もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア語市民への暴力は許さない、キエフは極右と縁を切れ

   ウラジーミル・プーチン ウクライナでのロシア語市民に対する暴力増加の場合 ロシアは手をこまねいてはいない 3/2 ロシアの声

ウクライナにおけるロシア語市民への暴力が高まった場合、ロシアは手をこまねいてはいない。
 その場合、ロシアは国際法に則って対策を講ずる。
 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は国連事務総長との電話会談でそのような姿勢を明らかにした。
 昨日、プーチン大統領は米国のバラク・オバマ大統領とも電話会談を行い、ロシア語市民への暴力が高まった場合にはロシアは無策ではいないとの考えを示していた。
 プーチン大統領は、キエフ政府が事実上扇動している極右勢力についてもオバマ大統領の注意を喚起した。

ウクライナにおける情勢は、昨夜の国連安全保障理事会緊急会合でも協議された。これはキエフ政府の提案に基づいて行われた。
 ロシアのヴィタリー・チュルキン国連代表は、ウクライナ情勢が憲法的措置によって解決されなくてはならないと指摘した。
 そのためにはキエフ政府が過激派勢力と縁を切り、全国民の利益を考慮した政府を樹立しなくてはならないとし、次のように語った。

冷静な頭でいなくてはならない。
 憲法に基づいた政治路線に状況を戻し、2月21日の合意に基づいて統一政府を樹立したうえで、民族的対立勢力および政治的対立勢力と力でやり取りすることはやめるべきだ。
 過激派勢力と縁を切り、彼らがウクライナ国内で勢いを持ってはならない。
 なぜならそうなれば深刻な結果をもたらし、ロシアはそれは回避したいと考えている。


昨日、プーチン大統領はロシア議会上院(連邦会議)において、ウクライナにおけるロシア軍動員について承認を得た。
 クレムリンによれば、これがすぐさま動員につながるわけではなく、キエフにおける熱狂を覚ますのがまず第一目標だという。
 その熱狂はワシントンDCおよびブリュッセルをも巻き込んでいる。CIS諸国研究所のイーゴリ・シシキン副所長はVORに対して次のように指摘した。

これは間接的な介入を止め、物事をはっきりと考えようという、欧米諸国へのメッセージなのです。
 ヴィクトル・ヤヌコヴィッチ大統領がEUとの連盟合意への署名を断念して以来、政権転覆のために武力的メカニズムがとられてきました。
 それはウクライナをロシアから切り離すためです。
 ロシアは欧米諸国に対して、何度も交渉を呼びかけてきました。
 しかしさらなる侵略がその答えとして帰って来たのです。
 いまや、危険ラインがあるということがはっきりと示されました。
 ロシアは誰に対してもそれを越えさせはしません。
 いまはいったん立ち止まって、交渉のテーブルにつき、政治危機克服について合意しなくてはなりません。
 そのなればこそ、公正な選挙も実施できるのです。
 極右勢力のライフルのもとではなく、国際的な監視のもとで実施できるのです。
 現在のウクライナ政権は武装反乱勢力の政権なのです。


現在、事実上ウクライナを牛耳っている政権は総動員を発令した。
 一方でウクライナ軍のなかでもキエフ政府に反対する人々は大量辞職に及んでいる。
 クリミヤに駐屯するウクライナ軍部隊は大量に自衛隊側についている。
 残る軍部隊や兵器は、クリミヤを防衛する自衛隊の管轄になっている。
 同時に、ウクライナ市民たちは混乱によって国を脱出しており、ロシアはすでに人道危機の恐れに懸念を持っている。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/2175-dfa903cb

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。