fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

復興国債100兆円も可能:田村秀男

 復興財源対策として、被災地支援増税だとか、子ども手当廃止とか子供だましのような発言がチラチラと。
 この非常時にそんな馬鹿を言ってる者は無視だ。
 復興国債の日銀引受け案がやっと出てきている。
 例の無節操呆け老人「与謝野某」が抵抗している状況。

 よくぞ言ってくれました。
 産経新聞の経済担当論説委員。産経唯一の星。
 田村秀男氏。
 ーーーーーーーーーーーーーーーー
復興国債100兆円も可能 日本再生のチャンスに変えよ 編集委員 田村秀男
2011.3.17 21:56

 日銀引き受けによる「復興国債」の発行は、場合によっては数十兆円規模でも十分可能だ。
 勤勉な日本国民が営々と築き上げてきた膨大な貯蓄が新規に創出される日銀資金を裏付けるので、円価値の信認を保てる。ちまちました規模でもたつくひまはない。

 被災の規模や原子力発電依存のエネルギー・インフラの再構築を勘案すると、阪神・淡路大震災の復興対策をはるかに上回る財政資金需要が見込まれる。
 数兆円程度の規模に限定するなら日銀引き受けという非常手段をとる必要はない。

 例えば、戦後欧州復興のための「マーシャルプラン」の場合、米国が欧州の経済規模の2.2%を援助した。復興国債を10兆円発行しても日本の国内総生産(GDP)比でも2%強にとどまる。

 確かに、復興のためとはいえ、日銀がお札を発行して政府の財政資金を供給する政策はいかにも法外な非常手段だが、政府は国債の暴落懸念を引き起こさずに、100兆円を上限に国債の形で日銀から長期借り入れできるだけのゆとりがある。
 というのは、政府はこれまで国民の預貯金を100兆円借り上げて米国債を保有している。政府は必要なら、日銀に米国債を担保として差し出せばよい。
 米政府の了解は必要だが、米国債を売却する必要は全くないので、米金融市場の動揺を引き起こす恐れはない。米国の了解も取り付けられるはずだ。

 実行は時間との勝負である。現時点では、国際的に日本国債が買われ、円高基調が続いている。
 日本の生保など金融機関や企業が国内財務対策のためにドル資産を売って日本国債を買う結果、円高が進行するとの予想のもとに、米欧の投資ファンドが投機的な日本買いに奔走しているからだ。
 この傾向はいつまでも続かず、いつ逆に国債売り、円相場急落に振れ出すとも限らない。政府は確かな復興計画を国際金融市場に提示する必要がある。

 阪神大震災の場合、政府は当初こそまごつきながらも、国債発行など順次、短期間のうちに財政出動に打って出た。
 財政支出を呼び水に、企業設備投資は震災から半年後に急速に回復し、住宅投資は1年後にめざましい回復を遂げた。

 この結果、1994年に1.5%だった日本全体の実質経済成長率は震災の95年は2.3%、96年2.9%と上昇していった。
 国民資産は10兆円規模で破壊されたが、被災した地域や住民ばかりでなく国民全体の奮闘によりわずか2年間で21兆4150億円も経済規模を拡大するのに成功した。

 阪神大震災復興後の97年以来、自公政権を含め政府は財政資金の投入は経済成長に結びつかないとみなし、公共投資を削減し、民主党政権に至っては末端消費者へのばらまきに終始してきた。
 この間に実需が減り、物価下落以上に家計の所得が縮む日本型デフレが慢性化している。
 今や未曽有の大震災を奇禍として、思い切った財政資金の投入をてこに、大々的な日本再生の機会に変えるべきだ。
 ーーーーーーーーーーーーーーー
 (引用終わり)
 一言だけコメント。

 学校教育でもマスコミでも、通貨の流通信用を増すために、通貨そのものに、「金」か何かの価値が有るかのように装っているが、もちろんそんな「価値」など無い。
 金利の付かない「無記名有価証券」にすぎない。

 流通しているのは国家の強制力と、その通貨の需給関係である。
 従って、日本経済の規模、資産、生産力等々を考慮すると数百兆円の国債発行(通貨増刷)は、インフレ無しで可能である。
 小泉政権以来、テレビに出ない経済学者は、皆が知っていることだ。
 (言うとテレビに出れなくなるため、給料つきの研究者以外は兵糧攻め)





関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/236-2ecccb9b

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん