民のみならず、世界の人々を恐怖と不安に陥れました。上記、佐藤・元県知事はさぞかし無念だったと察します。同知事の第六感は当たっていたのです。

 3号機の破壊は、MOX燃料の危険性を日本国民に知らしめることになり、日本国民の不安は極限に達します。プルサーマル推進陣営はもう、言い訳しようがないのです。

 3号機には、MOX燃料挿入前に使用されていた核燃料(冷却仕切れていない危険燃料)が建屋内の空中プールに貯蔵されていたのです。そのプールからの水素発生量が非常に多かったのは納得です。だからその爆発力は1号機の比ではなかったのではないでしょうか。

 1号機に比べて、なぜ、3号機の爆発がすさまじかったか、悪徳マスコミは関係者に聞きもしません。

 官房長官や原発関係者のマスコミ会見におけるマスコミ連中の質問は国民を苛立たせるばかりです、記者クラブの弊害、ここに極まれりです。

3.密封された建屋内になぜ、空気があったのか

 1号機、3号機、4号機の爆発は水素爆発といわれていますが、それなら、建屋内上部に空気が充満していたということです。

 筆者はIHI勤務時代、原油タンカーやLNGタンクの設計マンでしたが、原油や天然ガスを閉じ込める閉鎖空間の作業者免許を持っていました。なぜ、免許が要るかというと、このような閉鎖空間は爆発防止のため、酸素濃度をほぼゼロにしてあり、そこで作業するからです。閉鎖空間作業者は、そのため、酸素ボンベを担ぎ、呼吸マスクで閉鎖空間に入り、その中で、酸素ボンベから外部酸素供給ホースに切り替えます。作業後、閉鎖空間から出る際、その逆の切り替え操作をやって外にでます。この切り替え操作を失敗すると当然ながら酸欠で窒息死します。人間は酸欠空気を吸うと一呼吸で即死です。

さて爆発の危険のある原油タンカーのタンク内にはイナート・ガス(不活性ガス)が封入されています。タンカーの場合、船舶駆動用蒸気タービンのボイラーの排気ガスを回収して利用します。LNGタンクやLPGタンクには窒素ガスを封入します。

 原発建屋内の核燃料プールは非常時、水素が大量発生することはわかっていたはずです。少なくとも、水素発生可能性のあるプール設置空間は当然、イナートガス雰囲気にしておくべきだったと思います。上記の事故機は簡単に防げるはずの水素爆発が防げなかったわけですから、これは初歩的な安全設計ミスです。

4.唖然! 建屋が火災を起こしたら、危険な燃料プールは外気に露出する構造

 今回、水素爆発で建屋が吹き飛んだから、開口天井部より高性能消防車で放水が可能となりましたが、その他の原因にて、建屋が火災を起こして、壁パネルが焼けたら、やはり、核燃料プールは外気に露出したはずです。なんと恐ろしく不安全な構造でしょうか。

 現在の核燃料プールの設計構造は、原子炉内への燃料棒の出し入れには好都合だとわかりますが、逆に、安全上は信じられないくらい脆弱だったわけです。

 今回、放水作業した決死の消防隊員も仰天しているでしょう。

 筆者は原子力プラントの専門家ではないため、今回の事故で、使用済み核燃料の保管方法やその扱いが非常に困難であると初めて知りましたが、それにしても、危険な核燃料プールの安全対策があまりにプアなので、仰天しました。

 原発震災後、改めてネット情報で核燃料の特性、その危険性を知れば知るほど、原発の安全対策は他の危険物プラントの安全対策とは比較にならないほど万全を期すべきだとわかります。地震でなくても、テロなどで原発機器類の非常用電源がすべてアウトになることはあり得るわけです。にもかかわらず、そのときの対策がとられていなかったとは絶句です。

5.日本の原発の特殊性

 90年代、米国シンクタンク時代の筆者の米国電力調査にてわかったこと、それは、米国では、電力会社も消費者も、危険な原子力は、電源のなかでもっともコスト高であるという認識です。なぜなら、原発安全設計・対策に無限大のコストがかかるからです。

 一方、一次エネルギー資源のない日本では、原発を普及させたいばかりに、原発は発生エネルギー当たりの燃料コストが安く、経済性が高い電源と国民に宣伝されてきました。

 その話にウソはないと信じますが、安全コストがベラボーに高いということです。原子力は安全で安いという神話を日本国民に信じさせたいあまり、危険な核燃料貯蔵プールの安全設計にコストをかけなかったのです(手抜き)。

 前回(注5)に次いで、再び、マーフィーの法則を引用すると“設計者が手抜きしたところは必ず、支障が起こる”のです。

 日本は経済的な原発を目指したため、自然の神の怒りを買い、その欺瞞性を暴かれてしまった格好です。

注1:福島第一原子力発電所、ウィキペディア参照

注2:佐藤栄佐久、ウィキペディア参照

注3:プルサーマル、ウィキペディア参照

注4:MOX燃料、ウィキペディア参照

注5:本ブログNo.317『東電福島原発への大津波襲来:耐震設計者はマーフィーの法則をかみしめろ』2011年3月18日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/23422304.html

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

テックベンチャー投稿の過去ログ
http://www.elmstadt.com/news/techventure.html
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html
関連記事

コメント

日本人も日本もどうなってもいい人達が長い間この国を動かしてきたのでしょうか 福島原発半径20キロ以内の犠牲者の関係者として原発推進派 政治家 官僚マスコミ学者 に猛省を促したい

Re: タイトルなし

コメントをありがとうございます
> 日本人も日本もどうなってもいい人達が長い間この国を動かしてきたのでしょうか 福島原発半径20キロ以内の犠牲者の関係者として原発推進派 政治家 官僚マスコミ学者 に猛省を促したい
 ーーーーーーーーーーー
彼らをリードしている、テレビと通信社、全国紙が最も悪辣と思っています。

そうですか…すごくガッカリしました。自分の中の疑惑が確信に変わってしまったからです。
中国などに比べて日本はすごく自由に報道できると思ってたし思いたかった。
けど、昔からなーんにも変わってなかったって事ですね。これから一人ひとり意識して、マスコミを盲信することなく変わっていければいいなと思います。
私は小さき者ですが、日本がどうなってもいいとは思っていません。関東在住ですが、福島の事も他人事とは思っていませんし、日々自分の事として何ができるか考えています。
少しずつでも気付いた人からこの国を変える努力をしていきたいですね。
とても参考になりました。ありがとうございます。

コメントをありがとうございます

テレビと二つの通信社、全国紙は見事に報道統制されていると思います。
誰にそそのかされたか、アジアに戦禍を広げ、最後は無差別空爆と沖縄そして原爆攻撃で止めを刺されました。
そして今、原子力発電を54箇所も作ってしまい、ついに事故が起きました。
この地震火山国に、原発を作ってしまったのは、明治以来の対外戦争と並ぶ、歴史的な大失敗と思えます。

原発って

原子力発電は
敗戦日本にアメリカが押し付けてきた政策だしなぁ・・
人間の欲望を攻撃して日本人自ら原発を増やし
日本が弱体化して自爆
長期プランを見通したアメリカの悪巧みが透けて見えてくる
原発を使用限度ギリギリまで使うかどうかで争い
結局日本人同士で自滅、格納容器も爆発することになる・・

日本人は目の前の金に目がくらんで長期プランをもてないのが大きな欠点

コメントをありがとうございます

火山と地震の国に、原発を作った時点でもう自滅だったのでは。
それもこんなにいっぱい、原発だらけ。
いつかは破局の事故を起こすとは思っていましたが、今年に起きるとはね。
未だに元に戻らないものか、戻りませんけどね。

しかし・・・

福島県民です。

人間は愚かですね。危険と解っていながらなぜなんでしょう。
私は、原発事故から自分のふるさとが放射能で汚れてしまい人生に前向きになれず、ただ5年後10年後どうなってしまうのか心配ばかりしながらただ生きてるだけになってしまいました。
そして、物事に対して楽しいとか嬉しいとか感じにくくなってしまいました。ただ悲しい感情だけは・・・

今は、残りの人生を義務づけれられて生きてるとしか思えません。
まさか、半年前にはこんな日が来るなんて夢にも思いませんでしたよ。

まぁすさん

> 人間は愚かですね。危険と解っていながらなぜなんでしょう。
> まさか、半年前にはこんな日が来るなんて夢にも思いませんでしたよ。
みんな、解っていながら、認識が甘かったのでしすね。
こんな地震と火山の国にいっぱいの原発を作って、無事なわけはないとは思ってはいましたが、私も、自分が生きてるうちにこんな事態になってしまうとは。
元に戻ることはないのですが、これからでも、いや、これからこそ全部の原発を廃止しなくては。
と思います。

これから北風さんへ

そうですね。自分たちでコントロール出来ない原子力、それも人の命やふるさとを奪う毒性物質生む原発は一つ残らず無くしたい。
便利はもう十分です。

そして我々は、原発推進するような政治家はもう選挙で選ばないようにして行かなければならないと思います。

放射能で病気になってからでは遅いのです。こんな日がくるとはと嘆く事がもう無いように、原発廃止をみんなで訴えて行きましょう。

間違えてすみません。

もうすぐ北風さん、先のコメントで「これから北風さん」と間違えて書き込んでしまいました。

(_ _)ほんとごめんなさい。

まぁすさん

便利と引換と言うには、原発はあまりにも危険。
危険という言葉を超えるくらいの、とんでもない代物と思います。
低コストなどとは、廃棄物処理だけとっても真っ赤な嘘です。
100万年どころか10万年の厳重保管も不可能です。
日本でも、地熱、天然ガス、シュールガスなど幾らでもあるのです。
原発推進のために開発の妨害、補助廃止、規制などをしてきたからです。
すべての原発を廃炉しましょう。
原発反対を曖昧にする政治家は落選させましょう。
名前の間違いは私も前に、別な場所でやっちゃいましたよ。
わっはっはっはと許してくれました。
これからも、よろしくお願いします。

もうすぐ北風さん。寛大な心ありがとうございます。

私こそ、これかも宜しくお願いします。

なにも知らない国民に心配ないと思わせて被爆させた政治家。本当の事を言うとパニックになるとかふざけた言い訳で済ませようとする政治家。

国民が危険を未然に防ぐのを政治家と専門家がグルになり嘘で妨害したと言っても良いでしょう。

私は避難をする余裕がありましたが、テレビでの専門家や政府の発表で心配ないとの発表を聞いて避難せず仕事(震災後はしばらく暇でした)を続けてました。
ほんと、避難してれば被爆の心配は少なくていれたのに残念です。
たぶんそんな私のような人は他にも沢山いたでしょうね。

許せません。

マスコミと政府、東京電力は、「安全だ」、「直ちに健康に影響はない」などと情報を隠し。国民を騙して大量に被曝させました。
今も被曝させ、汚染を広げています。
立派な犯罪行為です。
控えめにみても、業務上過失致死傷罪です。
東京地検に刑事告発(記者発表)広瀬隆
http://bator.blog14.fc2.com/blog-entry-542.html
告発状(東電他)
http://www.rupoken.jp/indictment/Indictment%28toden%29.pdf
告発状(学者他)
http://www.rupoken.jp/indictment/Indictment%28scholar%29.pdf
刑事告発記者発表(質疑応答)
http://bator.blog14.fc2.com/blog-entry-543.html

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/252-3a3a1351

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん