fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

ゆっくりと進んだ国民監視:情報保全隊訴訟

時流・底流:情報保全隊訴訟 「ゆっくり間違う」に危機感  9/30  毎日

 陸上自衛隊の防諜(ぼうちょう)組織「情報保全隊」の市民団体やメディアに対する監視活動を違法として、国に損害賠償を求める裁判が仙台高裁で争われている。
 防諜の強化を目的とする特定秘密保護法制定の動きが加速する中、原告団長で写真家の後藤東陽さん(88)は危機感を募らせている。

 「じわじわと真綿で首を絞められているんじゃないか。この不安は経験した者にしか理解できないかもしれませんね」

 仙台市近郊で豆腐屋を営む両親のもとで生まれ育った後藤さんは、小学3年生の時、母校の校歌を作詞した「鈴木シンジ」という男性にあこがれていた。
 「隣の集落から塩釜の造船所に通っていた30代のインテリ。堂々とした体格に背広が似合っていました」。1934(昭和9)年ごろのことだ。

 その姿を一目見たくて、出勤と帰宅の時間を見計らっては店の手伝いを抜け出し、道行く鈴木さんにあいさつするのが日課になった。
 「おはようございます」「おはよう」。鈴木さんは優しく答えてくれた。

 ところがある日、鈴木さんは姿を消した。「逮捕された」と、数日後に聞かされた。
 「造船所で『働く者には権利がある』と言ったんだと」「勝手なこと言うから捕まったんだ」。大人たちはささやき合った。

 2〜3週間後、巡査が村の一軒一軒に触れて回った。
 「非国民の鈴木が釈放された。鈴木と口をきいた者は逮捕する」。
 だが、後藤少年はどうしても鈴木さんを見たくて、再び道端に立った。
 「その時の鈴木さんの見るも無残な……」と言って、後藤さんはしばらく絶句し、涙をぬぐった。
 「頬がげっそりこけて、幽霊みたいな顔になってしまって……」


 後藤さんの叔父は仙台の憲兵隊長だった。
 鈴木さんは塩釜の警察で拷問された後、仙台の憲兵隊に送られ、釈放されたのだと聞いた。戦後、鈴木さんがどうなったのかは分からない。

 小学校を卒業した後藤さんは15歳で国鉄に入る。
 そこで中国戦線帰りの30代の先輩職員から「誰にも言うなよ。ブタ箱に入れられっから」と口止めされて、日本兵の残虐行為を聞かされた。「地獄だよ。ああ、やんだ、嫌だ、戦争なんて」とつぶやいて、静かに涙を流した先輩は、再召集されて南方で戦死した。

 後藤さんも19歳で召集。
 仙台の対戦車砲中隊に配属され、戦争への疑問を胸に秘めつつも自爆攻撃の訓練に明け暮れた。
 ある時、青森県出身の兵が脱走して連れ戻され、懲罰で重営倉に入れられた。衛兵当番をしていると、中から弱々しい声が聞こえてきた。「衛兵どの……衛兵どの……小便がしたいんであります……」。 後藤さんは鍵を開け、やつれ果てた脱走兵に自分の食事を分け与えた。
 これが憲兵に知れ、後藤さんは「国賊!」とののしられながら殴る蹴るの激しい暴行を受けた。
 この時に痛めた腰の後遺症は今も残る


 戦後は曲折を経て写真館の経営者となり、今は仙台市中心部の一等地に本社を構える。
 偶然にも、かつて憲兵隊があった土地の隣だ。「憲兵との関係は、私の心に重く暗く沈んでいるのです」

 平和運動に積極的に関わるようになった後藤さんは、自衛隊そのものが嫌いなわけではない。
 情報保全隊による監視が、かつての憲兵や特高警察のような徹底的な国民監視にエスカレートし、誰もが自由にものを言えなくなることを恐れる

 「『まさかあの時代のようにはならないだろう』という人は多いけど、当時も変化はゆっくりだった。
 国を間違った方向に引っ張る政治を食い止めるのは、戦争経験者の責任だ
と思っています」【日下部聡】
==============
 ■ことば
 ◇情報保全隊訴訟
 自衛隊のイラク派遣反対運動をしていた後藤さんら4人が2007年、国に監視差し止めと損害賠償を求めて提訴。原告は最終的に107人になり、仙台地裁は昨年3月、5人について「人格権を侵害した」として国に計30万円の支払いを命じた。
 原告は判決を評価する一方、差し止め請求却下などを不服として控訴した。情報保全隊は03年に陸海空の各自衛隊に設置され、09年に統合された。
憲兵 自衛隊
 
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/1969-2fc89a42

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん