もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロ、誰も引けないギリシャ離脱カード

 ユーロの行方は依然不透明ではあるが選択肢はかなり明瞭になりつつある。
 民意の流れと指導者の実行力次第で方向が定まるだろう。 
 交渉か離脱か。国民国家解体に向けた統合強化(当面はユーロ共同債)か、ユーロの分裂か。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ユーロは今やチキンレース
だが、誰も引けないギリシャ離脱カード   6/7  山田厚史 ダイヤモンド・オンライン

 ギリシャ危機はスペインに飛び火した。金融危機の再燃が危ぶまれる。G7の財務相は急遽、電話会議を開き対応に躍起だが、市場の動揺は収まらない。17日のギリシャ再選挙で、「緊縮財政拒否」を主張する急進左翼連合が第1党を取りかねない情勢だ。左派が勝利すれば「ギリシャのユーロ離脱」が現実味を帯びる、といわれる。しかし、その選択はあり得ない、と思う。

 離脱して困るのはギリシャである。一方EUは、ギリシャをユーロから追い出した時の混乱を恐れる。スペインに飛び火した危機が、手荒なまねができない状況を印象付けた。EUもギリシャにも「離脱カード」を引く蛮勇はない。

  無垢な野党ほど政権につくとブレが大きい

 急進左翼連合のチプラス党首は第2党に躍り出た総選挙の後、フランスとドイツを回り「ギリシャ国民は、全てのヨーロッパ人のために戦っている」と気勢をあげた。緊縮財政の押しつけは、新自由主義の手法を欧州に持ち込むもので、ギリシャを人道的危機に陥れるものだ、と訴えた。

 増税、年金カット、公務員の削減など「痛みを伴う調整政策」を有無を言わさず押し付けるEU委員会の姿勢は、アジア危機の時に乗り込んだIMFの傲慢さを思い出させる。上から目線で「お前らがしっかりしないから、こんなことになったんだ」と言っているような印象を国民に与えた。

 野党の立場にあるなら、この妥協なき姿勢は評価される。政権を担うとなると、話は別である。ギリシャ国民が「我々が何をしたというのだ。政治家の不始末で国民が痛い目にあうなど理に合わない」と怒る気持ちはよくわかる。この怒りが急進左派を躍進させた。旧政権から遠いところにいた政党であり「緊縮財政反対」を掲げ、現状へ異議申し立が鮮明だった。

 1994年に、日本で社会党の村山富市首相が誕生した時を振り返れば、よくわかる。自衛隊を認め、消費税の引き上げを決めた。無垢な野党ほど、政権につくとブレが大きい。

 国民が失うべきものを持たず、革命的な変革を求めているなら、急進左翼的政策もありだろう。だが、ギリシャの有権者の圧倒的多数は、「ユーロに留まっていたい」と考えている。欧州の一員であり、フランスやドイツと肩を並べ、今の生活水準を保ちたい、と望んでいる。

「緊縮財政反対。ユーロ離脱反対」。

 ユーロ圏に留まって、今の暮らしを維持したい、ということである。

  もしギリシャがユーロから離脱したら何が起こるか

 急進左派がこれを実現することは、不可能だ。EUが求める財政規律を蹴飛ばせば、ユーロに居られなくなる。ギリシャには「ユーロに入っているから、無理難題を押し付けられる。この際、ユーロから出てしまおう」という声もある。この少数意見に従って離脱に踏み切れば、どうなるか。

 EUやIMFが決めた金融支援を受けられなくなる。そうなればギリシャ国債の利払いが止まる。デフォルトである。どこの銀行もギリシャにカネを貸さなくなる。国債を発行できず、税金だけで国家を運営すれば、年金はおろか公務員の給与も払えなくなる。

 元の通貨ドラクマが復活するが、政府の信用がない国の通貨は誰も相手にしない。ドラクマで支払う貿易は難しく、他国の企業はユーロやドルでの決済を求めるだろう。

 ドラクマの対ユーロ/ドル価値は急落し、ギリシャは不況下の大インフレに見舞われる恐れがある。持っていれば目減りする通貨を人々は嫌い、ギリシャ国内でもドラクマは敬遠されるようになる。闇でユーロが流通し、大事なものはユーロやドルなど外貨でなければ買えなくなる。

 異様に思われるかもしれないが、こうした事態は20年前の東欧で珍しいことではなかった。信用の無い通貨を政府が発行しても、誰も見向きしない。あの頃、闇市場で流通していたのはドイツマルクとドルだった。ユーロ離脱は、ユーロが闇で流通する悲惨な経済を、ギリシャに出現させそうだ。

 その先触れのような事態がすでに始まっている。ギリシャでは預金が引き出されている、という。銀行預金も今はユーロだが、離脱すれば預けてあるカネがある日ドラクマになってしまうこともありうる。預金をドラクマに代えるため預金封鎖がいつかおこる。そんな予測から今のうちにユーロを現金で引き出して備えよう、という動きである。勢いが増すと取り付け騒ぎに発展する。全ては6月17日の総選挙次第だ。

  南欧の国債金利上昇が警告する金融危機の到来

 ギリシャの有権者は、さぞ悩んでいるだろう。気持ちでは「緊縮財政反対」を腹の底から叫び、急進左派の主張に拍手したいが、その後を考えると、現実的な打開策が必要だ。ユーロに留まっても、ユーロから飛び出しても、前のような潤沢な行政サービスは期待できない。EU諸国に頭をさげて支援をいただいて、それなりの緊縮策を受け入れるか、きっぱり縁を断って自力更生の道を歩むか。

 かつてトルコから独立した時は、失うものは無かった。民族主義の高揚の中で貧しいながらも自立を選んだ。今は失いたくない暮らしが、一方的な怒りの噴出を抑えている。全てを投げ打ってでもユーロから離脱する、などという元気はどこにもない。

 急進左翼連合のチプラス党首も「ユーロから離脱する」とは言っていない。自分から出てゆく気はないようだ。

「ギリシャはユーロから出てゆけ」という声は、ドイツやベネルクス3国など欧州北部に根強い。「ギリシャは他国からの借金で放漫財政を続けている。厳格な基準を守らせるべきで、できなければ退場しかない」という意見だ。

 理屈はその通りだが、ギリシャを離脱させ、国家のデフォルトを現実化させるリスクは計り知れない。スペイン第3位のバンキヤ銀行が先日破綻し、これまでに日本円で約1.9兆円の公的資金の注入を受けた。あちこちの外国銀行からカネを借りまくっている国家がデフォルトすれば、金融危機の引きガネになりかねない。

 金融不安の再燃で、南欧諸国の国債金利がまた上昇している。これ以上、深刻な事態になると金融危機ですよ、という警報である。

  ユーロ維持のために国家の壁は乗り越えられるか

 ギリシャ危機以前から欧州の銀行は、不動産バブルや投機的金融で経営が危ぶまれていた。ギリシャが破綻すれば、つぎの落ちこぼれる国はどこか、市場はモグラたたきが始まる。それほど欧州の金融ビジネスは、いま脆弱である。そんな時の、「筋を通してギリシャを追い出す」という選択は可能だろうか。

「緊縮財政は絶対に認められない」と息巻くギリシャ。だったら「出て行け。困るのはお前らだ」と迫る強国。両者とも、最悪の事態を回避したい、と願いながら、相手から妥協を引き出そうとしている。

 その陰で、「欧州共同債券」が議論されている。ギリシャやスペインの国債は、ユーロ建てでも市場で敬遠される。だから、共同債はユーロ圏をひとまとめにして、債券を発行し、危ない国にも資金を回そう、という構想だ。ドイツのような強い国の信用力で、危険な国を支える妥協案である。

 ドイツは「問題国の財政規律を弛緩させかねない」と異論と唱えていたが、強国が弱国を支えなければユーロ圏は維持できない、とい現実がある。

 経済から国境を取り払っても、政治は国単位で行われている。ユーロ圏を大事にすれば国家は妥協を迫られ、国家の都合を優先すればユーロ圏は成り立たない。

 ギリシャ問題は、国家の壁をどう乗り越えるだろうか。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 このブログ内での、ユーロの基本的で致命的な欠陥とリーマンショック以来の二極化と財政緊縮政策の危機についての、関連記事リンクです。

・ 通貨、金利と信用創造の特殊な性質
・ 欧州の財政危機
・ ユーロは夢の終わりか
・ ヨーロッパの危機
・ 動けなくなってきたユーロ
・ ギリシャを解体、山分けする国際金融資本
・ 過剰信用と恐慌、焼け太る国際金融資本「家」
・ ユーロは凋落、デフレと円高は悪化へ
・ ユーロの危機は労働階級を試練にさらす
・ ギリシャの危機拡大はEUの危機!
・ 公平な分配で経済成長を続けるアルゼンチン
・ アイスランドの教訓:銀行は破綻させよ
・ ギリシャ、イタリアでIMF、EU抗議の大デモ
・ 破滅するユーロか、破滅する国家か
・ 欧州直接統治へ進む国際金融資本
・ ユーロは国民国家を解体するか
・ アイスランドの教訓、ギリシャはドラクマに戻せ
・ ユーロは崩壊か分裂か
・ 動乱の2012年
・ 通貨戦争(46)ドル、ユーロ、円
・ ヨーロッパは恐慌に向かっている
・ ユーロ危機で延命するドル・ 通貨戦争(48)分裂に向かうユーロ
・ 緊迫するユーロ、ギリシャは何処へ向かうか
・ IMF、EU、メルケルと闘うギリシャ
・ ギリシャ、抗議の暴動
・ 資産も主権も国際資本に奪われるギリシャ
・ ギリシャは民主主義を守るためにデフォルトを!
・ ユーロが襲うギリシャの社会危機、政治危機
・ 毒饅頭を食わされたギリシャ
・ 何も改善しないEU新財政協定
・ ユーロの悲劇:三橋
・ 通貨戦争(51)ユーロ分裂に備え始めた欧州
・ 通貨戦争(54)債務国から巨額の資金流出
・ ギリシャ、経済の崩壊と政治の腐敗
・ ヨーロッパは変われるのか?
・ 緊縮財政を否定する各国国民
・ 通貨戦争(55)ユーロの罠
・ ドイツのユーロと加盟国の国民経済
・ ギリシャ反・緊縮財政の渦
・ 国際金融資本が仕掛けたヨーロッパの危機
・ ギリシャと交渉するか離脱させるか
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/1142-38534948

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。