もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野、軽井沢など佐久地域の落ち葉にセシウム、焚き火自粛

  落ち葉の放射性セシウム検査 3市町にたき火自粛要請 長野 11/9 産経

 長野県が行っていた佐久地域の落ち葉に含まれる放射性物質の調査結果がまとまり、同地域11市町村のうち小諸市と軽井沢町、御代田町の落ち葉から薪の指標値である1キログラム当たり40ベクレルを超える放射性セシウムが検出された。
 県は、3市町に落ち葉のたき火を自粛するように求めている。

 調査は、10月22日から26日にかけて同地域市町村の比較的中心部にある公園など16カ所で新しい落ち葉を採取。県環境保全研究所で放射性濃度の測定を行った。
 それによると、軽井沢町の追分中央公園で採取した落ち葉から263ベクレルの放射性セシウムを検出したほか、3市町の5カ所の落ち葉から54~129ベクレルを検出した。

 落ち葉は、放射性物質が蓄積しやすく燃やした場合に放射性物質が濃縮されるため、県は昨年11月、県内全市町村あてに落ち葉をたき火で燃やさないように住民へ周知するよう通知していた。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 長野県でさえ油断はできない。用心が必要となった。
 昨年夏ころから軽井沢が汚染されていることは空間線量で知られていた。
 また今年早々に信濃川河口底にセシウムが濃縮蓄積されていた。

 落ち葉を焚き火にすると、焼却灰に濃縮されて汚染の危険スポットを作ってしまうと同時に、焚き火の周辺の大気汚染をもたらすことになる。
 おそらくは、昨年秋にはずいぶんたき火をしたのかもしれない。
 だが、今からでも遅くはない、放射能は十数年にわたる長期戦だからだ。

 当然に、きのこ、山菜なども採取してはいけない。
 もちろん、公園や藪、山林に入ることが要注意である。
 小河川、沢地などは特に用心が必要だ。
 
関連記事

コメント

これが現実ですね。数千万の人が住む首都圏。比較的汚染の少ない西日本。汚染ガレキ焼却は間違っている正論です。またコンクリートなどにも再利用されていますからいろんな意味で危険です。3.11以後世界が変わったと小出氏は語られましたが日本は世界の常識の反対に突き進んでいます。汚染食品流通も同じです。まあそう言いながら私も家族を説得できず汚染地帯に留まっているのですが。

Re: タイトルなし

>日本は世界の常識の反対に突き進んでいます。汚染食品流通も同じです。
日本の権力者たちは、世界の悪質な権力者たちの「常識」に学んだのかも知れません。
彼らにとっては、安全神話、隠蔽、ねつ造、などこそが「チェリノブイリの教訓」だったようです。
世界の良心的な研究者、医師、そして国民大衆の声が交流し、連帯して行かねばならない。
この島国根性をさることながら、英語がわからんのが困る。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/1419-e236e032

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。