fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

汚染された廃プラが大量焼却されている

 流通し、焼却されている燃料。
 放射能汚染の中古車が流通しているが、同様の廃プラスティックが燃料として流通し、北海道苫小牧の王子製紙関係工場では昨年4月からこの5月までに17,000トンが燃やされた。

 捨てた物、捨てる物が廃棄物である。
 捨てない物は自然物、もしくは所有または使用しているもので占有管理しているからである。
 曲がりなりにも規制がある一般廃棄物と産業廃棄物であるが、「廃棄物」を他に転用、活用なり、加工する場合は廃棄物ではなくなる。つまり、廃棄物としての規制はない。

 盲点なのだ。
 苫小牧だけとか、王子製紙だけとかのわけがないのだ。
 産業廃棄物も従来から監視の不十分さが指摘されているが、廃棄物でない一般流通物としての中古品や燃料物は、劇毒や危険物以外は監視のシステムすらないのが事実だ。

 3.11からはこの国は眼に見えない脅威に迫られている。
 自治体が民間の燃料物と焼却施設の放射能測定と、焼却灰の保管を厳重に規制するよう、国は直ちに方針を出し指導しなければならない。

 製紙工場、コンクリート工場など、汎用燃料を燃やしている施設に注意しよう。
 三陸海岸のがれき焼却どころではない可能性が高い。
 下の記事と書き起こしについて、拡散を呼びかけます。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
北海道新聞 ニュース虫めがね  「たむごん」からの画像   書き起こし「コミパチのブログ」から

Q 東日本大震災の被災地などから道内に運ばれる産業廃棄物について、道が放射性物質濃度の独自基準を設けたね。

A 放射性セシウム濃度の基準を1キロ当たり約100ベクレル以下としたんだ。
震災がれきと同じ目安だね。今年4月以降の搬入分について、道内の産廃業者に自主的な測定と同への報告を求めているよ。
基準を超えた場合は業側と協議し、道内への搬入を自粛してもらうんだ。

Q  震災がれきとは別なの。

A 廃棄物処理法でハイ遺物は事業活動で生じた「産業廃棄物」と、それ以外の「一般廃棄物」に分けられる。震災がれきは、家庭ごみと同じ一般廃棄物の扱いなんだ。
本来は発生した市町村で処理するけど、震災で大量に発生したため、国は宮城、岩手両県のがれき処理を全国の自治体に手伝ってほしいと依頼した。
でも放射能汚染を心配する住民の反対で、都道府県をまたぐ「広域処理」なかなか進んでいない。
道内でも苫小牧市は受け入れを表明したけど、札幌市は拒否するなど、賛否が分かれているね。
一方で、産廃はもともと広域で処理されていて、自治体を通さず民間業者の間でえ動するため、住民の監視の目が届きにくい。

Q だから道は全国でも珍しい独自の規制を始めたんだね。

A ただ、測定、報告とも業者が自主的に行い、第三者は監視しづらい。
違反しても罰則はないんだ。さらに目が届かないのは、産廃が燃料などに加工されて道内に入る場合だ。
廃プラスチックの焼却熱を利用して発電するサニックスエナジー苫小牧発電所や王子製紙苫小牧工場の発電施設は燃料の一部に、原発事故のあった福島県内で発生した廃プラを使っている。
サニックスは福島県の自社工場で廃プラを燃料に加工し、昨年4月から今年5月までに約1万7千トンを苫小牧で燃やした。
両社とも使っている廃プラはすべて道や国の基準以下としているが、いずれも今回の道の規制対象外なんだ。

Q基準以下とはいえ、苫小牧市では岩手県の震災がれきの受け入れを議論する前に、福島県の廃プラが入っていたことになるね。

A そうなんだ。産廃の中でも放射性物質が濃縮しやすい汚泥や焼却灰と比べ、廃プラスチックについて、国はあまり注意を払っていなかった。
産廃でなく燃料になるとなおさらだ。
もともと原発や研究・医療機関から出る放射性廃棄物以外のごみが放射能に汚染される事態は「想定外」だった。
国の法律の整備をはじめ、行政の対応が追いついていないのが実情だ。
震災がれきの問題でも住民の不安が払拭されていないだけに、企業や自治体には適切なチェックと情報開示を求めたいね。

文字起こしここまで

埼玉県でも、いわき市のゴミの灰が民間業者によって処理されていたが、北海道でも 行われていたという事ですね。 量も17000トンと多いですね。

民間業者では 結構行われているのではないでしょうか?
以前 耳にした情報だと 新潟の三条方面に 福島ナンバーのトラックが金属くずを満載して走っていったという のもありましたから・・・・

先日の北九州での瓦礫焼却といい、大飯原発の再稼働といい 政府の思惑通りに事進んでいるようです

安全対策は 先延ばし、責任をとる っていうが 福島でさえ責任なんかとっていないじゃないか!
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  苫小牧廃プラ事件(3)道庁の対応  6/20  「ぽんのんの」から

今回の苫小牧廃プラ事件は、まったくといっていいほど報道されない。

道庁は
①「適用される行政法がまだできてないので、対応できない」え・・ウソ? それで済ましちゃうわけ?

② (どれくらいの量が燃やされ、どれくらいの放射能汚染があり、住民に影響をあたえたのか)
「把握していない。知りたければ苫小牧の会社の方へきいてください」
(聞いても信用できません)
「なぜですか?」
 (誰を信用するかもその能力、あなたはしんようしますか?)

③(??内容忘れた)
「その件にに関しては、国に言ってください」
(私は道民、道民の暮らしなので道庁に聞いている)

関連記事
オホーツク開拓100年 (06/28)
質問します~苫小牧廃プラ事件。 (06/27)
苫小牧廃プラ事件とは② 6月10日 北海道新聞から始まる (06/20)
「隠蔽という加担」~NHKも民放も、苫小牧の不正義を報道せず。 (06/18)
許さざる苫小牧~ピリカピリカ (06/16)
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  自分の立ち位置 6/19 「チェリノブイリへのかけはし」から

北海道の小さな発電所、サニックスエナジーに電話しました。
事故前にできた福島の本宮市の工場で出ている廃プラスチック類を燃やしていると。北海道苫小牧。王子製紙もグルか。
このことで汚染はない、とか100ベクレル以下だから心配ないとかそんな言葉の羅列でした。
みんなどこかで責任を回避できる国になってしまったね。
受付の女の子は現場じゃないとわからないといい、現場の人は本宮工場で計測しているから問題ない、自分は調べていないといい。
北海道に電話したら、泊原発で汚染された以外は、道は放射能を計測する機関がないから調べないといい。
ぐるぐる回って、誰も私達を助けてもらえないことが、結局、わかっただけです。
これじゃ、昔のチェルノブイリと同じ、いや、緊急事態省がないからそれ以下。
こんな状態の日本だった。事故前も事故後も同じ。
旭川、釧路、江別、製紙工場のあるところ、数値が確かに高いと騒いだことがあった。わきあがる疑惑。
土壌汚染を調査している人がいらっしゃるということで調査結果を待ちます。
大急ぎで工場周辺の枝払いをしているという目撃証言もあり。
(もしも、自分の家の近くに同じように廃プラを引き受けて燃やしている工場があった場合、証拠隠滅の前に風下になるようなところの土壌をとっておくこと)
本宮工場から日本中に10ヶ所ぐらい配られているらしい。
東京本社 サニックス03-5501-7705
福島本宮工場 サニックスエナジー0243-63-5193
事故直後のあの恐ろしい放射性物質が付着したものも燃やされていたのかとおもうとぞっとします。
いけしゃあしゃあとこれからも燃やし続けると。
放射能以前に、ダイオキシンまきちらして、平気な極悪企業と、悪名高き苫小牧市長のセット。
みんなグルだったんだね。
ガレキ問題大騒ぎしてる横でつらっとして、廃プラ燃やしている。ダイオキシン×放射能でどんな猛毒物質ができるかわかったもんじゃない。
だから、お母さんたち、自分を攻めてもしかないんだよ。
ただ、お母さんたちの責任感、すべて自分のせいと受け止めるその素晴らしい、母親なら当たり前にもつその感性を、推進している人たちが1ミリも持っていないことを見抜く目をもってほしい。あなたとその人達を同じ人間を思わない。
同じ人間ならその会社にいられない。
これは、どうしてかわからない。
サニックスの人も、道の人間も、みんな家庭のために、くだらない仕事を引き受けて、組織の仕事をこなしているだけ。
どこから治していいかさっぱりわからない。
私たちの手で明日を掴み直すことは難事業です。
でも、それをやりぬいてきた先祖がいるから、私達が生きていると思います。
今のようにネットもなければ電話もない時代、津波に飲み込まれ、孤児になっても、養ってももらえない。
たった一人ぼっちでも生き抜いた子もいたでしょう。
そういうたくさんの人たちの思いで、私達が生きている。(後略)
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ありがとうございます

たとえ知事が経産省官僚出身でも、住民の健康は疑いを含めて考慮しなければならないはず。
相手はあの異様な電力会社ではないのですから、通常なら都道府県庁の立場で工場に「こういう意見もあり、慎重に検討してほしい」と口頭でいうだけでも何らかの効果は生まれるはずです。
通常の企業なら、住民からの苦情が集中するだけでも、ネピアの売上げが不安になるでしょう。
まあ、昨今は異常な企業も目立ちますが……….。

 再稼動反対デモ、盛り上がってますね。
事なかれ主義の日本で、監視社会のリスクを背負って・・

 私もがんばっています。
苫小牧廃プラ事件、会社のデータは「100mシ-ベルト以下、焼却灰は8000ベクレル以下で国の法律に違反していない。量の方は非公開、焼却灰は社有地に埋めた」とのこと。「社有地に焼却灰埋めて30年後、50年後家が建ったりしないでしょうね」「そこまでは・・」これがデータと言えるのか、

 でも先日、環境省に問い合わせると、環境省も知らなかったと。必ず対応しホームページに載せるので、と回答を得ました。

 結局メディアは、北海道新聞が6月10日に一度載せたきり(地方版は知りませんが)、NHK も民放も多分一度も取り上げてないと思います。北海道にとって重要なニュースを一切報道せず、みんなで無かった事にするつもりでしょうか。人畜無害な時間潰しのニュースが多いです。

Re:

プラゴミ事件は知りませんで、ポンノンノ様のお知らせで知りました。
不勉強をお詫びします。
おかげ様でこのプラゴミ問題、考えるといろんな事がありますね!
実際には燃えるごみと一緒に焼却している事。
とか。
道新は地方紙の中でもまだ少しだけ良心的なようですが、……..
少しだけ……..
でも、まだましか 。




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

廃プラ燃料は廃棄物でなく、流通する「商品」であるために廃棄物規制行政では「盲点」になっていました。
それは事実ですが、この放射能問題のなかで、廃棄物だろうが、商品だろうが、行政がそれ(法制)を盾にして行政責任はないと、言い張るのは担当者の跳ね上がりです。
行政責任も政治責任も担当者が負うのではありませんから。
なぜなら、行政担当者は、「政治」である知事や首長の事務方職員(使用人)なのですから、住民の健康に疑わしい事態が通報されたら逃げを打つのではなく、「調査します」として、政治である首長に口頭メモで報告閲覧を廻し、その中で調査を具申し、裁可を得る。
これが各自治体の行政組織規則です。(国が仕切っているので皆同じ)
職員が報告してなければ後で発覚し、責任を問われますが、誰もフォーローしないと発覚しません。
知事、首長の他に議員も「政治」を構成し、行政に調査問責できるので、「有権者」として議員に動いてもらうのは大変有効と思っています。腐れ切っていない議員もいるはず。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

苫小牧市役所で、質問には答えますとの事でメールしました。

<下記 質問します>

・福島の廃プラスチックを燃やして、問題だとは思わなかったのですか
・会社の中で異論はなかったのですか?
・市や道には、どの段階で報告しましたか?
・なぜ、その時点だったのですか?
・今も燃やしているのですか?

・データは本当に測定していたのですか?信用できる根拠はありますか。
 測定方法とデータを教えてください
・焼却灰の総量を教えてください。「法律」になくても一番大事な情報です。
・「身内のデータ」でなく、信用できる専門家の検証は考えていますか?
 信頼関係を放棄している会社のデータは、根拠にはなりません。
・焼却灰はその後、埋めた以外の処理はどうなっているのですか
・「社有地」に埋めたといいますが、、どのあたりか判るように管理できていますか? 「社有地以外」に埋めた場所がありますか?
・焼却灰の管理、責任は最終的にどこですか?
・50年100年200年のスパンで管理できるのですか

・低線量被曝について、どのように認識しますか?
・子供達に被爆の疑わしい症状が出たら、その検査代などはだれが支払いますか?
・北海道を切り拓いた先祖に、明日を生きる子や孫に悪いとは思いませんか?
・公式に謝罪する気はないのですか?
                       以上
<返答>
本市にお寄せいただいた質問ですが、質問の内容が
企業に向けたものと解されますことから、回答は
控えさせていただきます。
               苫小牧市環境衛生部環境保全課
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<質問内容は未熟とはいえ、1つも答えてくれませんでした。>

焼却灰はどのように管理されているか不明である

放射能の管理を、問題を起こしたことのある民間の会社だけでやっていいものだろうか?

苫小牧市は、「100msv以下、8000ベクレル以下の報告を受けている。それに屋内は立ち入れないが、屋外の空間線量(やや曖昧)を測定し、100msv以下なので安全は確保された」という。

実際、どれくらいの量の焼却灰が社有地に埋められたのか
多分、会社の人しか解らないのだろう
信頼出来る専門家の検証を望む

それに、国の安全基準は、国民の合意を得たと言えるのだろうか? 国の安全基準が一番悪い。

Re: タイトルなし

> 本市にお寄せいただいた質問ですが、質問の内容が
> 企業に向けたものと解されますことから、回答は
> 控えさせていただきます。
>                苫小牧市環境衛生部環境保全課
市としてどう考えるか、なら返答できる項目もあるはず。
完全に逃げですね。
苫小牧市は政府の放射能安全神話に完全に従っているわけですね。
社民党か共産党か、あるいは骨のある良心的な市会議員はいないのだろうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/1153-74745c01

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん