fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

ゴロツキ右翼が握ったNHK:英ガーディアン紙

右翼ゴロツキ
 まだ気狂いとまではいかないゴロツキ右翼。

   日本の公共放送の経営委員、右翼の拳銃自殺を賞賛  2/5 英ガーディアン紙 翻訳「星の金貨」氏から

日本の安倍晋三首相が指名、就任した公共放送局NHKの経営委員が就任する一か月前、右翼活動家の拳銃自殺を賞賛し、その行為により日本の天皇が現人神に生まれ変わったとする文書を配布していたことが明らかになりました。

この意外な事実は、NHKという公共放送の編集・報道の健全性に疑いを抱かせ、国内外に波紋を広げた一連の騒動の約1週間後に明らかになりました。

NHKの会長が第二次世界大戦中の従軍慰安婦の制度を正当化したことに加え、経営委員のひとりは日本軍が中国で行ったとされる南京大虐殺は中国による『プロパガンダ』だと街頭演説を行いました。

そして今度は新任の経営委員のひとりである長谷川三千子氏が、委員に指名される一か月前の昨年10月に配布された追悼文集に、1993年に抗議先の朝日新聞社で所属する極右団体の名誉を傷つけられたとして拳銃自殺した幹部を称賛する文を寄稿していたことが明らかになったのです。

日本では封建(江戸)時代以降、自殺は自身の名誉を守るための手段の一つだと考えられてきました。
有名な例では、右翼思想の文学者である三島由紀夫がクーデターに失敗した後、割腹自殺をとげた例がありました。

「人間は自らの命を佐々蹴ることにより神と対話することが出来る。」
彼女はこのように記し、その内容が日本を代表する新聞のひとつ、毎日新聞のオンライン版と5日付の紙面に掲載されました。

長谷川氏は以下のように記しています。
「20年前、朝日新聞社本社内で拳銃自殺をとげた野村秋介氏は、これ以上のものは無いという最もふさわしいやり方で神に命を捧げた。」
「野村氏は拳銃で自分自身の腹部に向けを3発の銃弾を撃ちこむ直前、天皇陛下の永遠の繁栄を祈る言葉を口にした…」
野村氏のこの行為により、『人間宣言』が何と言おうと、日本国憲法が何を規定しようと、天皇陛下は現人神になられたのである。」

昭和天皇は戦前は現人神(半ば神であり、半ば人間である存在)として崇拝されていましたが、第二次世界大戦後、日本に駐留した連合軍の政策の一環として、1946年に人間宣言を行いました。

アメリカの監修の下成文化された戦後の日本国憲法は、天皇は政治的権力を持たない、日本国の『象徴』であると規定しています。

長谷川氏(67才の研究者)は公共放送であるNHKの放送番組の制作方針と予算編成について、強い発言権を持つ経営委員のひとりです。

毎日新聞の報道によると、長谷川氏が昨年10月右翼の拳銃自殺を称賛する文章を掲載した事実は、日本政府がNHKの経営委員として新たに、長谷川氏を含む4名を指名する1週間前に明らかになりました。
しかし、4人の経営委員の指名は11月18日、国会において承認されました。

またこれに先立ち、新たに就任したNHK経営委員の作家・百田尚樹氏が1937年に始まった日中戦争において、1938年に発生した日本軍による南京大虐殺は事実として存在しないと主張した後、長谷川氏の問題が明らかにされました。

南京の問題については、その犠牲者数について数万人から30万人まで諸説あるものの、その事実があったという点においては歴史学者の意見はほぼ一致しています。
しかし日本の右翼は、ことあるごとに南京の虐殺などはでっち上げであるとの主張を繰り返しています。

結局長谷川氏も百田氏も、日本政府から釈明を求められることはありませんでした。
日本政府は日中の共同研究の結果を受け、「多くの非戦闘員の殺害や略奪行為などがあったことは否定できない」としつつも、犠牲者数について「諸説あり、政府として正しい数を認定することは困難」との見解を示しています。

日本政府の最高位のスポークスマン菅義偉官房長官は、NHKの経営委員であっても、個人的な意見を明らかにする権利は有しているとの見解を示しました。
また同じく菅官房長官は彼女が日本文化に精通する「わが国を代表する哲学者、評論家」であり、そのために日本政府により指名され、国会において承認を受けたものだと5日の記者会見で述べました。

これら一連の問題は、世界最大規模の放送会社であるNHKのニュース解説者などが、安倍政権の強硬な国家主義姿勢の前に、ペンを折って協力するよう暗に要求される事態が続いた後に発生しました。
 ーーーーーーーーーーーーー
 従軍慰安婦は正当化し、南京大虐殺はなかったとし、ついには自殺したゴロツキをその自殺で天皇が現人神になったと主張する。
 それが「わが国を代表する哲学者、評論家」という菅。
 これでは気狂い国家ではないか。

 一昨年、英エコノミスト紙は石原慎太郎を「右翼のゴロツキ」として、一切の論評の対象としない意味を表明したが、安倍政権になってからの各種委員の人選はさらに常軌を逸している。
 NHKの三人と菅には「気狂い右翼」がふさわしい。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/2121-a618c096

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん