もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年に向けて:メルケル

 メルケル

 ドイツ、メルケル首相の国内向け新年のあいさつ。
 キリスト教民主同盟は日本で言えば保守政党ではあるが、極めてリベラルな立場をとっており、議論はオープンである。
 国民の利害を真っ当に議論されているところが、何処かの国とは大きく異る。
 ーーーーーーーーーーーーーー
  2013年に向けて勇気と団結を アンゲラ・メルケル連邦首相の新年の挨拶 12/31 翻訳 投稿者 無段活用 阿修羅から

同胞である市民の皆さん、

2013年には50周年記念となるものがたくさんあります。

50年前、新年恒例の「ディナー・フォー・ワン」(テレビ番組、関連記事が下のリンクにあります:投稿者)がハンブルクで録画されました。ブンデスリーガの開幕試合がありました。ドイツの発明家でテレビの創始者ヴァルター・ブルッフ氏が、PAL・カラーテレビシステムを発表しました。

アメリカのジョン・F・ケネディ大統領が、壁に隔てられたベルリンで、「私はベルリン市民だ」という有名な言葉を語ったのも、50年前でした。

同じ年、フランスとドイツは、シャルル・ドゴール氏とコンラート・アデナウアー氏がエリゼ条約に調印しました。2度の悲惨な世界大戦から和解をしたいとの両国の市民の願いを、両氏は行動で示したのです。

最初のうちは、基礎を据え、物事を動かし、変化を可能にすることを自ら進んで行う人がごくわずかであるのは、よくあることです。「それが誰であれ、勇気を見せた人が勇気を与える」-社会改革者アドルフ・コルピング氏のこの言葉が、これをはっきりと示しています。

今日もなお、私たちの国には、勇敢で人々の役に立つ方々がたくさんいます。ハイデルベルクでの市民の方々との討論会で、ある若い参加者の方が、その所属するサッカーチームの仲間が学校を辞めたがっていた時のことを、私に話してくれました。その方は監督のところに行って、学校に通うのがどうしていいことなのかをみんなに話してもらえるように、チームの全員を集めるようお願いしました。次の練習の時に話し合いが持たれ、そして、その効果が出ました。その仲間の方は、いまでも学校に通っています。

これは全く目立たない、ありふれた話のほんの一つですが、それでも、私たちがどのように団結すればいいのかを教えてくれます。

お友達やご近所に、問題が正しく解決するよう導ける方々がいます。お子さんやご家族の方を、毎日、真心を込めてお世話するご家族の方々がいます。職の安定を確保できるよう協力して取り組む、労働組合と企業家の方々がいます。

この方々や他のこうしたたくさんの方々が、私たちの社会を、思いやりのある成功した社会にしています。こうして、私たちは今年、再統一以来最低の失業率と労働市場への最大の参加が可能になりました。

幾百・幾千のご家族の方々にとって、これは、未来に向けて安心して稼げると認識していただけるということです。

それでもやはり、たくさんの方々が不安な気持ちで新年を迎えようとしていることを、私は知っています。そしてその通り、来年の経済環境は決して易しくはならず、むしろ、難しくなっるでしょう。しかし、ここで気落ちはいけません。むしろ、-逆に-これを切っ掛けとして役立てるべきです。

医学の2つの小さな奇跡について、私は皆さんにお話ししましょう。先日、私は生まれつき耳がほとんど聞こえない10歳の男の子に会いました。その後、男の子は非常に高度な移植手術を受け、今では問題なく音楽を聞いたり学校に通ったりできます。

私はまた、心臓の弁を交換して3年目の若い女性に会いました。弁はその女性とともに成長します。つまり、その女性はスポーツをして、普通の生活を送れるのです。

こうしたことは小さな医学の奇跡です。これらはドイツの研究者の成果です。この男の子やこの女性にとって、研究とは聞こえるということであり、心臓の鼓動です。つまり、日々の生活であり、質の高い生活ということです。

ドイツにとって、研究とは雇用です。他の人たちにできないことを私たちができれば、私たちは繁栄を維持・創造できるのです。

ですから、私たちはこれまでに増して、教育と研究に投資をしているところです。ですから、私たちは世界で最も近代的なエネルギーの生産国として、ドイツを造りあげているところです。ですから、私たちはドイツの人口動態の変化に備えているところです。ですから、私たちは財政を規律あるものにしているところです。2013年も引き続き、こうした目標が私たちを導くことになります。

国の繁栄と国民の結束には、適切なバランスが必要です。達成したいという意欲は必要なものです。しかし同様に、社会保障が全ての人に行き渡ることも必要です。

ヨーロッパの国々の債務危機は、バランスをとることがどれだけ重要かを教えてくれています。私たちが同意した改革は、効果を出し始めています。しかし、まだ我慢が必要です。危機は終わったと言うにはほど遠いのです。

金融市場を監督するためにもまた、国際的に多くのことが為されなければなりません。世界はまだ、2008年の破壊的だった金融危機から十分学んでいないのです。あの時のような無責任なことは、2度と発生を許してはなりません。社会的市場経済の中で、ドイツこそが秩序の守護者であり、市民の皆さんには、是非ともそのことに信頼を置いていただきたいのです。

同胞である市民の皆さん、

特にいまここで、私たちは、ドイツ国内で、そして、遠く離れた国で、私たちの安全を守ってくださる方々について考えるべきです。

個人として大きな犠牲を払って、私たちのために任務に就いて下さっている軍人の方々、警察官の方々、文民の支援者の方々がおられます。その方々とお話しから、ドイツ国内にいる私たちがその方々のことを考えることが、その方々にとってどれだけ大切なことか、私は知っています。私は今夜、その方々にありがとうと、特に言わせていただきたいのです。

来年に向けての私たちの自信は、このまま持ち続けることができるでしょう。ギリシャの哲人・デモクリトスも「勇気をもって行動を始めれば、幸運が最後についてくる」と言っています。

2013年も引き続きこの精神で、困難に立ち向かう方々や、孤独な方々、病気の方々、心の平安が必要な方々の重荷を分け合いましょう。

この新しい年もまた、持てる限りの力でともに試練に立ち向かいましょう。私たちの団結や、新しいアイディアを生み続ける私たちの能力が、私たちに経済力をもたらすのです。そうすることで、ドイツは今後も思いやりのある成功する国であり続けるでしょう。

最後に、皆さんやご家族が健康で充実した幸せな、2013年の新年を迎えられますよう、神様のご加護がありますよう、お祈りしています。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/1522-cbc82786

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。