もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダーセン、カルディコット対談「福島の現実」(2)

 ガンダーセン、カルディコット対談「福島の現実」(1)からの続きです。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーー
101212-300x180.jpg

カルディコット: 今はどのような努力も報われる段階ではない。それなのに彼らは作業している。おかしいですね、とにかく今は…

ガンダーセン : その通り、とにかく今は大量の汚染水が地下水脈に入り込まないように、その問題をまず解決しなければなりません。

カルディコット: しかしもし原子炉をコンクリート漬けにしてしまえば、汚染物質が漏れ出して地下水脈に入り込み、これからずっと太平洋が汚染され続けるのではないでしょうか?

ガンダーセン : そうです。だから福島第一原発に関しては、現段階では究極の解決策など無いのです。

カルディコット: 何もない…

ガンダーセン : すべての問題の解決は不可能です。
しかし多分ですが何が漏れ出しているにしても、まずは原子炉建屋の下の部分に穴を開け、下に溜まっている汚染水を抜き取ることで解決の糸口がつかめるように思います。
そこで問題が、先にご説明した巨大な汚染水の浄化装置に戻ることになります。
しかし私自身の気持ちとしては、これ以上2,000人の作業員の方々をこの時点で、廃炉のため危険な作業に従事させ、被ばくを続けさせたくはありません。

カルディコット: わかります。では違う問題に目を向けましょう。
発電装置が収納されているタービン建屋というのは、原子炉一基に対しひとつの割合で設置されているのでしょうか?

ガンダーセン : 原子炉一基につき、一棟のタービン建屋があります。

カルディコット: 数百万ベクレルも汚染されているのは、何号機のタービン建屋なのでしょうか?

ガンダーセン : 1~4号機、すべてです。

カルディコット: 何てことでしょう?!


ガンダーセン : 3号機が最悪です。そして興味深いことに、現在3号機が4号機を汚染しているのです。

カルディコット: 何ですって?

ガンダーセン : 驚くでしょう、でもこの二つはつながっているのです。
3号機から漏れている汚染水が4号機を汚染していることが解ります。
一か所の原子炉建屋から漏れ出した汚染水は、地面にしみこむと同時に、隣に立っている建屋も汚染してしまうのです。
そうなるのです。
ではどうしてそれがわかったのか?
私にはゼネラルエレクトリックの電気技術者である、親しい友人がいます。
彼がその状況を教えてくれたのですが、原子炉格納容器は完全に独立した構造にはなっていません。
様々なものを行き来させるため、ワイヤー状のパイプが無数に取り付けられ、ゴムの被膜で覆われた電線も無数に取り付けられてます。
そしてこれだけ高い放射線が存在する場所では、ゴムの性能は保証されていません。同じく熱に対しても、塩水に対しても、ゴムの性能保証などはありません。

Workers-300x224.jpg

このために原子炉建屋と他の建造物とをつなぐ電気配線により、放射能汚染があらゆる場所に運ばれてしまっている可能性があるのです。

カルディコット: お話を伺って、ちょっと言葉が出てきません。
解りました、次の質問をお願いします。
3つのタービン建屋それぞれが1リットル当たり100万ベクレルに汚染されている、それで間違いはありませんか?

ガンダーセン : 一番ひどいのは3号機で、これは100万ベクレルです。その他も似たような値だと思います。
正確な数値は知りようがありませんが、途方もない数値です。
壁の汚染をこそぎ落とすため誰かをこの場所に送り込むなど、考えられないような数値であることは確かです。

カルディコット : 3つのタービン建屋はそれぞれ独立した、原子炉建屋から離れた場所にある構造体である。しかしご説明いただいたような状況では、タービン建屋内も高濃度に汚染され、そこからさらに原子炉本体に近づくにつれ、汚染はどんどんひどくなっている、そのように推察されているわけですね?そのようにお考えですね。

100309-300x180.jpg

ガンダーセン : まったくその通りです。
原子炉建屋を解体するとすれば、それだけの汚染と向き合う必要があります。
現在現場では、汚染されていない場所まで移動させてこれを解体しようとしてますが、ほとんど意味はありません。
かなり高い確率で日本人はこう言わなければならないと思います、自分たちは間違いを犯してしまった、と。
ですから私たちは福島第一原発を、事故現場で見つけたありとあらゆる汚染物質の、仮処分場にする必要があります。
この場所の汚染はひどいものになりますが、他の場所を汚染してしまうよりはましなのです。

カルディコット: そうですね。

ガンダーセン : 福島第一原発の事故現場は犠牲になってしまった土地なのであり、人間は近づくべきではありません。

カルディコット: わかりました。ところであなたは太平洋もまた犠牲になってしまった、とおっしゃいました。
この太平洋から獲れた魚をアメリカ西海岸やオーストラリアの人々は食用にしているわけですが、魚は回遊してどこへでも行ってしまいます。
太平洋が犠牲になるという意味は、これからずっと福島第一原発から漏れ出した放射性物質が太平洋を汚染し続ける、という事でしょうか?

ガンダーセン : その通りです。完全に汚染を取り除き、再び人が入って福島第一原発を完全に解体するためには、100年、200年という単位で汚染水を途切れることなくくみ出し続ける必要があります。

700978389ba5ef53ea11d88eb01febff1-300x180.jpg

カルディコット: このことについて、人類の子孫たちはいったいどういうでしょう?
100年間で3世代が交代するとして、300年間で9世代が交代することになります。
これらの世代の人々は、いったいこのことをどう思うでしょうか?
子孫たちはどうすればいいのでしょう?
今の私たちに何を望むでしょうか?
子孫たちの時代に、この問題を解決するための機械や技術は生み出されているでしょうか?
私たちの世代は子孫に対し、取り返しのつかないことをしてしまったのではないでしょうか?
これから9世代に渡る人々は、福島第一原発の危険性について、今の私たちと同じように真剣に受け止めることはできるでしょうか?

ガンダーセン : そうですね、私たちは300年後もこうした社会がきちんと機能していると思っていますが、その時点でも福島第一原発は最低でも今と変わらないレベルに汚染されているでしょう。
そして考えなければならないことは、巨額の事故処理費用をどこから持って来るのか、という問題です。
国際社会がどう言っているかは知りませんが、日本において、必要な事故処理費用は40兆円になるでしょう。
それはすべて日本の財務省が支払うことになるでしょう。
しかし彼らはこの事実を認めたがりません。

日本は今回の福島第一原発の事故が、40兆円の損害をもたらすことになるという事を認めません。
ちょうど今月、事故処理費用は10億ドル(約800億円)でした。そしてこの四半期、さらに10億ドル、そしてその次の半年で10億ドル必要になります。
誰も全体像、総額については語ろうとしません。

しかしこれだけの規模の出費が、これから50年、60年、あるいは100年続くのです。
最終的に支出金額は5,000億ドル(約40兆円)に達してしまうでしょう。
日本の人口は高齢化し、しかも減少傾向にあります。
縮小し、高齢化する人口が、多額の債務を抱えてしまうことになるのです。
明るくない見通しですが、避けることはできません。

カルディコット : 残念なことです。
さて次のテーマに移りましょう。
当然ながら福島第一原発の事故が引き起こす悪性疾患、疾病の数に関する問題ですということになります。
さてチェルノブイリの事故発生から25年間に、事故の影響により100万にのぼる人々が死亡したことを資料が明らかにしています。
そしてこれから300年から600年の間、環境に残留する放射性セシウム(半減期が一番長く、最も危険な135の半減期は230万年)をどうするか、という問題に取り組まなければなりません。
さらには数百年、数千年、あるいは数百万年の間、放射性物質として換気中に留まり続けるものもあります。そしてこれらにはセシウム同様、様々な同位体があります。

アーニー・ガンダーセン、あなたはかつて福島第一原発が放出した放射性物質の総量は、チェルノブイリの2.5倍から3倍になると考えられる、そうおっしゃったことがありますね。
そして日本の人口密度は、チェルノブイリ周辺よりもはるかに高い。
チェルノブイリ周辺で死亡した人が100万人という資料と、あなたの放出された放射性物質の量が2.5倍から3倍という見解を重ね合わせると、これからの25年間で福島第一原発の事故が原因で死亡する日本人は300万人に上ることがあり得るのではないでしょうか。

ガンダーセン : 私自身は福島第一原発の事故で死亡する日本人は、100万人前後だろうと考えています。しかし日本の原子力産業界は私のこの見解に敵意をむき出しにしているようであり、死亡するのは100人前後にとどまると主張しています。

カルディコット : それはおかしい。

ガンダーセン : しかし私の手元にはスリーマイル島の事故に関するスティーヴ・ウィングの資料があります。彼の研究はスリーマイル島の事故による影響で10,000人が死亡したことを、鮮やかな手際で明らかにしました。
そしてチェルノブイリでは100万人。
福島では人口密度の高い国土で、大規模な放射能汚染が発生したことを考えると、私個人の見解としては100万人という数字が確実に信用できるのです。

チェルノブイリ周辺と事情が異なるのは、福島は一方が海側だという事です。これに対しチェルノブイリは周辺すべてが陸地です。
しかし日本は人口が約1億4,000万人、その辺のところは原子力産業界も理解しているはずなのですが…。
そして日本では死亡原因の約3割がガンですから、25年間では4,000万人から5,000万人が福島第一原発の事故とは関係の無いガンにより死亡することになります。
ここに福島第一原発の事故が原因でガンを発症し、死亡した人が100万人加算されるとどうなるでしょう。その割合はたった2パーセントにすぎません。
ですからよほど注意深く検証しないと、このことを解明するのは極めて難しいのです。

カルディコット: しかしこれからも疫学分野の研究が続くことになるでしょうが、あなたがおっしゃるように福島第一原発が放出した放射性物質の量がチェルノブイリの2.5倍から3倍に達するとするなら、100万人という数字は少なく見積もり過ぎではありませんか?

ガンダーセン : いえ、わたしはこの数字に確信を持っています。

カルディコット: そうですか。

ガンダーセン : キセノンとクリプトンについては、事故後最初の一週間の間、東西南北を4つに割った北西部分の、1立方メートル(縦1メートル×横1メートル×高さ1メートル)ごとの観測記録があります。その値は1,000ベクレル、つまり1立方メートルあたり1秒間に1,000回の放射性崩壊が起きていました。
原子力産業界は認めるつもりは無いでしょうが、これ程の値では肺がんの発生、そして全身の被ばくは避けられません。
もう一つの懸念は3月16日前後に2号機で内部爆発が起きたことです。
2号機は外見上原子炉建屋に損傷が無く、問題が少なそうに見えます。

しかし実際には、発電所が原子炉のベント窓をすべて解放した時点で、格納容器がひび割れてしまっています。
3月16日、莫大な量の放射性物質の煙が立ちのぼり、風に乗って東京方向に流されて行きました。
現在は事故発生直後のような、高い放射線量は測定されていません。
しかしこの時点では日本も東京電力も混乱の渦中にありました。
未だに誰もが口を閉ざしていますが、3月15日、16日、17日の3日間、東京の人々はどれだけの被ばくをしたのでしょうか?
歓迎すべき測定結果など存在しませんし、事実もまたその通りなのですが、日本は頑なに軽視し続けています。
被ばく線量を過少に見積もっているのです。

1013151-300x232.jpg

ご存知のように2012年2月に私は東京に行きましたが、地表近くでの放射性崩壊は1キログラム当たり毎秒7,000回に達していました。
この値はアメリカなら、立派に放射性核廃棄物としての取り扱いを受ける値なのです。
しかし日本政府はこう言い続けています。
「気に病む必要は無いので、笑顔でいてください。いつもと変わりません。」

カルディコット : 笑顔、そう言っているのですか…笑顔。
私は癌や白血病だけでなく、この時点で糖尿病を除いて考えられる疾病を指摘しました。
チェルノブイリとその周辺では、子供たちの早期老化、白内障の発症率の急増、重度の先天性異常発生の確率の急増が確認されました。
実は今日私は奇形児、つまりは胎児の時すでに障害を負ってしまった子供たちの研究を専門にする小児科医に、インタビューを行うことになっています。内容は現在も続いている、高率の先天性異常の発生率の確認です。

これから私たちは福島でこうした問題と向き合うことになるでしょう。
これは悪性腫瘍、ガンの発生とはまた別の問題です。
放射線被曝が引き起こす病気は実に様々です。
一人の医者として私が放射線被ばくについて指摘したいのは、これから日本は政府も一般の人々も、放射線被ばくに対しては、最新の注意を払ってほしいという事です。
そして発生する問題は多岐多数にのぼり、対処するための出費もまた莫大な金額になるだろう、という事です。
この点については、事故発生当時思いもよらなかったはずです。

1013191-300x217.jpg

ガンダーセン : 本当にご指摘の通りだと思います。
すべての問題の基本にあるのが、遺伝子の損傷です。
このことは、9月に公表された蝶の突然変異に関する研究( http://kobajun.chips.jp/?p=4241 をご参照ください)によっても明らかです。
この研究によって明らかになったのは、突然変異が世代交代によって一層悪化していく、という事実でした。
第三世代の遺伝子が受けた障害の方が、第一世代のそれよりも一層悪くなっていました。
事実を解明するためには、さらにたくさんの研究が行われる必要があります。

現時点で明らかなことは、遺伝子損傷の障害が発生するのは10年とか20年という単位ではなく、1世代、2世代というように、世代単位で発生するという事です。(※北風から「蝶、奇形の発生率は代を重ねるほどに高くなる」、「もうウソをやめる潮時だ:フェルネックス」)

カルディコット: まさにこれこそが原発事故、そして原子力発電いっさいに関わる最も深刻な問題です。
これはゲノム進行といわれるものです。

ところでアーニー、別の質問があるのですが。
あなたは事故の初期の段階で、1号機、2号機、3号機の原子炉建屋内に水素が充満したとおっしゃいました。
そこで福島第一原発の現場では、水素爆発が発生しないように建屋内に窒素を充てんしました。
この水素は現在も建屋内に充満しているのでしょうか?

ガンダーセン : 本当にひどいことになってしまいました。1号機、2号機、3号機、そして4号機、このすべてで水素爆発が起きてしまいました。
それぞれ原因と状況は少しずつ異なっていたかもしれませんが、3号機の事故は水素爆発が引き金になって、即発臨界と呼ばれる状況に陥り、結果はより一層ひどいものになりました。
興味深いのは、悪い意味でですが、この点において、ある日本の研究が3号機で起きた爆発は水素爆発ではなく、爆轟(ばくごう・爆発物の燃焼速度が音速を超えること。衝撃波が作られ、大きな破壊力を持つ)だとしていることです。

この違いは爆発の衝撃波の第一波の速度に関係しています。
爆轟が放つ衝撃波に耐えられる原子炉格納容器は、世界中探しても存在しません。
世界中の原子力業界は、この問題には触れてもらいたくないはずです。しかし証拠が…
スリーマイル島の事故でも、爆発が起きましたが、これは水素爆発でした。
福島第一原発1号機の爆発も水素爆発です。
しかしアーニー・ガンダーセン以外の世界の関係機関が、いまや3号機の爆発は爆轟だとしているのです。

カルディコット: その爆轟というのは?

ガンダーセン : 爆発の際に発生する衝撃波が音速を超えてしまう事です。コンクリートすら破壊するほどの威力を持っています。

カルディコット: わかりました、でもどんな爆発が引き起こされたのでしょうか?あなたは水素爆発ではないとおっしゃいましたが、それでは核爆発なのでしょうか?

ガンダーセン : 私は即発臨界だと思っています。

カルディコット: それはいったい何ですか?

101412.jpg

ガンダーセン : 核爆発とは違います。
核爆発は爆発の際に100万分の1秒ごとに爆発の大きさが倍になっていきますが、即発臨界は1,000分の1秒ごとに倍になっていきます。1,000分の1秒というのは、人間がまばたきをする一瞬の間ぐらいの時間です。
3号機の爆発は核爆発よりはゆっくりと核反応が進みましたが、原子炉はこれ程の衝撃に耐えられるようには設計されてはいないのです。

カルディコット: それで即発臨界と言うのですね。

ガンダーセン : 即発と言うのは、中性子の照射によりウランの崩壊が急速に進むことを意味します。
しかしそれはすぐに水とぶつかることによって減少し、熱中性子に変わるのです。
私たちは今、物理学的に相当踏み込んだ話をしています。
私たちが福島第一原発3号機の爆発に見たもの、それは1,000分の1秒ごとに威力が倍になる即発臨界だったのです。

カルディコット: 核爆発ではないのですか?水素爆発でも無いのですね、だったら核爆発の一種になりますよね?あなたの見解はどうなのですか?

ガンダーセン : 私の見解は即発臨界です。
これを私は核爆発と呼ぶつもりはありません。私の見解は飽くまで即発臨界であり、核爆発が起きたと考えていません。

カルディコット: しかし核燃料による爆発なのですよね。

ガンダーセン : そうです。しかし核分裂反応の速度が明らかに違っている以上、核爆発と呼ぶことはできません。

カルディコット: この点については随分慎重ですね、アーニー。でもまだ私の質問には答えてもらっていません。1号機、2号機、3号機の原子炉建屋内に水素は充満しているのでしょうか?

ガンダーセン : そうでしたね、あなたの質問に未だ答えていませんでした。水が電気分解されているため、水素が原子炉建屋内に充満していると考えられます。
核燃料から出ているガンマ線が水に衝突し続けており、酸素と水素が生成され続けています。
このため現場では、途絶えることなく窒素の注入を続けなければならないのです。

カルディコット: まだまだ危険な状態ですね。

ガンダーセン : しかしここに来て、現在は少しばかり窒素を注入しすぎているきらいがあります。気体の圧力のため原子炉建屋がところどころ損傷し、そこから放射性物質が漏れ出している恐れがあります。
これ以上建屋内の圧力を上げてしまうと、放射性物質が大量に押し出されてくるでしょう。
そのため現場では放射性物質の漏出を防ぎながら、建屋内の窒素の量を維持する取り組みが行われています。
しかし格納容器のいたるところから放射性物質は漏れ出しているようです。そしてさらにはこれから5年、6年、いや7年ぐらい、水素の生成も続くでしょう。
ですから窒素の注入を止めるわけにはいかないのです。爆発を防ぐ唯一の手段なのですから。

カルディコット: という事は、1号機、2号機、3号機にはまだ水素爆発の危険性があるという事ですか?

ガンダーセン : そういうことです。
カルディコット: ほんとに何という事でしょう。水蒸気爆発の方の危険性はどうですか?最初にその危険をおっしゃいましたが。

ガンダーセン : 溶けたままの状態と比べ、固体化しつつある現在は、溶け落ちた核燃料の崩壊熱も、それなりには下がっているものと思われます。
このため水蒸気爆発の危険はもう無くなったと考えています。
核燃料が物理的に高温状態を保ってはいますが、事故を起こしたとき程ではなく、水蒸気爆発を引き起こすほどの温度ではありません。
 ーーーーーーーーーーーーーーー
 ガンダーセン、カルディコット対談「福島の現実」(3)へ続きます。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/1360-a3aa79b6

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。