fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

ただいま被曝中(16)なすべきこと

  なすべきこと  1/18  「ただいま被曝中」氏から

我々はチェルノブイリ事故の教訓を生かしきれず、同じ過ちを起こしてしまった。
恐らくウクライナやベラルーシの人々は残念に思っているであろう。

大変申し訳ない気持ちでいっぱいである。

我々とて、もう二度とこのような事故は起こしてはならないと思っているのである。
もし、またどこかで原発事故が起きたならどんなに残念で悲しくなるだろうと思う。

この気持ちは、すでに悲惨な結果を出してしまっている彼らにとって、我々よりさらに大きく辛辣な思いであることは容易に想像がつく。
我々は同じ過ちを犯したのである。

激しく反省しなければならない。

今回の事故による放射線の影響は出ないという学者の方々がいる。
ではなぜ山下先生が福島にいらっしゃるのでしょうか?
山下先生は被害は出ないと言い切っていらっしゃいます。

なら、即刻お帰りになったらどうなのでしょうか?
暇なのでしょうか?

福島県立医大にお金がおりて膨大な予算のもとに放射線の研究がなされるようです。
被害が出ないのに、無駄遣いですね。

東京電力という会社は、健康被害を出さないのに賠償しているのでしょうか?
申し訳ありませんが、そのような『しおらしい』会社ではないと伺ってきましたが・・・・・

500Bqまで安全だった食品の基準がなぜ100Bqに下がるのでしょう?
そもそも『緊急時の暫定基準』で500Bqまで我慢しろと言っている内容なのに『安全』だとはなにごとか!

そしてそれを受けて地元のラジオ局のアナウンサーが声高に『安全なんですから!』を公共の電波を使って無責任な放送を繰り返す始末。
なぜラジオ局のアナウンサーが安全を保障しているのか?

そのような資格を持っておられるのか不思議でならない。
暫定基準の意味をご存じないとしか思えない。

後に下げて行くことが前提ということは、500という数字は最終的に収まる数字ではなく、決して好ましい基準ではない事をさしているということは普通に考えて当然のことである。
ICRPのダブルスタンダードの片方しか宣伝しない。

セシウムがβ崩壊する物質である事をきちんと報じない。
セシウム=γ線の印象をうえつけている。

Bqで統一せず、わざとSvを使って説明する。
緻密で正確なデータをとるのにSvで研究している方がいたら『ごくろうさま・・・』と言ってあげたい。

内部被曝+外部被曝<1mSv/年という。
内部被曝のβ線による攻撃をカウントしないで基準内であるとしている。

すでに多くの学校等にモニタリングポストを設置しているのに、いまだにある一か所で測定した結果をメディアで公表している。
警戒区域を解除してインフラが回復していない所へ住民を帰している。
立ち入り禁止区域から避難勧奨区域まであって、残りは突然『安全な区域』扱いである。

普通に考えてそんなことあるだろうか?
それを信じる県民とメディア。
私の考え方がおかしいのだろうか、と思ってしまうほど皆自信満々である。

フクシマの人間をバカだという人は少なくない。
好きで避難しないのだから、病気になろうが、死亡しようが自分の選んだ道だろうという人もいる。
・・・・・・残念だが、その通りだと思う。

ひどい!と言われる。
避難できない人の事も考えろ!といわれる。

しかし、ほんとうにそうであるなら自分は避難したいのに出来ないのだ!ともっと強く訴えるべきである。
もっと行動を起こすべきである。
そうすれば、全国から救いの手を伸ばして待っていてくれる方々がいっぱいいるのである。

声も上げない、行動もしない、しかし理解を求める。
そんなことは、ありえないのである。

ひとりひとりの声、行動力、高い意識、強い思い。
誰かがやってくれるのを待つのではなく、微力であっても行動しなければならない。
あまったれるな!と言いたい。

それが出来ないのであれば、それは経済を最優先にしている事をはじめ、様々な思惑に縛られているから出来ないのであって、健康最優先の主旨から外れる。
避難した人間はあらゆるものを犠牲にして健康を守ろうとしたのである。

自分は何も捨てられないが避難者と同じ評価をしろというのは、どだい虫の良い話である。
なにかしらアクションを起こしているならともかく、何もせずに気持ちをわからない人間が悪いというのはあまりにも情けない。

立ち上がらなければならない。
このような事を起こした奴らを許してはいけない。

そろそろ、目を覚まさなければならない。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/1037-f56f2623

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん