もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A級戦犯の代りに罪を問われなかった最高責任者

 東京裁判は、天皇皇族などの戦争責任者を不問として、一部のA戦犯で処理した「手打ち式」
 従って、天皇皇族は靖国神社を決して参拝などしない。
 東京裁判の結果に従い、政権幹部は靖国参拝をしないか。それとも、日本国民自身の手で過去にさかのぼって本当の責任者の始末をつけるか、
 あるいは、世界と再び戦争をするか。
 このままぐずぐず参拝しては、世界の鼻つまみ国家になるのか。
 ーーーーーーーーーーーーーーー 
  東京裁判は極めて日本的な手打ち式だった!  1/1  「一日一笑:おもしろ情報館」から

日本を愛すると自称する人々の中には、東京裁判を勝者の論理として批判する傾向があります。
しかし私はこれほど「日本的」な手打ち式はないと思っています。

もちろん、戦後に生まれた者として、裁判プロセス、判決に対して言いたいことはあります。
しかし、当時の日本政府は政府として無条件に敗戦を認め裁判に身をゆだねたのです。
その結論に反対ならもう一度戦争をするしかありません

私がこの裁判を「日本的」というのは、明治維新期までの日本(鎌倉、戦国)は、敗戦の将が腹を切れば配下のものの責任は不問にする伝統があったからです。
ドイツやイタリアのようにトップ以下責任者を自国民自身の手で始末するよう、当時の世界は日本国民に求めませんでした。

本来なら天皇以下最高責任者を峻別し、日本国民の手で始末をつけるべきでした。
しかし「一億総ザンゲ」などとわけのわからない集団主義に犯されていた日本人はどうすればよいかわかりませんでした。
腹を切って責任を取るべき東条英機は、ヒトラーほどの潔さもなく、逮捕されに来るまでおめおめと生き延び、自殺にも失敗する始末(沖縄戦の現場責任者は自害)。東条らは裁判でも往生際が悪い。
しかし、アメリカを筆頭とする戦勝国は「お前たち少数が責任を取れば天皇を含め大多数の日本人を許す」という寛大な処置をしたのです。

東京裁判に参加していなかった中華人民共和国も、日中国交回復の際「悪かったのは一部の軍国主義者でありアジア人民のみならず日本人民も被害者である」と東京裁判の判決を踏襲したのです。

安倍首相以下、A級戦犯が合祀されてから靖国を公式参拝した首相は、日本国と世界との合意を「機会あればチャラにするぞ」との意思表示をしたに等しいのです。
命拾いした天皇とその取り巻きたちが恐れ多くて靖国を参拝しないのは、この道理をよく知っているからです。

不満があっても東京裁判の結果を受け入れるか、
日本国民自身の手で過去にさかのぼって本当の責任者の始末をつけるか、
もう一度世界と戦争して勝利するか、
ぐずぐずと無能力者のフリをしてやり過ごすか、

この4つしか選択肢はありません。
どの選択肢が、世界から尊敬されつつ世界と共存していける道か、いうまでもなく明白ではないでしょうか。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
石井部隊
 満州の中国人、日本人に「石井部隊」と呼ばれていた731部隊は、村落へのペスト菌散布、焼き払い、生体実験、生体解剖を行い、関東軍、警察と共に恐怖の的だった。
関連記事

コメント

往生際が悪い?

少し擁護させてもらうと別に東条は国権を握りたかった訳でもなく単なる近衛の尻拭い役だった訳であるし、最初から国権を握って挙げ句にはベルリンが陥落する前に町のインフラ全て破壊するように、ドイツ民族は滅ぶべきだ等支離滅裂な事をほざいて(あなたの言葉を借りれば往生際も良く潔いですかね)家族を道連れにして無責任にもソ連軍に捕まれば拷問が待ってたあろう状況から自殺という方法で逃げ切ったヒトラーなんぞよりも極東軍事裁判なんていう裁判の形をした私刑の中で最後まで連合国と戦い続けた東条の方がまだましではあると思うのですが(といっても東条も自殺未遂をして逃げ出そうとしてますが)何より卑怯なのは戦時中の悪行を全て国や軍に押しきって無責任にも何の罪と罰を背負わず、ただ戦前の全てを非難してのうのうと戦後の平和を享受した戦争を生き延びた日本国民一人一人じゃあないですか?つまり我々の父母、祖父祖母こそ卑怯ものじゃないのでしょうか、そんな情けない連中の孫や息子にそんな決断できるのでしょうかねぇ、それが民主主義なのだから仕方がないないでしょうが。

日本国民に戦争責任などないわぼけ。 あまえは職業軍人の末裔だろう。ボケ軍部の命令でどれだけの兵隊さんが日本のために死んだとおもう?
東条などの戦争で飯を食ってきた卑しい職業軍人、軍人一家などと、真面目な兵隊さんをいっしょにするな。戦争責任は天皇陛下と軍部と時の支配者にあるのは
明確である。戦争に行った兵隊さん、死んだ兵隊さんとその家族、生きて帰ってきた兵隊さんのどこが卑怯なのか、おまえはボケだ。上官の命令は生き神様の天皇陛下の命令と同じといわれて、一線5厘の金で命を奪われたのが、かわいそうな末端庶民じゃ。空襲でどれだけの日本人が死んだ?お前は中国人か?在日朝鮮人か?生きて帰った兵隊さんでも兵役が5年以下だと恩給は出さない。然るに、戦争で負けた、いわば破産した会社の元社員である職業軍人とその遺族、家等には手厚い恩給が支給された。それも戦後10年ほどたってアメリカが文句を言わないようになっから。庶民を愚弄する意見は許さんぞ。一般庶民になど戦争責任などないわ。

この投稿にもも喧嘩はよそでやってとかとぼけたことをいうなよ。

まあ一番の卑怯者は 岸信介である。あとは満州、朝鮮の生き残りのごく悪どもだ。
命を助けてもらつて、CIAのために働き、総理にまでなった。
もちろん日本国民が洗脳されたのは事実だ。
そしてその孫がまた国を滅ぼし、売ろうとしている。
反政府、反雨意見をかくのは少し怖いが、もうやけくそじゃ。
まあただの庶民の爺だしな。京大でとるけどな。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/2074-77cd55e4

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。