もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼き場に立つ少年

    焼き場に立つ少年  8/12  「生き生き箕面通信」氏から

 有名な写真だから、すでに多くの方が目にされたことと思います。しかし、敗戦の日を明後日にひかえたいま、もう一度、この写真が伝えるものに思いをいたしたいと思います。

 1945年、長崎の爆心地付近の、多くの死体焼却をしていた「焼き場」で、ジョー・オダネルという報道写真家が撮影した「焼き場に立つ少年」です。

焼き場の少年

 インターネットにアップされた写真には、こんな文が添えられていました。 

 「佐世保から長崎に入った私は、小高い丘の上から下を眺めていました。
 すると、白いマスクをかけた男達が目に入りました。
 男達は、60センチ程の深さにえぐった穴のそばで、作業をしていました。
 荷車に山積みにした死体を、石灰の燃える穴の中に、次々と入れていたのです。

 10歳ぐらいの少年が、歩いてくるのが目に留まりました。
 おんぶひもをたすきにかけて、幼子を背中に背負っています。
 弟や妹をおんぶしたまま、広っぱで遊んでいる子供の姿は、当時の日本でよく目にする光景でした。

 しかし、この少年の様子は、はっきりと違っています。
 重大な目的を持ってこの焼き場にやってきたという、強い意志が感じられました。 しかも裸足です。

 少年は、焼き場のふちまで来ると、硬い表情で、目を凝らして立ち尽くしています。背中の赤ん坊は、ぐっすり眠っているのか、首を後ろにのけぞらせたままです。

 少年は焼き場のふちに、5分か10分、立っていたでしょうか。白いマスクの男達がおもむろに近づき、ゆっくりとおんぶひもを解き始めました。

 この時私は、背中の幼子が既に死んでいる事に、初めて気付いたのです。

 男達は、幼子の手と足を持つと、ゆっくりと葬るように、焼き場の熱い灰の上に横たえました。

 まず幼い肉体が火に溶ける、ジューという音がしました。それから、まばゆい程の炎が、さっと舞い立ちました。

 真っ赤な夕日のような炎は、直立不動の少年のまだあどけない頬を、赤く照らしました。

 その時です。炎を食い入るように見つめる少年の唇に、血がにじんでいるのに気が付いたのは。
 少年が、あまりきつく噛み締めている為、唇の血は流れる事もなく、ただ少年の下唇に、赤くにじんでいました。

 夕日のような炎が静まると、少年はくるりときびすを返し、沈黙のまま、焼き場を去っていきました

(インタビュー・上田勢子)[朝日新聞創刊120周年記念写真展より抜粋]
 ーーーーーーーーーーーーーーー

 既に亡くなっているが、背中におぶった命のために頑張っている少年。
 撮影者はその気迫を感じたのでしょう。
 
 この少年が、その後も生き延びていることを願います。
 その可能性は少ないでしょうが。

 現実を直視しようではありませんか。
 今も、パレスチナで、ウクライナ東部で、イラク、シリアで、アフリカの貧困地帯で、この同じ少年が大勢いるということ。
 そのことを、私たちは決して忘れてはならないでしょう。
 また、この少年を生み出す戦争が今も次々と作り出されて、その戦争に加担できるようにというのが日米軍事同盟「集団的自衛権」であることも現実である。

 戦後69年間、日本は戦争をしない、平和な国だった。
 「「平和な日本好きだった」集団自衛権に抗議の焼身自殺未遂男性」。
 戦争の現実は人命の生死、子どもや幼子の生死をかけるもの。
 軍備、戦力、参戦とはこうした少年を大量に生み出し、命と生活を奪うものです。
 決して、この現実を離れた武器オタクとか空論とか、見世物などで話しネタにするものではありません。
 「ガザ空爆を見世物として楽しむ人々
 
 焼き場に立つ少年。
 人それぞれが、この少年に思うことは、様々でしょう。
 大切なことは人それぞれが、感じて、思い、考えることと思います。

 「長崎「平和の誓い」城臺氏」を読み返してほしい。
 決して忘れないこと、力の続く限り伝えてゆくことが、戦争反対、原発反対であり、それこそが平和の誓いに他ならない。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/2424-316bd3ad

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。