もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリミアの住民を否定し、ネオナチを支援する欧米

 スボボダ
 スヴォボダ(自由党)

   ネオナチのクーデターで成立した暫定政権を拒否するクリミア住民の意思を「西側」は否定する  3/20 櫻井ジャーナル

 ウクライナの全国民が投票しない国民投票でクリミアの将来を決めることはできないとアメリカ政府は主張しているらしいが、日本にも同じことを言う人がいる。
 クリミアの独立を認めるなら沖縄の独立を認めなければならなくなると考えているのかもしれない。
 全当事者の合意が必要などというルールは、少なくともこれまでなかった
 (※ 北風:当然だ。でなければ少数民族は常に多数派に圧政、暴政のされ放題となる。)
 例えば、少なからぬ人が指摘しているように、「西側」がコソボをセルビアから切り取って独立させた際、アメリカはセルビア人の投票を認めていない。

 ロシアへの「併合」という言葉に囚われている人もいるようだが、ロシアへの「復帰」という見方も存在する。
 クリミアなどロシア領だった地域をソ連の一部指導者が独断でウクライナへ贈呈したのであり、全ロシア国民の投票などなかった。
 住民にしてみると売り飛ばされたわけで、今回、本来の国へ復帰したことになる。

 キエフの暫定政権が「西側」支配層と結びついたオリガルヒやネオ・ナチで構成され、資産略奪、人種差別、言論弾圧、さらに親衛隊まで創設しようとしている。
 キエフではユダヤ教のラビがユダヤ教徒に対し、できたらウクライナを出るように呼びかけていた。
 ロシア政府が「ロシア人保護」を口にしても不思議でない状況にあるということだ。

 ウクライナ情勢を語るとき、「西側」の政府、メディア、そして一部「左翼」は暫定政権ができた経緯を無視、「暫定政権あれ!」と言ってから議論を始める。
 キエフは反ロシア派が多いと言われているが、それでも選挙で民主的に選ばれたビクトル・ヤヌコビッチ政権を「平和的」に倒すだけの力はなかった。そこでネオ・ナチが前面に出てクーデターを実行したわけだ。

 戦闘集団は棍棒、ナイフ、チェーンなどを手に、石や火炎瓶を投げ、ピストルやライフルを撃つだけでなく、警官隊(ベルクト)の隊員を拉致、拷問、そして殺害している。
 目を潰された状態で発見された隊員の死体もあるようだ。

 さらに、ネオ・ナチはリビアやシリアで使われた手法もキエフで繰り返している。
 反ヤヌコビッチ派と警官隊、両方を狙撃したのだ。
 この件について、エストニアのウルマス・パエト外相がEUのキャサリン・アシュトン外務安全保障政策上級代表(外交部門の責任者)へ報告している:

 「全ての証拠が示していることは、スナイパーに殺された人びと、つまり警官や街に出ていた人たち双方、そうした人びとを同じスナイパーが殺している。
 同じ筆跡、同じ銃弾。
 実際に何が起こったかを新連合(暫定政権)が調査したがらないほど、本当に当惑させるものだ。
 スナイパーの背後にいるのはヤヌコビッチでなく、新連合の誰かだというきわめて強い理解がある。」「新連合はもはや信用できない。」


 クーデターの前までウクライナの治安機関SBUの長官だったアレクサンドル・ヤキメンコによると、狙撃の第1発目は、アンドレイ・パルビーなる人物のグループが制圧していたビルから発射されたという。
 パルビーは「ウクライナ社会ナショナル党(スボボダの前身)」というネオ・ナチの政党を創設したひとりで、「オレンジ革命」では指導者のひとり。
 現在は国家安全保障国防会議(国防省や軍を統括する)の書記に就任している。

 「西側」が正当性を認めたコソボで「独立運動」、あるはい「アルバニア併合」を主張していたKLA(コソボ解放軍)とは麻薬業者に毛の生えたような存在だった。
 そして成立したコソボ政権は誘拐や殺害を行い、違法な性的産業や人間の臓器売買にも深く関与していると言われている。
 やはり「西側」が正当性を認めているキエフの暫定政権は憲法の規定を無視、ネオ・ナチの暴力で誕生した。
 このファシスト政権に反対、ロシアへ復帰しようというクリミアを批判することに道理はない。
 ーーーーーーーーーーー
※ クリミアのウクライナ海軍基地が武装集団に襲われ1名死亡、ウクライナ大統領が自衛応戦を許可したとの報道が為されている。
 注意!
 事実は狙撃者は基地の隣のビルから発砲し、ウクライナ側1人死亡とクリミア側の1人が重傷である。
 つまりは、相互の銃撃戦を引き起こすために双方を撃つ、謀略狙撃である。
 この方法はエジプトでもよく見られた手口である。

 キエフのネオナチが国家の武器庫から強奪した装備で、ナチスばりに「親衛隊」を創設するそうだが、いずれ親ロシア派やロシア軍を装って狙撃、放火、強姦などの「ポグロム」を始めることは疑いない。
 
 ウクライナ政変関係のページ

ウクライナの政変
ウクライナの政変はネオナチが支配した
ウクライナ、実体の無い民族主義
ウクライナ情勢、ロシアの声他
武装したウクライナ・ネオナチ
米英軍産複合体がネオナチを使った破壊工作
ヤヌコビッチはいまだ正当な政権、不当な偽政権
ロシア語市民への暴力は許さない、キエフは極右と縁を切れ
ラブロフ外「西欧はネオナチと手を結んでいる」
ロシアは戦争を否定、米国はネオナチと手を組む
破壊と略奪、無政府状態に向かうウクライナ
破綻するウクライナと賢明なロシア
プーチン3/4報道声明と質疑応答全文
ウクライナの略奪が始まる
ウクライナ、失墜する米国と強くなるプーチン:田中
「マイダン広場の司令部」がネオナチ武装部隊:ロシア大使
米国と闘うロシア、保有米国債を投げ売りした模様
ロシア5万人世論調査。圧倒的なクリミア編入支持!
プーチン3/18声明、クリミアとロシアの団結
孫崎3/13インタビュー岩上:異例な米国日本支配とウクライナ
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/2213-d9120f89

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。