fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

「世論調査」が崩れ去るとき

 今回の選挙も過去数十年間の選挙と同様に、テレビと大マスコミは「世論調査」なる「世論操作」を仕掛けている。
 話題になる争点や対立はすべて民主、自民、維新しか報道しないと言うわけだ。
 かいらいマスコミは米国屈従党派のみしか存在しないかのように装い洗脳することで、それらしか巷の話題にならないことを狙っている。

 つまり、真っ当な党派を話ネタにのぼらない「泡沫党派」に仕立て上げることで、とどめを刺そうというのだ。
 そして、いわゆる操作された「世論調査」。
 実に卑劣である。
 
 かつて、社会党時代に土井たか子委員長の元に「マドンナ旋風」が吹きまくり、いまのような小選挙区制度なら政権交代の可能性があったことが指摘されている。
 ところが現在のマスコミは小沢潰しと原発の隠蔽捏造に味を閉めた結果、当時とは比較にならぬほどに、腐敗、偏向しており、偽造捏造も厭わないほどである。

 良識ある国民は「世論調査」は世論操作と解っており、Netアンケートにも明瞭に表れている。
 良識ある国民が、洗脳されている国民にどれほど問いかけ話かけて、その認識を増やせるかどうかにかかっている。

 「世論調査」がまったく崩れたブラジルの例を八木氏が紹介してくれた。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 M・シルヴァ
 マリーナ・シルヴァ

   「世論調査」が崩れ去るとき 12/7 「八木啓代のひとりごと」から

2010年10月といえば、わずか、2年2ヶ月前のことである。
ブラジルで大統領選挙があった。

最初から、大勢はほぼ決まっており、事実上、前大統領の後継者で労働党のジウマ・ロウセフと、新自由主義者のジョゼ・セラの一騎打ち、あとは泡沫と見られていた。

そして、結果はそうでなかった。

緑の党から選挙直前に立候補を表明し、「泡沫」と考えられていた環境派のマリーナ・シルヴァが、20.31%と3位につけて、決選投票のキャスティングボートを握る重大な第三極となり、首都ブラジリアでは、なんと41.96%と圧勝したのだ。

マリーナ人気は、Twitterでは圧倒的ではあったが、大手新聞の世論調査では、精々、2%から5%、最大でも8%程度と見られていた。インターネット人気と新聞の世論調査のあまりの乖離、そして、その結果のマリーナの大躍進は、ブラジルの新聞の「世論調査」のあり方自体に大きな問題があることと、その見直しを提起するものとなった。

むろん、マリーナ・シルヴァの大躍進は、ブラジルではインターネットを使った選挙運動が解禁されているということとは無縁ではない。彼女は、Twitterで支援者を公募し、各地で手を挙げたフォロワーたちが、自らの家を選挙事務所に提供し、宅配で選挙グッズを送ってもらって草の根運動を活発化させた。

それに引き替え日本では、インターネット選挙は禁止され、公示期間中はTwitterどころか、ホームページの更新さえ禁止されている。
また、若年層が多いブラジルに比べ、日本の場合は、大手メディアの影響を受けやすい高齢者ほど投票率が高く、若年層の投票率が低いという問題もある。

しかしながら、「新聞世論」と「ネット世論」の乖離の大きさは、今回の選挙でも多くの人が気づいている。

果たして、ブラジルで起こったように、「政策」が「大手メディアの世論調査や選挙予測」を凌駕するようなことが、日本でも起こりうるのか。

それはまさに、「脱原発」「反TPP」「反消費税」といった政策が、選挙結果に反映されるのか、ということでもある。
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

いつのまにか「中道保守」などいなくなり、自民右翼、松下塾、維新、石原某など「右翼のゴロツキ」ばかりになってしまったのは、米国かいらいマスコミの15年作戦だったのでしょう。
「右翼のゴロツキ」に共通している特徴は「無責任な発言(暴言)を繰り返す」、「発言と実行が大きく違っても平気」、「政策実行に誰も責任をもたないこと。」、「だから劣化した官僚と同一の行動しか取れないこと」、「米国の指示だけは即実行すること」、「発言が国民向けでなく米国向けであること。」などでしょうか。
とても何かまともに「論評」の対象になるような連中ではありません。
これら「右翼ゴロツキ」を除くと各党派はそれなりに真っ当です。
マスコミは異様な報道を続けすぎており、中期的には自滅的です。
年々窮乏化するので、国民は年々マスコミと政府への不信と反対を強めています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/1465-a97123be

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん