FC2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

2010ビルダーバーグ会議

スペインシッチェス
 世界経済が国際金融資本に牛耳られており、その国際金融資本は国際金融資本「家」によって牛耳られている。
 その国際金融資本「家」を牛耳るのは、数百年にわたって血縁の一族となった、合体した西欧王族とデル・バンコの一族である。

 従って、世界経済について、かなりの程度に意図的ヘゲモニーを取れる者は、彼ら以外にはいない。

 そしてまた、彼らが自分たちのために世界経済に意図的な力を行使しないと考えるのは、米を食べない日本人とかうさぎを食べないライオンとか言った類の、「あり得ない」話である。

 経済学はこの血族郎党の事実には立ち入らない。
 唯一社会学の祖(失礼ながら某・ウェーバーではない)ウェルナー・ゾンバルトがユダヤ人の経済生活を指摘したのみである。
 しかし、現実の世界史。
 帝国主義も世界恐慌も世界戦争も、彼らの主体的な意図的行動抜きには、とても解明されない。

 国際金融資本の歴史的成立については「世界通貨戦争(2)」、「国際金融資本の成立」を御覧ください。また、金融の秘密とその批判は「信用創造とは」、「通貨、金利と信用創造の特殊な性質」を御覧ください。
 
 第二次世界大戦後、秘密裏に欧米の王族と国際金融家が一同に会しているビルダーバーグ会議。
 ここ2.3年出席者が公表されるようになり、2010年会議は日時場所も事前公表されるようになった。
 それまでは、完全に秘密であり、事後の漏洩情報のみだった。

 この会議が注目されるのは、世界の大物が集まる会議としてはダボス会議とか三極委員会とかあるが、比べて人員が百数十人と限定少数であることと、王族資産家と国際金融資本、関連政治家といった、まさに欧米の資産家関連のエッセンス会議だからである。
 この地球を動かせる会議である。
 
 2010年6月3~6日スペインのシッチェスで三泊四日の会議は、オラニエ公ウィーレムの子孫であるベルギーのエティエンヌ・ダビニオン公爵が主催した。公表されているここ数年は、同公爵である。
 ちなみにオラニエ公ウィーレムは日本の文部省教科書ではオレンジ公ウィリアムである。
 イギリス名誉革命により、ネーデルラントの国際金融資本のイギリス上陸を成功させた。
 
 会議は十数の課題「アジェンダ」が公表されているが、前年と異なったのは「地球温暖化」が「地球寒冷化」に変わった事くらいで、他は一般的な政経課題のタイトルである。
 何をどんな形で話をしているかは全く不明である。単なる新参者(例えばビル・ゲイツ)の顔合わせにしては会期が長い。

 新参者はともかくとして、このメンバーの7割くらいは、いわゆる「ユダヤの陰謀」とか、「300人委員会」とか、「爬虫類人間」、「黒いカナン人」などと言われている血族郎党である。そう、「イルミナティ」てのもありましたね。
 いっそ、この会場を空爆したら........................世界にまたがる利権集団・権力・暴力装置が火を吹くことでしょう。

 そんな訳で、世界経済はこの人達の天文学的な資産の欲望(物神化)抜きに語っても、現実性がないと言うことである

 最後に参加者リスト。
 なお、西欧王族とウォーバーグ、ロスチャイルドなど当主はほぼ全員が参加していますが、リストには載りません。
 8.9割がユダヤ人名と思いますが、実際には10割かも知れません。

 Bilderberg Meetings
Sitges, Spain 3-6 June 2010

■名誉議長エティエンヌ・ダヴィニオン
■ヨゼフ・アッカーマン ドイツ銀行
■マーカス・エイギュアス バークレイズ銀行
■セサル・アリエルタ テレフォニカCEO
■ホアキン・アルムニア 欧州委員
■ロジャー・アルトマン元米財務副長官 エバーコア・パートナーズ会長
■ソニア・アリソン Author and policy analyst
■ウルバン・ベックストローム スウェーデン産業連盟事務局長
■フランシスコ・ピント・バルセマン元首相(ポルトガル)
■フランコ・ベルナーベ テレコム・イタリアCEO
■カール・ビルト外相(スウェーデン)
■アンティ・ブラフィールド Helsingin Sanomat(フィンランドの新聞社)上級論説委員
■アナ・パトリシア・ボティン バネスト(銀行)会長
■スベイン・リチャード・ブランツェ ノルスク・ハイドロCEO
■オスカー・ブロンナー Der Standard編集委員
■Ruşen Çakır Journalist
■ゴードン・キャンベル ブリティッシュ・コロンビア州首相
■Jaime Carvajal Urquijo アドベント・インターナショナル・マネージングディレクター
■ヘンリ・ド・キャストリーズ アクサ経営理事会会長
■フワン・ルイス・セブリアン PRISA CEO
■グスタヴォ・A・シスネロス シスネロス・グループ会長兼CEO
■エドモンド・クラーク TDバンク・ファイナンシャル・グループCEO
■ティモシー・コリンズ リップルウッド
■フルビオ・コンティ エネルCEO
■ジョージ・デヴィッド コカコーラ会長
■アンダース・エルドラップ  ドン・エナジーCEO
■ジョン・エルカン フィアット会長
■トーマス・エンダース エアバスCEO
■ホセ・マニュエル・エントレカナレス アクシオナ会長
■Ulrik Federspiel ハルダー・トプソーA/S Vice President Global Affairs
■マーティン・フェルドシュタイン ハーヴァード大教授
■ニオール・ファーガソン ハーヴァード大教授
■ハインツ・フィッシャー大統領(オーストリア)
■ポール・ギャラガー アイルランド司法長官
■ビル・ゲイツ ビル&メリンダ・ゲイツ財団
■フィリップ・ゴードン 欧州ユーラシア担当国務次官補
■ドナルド・グラハム ワシントンポスト会長兼CEO
■カレル・デ・グフト 欧州委員
■Zeynep Damla Gürel Special Adviser to the President on EU Affairs
■ヴィクター・ハルバーシュタット レンデン大学教授
■リチャード・ホルブルック アフガニスタン・パキスタン担当特別代表
■ヤン・ホメン ING会長
■ロバート・ホーマッツ 経済・エネルギー・農業担当国務次官
■Jan Huyghebaert KBCグループ会長
■ジェームズ・ジョンソン ペルセウス副会長
■ユルキ・カタイネン財務相(フィンランド)
■ジョン・キーン SCP Partnersのシニアパートナー
■ジョン・カー ロイヤル・ダッチ・シェル副会長
■ヘンリー・キッシンジャー キッシンジャー・アソシエイツ
■クラウス・クラインフェルト アルコア会長兼CEO
■ムスタファ・コチ コチ・ホールディング会長
■ヘンリー・クラヴィス KKR創業者
■マリー・クラヴィス ヘンリー・クラヴィスの妻
■ネリー・クルース 欧州委員
■エリック・ランダー MIT教授
■アンヌ・ローベルジョン アレヴァ会長
■ベルナルディノ・レオン・グロス Secretary General, Office of the Prime Minister
■ピーター・ロシャ シーメンス会長
■Birger Magnus ストアブランドASA会長
■ピーター・マンスブリッジ カナディアン・ブロードキャスティング
■ジェシカ・マシューズ カーネギー国際平和財団プレジデント
■フランク・マッケナ TDバンク・ファイナンシャル・グループ
■ジョン・ミクルスウェイト エコノミスト誌編集長
■ティエリ・ド・モンブリアル 仏国際関係研究所所長
■マリオ・モンティ Bocconi大学学長
■ダンビサ・モヨ エコノミスト
■クレイグ・マンディ マイクロソフト社
■エーギル・ミケルバスト ノルスク・ハイドロASA元会長
■モイセス・ナイム フォーリン・ポリシー誌編集長
■ベアトリクス女王
■ファン・マリア・ニン・ジェノバ ラ・カイシャCEO
■ポール・ニューロップ・ラスムセン元首相(デンマーク)
■ジョン・オルドハム National Clinical Lead for Quality and Productivity
■ヨルマ・オリラ ロイヤル・ダッチ・シェル会長
■ピーター・オルザグ 米行政管理予算局長
■トゥンジャイ・オジルハン アナドル・グループ会長
■パドア・スキオッパ 元イタリア財務相
■ジョージ・パパコンスタンティヌ ギリシャ財務相
■ショーン・パーカー ファウンダーズ・ファンドのマネージング・パートナー
■フランク・パール ペルセウス会長兼CEO
■リチャード・パール アメリカン・エンタープライズ研究所
■イグナシオ・ポランコ PRISA会長
■ロバート・プリチャード メトロリンクスCEO
■Bernard Dean Ramanantsoa HEC Paris Group
■パウロ・レンジェル European Parliament
■ヘザー・レイズマン インディゴ・ブック&ミュージック会長兼CEO
■ラーズ・レンストロム アルファ・ラバルCEO
■Alexander H. G. Rinnooy Kan Chairman, Social and Economic Council of the Netherlands (SER)
■Gianfelice Rocca テチント会長
■マティアス・ロドリゲス サンタンデール副会長
■チャーリー・ローズ ローズ・コミュニケーションズのプロデューサー
■ロバート・ルービン 元財務長官
■Suzan Sabancı Dinçer Akbank会長
■パオロ・スカローニ 石油大手エニCEO
■エリック・シュミット グーグル・会長兼CEO
■ルドルフ・ショルテン オーストリア輸出銀行
■オラフ・ショルツ 前労働・社会保障相
■ジョゼット・シーラン 国連世界食糧計画事務局長
■ハビエル・ソラナ 前欧州連合理事会事務総長
■ソフィア王妃
■ジェームズ・スタインバーグ国務副長官(米)
■ビヨン・スティグソン 持続可能な開発のための世界経済人会議事務総長
■ローレンス・サマーズ国家経済会議委員長(米)
■ピーター・サザーランド ゴールドマン・サックス・インターナショナル会長
■マーティン・テイラー シンジェンタ会長
■フェルナンド・テイシェイラ・ドス・サントス財務相(ポルトガル)
■ピーター・ティール クラリウム・キャピタル・マネジメント社長
■ルーカス・ツカ-リス ELIAMEP社長
■ゲルトルード・トゥンペル・グゲレル ECB専務理事
■クリスティン・バーニー 米司法省反トラスト局長
■ダニエル・ヴァゼラ ノバルティス会長
■ポール・ヴォルカー経済再生諮問会議議長(米)
■ピーター・ヴォーザー ロイヤル・ダッチ・シェルCEO
■Björn Wahlroos Sampo会長
■フランシス・ウォルドヴォーゲル ノバルティス・ベンチャー・ファンド会長
■ジェイコブ・ウォーレンバーグ インベスターAB会長
■ノート・ウェリンク オランダ中央銀行総裁でバーゼル銀行監督委員会議長
■ビング・ウェスト Author
■シャーリー・ウィリアムズ Member, House of Lords
■ジェームズ・ウォルフェンソン 元世銀総裁
■サパテロ首相(スペイン)
■ディーター・ツェッチェ ダイムラー会長
■ロバート・ゼーリック世銀
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/105-b060c9c5

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん