もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐のスペイン

spain0512.jpg
2012/5/12 マドリッド

 債務危機とEU支援条件の財政緊縮政策によって、窮乏化が進むスペイン。
 さらなる失業と貧困以外の展望なき緊縮政策に、国民の怒りは大きい。
 全土で10万人との報道もあるが、マドリッド3万人超、バルセロナ4万人超との報道もあり、80箇所なら50万人は下らない大規模抗議行動となったようである。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  スペイン諸都市で緊縮策反対のデモ 5/14  WSJ

  スペインの主要都市では12日、暗い景気見通しと国際金融危機に対する政治的対応に怒った市民少なくとも10万人が街頭に出て抗議行動を行った。ちょうど1年前には同様の抗議行動が展開され、他の国に波及している。

  首都マドリードでは何万人もの市民が同日夕、市内中央のプエルタ・デル・ソル広場に繰り出した。3日間、広場にとどまる意向。しかし、当局は広場での夜営を認めないと警告しており、2000人の機動隊を派遣する予定。

 学校教師のロベルト・アロンゾさん(57)は「わたしは失われつつある権利と、極めて厳しい状況に置かれている若い人々を守るために来た」と述べ、「彼ら若者は以前よりも教育水準は上がったが、職がない」と語った。

 バルセロナでは少なくとも2万人がデモを行った。ビルバオ、マラガ、セビリアでもデモ行進が行われた。他の欧州の都市でも連帯のデモが行われた。

 昨年の場合、抗議行動は5月15日に始まり、何十万人もの市民が「怒りの運動」に参加した。緊縮ムードが高まるにつれ、デモはスペインと欧州全域に広がった。

 スペインは現在、経済的に追い込まれており、ギリシャ、アイルランド、ポルトガルに対する救済と同じ措置が必要になるとの懸念が生じている。リセッション(景気後退)に落ち込んでおり、失業率はほぼ25%とユーロ圏参加17カ国の中で最悪だ。25歳未満のスペイン人は2人に1人が失業している。

 スペインのラホイ首相率いる保守政権は政府債務削減のため大幅な支出カット法を実施したが、多くの人々は緊縮策が家計を悪化させていると非難している。

 1年前の「怒りの運動」ではスペイン各地で数週間にわたりテントが張られ、都市や町の広場が占拠された。警官隊はこれを排除するために出動し、デモ隊と衝突した。

 しかし米コンサルティング会社ユーラシア・グループのロンドン駐在欧州アナリスト、アントニオ・バロッゾ氏は、スペインの抗議行動を受けて、政府が政策転換を余儀なくされるか疑問だとしている。
 同氏は分析報告で、「デモは政府の戦略に何ら影響しないだろう」と書いた。

 他の欧州の都市でもデモが12日実施された。ブラジルやチリなど中南米諸国でもデモが計画されている。
 英国では、「占拠」運動の反資本主義デモ隊数百人がロンドンの金融地区を秩序を守って行進し、メリルリンチやサンタンデールといった金融機関大手のオフィスの外側で気勢を上げた。

 ブリュッセルやポルトガルの首都リスボンでも数百人が街頭に繰り出した。ただし参加者は昨年よりも少なかった。
記者: Associated Press
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   若者の半数が失業中のスペインでデモ 将来への失望は深く 5/16 津山恵子 WSJ

 こんなに多くの失業者に一度に会ったことは、今までになかった。12日、スペイン首都マドリードで約3万人が集まったデモで出会った人たちだ。

 「彼も、彼女も、ここにいるみんなが失業中で、両親と一緒に住んでいます」
 「大学院を卒業して1年ちかく、職探しをしている」

 失業と緊縮財政に業を煮やした若者らによる抗議行動(約4万人参加)1周年を記念して、この日再び、スペイン市民が結集した。

 状況は、失業率が昨年10―12月期は22.9%だったのが、今年1-3月期は24.4%と25%に迫る勢いで、悪化の一途。ギリシャを上回り、ユーロ圏で最悪の失業率で、特に若者層では50%を軽く超える。

 それだけではない。緊縮財政を続ける政府が次々と発表する、退職手当の削減、公共交通料金の大幅引き上げ、大学の学費引き上げなどに、若者だけでなく、幅広い市民層の不満が鬱屈(うっくつ)している。

 例えば、マドリードに着いて利用した地下鉄の乗車券(1区間、複数乗車)が4ユーロ(412円)。5月1日に最高で20%以上の値上げをしたばかりで、こんなに生活に困窮している人がいる国で、あきれる値上げ率だ。

 デモは、「怒れる者たち」「スペイン革命」「グローバル革命」などと呼ばれる若者グループが、フェイスブックなどで呼び掛けた。30度を超える炎天下の中、市内に点在する広場から、王宮、国会、中央銀行などに囲まれるソル広場に、午後9時にかけて市民が殺到。
 「予算、人員の削減反対」「民衆は目覚める」などのプラカードや横断幕、政府を弾劾するギロチンの大模型などを掲げ、CNNによると約3万人が集まった。

 これだけ多いと、集会の主催者などはなく、あちこちで歓声や歌、マーチバンドの太鼓が鳴り響く。若者が多いが、中には乳母車を押す夫婦や幼い子ども連れ、老夫婦なども少なくない。
 運動の初期、圧倒的に若者が多かった、ニューヨークの経済格差を批判する「オキュパイ・ウォール・ストリート(OWS)」に比べると、いかに幅広い問題を抱えた市民が多いのかが分かる。

 「ノー・ジョブです。工場でウェイターをしていますけど」
 「工場にある社内食堂のウェイターということですか?」
 「いえ、食堂のウェイターも、トイレの掃除も、廊下の掃除も、何でもするということです」というガブリエル・バリオス氏(35)は、歴史学の博士課程を修了し、希望するのは教職だが、そんな就職先はない。

 彼が一緒にいた若い仲間のことを尋ねた。

 「こちらは僕の妹、看護士ですが失業中。ガールフレンドは建築士で失業中。いとこも失業中で、この4人が、僕の両親と同居中です」
 「人生のほとんどを学問に捧げたのに、北アフリカからの移民の方が、僕よりも掃除は上手。せめて英語を教えるぐらいの職には就きたい」と訴えた。

 実は、若者の失業率が半分にも上ると、みなどこに住んで、どうやって食べているのか、と疑問に思って、デモに合わせてマドリードに来てみた。

 家族の絆が強いスペインでは、失業中の人を親族が面倒をみる。ただ、驚いたのは、失業中の家族のメンバーが1人ではないことだ。バリオス氏のように、ガールフレンドも含めて一家に4人もいる。

 「家族の中に失業者がいるということが、いかに家族やコミュニティーの中に暗い影を落とすか、知ってもらいたい。海外メディアは、スペインでは失業しても誰も餓死していないといいますが、将来がない辛さは、目には見えません。両親の支援だって、いつまで続くかも分からない。毎日顔を見合わせる度にみながそう思うのです」

 ボーイフレンドと弟が失業中という英語教師マール・チエサ―マルセロさん(27)は、こう話す。

 そこで、市民が繰り出すのがデモだが、昨年5月の大規模デモ以来、当局はデモへの規制を強めている。昨年は、ソル広場に若者がテントや寝袋を持ち込み、座り込みを続けた。しかしその後、警察はソル広場の閉鎖を午後10時に変更した。

 「午後10時に警察がどう動くのか、広場に泊まるつもりで出てきました」とチエサ―マルセロさん。

 10時過ぎ、広場を取り囲む警察に動きはなかった。
 しかし、午前4時を過ぎて、広場に残っていた数百人の若者が寝る場所を求めて、横断幕でテントを作り始めると、警察車両が隊列を成して広場に侵入。広場を離れることに抵抗する若者を一カ所に追い詰めて、数十人を逮捕した。

 「スペインの政府や企業の体質を変えることはできない。でも、何もしないでいるよりはと思って、広場に来ました」と、失業中のアルベルト・アベラン氏(25)。

 「何も変えられないけれど、デモに来ることも人生よ」と、未明まで広場にいたローシアさんも語った。
関連記事

コメント

 上記、スペインの写真を見ながら、日本人って不思議だなあと、つくづく思う。
基本、何があっても闘わない。誰かが闘ってくれのを待っている
学歴が高くパソコンも浸透して、ガレキが危険なこと、分かっているのに、偽善に迎合する。

 青春を謳歌する東欧の若者が「日本人は何が楽しくて生きてるの?」と言った。
本当に、日本人って生きているのだろうか

 「農民(国民)は生かさぬように、殺さぬように」って管理されている気がした。気がつけば「文化国家」と「暗黒大陸」の二重人格みたい

Re:

スペインの抗議行動も5/12から13、14、15の4日間連続したはずなのですが、報道されて無く、googl検索でも出て来ません。
私たちは意外と怖い世の中に暮らしているようです。
http://bator.blog14.fc2.com/blog-entry-841.html

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/1096-832e25c1

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。