もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいま被曝中(37)活動をするということ

   活動をするということ  4/24  「ただいま被曝中」氏から

放射能の危険性を訴えたり、食の安全について啓蒙したり、こういった活動はいったい誰のためにしているのだろうか?
たくさんの活動家が存在して、たくさんの活動主旨があるが、人々は何のためにやっているのであろうか。

改めて自分自身に問いかけたとき、綺麗にまとめるならば『自分に対する怒り』だと感じる。
こんな世の中で、世の仕組みを読み取ろうともせず、ただ大衆に流されて生きてきた震災までの日々。
次々と明らかになる隠蔽や経済のための犠牲。

もはや手の施しようがないほど人々は洗脳されてしまった。
何を言ってみても徒労に終わる。
自分は何故こんな世の中になるまで気づかずにへらへらと生きてきてしまったのかと猛烈な自己嫌悪を感じる。

もっとずっと若いころ、多感な時期に気付いているべきであった。
気付くチャンスや教えてくれている先輩方は存在したというのに、理解する能力がなかった。

現在、自らが失望する人々と同様に『政府がまさかそんなこと… 普通に考えてありえない』と思っていた。
まぎれもなくそう思っていたのである。

だからこそ良くわかる。

何を言っても無駄であることを。。。
しかし何とかしたい。
気付いてしまった以上、表現せずにはいられない。

これが自分の活動理由である。

だがボランティア活動をしているといろいろな方がいる事に気付く。
県外からフクシマにボランティアとして入ってきて、尊い活動をしてくださった方がたくさんいる。
しかしその中に、有名希望の売名行為とも思える活動家や、市民団体NPO法人を私物化しようとする活動家なども存在した。
結局、純粋に奉仕をしてくれたわけではなく見返りを求めてのものである。

どこまで行っても『金』の話になる。
腹いせの嫌がらせにまで発展している。
本来そういった人種と戦うためにこういった活動をしているはずなのに、内部から壊されてゆく。

陰謀論が大好きであれば、はじめから工作員としてフクシマに入ってきたのではないかとさえ思える。
しかし事故当初、懸命に共に活動してきた姿に疑いの余地はないし、今でも感謝している。

なんと恐ろしい世の中なのだろう。。。
高い意識を持ち活動する仲間の中にも意地の悪い人間は存在し、全体的には必ず『金』の話でもめる。

ほぼ絶望的と言える。
人とはそんなものなのだろう。

自分にできることは、せいぜい先回りをして、万が一、あとから気付いた人が手を伸ばしてきたときに受け入れてあげられる体制をとっておくくらいである。

サナトリウムの建設。
元気な食を提供できるカフェ。
話しづらいことを話し合える空間。
あらゆる情報の共有スペース。

心と身体の癒しの時間を提供してゆきたい。
そんな中で皆と真実に触れて行けたなら・・・ その辺が精いっぱいなのかも知れないと最近は感じる。

癒しと楽しいイベント等を通じて人々との信頼関係を築き、そのなかでさまざまな問題について一石投じて行こうと思う。
金で気が変わることなく行動して行きたい。

赤裸々に見てきた。
あのようにはなりたくない。

それはそれである。
関連記事

コメント

 「ただいま被曝中」さんは、やさしい人というより、尊い人だと思います。「話しづらいことを話し合える空間。」は大切だと思います。 でも・・私は、自分が大河の激流に佇む1本の葦のようで・・どうしていいのか・・・

 でも、できるだけ、醜い生き方はしないと思う。
 地位や名誉やお金があっても、ズルくて卑怯なひとだと、傍にいても不幸せな気持ちになる。悔いのない生き方ってどんなでしょうね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

「ただいま被曝中」氏について

「ただいま被曝中」氏は素直に怒り、誇張も飾りもなく発言されてきたと思う。
私たちの何か「軸足」のようなスタンスを感じるのです。
2011年の夏から気付き、転載してきました。
37回目になります。
貴重な「福島」からの声として、転載してゆきます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

被曝中さんのこと

誰のことでもありません。
やっぱり。
そういう実感ではないと思います。
良くも悪くも。
それなりに、その人なりの地域の人との関わりがありますから。
例えば、ですけれど。
「元気な若い人」を呼べば良いというものではないのですよ。
言葉が足らずに、すみませんが………………。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/2246-34350d19

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。