fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

ただいま被曝中(43)STAP細胞騒動最終

   STAP細胞騒動最終  6/5 「ただいま被曝中」氏から

大人のやり方で小保方さんが論文撤回に同意しました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140604-00000569-san-sctch

残念ですが仕方ないようです。

元はと言えば理研が有頂天になってiPSは成功率が低く癌化する傾向が強いからSTAP細胞の方が使い勝手の良い万能細胞だ的な事言っちゃったからこうなったわけで。

iPSに巨額を突っ込んでいる側から猛烈な圧力がかかった途端、小保方さんに擦り付けて手のひらを返したにすぎません。
まったく、いい年コイたおじちゃんがする事にしては、あまりにも情けなくてみっともない始末です。
目先の利益や保身しか考えていないのが、がっかりします。
これでSTAP細胞をブン投げれば、中国やアメリカが涎をこぼして喜ぶだけだと何故解らないのでしょう?

何事に対してもそういう傾向がありますが、いつまでも机上の空論で幼稚なやり取りをして時間を費やすなら、さっさと自信満々の小保方さんに公然と再現してもらえば良いだけではないでしょうか?

山中教授だって論文に不備があって謝罪されていましたが、あれはあれっきりでしたね。
なぜiPSは不備があっても良くてSTAPはだめなんでしょう?

捏造の疑惑があるからでしょうが、もともと掲載画像の取り違えを申し出たのは小保方さん本人であって、どこの世界に捏造した本人が、気づかれる前に種明かしするでしょうか?

いろいろ屁理屈は聞いてきましたが、『普通に考えて』不思議な事ばかりです。
あちらの方々はその道のプロですよね?

小保方さんだって若い研究者と言えどもSTAP細胞に時間を注いでこられた専門家ですよね。
しかも保身や権威や利権に貪欲な爺様とは違って、夢をもって研究されている方だと見受けられます。

教員だって、新卒で先生になられたころは『教師』であったはずです。
だんだん『教員』になっていくわけです。

話が逸れましたが、純粋に研究をされてきたことは会見での発言から見ても明らかです。
あれが全部演技なら、研究者ではなく女優の方が向いていると思います。
そういった真剣に研究してきたプロが、TS細胞とES細胞を混ぜてSTAP細胞に組み込んで『新発見です!』とやりますか?ってことです。

そんなに暇なんでしょうか?
それをあんなにバッシングを受けてまで守ろうとするでしょうか?
普通に考えて、ありえないと思いませんか?

恐らく、再現試験を行っても、認めないと言う結論が用意されたため、やっと前に進むことに決まったのでしょうから、もはや時間だけが過ぎて小保方さんが業界から消されるカウントダウンが始まっただけだと思います。

100歩譲って、いづれにせよ、STAP細胞は無かったことになったとしても、この様な普通でない内容の事柄が世間一般でバカ正直に信じられてしまうことに懸念を覚えます。

放射能問題と主旨は同様です。
普通に考えてありえないことが、面白いようにみんな騙されます。
せめて最低限、普通に考える能力は身に着けたいものです。

少しは自分の頭で考えるべきだと切に思います。
関連記事

コメント

>いつまでも机上の空論で幼稚なやり取りをして時間を費やすなら、さっさと自信満々の小保方さんに公然と再現してもらえば良いだけではないでしょうか

まったく同感です「再現してもらえば良いだけ」

 いい年した男たちが、みんなでよってたかって「女の子ひとり」いじめて、情けない、みにくい。誰ひとり守ってやる人はいないのか?
 小保方氏をそこまで非難して、大丈夫かな?みんな現実の中で、完全にキズのないひとなんているのだろうか。張り切って批判する東大の学者さんの人間性に疑問。

Re: タイトルなし

マスコミは形式論、瑕疵論、感情論、情緒(妬み、嫉みなど)を総動員して、久保方氏を血祭りに上げてしまった。
久保方氏はこの国では道も歩けない状態に追い込まれている。
刑事犯罪でも民事賠償でも、全くない人間がマスコミの大攻撃で人格権を抹殺されている。
すべては、STAP細胞論を葬るためとしか考えられない。
低劣な感情論を蔓延させて、STAP細胞論を「トンデモ話」に葬るため。
マスコミ報道による戒厳令が、逆にその背後に尋常ではない意図を感じさせている。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/2304-2a35fa3b

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん