もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国国務、国防長官が千鳥ヶ淵戦没者墓苑に献花

 対米屈従路線のくせに、この点だけはいくら遠回しに言っても表面だけでいうことを聞かない日本の安倍政権。
 天皇国家主義の戦争犯罪礼賛(歴史修正)とナチス賛美。
 中韓だけではない。
 この点に反対する米、英、露、中、仏の戦勝五国とドイツ、いや世界にこの日本のゴロツキ右翼に賛成する国などまったくいない。
 「戦争犯罪まで英霊とする宗教施設参拝」。
 「中韓どころか米国からも拒絶される安倍政権」。

 オバマ政権は大ぴらに言いたくないので、行動で示すことにしたようだ。
 ーーーーーーーーーーーーーー
   【社説】靖国とアーリントンが同じだという安倍首相の詭弁 2013/5/21 韓国中央日報 (抜粋)

安倍首相は米外交専門誌フォーリンアフェアーズのインタビューで、「日本人が靖国神社を参拝するのは米国人がアーリントン墓地を参拝するのと同じ」と主張した。醜悪な日本軍国主義の象徴である靖国を、戦没将兵が安置される神聖な国立追悼施設と同一視する詭弁だ。
(中略)
敗者まで追悼するアーリントンとは違い、靖国は日本の近代化過程で発生した内乱の敗者を徹底して排除している
明治政府に反対して発生した西南戦争の主導者である西郷隆盛の位牌は靖国のどこにもない。
靖国には明治時代から太平洋戦争まで日本軍国主義の確立と膨張に寄与した軍人と軍属の位牌だけが安置されている。
アーリントンが国民統合と和解の象徴なら、靖国は戦死者を顕彰する軍国主義の象徴にすぎない。安倍首相が靖国とアーリントンを区別できないのは無知と意地が会った結果だ
(中略)
「天皇から授かった命を天皇に捧げたため、それ以上の名誉はない」と教えた。これが軍国主義・日本の国教である「靖国信仰」だ。戦争を称える靖国で平和を祈るというのは矛盾だ。
靖国が国立追悼施設だと言い張るのは通りすがりの牛も笑うことだ。
(中略)
東京には1959年に国家が運営する施設として建設された千鳥ケ淵戦没者墓苑がある。
第2次世界大戦中に国外で死亡した日本の軍人と民間人のうち、身元が確認されていない人たちのための納骨堂だ。
靖国とは違い、宗教的な色彩がないところだ。安倍首相がどうしても戦没者を追悼したいのならここでするか、首相公館で侵略戦争の被害者のための追悼式を挙行するのが正しい。
 ーーーーーーーーーーーーー
   米国務長官らが千鳥ヶ淵墓苑で献花  10/3  AFP

 来日中のジョン・ケリー(John Kerry)国務長官とチャック・ヘーゲル(Chuck Hagel)国防長官は3日、東京都千代田区の千鳥ヶ淵戦没者墓苑を訪れ、献花した
 安倍晋三(Shinzo Abe)首相が5月に訪米した際、靖国神社を米国のアーリントン国立墓地(Arlington National Cemetery)になぞらえたことに対するけん制とみられる。

 ケリー国務長官とヘーゲル国防長官は外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)のため来日中。
 千鳥ヶ淵戦没者墓苑によると、今回の訪問は日本の招待ではなく米国側の意向によるもので、同墓苑を訪問した外国の要人としては1979年のアルゼンチン大統領以来、最高位の政府高官という。
 (※ 北風:「墓苑によると」であるから、日本の外務省推奨ではなく(推奨なら外交上当然招待となる)、米国が直接墓苑に申し込みの意味。オバマ広島訪問妨害と同様の妨害を排除するためでしょう。)
 
 同行した米国防総省高官は記者団に対し、千鳥ヶ淵戦没者墓苑はアーリントン国立墓地に「最も近い存在」だと説明。
 ケリー国務長官とヘーゲル国防長官は「日本の防衛相がアーリントン国立墓地で献花するのと同じように」戦没者に哀悼の意を示したと述べた。

 安倍首相は5月、訪米に際して米外交専門誌「フォーリンアフェアーズ(Foreign Affairs)」に対し、米バージニア(Virginia)州にあるアーリントン国立墓地を引き合いに出し、靖国神社は国のために命をささげた人々を慰霊する施設であり、日本の指導者が参拝するのは極めて自然で、世界のどの国でも行っていることだと述べていた。©AFP
 ーーーーーーーーーーーーー
千鳥ガ渕
 千鳥ケ淵の国立戦没者墓苑。

アーリントン
 アーリントン、無名戦士の墓。

靖国
 靖国神社、昭和天皇さえ参拝しなかったのは当然だが、外国首脳がこんなところに参拝したら、皆さん国内でも国外でも戦争犯罪加担者にされて大変なことになるでしょう。。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/1965-31e056ee

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。