もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京湾お台場で子どもに海水浴

 川内原発の再稼働を許しながら、誰も安全の責任はとらない国。
 「放射線に負けない体をつくりましょう」とのたまわく福島市。
 来るべき東京オリンピックに向けて、東京湾で最も汚染されているお台場で子どもを泳がせる東京都。

 この国は壊れ始めている。 
 ーーーーーーーーーーーーーーー
   お台場でオリンピックのために子どもたちが放射能海水浴  7/26  「カレイドスコープ」氏から抜粋。

海水浴

 今が東京湾の放射能汚染のピーク。その後高止まりを続けるので、今後数十年かけて減衰するのを待つしかない

26、27日の二日間限定で、東京・港区お台場海浜公園の人工浜が一般に開放されました。
ただし条件は、「海に顔をつけないこと」。
なんだ、それ?

このお台場の海は、2020年の東京オリンピックで、トライアスロンなどの競技場として使われることになっており、港区は都と連携して「いつでも泳げる海」に向けて、水質改善に努めていくんだとか

海水浴記事

なぜ、「水質が国の基準を満たしていない海」を、わざわざ解禁して、子供たちを泳がせたいのか
理由は、一つ。

東京オリンピック」に参加を予定している国の選手たちに対するアピールに、子供たちを使いたかったからです。
「こんなに安全なんですよ、世界中のアスリートさん、東京に来てくださいね」ということだ。

東京湾の放射能汚染のピークは、2014年3月です。

ですから今は、もっとも東京湾が汚染されているというわけです。
ちょうど、下の画像のように、上流に秩父山系と奥多摩山系を控えている荒川と多摩川の河口付近が、汚染されている東京湾の中でも最悪の状態になっています。

だから、東京・お台場は致命的な汚染に見舞われているはずなのです。(下の画像)
そこに、わざわざ子供たちを泳がせる・・・・これを犯罪と言わずして、どう表現したらいいのか。

東京湾
2年2か月後 赤色が300Bq以上、橙が150、黄色が50Bq以上。

上のシミュレーション画像は、2012年1月15日、NHKが特番「NHKスペシャル シリーズ原発危機」として放送した55分の番組の中で、京都大学の研究調査チームが東京湾の汚染状況を調べて、数年後、東京湾の放射能汚染がどのように推移していくかを紹介したものです。

東京湾のホットスポットは福島第1原発沖を超えた」を読んでください。海・川の放射能とどう向き合って、これからの数十年、警戒していったらいいか詳細に書かれてあります。

NHKのこのときの特別取材班の働きは褒めてやってもいいでしょう。

2014年3月がもっとも東京湾の汚染がピークになりますよ、その後も放射能汚染レベルは高止まりして、特に海底は高い放射能が沈殿したままですよ。東京湾の魚は、もう食べられなくなるかも知れません」と警告していたのは、当のNHKだったのではなかったか。

それが今はどうですか。
最大の問題は放射能に汚染された海水なのに、決して「放射能」とは書かず、「水質が国の基準に達していない」という表現にすり替えています。

まだ、汚染されていないときには「警告」を出しておいて、汚染のピークになった今では、シイタケを食べることを推奨し、海底の底魚を使った子供向けの料理番組を流すテレビ
君たち、確実に頭が狂っている。異常なのだ。

安倍シヌゾーの恫喝に屈した日和見公共放送は詐欺を働いているのです。
受信料を半ば強制的に徴取している視聴者に事実を報道しないばかりか、捏造に近い情報を流しているのですから、不良品を売っている詐欺放送局です。

港区とNHKは、国際世論をまったく知らない。彼らは、地獄のような無知と破廉恥の世界に生きているのです。
この子供を使った「やらせ」イベントを海外のメディアが知ったら確実に批判されるでしょう。

ましてや、IOCに「ほら、子供でさえ泳いでいるんですから、アスリートたちには東京を信じてほしい」などと言えば、自爆すること必至だろうに。

それこそ、環境省の大臣が裁かなければならない事案なのに、このクズの中のクズは、福島第一原発から垂れ流されている放射能汚染水など無視しながら、今年も公費を使って、自分だけは南国の美しい海を堪能するのでしょうか。
それなら、まずお台場の海に潜って、放射能の調査をしてから行きなさい、伸晃よ。

都市部の街路からの放射能を集めて川の上流から流れ込んでくる放射能は、河口付近の海水に触れたとき、塩分に捕獲されて凝集という反応を引き起こします。
比重が大きくなったセシウム粒子は、そのまま海底に沈みこんで固着します。

だから、港区が「お台場の海をいつでも泳げる海に向けて、水質改善を行う」というのであれば、「海の除染」を行わなければならないのです。それは、海底の泥を削って、放射能に汚染されていないきれいな土に入れ替えること以外には達成されません

地上の大地の除染さえ不可能なのに、海底の除染などできるはずがないのです。
舛添という詐欺師を東京都知事にした都民へのツケは後からやってくるでしょう。

驚いたことに、政府のプロバガンダ機関に成り下がってしまった公共放送と、区役所の職員の犯罪的行状を咎める区民はいないようです。

東京は、同調という巨大な「雰囲気」に飲まれています
間違っていることでも、「同調」という大きな流れに任せておけばいい、という日本人特有の思考の空白(エアポケット)領域に入ってしまって、そこから出ることができないのです。

要するに、すでに東京はカオス状態になっているということです。
東京人もまた頭がイカレてる。
関連記事

コメント

人身御供になるのは太古の昔から決まって
「穢れを知らない」世代。

稚児、処女。

タダでさえ猛暑で血圧が心配なのに、怒りで沸騰しそうだ。

絶句

暑中お見舞い申し上げます。
 私も,このニュースを見ました。実に信じられないことです。子どもまで利用して...絶句。
「ほんとは禁止だけれど,今日はヘッドセットつけて音楽聞きながら子どもが高速道路を自転車で走っていいよ」って,これもありになるのでしょうね。
狂気としか言いようのない事態が起きています...

どうも壊れかけた社会になってきている

原発も放射能も、再稼働もすべてがいい加減に放置されている。
外交も経済もこの国の破壊工作のような行為が実行されている。
壊れかけて、上への服従と周りへの同調だけでなんとか表面だけの社会が回っている。
放射線障害については大量の大気圏核実験を繰り返した米国とロシアが膨大な知見データを持っているはずですが、軍事機密の壁で公表されません。
微量の放射線内部被曝で何が起きるかはわかっていないのです。
チェリノブイリで最も広範囲な事例が神経障害、精神障害です。
既に中枢神経系の障害が出てきている可能性は簡単に否定できない気もする。支配層も国民もです。
あれほど騒ぎになったオスプレイまで忘れたかのようなっている。
報道されなくなると、みんな忘れてしまうのだ。
こんなひどい健忘症社会を思うに、「とりあたま化」しているのかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/2396-3b40dcd9

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。