FC2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

子どもを守る施策を:バンダジェフスキー

201205122214202fe.jpg

 「チェルノブイリの影響研究 日本は子ども守る施策を」ユーリ・バンダジェフスキー 4/28 熊日新聞  書き起こし 5/12 kiikochan.blogから

Yury・Bandazhevsky
1957年ベラルーシ生まれ。
医科大学で病理解剖学を学び、卒業後に中央科学研究所に入り、のちの所長に。
チェルノブイリ事故後の90年、ゴメリ医科大を設立し学長に就任。
放射性セシウムが体内に与える影響を論文で発表後の99年、
収賄容疑で逮捕、実刑判決を受けたが、国際世論の抗議もあって刑期途中に出所した。
現在はウクライナに在住。

  最初のレベル7の原発事故となった1986年のチェルノブイリ原発事故。
  深刻な被害を受けたベラルーシで放射性物質による内部被ばくの影響を調査してきたが、
  論文発表後の99年、突然収賄容疑で逮捕。
  一貫して無実を訴えたが実刑判決を受けた。
  東京電力福島第一原発事故で、研究結果が改めて注目されている。

チェルノブイリ事故後、ベラルーシのゴメリ医科大で行った研究では、
現在の日本にとっても有効な研究結果を蓄積する事ができました。

ベラルーシ国民の死因で最も多いのは心臓血管系の疾患です。
煙草やアルコールの影響が指摘されていますが、
私は放射性物質のセシウム137が影響しているという事を、病理解剖や臨床データなどによって突き止めました。

セシウム137は食事とともに体に入り、心筋に蓄積されます。
汚染地区に住む子供たちの心電図を分析すると、
心電図の異常と体内のセシウム濃度に相関関係がありました。
低線量被ばくでも、遺伝的な傾向と組み合わさり、
突然死するなどの影響が出ています。
専門家の多くが放射性物質を心臓疾患の原因と認めていないのは悲しいことです。

逮捕されたのは、研究が「国家へのクーデター」とみなされたためだと思っています。
ベラルーシ政府は私の研究結果を不都合とみなし、認めていません。
残念ながらルカシェンコ大統領の独裁政治に勝つことができなくて、刑務所に入ることになりました。

逮捕された後、大学で行ってきた研究や実験はすべて中止されました。
今でもゴメリ医科大では私の研究テーマにかかわる調査・研究は一切、行われていません。

実はベラルーシでは、チェルノブイリ事故前の60年代からセシウム137の汚染があったんです。
それは国家的な秘密とされていましたが、私はこの事実をゴメリ州の図書館にあった古い書籍から発見しました。

放射性物質による汚染の結果、
ベラルーシでは60年代から出生率が下がっており、
その一方で、死亡率は上がり続けています。
にもかかわらず、汚染地区に住む人々に対して放射性物質の影響は一度も説明されていませんでした。
国家権力がいかにその影響を隠したがるかという例です。


  釈放後、国外追放処分を受け、る異国ウクライナで研究活動を続けている。
  3月には市民団体の招きで初来日、内部被ばくの恐ろしさなどについて各地で講演した。

福島の事故による汚染規模はチェルノブイリに及ばないという専門家もいます。
しかし原子力施設の破壊の度合いを考えると、汚染はチャルノブイリよりももっと危険だと思っています。

大事なことは放射性物質に汚染された食べ物を身体に入れないことです。
日本政府は国民の健康に責任を持たないといけません。
特に子どもたちを守るような施策を取るべきです。
低線量だからという事とは関係なく、環境保全と健康保護の良き見本となる国になって欲しい。

私ははっきりとものを言うので、口が悪いと言われます。
気に入らない人もいるでしょう。
しかし、私の研究結果を聞いて結論を出すのはみなさんです。
 ーーーーーーーーーーーーーーーー
 以下は、このブログ内のC・バズビー、バンダジェフスキーなど欧州放射線リスク委員会関係記事のリンク。

・ C・バズビー氏インタビュー
・ C・バズビー:7/18松戸市講演
・ C・バズビー:7/18質疑応答
・ C・バズビー:7/19岩上インタビュー
・ C・バズビー:7/20自由報道協会
・ 車のエアフィルターと呼吸による内部被曝
・ C・バズビー:平気で嘘をつく科学者に立ち向かおう
・ C・バズビー:御用学者は刑事裁判へ
・ バンダジェフスキー氏インタビュー
・ 米国のウラン弾:被曝が続くファルージャ
・ C・バズビー:臨界も被曝死も隠蔽する政府
・ バンダジェフスキー3/19講演質疑
・ バンダジェフスキー3/16仙台講演質疑
・ 福島とチェリノブイリ:ボース
関連記事

コメント

学ぶべきことは多数あるのに日本のマスコミ等メィデアはほとんど取り上げませんでした。東京の講演会はすぐに予約で完売だったとか。一部の動画がネットで出回ったのですがそれだけでも有益でした。棄民政策をとっている政府にとって都合が悪いのでしょうが。
 ガイガーを国民が持つことは良くないといった某政治家、ガレキ焼却反対にそんなの黙れと言えばいいんだよと言った某都知事。反対の声を聞くと逆にファイトがわくと言った某市長そしてそれに続く地方の自治体、既に国民の代弁者ではなく独裁者です。
 このままだと日本人はいなくなってしまうという言葉は重いです。ちょっと学べは汚染物のは焼却ではなく福一周辺に保管するしかないはずです。政府はまさしく戦前同様総自爆しています。でもエリートは逃げるのでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/1087-e974bf7d

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん