fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

政権交代後10か月

 GWashington.jpg
 
 09年8月戦後始めての選挙による政権交代を成し遂げた(普通の民主国家となった)鳩山政権は、6月初めに辞職して、菅政権へと交代し、参議院選挙があったわけですが、この春から夏にかけての間に明らかになったこと。

① 沖縄海兵隊の「予備」飛行場撤去の断念は、未だ事務レベルの進行形であるとは言え、アメリカ側は宗主国の面子を属国に大して強引に押し通したこと(最後は韓国哨戒艦事件でとどめ)。オバマスタッフに反省の声もあるが少数派。

② 米中等距離外交をめざす、東アジア共同体構想を逆てこにして、アメリカ政権内の対日強硬派が突出したこと。

③ 敗戦後65年間に蓄積された、日米安保の利権は、日本側にも極めて強固な日米安保利権勢力を形成していたこと。

④ これらの日米勢力は日本の大手通信、TV、新聞などのメディアと霞が関官僚、そして経団連等大輸出企業をほぼ牛耳っており、選挙制度による政治権力を上回る実力を行使できる。

⑤ 以上のことは、それまではうすうす知られていたことだったが、09年選挙の政権交代以後、これらの日米勢力は実力を発揮して、政権叩きを続けたがために、国民の目にもかなり明らかになってしまった。(メディアの報道と論調は一部の国民には「バレバレ」「見え見え」となってしまった。)

⑥ 小泉改革以来9年間の構造改革、市場原理主義で痛めつけられた、失業者、勤労者、農民、自営業者、中小企業、身障者、高齢者の大部分にとって、3年前くらいから気づき、09年の政権交代に繋がったわけですが、今回さらに①~⑤のからくりが自覚されてきた。

⑦ 小泉・竹中構造改革でひどい目に合わされたわけですが、その後の自公政権ではだめなこと。政権交代したがこれらが、もっぱらアメリカとメディアと官僚により叩き潰されたこと。が赤裸々になってしまいました。

 結果。
 メディアの報道・論評を疑う人がかなり増えた。
 小泉・竹中の趣味ではない。宗主国アメリカの意図がかなり明らかになった。属国であり、半独立であることも明らかになった。
 日米安保利権勢力とメディア、官僚が手足であり、これらは大いに信用を失った(普天間と郵政)。
 
 メディアを通じて、 これらの勢力にに賞賛される政治家とは、一体なんなのでしょう。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/18-5032af2d

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん