fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

地球温暖化の怪

 03a1dffdad27215cd6385f1ea2e5d591.jpg
 17世紀小氷期

 地球温暖化とそのCO2説については、まかりとおる嘘と洗脳の良い例です。
 このブログにおいても繰り返して批判してきたところです。
 研究すべきは寒冷化の把握とその対策のはずですが、予算もつけず放置しています。
 リー湘南クリニック氏も批判しているので紹介します。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  地球温暖化の怪   リー湘南クリニックから

 地球は太陽を周回(公転)しているが、その軌道は正円ではない。2万あるいは 10万年毎に近づき、そして遠ざかりを繰り返している(Science誌)。
 これが氷河期と温暖期をくりかえす主な原因である。

 二酸化炭素が温室化現象をおこし、地球温暖化の原因といわれているが、これは一つの仮説に過ぎない。
 京都議定書にアメリカが調印しなかったのは「科学的根拠が希薄なのに、軽々に国力を制限するのは懸命でない」と判断したからだ。

 2008年 5月号の文藝春秋、丸山茂徳「地球はこれから寒冷化する」によると、地球の公転軌道の変化のほか、太陽の活動や銀河宇宙線の働きで、地球の気温は大きく変わるらしい。
 どんなに CO2を排出しても、気温に与える影響は、せいぜい 0.005℃(年間)くらい。
 文中「CO2だけをあげつらい、温暖化の主犯と断定するのは論理的飛躍と言うしかない。」「科学とは、真理に到達するためのプロセスを永遠に繰り返す作業にすぎない。」

 なぜ、このようなニセ科学に税金が浪費されるのか。
 一部の科学者(?)たちは、「巨額の予算を得られるがゆえに…『CO2をどのように固定するか』という研究にまで邁進する。
 いま、世界に蔓延しているのはこうしたいい加減で馬鹿げたことの連鎖なのである。」。
 それと、関連省庁の天下り先確保。

 あと 5~10年後には寒冷化の兆候が見えてくるそうだ。
 「温暖化が否定されるようなことになれば、科学そのもののへの不信感が生まれるのは間違いない。
 科学者の立場からすれば、『CO2温暖化主犯説』の最大の罪はそこにあると考える」。 
 が、忘れやすい庶民、寒冷化がはじまれば CO2なんか忘れて、暖をとるため化石燃料を大量消費するだろうよ。

 2008年 11月から、小規模ながら地球寒冷化がはじまった。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/1374-38ae0780

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん