fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

帝国主義がシリア空爆を準備している

 dscf1137a.jpg
 紀元前8000年以前から定住集落であったダマスカス。世界最古の都市。

 米英軍産複合体とイスラエル、サウジと湾岸諸国そしてトルコがそれぞれの思惑でシリア反政府グループに武器と資金を供給している。
 シリアの政府にとっては、まさしく外患だ。
 欧米の大手マスコミ(ほとんどがユダヤ系)が一致して反政府側からの報道に徹していることが最大の特徴であり、露骨なシオニスト援護をさらけ出している。

 イラク、リビアの政権転覆で味をしめた帝国主義は、シリアを空爆するために制空権を奪う策動を始めたようだ。
 欧米とトルコのマスコミがシリアがトルコのクルド人に武器を供給していると言い出している。準備の世論操作である。

 外国からの金と武器で雇われた反乱軍では、国民の支持は得られないし、大規模テロは起こせても政府軍に勝利することができない。
 それで空爆というわけだ。
 リビアと異なる点はロシアがシリア防衛を一応明言していることだ。国連安保理を通る可能性は低い。
 ロシアがどこまで対抗できるかにかかっている。  
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   米国 飛行禁止空域でシリアを脅迫   8/13  ロシアの声から

 シリアの反対派勢力はヨルダンおよびトルコとの国境地域において、飛行禁止空域を設置することを要求している。シリア国民会議の指導者であるアブデルバッセト・シーダ氏が欧米メディアに対してそのような声明を発表した。
 これより先、米国のヒラリー・クリントン国務長官はイスタンブールへの公式訪問の際、シリア上空に飛行禁止空域を設ける可能性があることを初めて明らかにしていた。

昨年、リビア上空に飛行禁止空域を設置したことによって、NATO軍機が蜂起軍を支援する状況が生まれた。リビア政府軍機は離陸することが禁止された。ロシア戦略評価研究所のアジダル・クルトフ専門家は、シリアにおいてもそのような状況が繰り返されうると指摘している。

-リビアにおける飛行禁止空域の設置とシリア問題において米国が同じような提案をしていることの間には当然類似性があります。しかし現在のところは、あくまでも提案であって、決定事項ではありません。
 リビア上空の飛行禁止空域に関する決定は国連安全保障理事会が行いました。国連安全保障理事会はいまのところバランスのとれた決定をとることができる可能性を残していますが、米国は国連安保理を通さずに飛行禁止空域を導入しようとする可能性があります。
 当然、そのような決定は侵略的な地上作戦を準備するものとなるでしょう。

シリアでの出来事はレバノンを含む諸隣国にも影響している。レバノンはシリアと歴史的に緊密な関係をもっている。レバノンの元大統領であるエミリ・ラフド氏はVOR「ロシアの声」に対して次のように語ってくれた。

-シリアでの危機はすでに1年半続いていますが、政府は権力を譲ろうとはしていません。これは政府が国民の非常に多くから支持を受け続けていることを意味しています。
 もしシリア国民が本当に他の大統領を望んでいれば、とっくにそれは実現していたでしょう。
 反対派に対しては武器も最新の装備も供給されていますし、欧米メディアや多くのアラブ系メディアも味方についています。
 しかしすべてが無駄になっています。その原因はシリアにおいて非常に多くの人々が自らの大統領を支持しているからです。シリア政府が崩壊すれば、国が崩壊します。
 そして地域全体、特にレバノンで混乱が起こるでしょう。

辞任したコフィ・アナン国連およびアラブ連盟特使の後任が任命されれば、シリア情勢のさらなる悪化を避けることができるだろう。
 後任選びは遅れているが、これにはアナン特使が辞任する前からそのようなポストに反対してきた欧米諸国の介入があることは明らかだ。
 そのような勢力が勝ることがあれば、シリアにおける内戦悪化はさけられないだろう。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  アメリカとトルコはシリアに飛行禁止空域設定を計画  8/13  ROCKWAY EXPRESSから

 アメリカのクリントン国務長官がトルコに行き、シリアに飛行禁止空域を設定する可能性についてトルコ指導部らと話し合ったという。これはリビアのやり方の再演を狙っていることを示している。
 リビア軍は制空権を奪われ、逆にNATO軍の爆撃を受けて壊滅した。

 シリアではそのリビヤの失敗の轍を踏まないように、ロシアは最初からシリア支援を積極的に行っている。
 従ってたとえアメリカ・トルコがシリアに対し飛行禁止空域設定を目論んでも、成功するとは思えない。
 結局具体的な対策を取れないまま、シリア軍がアレッポの一掃作戦を完了すれば、シリアの紛争は一段落を迎えることになるだろう。

 アレッポの反政府武装勢力の大半は外国人のテロリストであり、彼らは1万以上いるが、既に2000人ほどは減少している。これからシリア軍がさらに作戦を進めることで、その数はさらに減少していくことになる。
 そして欧米諸国・湾岸君主国群などからの支援がなければ、彼らに勝ち目はないから、トルコ領内に逃げ帰るか、殲滅させられるか、という運命をたどることになるだろう。

 結局、シリア国民の大半はシリアのアサド政権を支持し、反乱側に組する者たちはわずかであった、ということが真実であり、それがためシリアにおける「アラブの春」は頓挫しようとしているのだ。
 反乱を起こしてきたのは、主に外国人武装ゲリラであり、シリア国民ではなかったのだから、当然の帰結である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●アメリカとトルコはシリアに飛行禁止空域設定を計画
http://www.rt.com/news/clinton-turkey-syria-damascus-aleppo-437/
【8月11日 Russia Today】

 アメリカのクリントン国務長官とトルコのダブトグル外相は11日イスタンブールでの会談後、シリアに飛行禁止空域を設定することを計画していることを明らかにした。

 ロイターによれば、クリントンはトルコとアメリカはアサド政権を転覆する為に戦っている反政府勢力を、飛行禁止空域設定も含め支援する方法を計画する必要があると語った。

 記者会見でクリントンは飛行禁止空域設定は選択肢の一つだと示唆したが、この問題は「更に深い分析」が必要だと語った。

 これはアメリカが反政府勢力を支援するためにその力を使用する最初ではない。同じ戦術がリビヤの反政府勢力が昨年カダフィ政権を転覆するのを支援するのに使用された。

 今に至るまで、アメリカはシリアに対し軍事的役割を担うことに消極的だった。しかし、リビヤの状況が繰り返されるとすれば、アメリカの軍事的介入は近い将来現実的可能性となるかもしれないし、それはシリアにおける17ヶ月に及ぶ紛争を長引かせるだけであろう。

 会談の最中、クリントンはAPによれば、シリア危機に対応するため、トルコに作業グループを置くことになるだろうと語った、という。

 このグループはアメリカとトルコの軍・情報関連の介入度合いを深めることになるかもしれない。

 「我々はこの紛争の流れを注意深く追ってきたが、今や我々は実際的な作業計画を立てる必要が出てきた。これは我々両政府が共に関わって行く必要があるものだ」と、クリントンは語った。

 クリントンは共にシリアの反政府勢力を支持するエルドアン首相とグル大統領と会談する予定でいる。 

 アメリカはシリアに民主的移行のための土台作りを目指している。この会談はダマスカスで衝突が起きているという報道がなされている時に行われた。

 11日早朝、シリア国営テレビはダマスカス郊外での衝突を報じている時、武装ゲリラが三人のシリア人ジャーナリストと運転手を拉致したと報じた。彼らは親政府系テレビ局で仕事をしている者たちである。

 中東歴史政治学のジェレミー・ソルト教授によれば、反政府勢力は欧米同盟側からの支援がなければ紛争に勝利することはできない、という。

 「現在のところでは、ダマスカスでは反政府勢力がほぼ一掃された。アレッポは一掃されつつあるところだ。シリア軍は戦略を持っている。彼らはサラ・アルディン地区を2日間で一掃した。そしてそのやり方で他の地区をやっている。従って反政府勢力がより多くの重火器を支援してもらわねば、彼らは負け戦をすることになるだろう。それがためクリントンはイスタンブールに行ったのだ」とソルトは語った。

 その間も、反政府勢力側は戦場となっているアレッポを制圧できないでもがいている。

 激しい砲撃のため南西地区のサラ・アルディン地区から7日、撤退せざるを得なくなったアレッポにいる反政府勢力はシリア軍に対する反撃を準備している。

 アレッポは欧米諸国の深刻な懸念材料となっていると、外交問題アナリストのリチャード・ヘイダリアンはRTに語った。

 「欧米は首相の亡命を含む最近の出来事の為、流血の惨事を今現在、予感している。クリントンがやろうとしていることは、トルコと共に、そしてイスラエルとアラブ諸国の支援で何らかの軍事的対応をすることである。それはアレッポの拠点を維持するチャンスがあると考えているからだ」と、ヘイダリアンは語った。

 しかしながらトルコは、会合に参加したのには別の独自の動機からだ。5万人になるトルコに流入したシリア人難民に対する対応で、トルコは自国自身の人道的危機が深まっているのに対処しているところなのだ。クリントンはトルコ領内に流れてきたシリア人のため550万ドルの支援を発表したところだ。 

 「トルコは二つの側面を持っている。一つはこの悲劇と流れてくるシリア人に強い懸念を持っている。トルコはシリアからの難民の最大の受け皿の一つである。他方、クルド人の反乱の増大がある。これはシリアとイランのクルド人と連携がある。トルコはクルド人が独立運動をはじめやしないかと恐れている」とヘイダリアンは語った。
 ーーーーーーーーーーーーーーー
 このブログ内でのアラブ、イスラム、パレスチナ関係ページのリンク。

・ 国際金融資本の成立
・ 中東への分裂謀略が続く
・ エジプト反政府デモは勝利するか
・ 反政府闘争はムバラク追放では終わらない
・ 復興するイスラムの力
・ 復興するイスラムの力(2)
・ R・フィスク批判:民衆か宗派かではない、闘う思想の重要性
・ バーレーンからサウジへの道
・ 傲慢に偽装する欧米の大マスコミ
・ 孤立を深めるシオニストと復興するイスラム
・ 自ら自分の首を絞めるシオニスト国家
・ イラクの次はリビアを帝国主義軍事侵略
・ 米軍のイラク撤退とイスラム復興勢力
・ シリアへの帝国主義軍事侵略が始まっている
・ 帝国主義によるシリアの内戦
・ イラン経済封鎖で政府転覆を狙う米国
・ 石油価格と通貨防衛のため内戦を仕掛ける欧米
・ WikiLeaks:米主導のNATO軍がシリアに入っている
・ 暴かれるシリア偽造報道とフランスの豹変
・ シリア軍事侵略は挫折か
・ イラン核問題は妥結に向かうか
・ 米国、イスラエルがイランにサイバー・テロ
・ ガザの解放とアラブの統合
・ シリア空爆に向けて捏造をアップするマスコミ
・ シリアのソマリア化を狙うシオニスト
・ シリアに殺人傭兵会社が入っている
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/1248-2b5cc014

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん