もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無差別虐殺が続いている8/19~20エジプト:フィフィ

違法なクーデター権力による無差別虐殺が続いているエジプト 報道を封殺されている中で事実を フィフィのツイッターから https://twitter.com/FIFI_Egypt

8/19 上から下へ進みます。

エジプトの国民は真の民主主義国実現の為に命を掛けて訴えています。口先だけの人権やデモクラシーを謳う国々の真意と目的も露呈しました。結局、彼らは偽善であり、保身でしかない。自らに不利益なら、他人の命は犠牲になっても構わない。彼らの言う正義とは誰かを攻撃する名目でしかなかったのです。

◻刑務所に護送中の36人が死亡、エジプト 不当に拘束したデモ参加者を弁護士も付けず軍事裁判で裁く為に刑務所に送って、その途中で抵抗した彼らを殺害したくせに、死亡とだけ報道するんですね。こんな報道するマスコミも同罪。 http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2962468/11214208

サッカー:トルコのフェネルバフチェのキャプテン、エムレが、エジプト大統領で暫定政府に不当に拘束され監禁中のモルシ大統領支持のゴールパフォーマンス http://www.hurriyetdailynews.com/fenerbahce-cap

エジプトの政府による虐殺に始まったわけじゃない。中国によるチベット、ウィグル虐殺も、イスラエルによるパレスチナ侵略と虐殺も、アメリカの空爆にも黙り。国連は、大国の利権を守るために存在するんですよ。ポーズに過ぎない平和を謳って、大国に不利なら本質的な人権やデモクラシーには触れない。

日本はいまだに暫定政府擁護の報道。窒息で死亡したと伝えている。海外のマスコミとの出来の違い。→RT @gloomynews: エジプトでデモ参加者が逮捕され、刑務所への移送途中に36人が当局に殺害されたとのBBC報道 http://m.bbc.co.uk/news/world-middle-east-23751129

エジプト暫定政府にサウジと共謀して資金援助を約束した米国。米国はこの他にも毎年中東の番犬であるエジプト軍に膨大な資金援助→日本は米国に毎年、思いやり予算など膨大な資金援助。お財布→米国の悪行は日本国民に知られると反発を招くので、都合が悪いと報道規制。国際情勢に疎いほうが都合良い。

◻17日にソウル広場で行われた反政府デモ 国家情報院の政治工作、大統領選挙介入の真相および縮小・隠蔽疑惑糾明のための市民社会時局会議の集会で、「パク・グンヘ大統領、責任を負え」と書かれた垂れ幕でパフォーマンスを展開

◻米軍が見舞金の支払いを放置で強盗事件の被害者が提訴も検討 7年前に沖縄市で米海兵隊員2人が起こしたタクシー強盗事件で被害者の男性が計約2800万円を請求したが、防衛省側からの連絡はなく、見舞金は全く支払われていない

少なくとも西側の侵略からアフリカの黒歴史が始まった。それまでのアフリカがイスラム商人より繁栄がもたらされていのは歴史が物語る事実。シルクロードもその一つ。イスラム的商業活動の根底には利益の分配という思想がある。搾取と奴隷貿易で財を成した彼らにとってイスラムは邪魔でしかないのだ。

①無法地帯。デモは、実は、帰り道が怖い。デモに参加した人の話。さて、帰ろうと思って、マイクロバスにみんな乗り込んだ。数分経たない内にバスが止まった。待ち受けていたのは、チンピラ。ひとり、ひとり、に事情聴取。何処から来た?みんな、怖くて、仕事の帰りですとデタラメを言う。手には…続く

②ナイフを持ったチンピラ。ある青年は隣に座る老人に、小声で、デモ帰りとは、言わないでください、と忠告。この老人、信仰心が高そうに見えた。やはり、刃物を持ったチンピラを前に、ただひとり、デモからの帰りだと、言った。老人だけが、バスから、引きずり降ろされた。金曜のデモの帰りの出来事。

注:ここで言うチンピラとは暫定政府に民衆を襲撃するよう雇われた私服の集団。鉄棒やナイフを所持している。

エジプトは、途上国で識字率は低いかも知れないが、その割に知識人は実に多い。知識人ほど信仰心が強いのも特徴的。彼らは勇敢で恐れない、正義感も強い。権力と金の奴隷になる事を嫌う。カイロで医師、弁護士などが集う反クーデター会議が開始した。

◻イランのモサデグ政権を転覆させた軍事クーデターがCIAの秘密工作であった事実をCIAが文書公開で初めて公式に認めたとの報道 米国は中東不安の黒幕だよって解説する度に、反米思想やら陰謀論って批判する方々は息してる?

◻ロイター:エジプト・ムバラク元大統領について、汚職の嫌疑が晴れて今秋にも釈放されると期待していると顧問弁護士が談話。 ムバラク一家だけで総資産700億ドルを超える。汚職してないとしらばっくれるのには無理がある。

◻日本を訪れている米国の通商代表フロマン氏がTPPに関して、日本に高いレベルでの関税撤廃を要求 日米の協定において日本が米国と対等に交渉できると思えないんだよね。今までだってNOと言えない日本だったじゃない

◻エジプト司法省関係者が、ムバラク元大統領は今週中釈放される見込みと談話。拘束継続の法的根拠がないと。AP通信速報。 唯一の国民投票で選ばれたモルシ大統領は未だ不当に拘束され安否不明。エジプトの政府腐り切ってます。それに資金援助する米国。そんな政権を擁護する日本のマスコミ報道

ムバラク政権は国を極貧にさせて、一部金の為なら同胞でも殺れる連中をいつでも雇える環境も作ってきましたよ。ハシシやってたり、受刑者だったりね。RT @tabataminoru: 殺されるのもエジプト人なら殺すのもエジプト人です。なぜ「兄弟」に対してそこまで残酷になれるんでしょう。

金の為なら同胞でも殺れる連中と、金の為に捏造報道する連中と大差は無いと思う。情報戦においてマスコミの捏造、偏向、洗脳はむしろこの無知なチンピラを動かす最大の武器。

◻駐日エジプト大使が同胞団を批判 「世界の多くのメディアが暫定政権を批判しているのは「一方的」だと不満を表明」 在日エジプト大使館でパスポート更新は一年モノで3万程かかる。震災の際も在日エジプト人の安否も確認しないそんな大使。自国民を大切に出来ない汚職まみれの政府は恥を知れ‼

警察庁テロ情報流出事件でイスラム教徒らの告訴を不起訴処分。6人は個人情報が漏洩したとして国家賠償を求めている。 米のプロパガンダを鵜呑みでムスリム=テロリストって発想?世界の4人に1人がムスリムに到達してるのに

日本人の多くがムスリムに接したことが無いだけだろう、特に日本に在住するムスリムの多くは敬虔で、礼儀正しくて大人しい。外国人の出身国別犯罪件数を見ても他国と比べ物にならない。偏見は恐ろしい。

◻ムバラク元大統領は48時間以内に釈放。アル・アラビーヤ報道 酷すぎる…唯一の国民投票による選挙でモルシに敗れたムバラク前政権が30年以上の独裁で培った腐敗組織を指揮してクーデターを起こしたと何度もツイートしてきたのに、日本の報道は宗教対立のような歪曲報道だったよね。最低だね。

ムバラク、しばらく。国民は歓迎してないけどな。

モルシ大統領は家族ごと拘束されまま安否すら不明。700億ドルの総資産をくすねたムバラクは汚職罪は晴れたと保釈。そりゃ国民がキレるのも無理ない。宗教対立なんかじゃない、私も含めモルシ派とか以前に、唯一の国民投票で選ばれた政権をクーデターで前政権が潰すとか許せない人々が大半なわけよ。

宗主国の価値観と、属国傀儡の価値観は当然一致している。一致するものが傀儡に選ばれ、一致しない傀儡は排除されるからにすぎない。大本営広報部は、その価値観のインチキさを指摘しない。

8/20 上から下へ進みます。

ラバア広場のラバアは、直訳で"4の広場"だから彼らを支持する人々は、手を四の形にする。トルコのラバア広場に居た人々を支持するサインが発端だけど、数日前からは、エジプトの反クーデターデモでもこの四本指を挙げてるサインが見られるように。

先日、トルコのフェネルバフチェのキャプテン、エムレがエジプトの反クーデターデモ支持の意味で行ったゴールパフォーマンスも、この"ラバア"四本指のサイン。元はトルコのラバア広場=4の広場での運動から広まったサイン。
ラバア

トルコ各地でエジプト軍の虐殺に抗議する集会が続いている

エジプト暫定政府副大統領を辞任したエルバラダイは、ウィーンに逃亡した。この人、ムバラクが失脚した際も急いで海外逃亡している。日本では米国の言いなりになれば貰える勲章=ノーベル平和賞とやらを貰ったと彼を崇める報道がなされてたが、国民からの信頼は全くなく米国の犬といった印象しかない。

エジプト現地の方からの声:今、エジプト全土においてデモしているのは、一般のエジプト市民です。同胞団でも、モルシ派でもなく、反クーデターと軍と治安部隊による大虐殺に抗議するデモ。偏見まみれの報道は非常に心外‼適切な言葉を使って下さい。偏向報道は真実とはかけ離れた印象を暗に与えます。

①ちなみに、アルファトハモスクでの事件は、立てこもりでは、ありませんよ。あれは、死体を安置されていたモスクです、同時にあのモスクで怪我人の救助をしていたんですよ。では、なぜ一千人近くの人がこの居たの?それは、モスクに入った人々は、この日、ラムセス広場での大規模デモに来ていました。

②その証拠に閉じ込められた人々の中には、報道陣も数人混じっています。(シリーフマンスールは、エジプト25のニュースキャスター、トルコの報道陣など)、大勢の人々が突然モスクに入った理由は、デモ中に突然、軍と治安部隊からのデモ隊に対しての攻撃が始まったから

③そこで、ラムセス広場近くのとても大きなモスクであるアルファトハモスクに人々が攻撃から逃れて、入ってらきた訳です。だから、中に居た人々は、報道陣だったり、女性たちだったり、もともと怪我人の救助に当たっていた医師、薬剤師とさまざまな人々がいた訳です。

④そして逃げ込んだ間にモスクは、好機を得た軍や治安部隊、雇われチンピラに包囲され、中に逃げ込んだ無防備の人々はモスクの外に出られなくなってしまったのです。どうか適切な表現で報道して下さい。暫定政府支持の米国の手前、理解はしますが報道各位、良心があるならエジプトの声を届けて下さい。

⑤また同胞団、同胞団支持隊、モルシ派、との表現は適切ではありません。中には、そういった人々も居るでしょう、しかし、これはの言葉では、間違った印象を見る側に与えます。反クーデターに対するデモです。大虐殺後は、軍と治安部隊に対する大虐殺に抗議するデモです。

⑥今や、大統領を支持していたかは、問題のすり替えでしかありません。どんな理由であれ、エジプト暫定政府の非人道的な大虐殺に世界が抗議する事を祈ります。せめてここエジプトのように日本も幾つかの報道機関は国民の声を伝えてくれてもいいのに、一辺倒。虐殺され続けてる人々が本当に報われない。

⑦デモに参加するのは民衆の自由。よく考えて下さい。現状のエジプトでは、デモに参加すれば、命を落す可能性が非常に高い訳ですが、それでも、エジプト全土で毎日、大規模なデモが続けられています。このデモに参加する民衆は、命を顧みず誰ために危険なデモに参加するのでしょうか?

⑧中東の衛生テレビ放送局、アルジャジーラムバーシェルミスルを一度見てください。非常に中立な立場での報道を心がけています。どれだけの国民が危険と背中合わせの中、必死にデモをしているか。それでもまだ、クーデターを擁護しますか?これでは虐殺に加担してるも同じです。真実を報道して下さい。

⑨エジプト国民は、軍と治安部隊による無差別大虐殺に日常生活を脅かされています。もう政権の椅子取りゲームは、やめましょうよ‼シシさん!エジプト国民が長蛇の中何時間も投票のために並んで、国民が決めた合法的な大統領ですよ。米国が支持する親米ムバラク前政権を含め

(10)これまでのエジプトの歴代上、同胞団と言う言葉にアレルギーがあり、毛嫌いしているのは知っています。まさか同胞団であるモルシが大統領になるとは?と腹を煮えくりかえし続けていたのも知っています。米国の機嫌を損ね米国からの膨大な額の賄賂を打ち切られる恐れがあったのも知ってます。

(11)だからと言ってデタラメな報道で世界を混乱させるのは、反則ですよ。知識のない人間は、騙せても知識人は多く居る訳で…恥を知れ全ての裏切りモノども、売国奴。ちなみに、シシは、モルシ大統領の時代に国防省の大臣ね。いち大臣としてテーブルに付いていた者がクーデターとは、実に怖い。終り
関連記事

コメント

ドイツのニュースでは

いつもいろいろな視点からの情報ありがとうさんです。

ドイツの先ほどのニュースでは、モスラム兄弟派の指導者(外見はムバラクなどとは違いシンパシーが持てる)が捕らえられたというニュースがありました、

アルファトモスクの事件はバリケードをして立てこもり抵抗したデモ隊を抑え百数名の死者がでたということで、こちらの現地の人の記事とは違ったニュースのようでドイツ、いや欧州の捉え方がやはり偏ってるような気がします。

Re: ドイツのニュースでは

クーデター軍と治安警察はゴロツキたちを大いに使っているようです。
誰が誰を射殺しても良いような状態と、無差別逮捕が横行しているようです。
この数日間でムスリム同胞団と支持者からクーデターに反対する者、虐殺に反対する者へと対象が広がっています。
遺体を収容したアルファタモスクには近くに居た人々がみな避難したのでトルコとエジプトの記者も居たほど。
入り口をゴロツキ集団に包囲され、虐殺寸前状態のところに治安部隊が催涙弾などを大量に打ち込んだ。
後を鉄棒、ナイフ、銃などのゴロツキに任せた。
権力側がまさにテロリズムを行使している。
もはや何らの合法性も正当性もなく、政治的権威のかけらもなくなった。
「暫定政権」などと名乗ってみてもただの巨大武装暴力集団。
内部で分解することを願いたいが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/1869-5532c1a3

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。