fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

ユーロが生きるか、ギリシャが生きるか

 201210022313067d3.jpg
 9/26 アテネ

 事態はますます悪化している。
 窮迫した失業者はゴミをあさり、自殺者が増えている。
 そこにさらなる財政緊縮要求。
 先行きは、税金などどこからも入ってこなくなる。

 エーゲ海の島を売り、公共機関を売っても将来展望はない。
 ユーロは圏内の経済に利益を上げる帝国主義と、収奪される植民地を作ってしまった。
 ギリシャ国民にとっては、ユーロが生きるかギリシャが生きるかの問題だ。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ギリシャ首相:国が崩壊すると警告 10/9 ROCKWAY EXPRESSから

 ギリシャに発したヨーロッパの債務・経済・金融危機は、対処療法的に今までしてきたが、このROCKWAY EXPRESSで常に指摘してきたように、根本問題は解決していないから、時間の経過と共に必ず再び問題が生じる。
 今回はギリシャの首相がもうギリシャが国としてやっていけなくなる、と警告するまでになった。

 ユーロの問題点については既に指摘した。
 (中略)
 
 ドイツはそこまでやる気がないのだから、ギリシャの経済問題の根本解決は、ギリシャがユーロ圏を出て、自国通貨に戻ることである。そして自国通貨を発行することで国庫を満たし、給料をそこから支払うことしかない。
 勿論インフレになる。ヒトラーの経済政策がワイマール共和国のあのスーパーインフレを克服したことは学ぶべきである。
 何もヒトラーのような独裁者を必要とするものではない。今の民主主義的政権がその手法を取り入れれば良いだけの話である。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●ギリシャ首相:国が崩壊すると警告
http://www.smh.com.au/world/greek-pm-warns-of-societys-collapse-20121006-27642.html?skin=text-only
【10月7日 Helena Smith – SMH】

 ギリシャは今すぐ空っぽに近い国庫に緊急の金融支援がなされなければ、崩壊の危機に直面する、とギリシャの首相が警告を発した。

 ギリシャで始まったヨーロッパの債務問題のほぼ3年後、ギリシャを覆いつくした経済危機は今や民主主義そのものが危機に瀕するほどまでに悪化した、とアントニス・サマラスは語った。

 「ギリシャの民主主義は恐らく最大のチャレンジというものに直面している」とサマラスはドイツの経済新聞のハンデルスブラッツでのインタビューで語った。この新聞はメルケル首相が今週にもアテネを訪問するとベルリンで発表する1時間前に発行された。

 言葉を慎重に選んで使用する人物としては相当に踏み込んだ言葉を使用して、サマラスはネオナチの黄金の暁党の台頭を語ることでギリシャが直面する脅威を強調して、「ギリシャは丁度ドイツでワイマール共和国が終わる頃に起きたような増大する失業率によって脅かされている」と語った。

 「国民はこの政府がギリシャの最後のチャンスだと知っている」とサマラスは語った。彼はEUとIMFで、ギリシャ経済を復活させるため救済協定の煩わしい条件を緩和するよう幾度となくアピールしてきた。

 EU・IMFの新しい緊縮政策が出る前に盛り上がった反緊縮政策の怒りの波はギリシャ政府の隙を突いた格好となり、サマラス首相の連立内閣は生き残れるのかという首相の手腕に対する恐れを高官らが口にし出している。

 10月4日に造船所労働者らが数百人、デモを組んで国防省を襲ったかつてなかった出来事で政府高官らは非常に動揺している。5日、サマラスは、「法と秩序の意味を理解しない者たち」と非難した。

 貧困と失業率の記録的な高さを引き起こした増税と経費削減について語って、「政府はギリシャ国家の信用と将来のためあらゆる分野での戦いをしているので、ギリシャによってなされた犠牲は無駄となってはいない」と彼は語った。

 保守主導の連立政権は、更なる支援を確保するため135億ユーロの緊縮政策パッケージで妥協しすぎたのではないかと恐れている。アメリカの11月の大統領選挙が終わるまでギリシャが次ぎの支払いを受けるのが延ばされるだろうという推測がこの懸念を強めている。

 5日、EU高官は、現金が枯渇しているギリシャにとって再出発するために必須であるこの支払いについての決定が10月18日のEUサミット会議でなされることはないだろうということをはっきりさせた。

 サマラスはギリシャの準備金は11月末で枯渇するだろうと強調した。

 「大事なのは流動性だ」、「だから我々にとって次のクレジットトランシュが非常に重要なのだ」と彼は語った。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 このブログ内での、ユーロの基本的で致命的な欠陥とリーマンショック以来の二極化と財政緊縮政策の危機についての、関連記事リンクです。

・ 通貨、金利と信用創造の特殊な性質
・ 欧州の財政危機
・ ユーロは夢の終わりか
・ ヨーロッパの危機
・ 動けなくなってきたユーロ
・ ギリシャを解体、山分けする国際金融資本
・ 過剰信用と恐慌、焼け太る国際金融資本「家」
・ ユーロは凋落、デフレと円高は悪化へ
・ ユーロの危機は労働階級を試練にさらす
・ ギリシャの危機拡大はEUの危機!
・ 公平な分配で経済成長を続けるアルゼンチン
・ アイスランドの教訓:銀行は破綻させよ
・ ギリシャ、イタリアでIMF、EU抗議の大デモ
・ 破滅するユーロか、破滅する国家か
・ 欧州直接統治へ進む国際金融資本
・ ユーロは国民国家を解体するか
・ アイスランドの教訓、ギリシャはドラクマに戻せ
・ ユーロは崩壊か分裂か
・ 動乱の2012年
・ 通貨戦争(46)ドル、ユーロ、円
・ ヨーロッパは恐慌に向かっている
・ ユーロ危機で延命するドル・ 通貨戦争(48)分裂に向かうユーロ
・ 緊迫するユーロ、ギリシャは何処へ向かうか
・ IMF、EU、メルケルと闘うギリシャ
・ ギリシャ、抗議の暴動
・ 資産も主権も国際資本に奪われるギリシャ
・ ギリシャは民主主義を守るためにデフォルトを!
・ ユーロが襲うギリシャの社会危機、政治危機
・ 毒饅頭を食わされたギリシャ
・ 何も改善しないEU新財政協定
・ ユーロの悲劇:三橋
・ 通貨戦争(51)ユーロ分裂に備え始めた欧州
・ 通貨戦争(54)債務国から巨額の資金流出
・ ギリシャ、経済の崩壊と政治の腐敗
・ ヨーロッパは変われるのか?
・ 緊縮財政を否定する各国国民
・ 通貨戦争(55)ユーロの罠
・ ドイツのユーロと加盟国の国民経済
・ 嵐のスペイン
・ ギリシャ反・緊縮財政の渦
・ 国際金融資本が仕掛けたヨーロッパの危機
・ ギリシャと交渉するか離脱させるか
・ ユーロ、誰も引けないギリシャ離脱カード
・ ユーロのボールはドイツに渡った
・ 通貨戦争(58)ヨーロッパの「新たな火種」
・ 資本は移動できず金利は収斂しない、ユーロの実体経済危機
・ ドイツのためのユーロ
・ ユーロ、イタリアは財政緊縮要求に対抗するか
・ 絶望のスペイン
・ カタルーニャに自由を!
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/1354-a0d62ee2

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん