もうすぐ北風が強くなる

強襲揚陸艦を輸送艦と呼び続ける奇怪なマスコミ

おおすみ1 おおすみ
 おおすみ

 テレビも各新聞もみな同じなのだが、例えば共同通信。
【海自輸送艦と釣り船衝突】 両船、同方向に航行か 往来危険容疑で海保が捜査 共同通信
 広島県大竹市沖の瀬戸内海で15日朝、海上自衛隊の輸送艦と衝突した釣り船が転覆した事故で、救助された寺岡章二(てらおか・しょうじ)さん(67)が15日夜、広島市の自宅で取材に応じ「釣り船の右側がぶつかってせり上がり、左側から浸水し転覆した」と証言した。
 (以下略)

 あやうくイメージを騙されるところだった。
 すべてのテレビとすべての新聞は「海上自衛隊の輸送艦」と報道している。赤旗までが「輸送艦」だ。
 私も貨物船のような「輸送艦」のイメージをもっていたが、これは違う。
 これはいわゆる「強襲揚陸艦」である。

 ミニ空母に揚陸ハッチがついている敵前上陸用の1万t近い戦闘艦である。
 これが外国の艦船なら当然「強襲揚陸艦」と報道する。
 あるいはミニ空母、ヘリ空母という言い方もあるだろう。
 「輸送艦」といったら誰でも貨物船のイメージを持つだろう。
 この国のマスコミも、外国艦船の「強襲揚陸艦」を「輸送艦」と呼ぶことは決してしない。

 恐るべきかアホらしくも、この国のマスコミはNHKから赤旗に至るすべてが、自衛隊の「強襲揚陸艦」に限って「輸送艦」なのである。
 もちろん、「自衛隊は戦力ではない」とのカモフラージュが身に染み付いての報道姿勢だ。
 戦車隊を「特車隊」と呼んでいたようなものだ。

 まさしく、「木が曲がっている」と言われたら、「曲がっている」と言うのと同じ。
 自衛隊に「これは輸送艦だ」と言われたら、「輸送艦だ」と報道するのだ。
 官僚機構に「安全だ」と言われたら、「安全だ」と報道するマスコミ。
 
 どうりでマスコミは、この自衛隊艦船の大きな写真を載せないわけである。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/2090-32bc77c1

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん