もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほぼ沈黙「赤字国債法案」の不思議?!

 今年度の赤字国債法案成立のめどが立っていない。
 民自公三党談合が内輪もめの果てに、民主の解散引き伸ばしサボタージュと自公の解散総選挙妄想がバッティングしてしまい、そこにマスコミはやれ維新だの石原新党だのと大騒ぎを作り出している。
 実際の話、ゴロツキ石原や橋下に国民の関心はない。そのために世の中が石原、橋下で大騒ぎしているかのように「報道」していると考える。

 実際に基本的な重要問題は原発廃止、消費増税問題、オスプレイなどである。
 そして、ここ1、2か月でとんでもないことになる可能性は、「特例国債法案」。成立が間に合わない可能性が日に日に濃厚になっているという民自公の馬鹿政局である。

 赤字国債の発行が遅れたり、または発行できなければ、政府も地方自治体も機能麻痺となるのはどう考えても明らかだ。
 マスコミは政局を大騒ぎするかわり、この肝心なパニック恐慌となることを一切沈黙しているようだ。
 
 文中(※ )は私の注釈。   
 ーーーーーーーーーーーーーーーー
  本当にどうするつもりなのか? 赤字国債法案 10/26 闇株新聞

 石原都知事が本日(10月25日)辞職して新党を立ち上げると発表しました。本日はこの話題ではないのですが、これによって解散時期がさらに遅れて掲題を含む重要法案の成立もさらに遅れることになるので関連しているとも言えます。

 赤字国債法案が成立していないため、今年度38.3兆円の発行を予定している赤字国債が発行できません。今年度の1年超国債の市中発行額は118.8兆円で、赤字国債以外の建設国債・財投債・借換債の発行を優先してきたのですが、11月末にはすべて発行されてしまいます。

 つまりこのままだと11月末には政府の資金調達方法がなくなり、国庫が空っぽになって予算執行が出来なくなります。具体的に言うと年金、生活保護、公務員の給与、地方交付税の支払いが止まり、政府窓口も閉鎖される可能性が出てきます。

 財政法では、政府の国会承認を得ない資金調達や、年度を超える日銀借入れや国債(財務省証券)発行などを禁じています。

 つまり赤字国債法案が成立しないと、冗談ではなく「本当にお手上げ」になるのです。

 このままでは、あらゆる国難を利権に結びつける特殊能力を備えた官僚と、危機対応能力ゼロの野田内閣と、何でも解散・総選挙に結び付けることしか考えていない自民党などの組み合わせで、とんでもないことになってしまいます。

 まず年4回(4,6,9,11月)に分けて交付される地方交付税は、すでに9月交付分の2.2兆円(道府県分のみ)が9~11月の分割払いとされ、各地方では金融機関からの借り入れで賄ったようですが、11月2日交付予定の2.2兆円はまるまる延期になる可能性があります。

 まあ金融機関から調達出来るうちは、勝手にやれというところなのでしょう。

 また年間10.5兆円の基礎年金の国庫負担分は、すでに1.1兆円の一般会計からの繰り入れが延期されています。今度も繰り入れが延期されるはずですが、この不足分は年金積立金を取り崩して補填されることになります。

 まあ表面的には年金が支払われているので、問題が表に出ないということなのでしょう。

 つまり9月にはこれらに加えて国立大学の運営交付金を半額にして合計5兆円を浮かして、財源が枯渇する時期を10月末から11月末へ1ヶ月先延ばしにしていたのです。

 つまり官僚組織や中央政府に関連するところは手を付けていません

 当然に政党助成金も支払えないのですが、これも年末に「そっと」支払うのでしょうね。

 赤字国債法案は来週召集される臨時国会でも審議される可能性はなく、この状態で年末を越えなければなりません。かといって年を超えたら早急に成立する可能性もありません。

 驚くべきことは、危機感が全く伝わってこないことです。

 官僚や中央政府に直接降りかかってこないからです。正確に言うと「降りかからせない」からです。

 特に不思議に思うのは、財務官僚が「このままだと発行されている国債の利払いや償還が出来なくなってデフォルトする」と騒がないことです。

 実は、国債の利払いや償還金を賄う国債整理基金特別会計は壮大なブラックボックスで、表に出ている余剰金だけでも12兆円もあり、十分にやり繰り出来るのです。
 (※ ということは執行残、不用額、繰越金、などなどの項目を精査するなら、その2~3倍の「実質余剰金」が留保されているはずです。) 

 「何だ、国債整理基金特別会計ってそんなに余裕があったのか」と言われないため、意識的に騒がないのかもしれませんね。
 (※ マスコミがほとんど沈黙しているのは、これを意識しているからですね。隠すのでこれが地方交付金や運営交付金、年金積立への戻しには使われません。利払い、償還くらいです。)
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/1386-ff32fff5

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。