もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南房総の漁師が語る海の状況

 東京湾、相模湾、房総沖の交わるあたり。
 漁師が語る海の状況です。
 ーーーーーーーーーーーーーーー
6/2 米原幹太のもう朝ですよ!   
136ゲスト・南房総の漁師       書き起こし「kiikochan.blog」から

千葉県南房総の、漁師の本間一功さんがゲスト出演。東京湾に起こる、魚達の異常。魚の放射能の汚染状況。

幹太:
一功さんちょっと自己紹介を含めて、
今千葉県の富浦の法の、南房総の方にお住まいで、漁師さんを、もう何年ぐらいやっていらっしゃるんですか?

一功:今ちょうど4年と半年ぐらい

幹太:
それで311以降、原発事故後、お子さんもいらっしゃいますし、
千葉のアクションの方に関わっておられますね。
本日はちょっと、この間のいっこうさんのつぶやきの中で、”奇形魚”というか、
東京湾の中の魚で、あの辺り一帯で、”奇形魚”の動画を見たんで、ちょっと衝撃的だったので、
ラジオにゲストとして出演してもらう事にお願いしました。

一功:
協力できることは何でも。
やっぱりね、なんか、最近はね、
揚がる、ま、毎回っていうわけではないんだけど、
一週間に最低2回ぐらいは入るね。

幹太:ほんとですか、

一功:うちはね、他はどうかは知らないけど。

幹太:それは、この4年位漁師をやっていて、今までも、311以前もそういうことはあったんでしょうか?

一功:あのね、無くはないんだけども、なんか顕著になってきているのは最近ですね。

幹太:どういう魚とか、種類に多いとか、

一功:
そう言われるとなんか、やっぱりね海底にいるやつ。
ヒラメと、あと、スズキ。
あとブリ。生態系の上にいる奴。
だから本当に今注意を促されているものが特にそうなっているから、
個人的に観察してみて思ったのは、
尾びれが無いものが多くて、
あとは脊髄が、なんていうんだろう

幹太:歪んでいるとか、

一功:そうそう、

幹太:尾びれが無いってどんな感じ?

一功:普通魚って、人魚みたいに、それがない。

幹太:それはどこまでないんですか?尾びれが無いって、ひれが全く無いんですか?

一功:そうそう、そうそう。なんか、丸い形になっている

幹太:あとは脊髄が歪んでいるとか、僕も動画でちょっと見ましたけれども、

一功:うん、ああいうのが中心だね、大体。

幹太:あの動画はいっこうさんの撮影ですか?

一功:うん、あの動画は俺です。

幹太:
以前イギリスのセラフィールド、
あそこの対岸の4kmぐらいの漁師さん達があげたエビとかが尾っぽが二つあったりとか、
頭が二つあったりとか、そんな、かなりグロテスクな形で出ていたんで、それがすごく思い浮かんで、
で、セラフィールドって、再処理工場によって、死の海と呼ばれている位放射能汚染されているところだったから、
それで、東京湾は今結構話題になっているじゃないですか、
放射能が山に降って川に通じて結局海の方に、湾の方に集まってくるという事で、
それと関係あるのかなって結構いろいろと思ったんですけれど、

一功:
絶対にあると思うよ、
その、個人的にも測定をやっているんだけども、
やっぱりその奇形が出る魚の種類は、セシウム濃度も高い。
俺が測っているのはスズキで、それは月曜日に測って500以上、700近くか。

幹太:えっ!?マジですか?めっちゃ出てるじゃないですか。

一功:うん、
それから、、三宅島の方に行っている漁のヤツは0.いくつか。0.1とか。

幹太:スズキは回遊魚になるんですか?

一功:うんとね、冬に下りてくるのね、東京湾から。

幹太:東京湾から下りてくるんですか。

一功:そう、だから普段はこっちにいない。

幹太:普段は東京湾の上の方にいる、ああそうなんですね。じゃあモロに。

一功:それ以外はそこそこ、こっちのアジとかはそんなに高くない。ゼロな訳じゃないけどね。

幹太:
ちなみに一功さんが働いているところの漁場はどの辺になるんですか?
湾内なのか外房なのか

一功:一応湾内になると思うんだけど、大房(たいぶさ)岬っていうところ
(*館山から北北東に6kmくらい、対岸三浦半島真正面からも6kmほどの南)

幹太:ああ、じゃあ湾内ですね。ちょうど入り口ですね。

一功:そう、入り口だね、だから外からも来るし、中からも来る。

幹太:スズキがでも、東京湾の生息で、結構な数値が出ていますよね。

一功:そうそう、だけどこれが水揚げされているから

幹太:今規制値って、魚は500ベクレルなんですよね。

一功:そうそう。
でも、あれなんだよ、その出たことも漁港では伏せるっていうか、
あからさまにしてないんだよね。

幹太:発表としてちゃんと

一功:
してないしてない。
俺もなんか、自分でやってて胸が痛いんだけど・・・
だから本当に親しい人には言って伝えて、「食べないように」って注意を促すぐらいしかできていないんですけど、

幹太:なんか、311以降で問い合わせとか売り上げが減ったとかはないんですか?

一功:
問い合わせとかはないんだけど、あれだね、千葉アクションではその話をしてくれっていうのがあった。
あとは友達から「どんな感じなの?」みたいな、
ちょっと・・・いや、本当にこっち関東は危ないよ
へなしぎうお(?)みたいなのは出てきていないけど、まだ1年ちょいだからね。

幹太:これから何か、セシウム濃度が東京湾内高くなる、というか最大になるって、言っていますよね。

一功:
2年半後って、なんか。
だから今は何が食える魚なのか、しっかりと調べて探す。

幹太:
そうですね、僕も魚はあまり手を出してないっていうか食べてない、ちょっと気を使いますね、やっぱり。
じゃあ、アナゴとかも結構・・

一功:
アナゴ、ヤバイ。アナゴヤバイ。
後、ハゼ、ハゼも出てる。
これは俺じゃないんだけども測ってくれている人が、
船橋の方の、もともと農家の人達の食物を測る機関の人達が、
この前デモで知り合って、魚を測りたいって言ってくれて、
それで、一応俺が魚を提供するようになった。
そこに持ち込まれた俺意外の魚、。
東京、利根川かな?利根川のハゼ測ったけれども、それも700ベクレルとか。
今日は確か、ウナギだって、利根川の。ウナギも基準値以上。

幹太:
結局利根川も汚染がすごいっていう話だと聞いていましたが、
実際に魚にもう出始めているとか、
ハゼとかは泥に結構まみれたりしますもんね。
そうか、それで結局は最終的にはそれを食べる人間とか、にとに集まってくる。何も知らなかったら。
いい迷惑ですね、魚たちも。

一功:
そうだね、ほんとうに。
僕も安全な魚をさ、子どもたちとか仲間達に食わしたくて、やっているんだけど、
全く・・・出ちゃうね。意味ないよ

幹太:
東京湾と言っても館山だから、福島から300キロぐらい離れている訳じゃないですか。
福島の海とかはどう思いますか?

一功:
もう絶対ダメでしょう。
測ったから安全というのがまずあり得ないし、魚は動いているんだから、
食べている餌も違うし、

幹太:じゃまず基準地越えは間違いないし上がるでしょうね。

一功:
上がるね、それに国の検査なんかたかが知れているから、
測って安全なやつしか載せないじゃない、結局。

幹太:個体によっても全然違うっていうのも聞きますもんね、同じところで獲れた同じ

一功:
野菜とかだったら、せいぜいその固定した場所で動かないで作られているからいいけど、
魚は回遊魚もいるし、そこに住みついている魚もいるし、
しかも政府なんか魚の事は何にも知らないど素人のくせに、

幹太:
ちょうど、銚子沖で親潮と黒潮がぶつかって、太平洋側に流れると、一時期そういう話が出て、
銚子より南の方はある程度大丈夫じゃないかという話が結構出たりしてましたけれど、
結局やっぱり、海というか、湾内というのもありますが、繋がっているのでという事なんでしょうね。
全てが、山も含めて。

一功:
なんか、黒潮でね、福島のやつは結構初めのうちは大丈夫だったんだけど、
今回あれだね、戻りカツオとブリ、これは福島のところを通って上から、北海道から下ってくるから、
下りカツオ、戻るっていうけど、そういうのと、ブリもそうなんだけど、
福島沖から来るのがいるから、そういうのが俺はヤバいなと。
あと、サンマか、サンマ。

幹太:サンマそうですね、もろですね、めちゃくちゃ獲っていましたね、ニュースで。

一功:
俺もう、めちゃくちゃサンマ好きなんだけどさ、食ってないよ今年は。
漁協の朝飯にも結構な頻度でサンマが出るけど、捨ててるわ、おれは。
俺とその放射能を気にしている友達がね。
その友達も引っ越しちゃうんだ、一緒に船に乗っててサーフィンする仲間なんだけど、
子どもが二回、ちょっとダメになっちゃって、震災で。

幹太:館山は、館山の仲間たちはどういう動きをしていますか?

一功:
いやぁ。本当に目立って、こう、ちゃんとした活動っていうのはなくて、
だから自分で本当に作ろうと思っている。今動いている。
千葉アクションもちょっと、デモとかはやっているけども、具体的な行動とかはしていないから。
ちょっと今組織を作っているから幹太もよろしく。

幹太:任せて下さい。千葉アクションはどういった団体になるんですかね?

一功:
千葉アクションはデモが中心で、あと福島から人を受け入れるっていう活動をしているんだけど、
今回夏に10組家族をこっちに受け入れるっていう話を持ちかけられたけど、俺はチョット断っちゃって。
前回一組、今館山に受け入れて、もう住んでいる家族がいるけど、その家族も

幹太:それは千葉県全域で?

一功:いや、南房総だね

幹太:南房総で千葉アクション。

一功:
柏と船橋とかも入っている。俺も妹がいるんだけど、市原とか、その家族は今みんな宮崎に避難している。
だから幹太が北九州の瓦礫反対に行ってくれたのがチョーうれしくて、
もう、絶対に日本全土を汚染するつもりでしょ

幹太:
そのつもりが無くても結果的にそういう事をしますからね、彼らは。
これからはどういったアクションを千葉の南エリアから一功さんは、

一功:
そうだね、俺が調べたデータを中心に、安全な食と、
これから生きていくために何が食べれて安全でっていうのと、そういうのを具体的に広めていって、
あとは、それこそ千葉だけ見ても残土問題とか、
そういうのがすごいヤバい処理場がもう2年ぐらい前から、袖ヶ浦、○○の方か、
山奥で稼働されている。
それはね、千葉で団体作りましょうって言ってくれた、佐藤さんっていう袖ヶ浦に女性がいるんですけれど、
その女性がすごく詳しくて、俺も教えてもらっているの。
その方は給食とかもちゃんと測定するように市と話しあったり、

幹太:
千葉に汚染灰を埋め立てるという袖ヶ浦の水源と木更津の方で富津とか、
あの辺で埋め立てるという時に1人だけ声を挙げたあの女性の方ですかね。

一功:そうかな、メガネかけた。

幹太:なんかツイッターで、「もう誰も動かないから、やったことないけどもうやります」みたいな。

一功:うん、その人その人。

幹太:すごいパワーですよね、で、この間汚染灰を埋めて結局セシウムが漏れ出したんですよね。

一功:うん、漏れ出した。

幹太:それでストップしたんですよね。

一功:ヒ素も出た。後もう一つヤバいのも、水銀

幹太:前々から言われているのに、やって結局っていう感じですよね。

一功:再三、大丈夫か、大丈夫かって言われているのに、「大丈夫」って言って、それだけ出ているから、本当に。

幹太:しかも水源なんですよね、あのあたり。

一功:
水源だよ。後、ホルムアルデヒドだっけ、あれも千葉は上の方で出てるじゃん。
あれも結局放射能で、
ほんとなら幹太みたいな世代が動いてやるんじゃなくて、大人がやれよって、
おれもそうだけど。

幹太:
僕らも、友達とか子どもがね、生まれてきて、そんな言い訳もできずというか、
同罪というかね、やらなきゃいけないという立ち位置にいると思うんですけれど、
多くの若い仲間たちは、まだ、同じ視野に入っていないというか、
勉強で、とか仕事で手いっぱいっている感じで、

一功:幹太みたいなのは貴重だよ。

幹太:
エヘヘ・・ふらふらしていますから、出来ることがあれば。
でも、思いのほか魚に顕著に、やっぱり現れ始めていますね。

一功:
本当は、ヘドロが本当にヤバいらしい。
ま、いろんな意味で元からヤバかったけれど。
だけど、回転ずしのマグロの水銀とかよりかは東京湾の魚の方がまだましらしい。
そういう話も聞くとね・・・ん。

幹太:魚って、けっこう、会社にもよるんでしょうが、回転ずしとかに出回るんでしょうかね、

一功:
うん。出回る、出回る。
奇形の魚も大体回転ずしが、安い回転ずしが買っていくから

幹太:奇形って分かっててもですか?

一功:分かってて。うん。・・・ヤバイ。マジでちょっとヤバいよ。

幹太:それはなんかそういう、奇形は奇形で値段がつくんですか?

一功:カラ安っていうか、激安で、

幹太:へぇ~。それを売るんですね、売る側も。

一功:うん・・・
俺も本当に「止めろよ」ってその場で言っちゃいたいんだけどさ、
余りにも関係している人の生活も大きいし、
その場でそうやって言うよりも、なんかこうちゃんと順序を踏んでね、そういうふうに持っていこうと当たってる。

幹太:じゃ、本当に葛藤しますね。

一功:そうだね、いやでも、本当に・・・自分の港のスズキ(?)から700位のが出た時は、暫く本当に落ちて・・・

幹太:
僕もでも、今聞いて、そんなに出てるんだって思いましたね、やっぱり現場の声を聞いて。
でも、海はちょっとヤバそうですね、でも、それが真実だったらしょうがないですもんね。

一功:うん、しょうがない。
でもやっぱり真実から目をそらすのが一番いけないよね、
それをどう受け入れて、どう解決策を見出していくのか


幹太:知らなかったら解決策も考えないですもんね、逃げていたら。

一功:
絶対無関心じゃいられないよ。
幹太に頼むよ、おれも頑張るから。

幹太:
今度は大飯ですよ。大飯再稼働。
メチャクチャですよ。

一功:もう、ちょっと繋がるしかないかなって、、人と人をつなげて囲んでいくしかないよね。

幹太:繋がって、本当に分け隔てなく、体制とかそういうのも関係なく、やっていくことですね、もう。

一功:
あと、もう、日本だけの力じゃ無理だから、
海外の援助っていうか、それもうまく取り入れて、
こういう記事を英語訳するという事から、地道なところから始めたりとか、

幹太:そうですね、もう海外も人ごとじゃないですもんね、実際汚染され始めているし、

一功:
あと必要なのは、金になるか、こっちも。
ちゃんと上手く、ね。
清き一票なんかで日本は変わらないから、ちゃんと金の流れを変えて、いい方向に金を回す

幹太:ま、お金を取り戻すっていうか、変なところに回りすぎなんですよね。

一功:幹太の年金なんかこのままじゃ無理だよな

幹太:まだ払ってないので大丈夫です(笑)

一功:頼りにしてないけど(笑)でも、俺達が払っている税金は年金も含まれてという名目で払っているわけだから、

幹太:
館山とかは空間線量はそんなに高くないですけど、
東京とかはやっぱり高いですからね、めちゃくちゃ数値が出るから
都内の友達とかに向けて今も発信していますけれども、僕は、都内もヤバいなって思っていて

一功:俺の弟もいるよ、都内に。

幹太:
そういう意志も込めて山口の方に移住をしたんで、
だから東京の方でもね、もし避難したい人とかがいたらつなげてもらえたら、
山口以外でも、徳島とかいろんなところに仲間がいるんで、
そちらで受け入れしている仲間たちがいますので、繋げて連携取れたらいいですね。
食べ物とか、

一功:ちゃんとやっていこう

幹太:でも今度北九州が燃やし始めて、すごい話ですよね

一功:いやぁ本当に、トラックで国会に突っ込みたいなってホントに思っちゃうくらいに

幹太:逮捕されちゃいますよ。このラジオマークされていますよ( ´艸`)

一功:このラジオは定期的に?

幹太:
そうですね、毎朝8時に僕が最初にやり始めた発起人のDON弥五郎という、
山口県の社というところに僕はいるんですけど、そこを紹介してくれた友達がいまして、
レゲエのDJなんですけど、その人が始めたラジオで、
僕も家が近いんで、毎週火曜日と、あとはこういう不定期に、
火曜日は定期的に、僕とDON弥五郎で回している。
毎朝8時で、これは4月20日から始めたので、1カ月以上毎朝やっております。
いまも20人ぐらい、全体で36人ぐらい一功さんの話を聞いていますね。

一功:おお、ありがたい。

幹太:
結構みんな衝撃を受けております。コメント見ると。
でも本当に現場から隠すんじゃなくオルタナティブな視聴者もそんなにいないラジオかもしれないけれど、
そういう話を届けられる、届けれくれるっていうのは本当にありがたかったです、今回も。

一功:俺も何時クビになるか分からないけれども、・・・しょうがないよ、人の命の問題だから。

幹太:そういう心意気の人がいてくれれば消費者も、

一功:あげていこう、ツイッターでも何でもいいから。繋がる事なら何でもいいと思う、本当に。

幹太:一功さん、ツイッターのネームとかタイムラインの方をみんなに載っけて紹介しても問題ないですか?

一功:はい、よろしくおねがいします。

幹太:大丈夫ですか?
あと、動画はどこのサイトに載っているんですか?

一功:
あれはツイッターにしか載っけてない。添付はしてくれて構わないけど。
いろんな写真が他にもあるから送りますよ。

幹太:
そうですか、つぶやいてくれたらみんなで共有できるかな
何か伝えたいことがあれば、

一功:
やっぱり、気持ちでは負けないようにやっていこうね。

幹太:そこで負けていたら、多分俺らには何にもないですよね。

一功:そう、金もないし(つ∀`*)っ))⌒☆あはは

幹太:俺動くから、金誰か払って、って思うよ(*´σー`)エヘヘ

一功:な、本当だよ。金やりたいよw

幹太:どんどんやっていきましょう

一功:やっていこう

幹太:やるしかないですもんね

一功:やるしかない
周りの人、仲間も引っ越していくけどさ、残っている人は残っている奴らで、

幹太:千葉も最終処理の、高濃度廃棄物の処理場を作るという話があるし、

一功:千葉は千葉で僕がガッツリこっちはしておくから

幹太:僕もまた夏にそっちに戻りますんで、その時にシェア―出来たらいいなと

一功:そうだね、お互いの物を交換しようよ

幹太:交換して繋がりましょう。今日はありがとうございました。

一功:ありがとう、頑張ろうよ。

幹太:
本日のゲストは僕の地元の先輩で漁師をしている一功さんでした。
お子さんも3人ぐらいいたのかな?
で、いまだに富浦という南房総の町にいるんですけれど、結構衝撃的な話でしたね。
なんて言うか、僕も分かってはいたけれど、自分の住んでいるところの海が汚染されるというのは
分かってはいましたが、思いの他東京湾の汚染はひどそうですね。
僕の館山という町は東京湾に面した町で、千葉県の房総半島の先っぽをちょうどカバーするような地域なんですが、
市街地の方は東京湾の方を向いているんですね。
なので、海とか、どうなんでしょうか、ヤバそうですね、海水浴とか。
うーん、ま、これが真実という事で、
一功さんは自分のお金がかかっているというか、仕事の事なんだけど、今回出演してくれて、
ちゃんと真実というか、自分が見たものを話してもらえて、
そういう心意気が嬉しいし、伝わるものがありますね。

また、南房総の方でも新しいアクションが出来ていきそうなので
そちらも察知したらこちらで紹介していけたらなと思っています。
一功さんも言っていましたが、繋がっていくしかない、これは出来ますからね。
それを確実にやっていく、来るべき時が来たら一気に動くと思いますので、
とにかく繋がっていくという事が今は大事ですよね。

スズキが500ベクレル。
23人の人しか聞いていないのがもったいないくらいのはなしでした。
どうか皆さん拡散して下さい。45:22
拡散し過ぎて首になっちゃったら困るんですけど・・・
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/1139-0378e46c

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。