fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

増税ではない、必要なのは超金融緩和と円安だ

 増税によるデフレの悪化=窮乏化よりは、円安株高の方が日本経済にとって望ましいのは論をまたない。
 仮に金利上昇で国債価格下落が起こったとしても、それは、官僚行政の危機ではあっても、日本経済の(実体経済の)危機ではない。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本国債暴落危機説の誤りを正す 日本に必要なのは増税ではなく超金融緩和と円安だ  4/19 武者陵司 JBPRESSから

  日本の政府利払い負担(対GDP比率)は主要国中では世界で最も軽い。

 企業分析において債務負担の深刻さを計測する際に用いられる指標として、(1)債務対自己資本、(2)債務対売上、(3)債務対利益、(4)利払い対利益(キャッシュフロー)等があるが、最も重要で適切なのは(4)であることは明白であろう。国の借金も同じこと、利払い負担の重さこそが、政府債務の深刻さを測る最適指標である。

 その最適指標が世界最良の日本で、財政破綻と増税論議が花盛りとなっている。野田佳彦首相の消費税増税発議によって、日本の経済論と政策論は財政問題に収斂しているのである。学者から官僚、メディア、評論家までが増税一色に塗りつぶされた議論をしているのは、異様である。

img_911d17b6f5ad41c20f210a297882680834735.jpg
 政府利払い対GDP比の国際比較  出所:OECD(経済協力開発機構)、武者リサーチ

  適度の債務(信用)は経済発展の推進力

 確かにGDP比の債務残高は日本は世界最大ではあるが、それは民間の行き場のない過剰貯蓄の受け皿としての合理性を持っている。現在の日本経済の最大の問題が需要不足であり、財政赤字は余剰資本を需要につなげるという点で有機的役割を果たしているのである。

 大量の余剰な労働力と資本を持ちながら財政支出が削減されていたら、経済はデフレスパイラルに陥っていたであろう。

 財政赤字を削減するには、デフレの終息と成長の復元により、財政を需要創造という役割から解放することが先決である。デフレ終息と成長復元は困難だから増税と言うのでは、経済がさらに悪化することは必定である。

img_90bf53f6a62ee3ed69e9b9a64997460d40129.jpg
 政府債務対GDP比の国際比較  出所:OECD(経済協力開発機構)、武者リサーチ

 過剰な債務は企業や個人等の経済主体を破綻に導く。しかし他方、適度の債務=信用は経済発展の推進力であり、人類の貴重な発明の1つである。

 困難なのは、どこまでが適切でどこからが過剰かの線引きが事後的にしか分からないことである。FRB前議長のグリーンスパン氏は著書『波乱の時代』の中で、南北戦争のころ銀行は40%程度の自己資本比率がないと健全とは見られなかったが、今では10%で十分とされている、と述べて適切な債務水準は時代と経済環境によって大きく変化している事実に注意を喚起している。

  国債が暴落するのは株高・円安が進行する時

 日本の財政赤字の対GDP比率は世界最高の200%、しかし長期金利は世界最低の1%、その結果としての政府の利払い負担は、対GDP比世界最低の1%にとどまっている。

 日本より債務比率が小さなギリシャが財政破綻に瀕しているのは、長期金利が数年前の4%から危機後10%さらには20%へと急騰したためである。財政破綻が現実のものとなるのは、金利が急騰する時と考えて間違いはあるまい。

 それでは日本において将来、ギリシャで起こったように金利が急騰し、財政破綻を引き起こすような危機が現実のものとなるだろうか。

 その可能性はほとんど考えられないのではないか。というのは、金利の急騰は、国債が売られ他の資産に乗り換えられる急激な資金移動が発生する時に起きるのであり、同時に必ず代替資産投資を起こすからである。

 欧州危機に際しては、ギリシャやイタリアの国債売却と同時に、ドイツ国債が買われた。ギリシャ等南欧諸国で資金不足により景気が悪化、リストラ、財政支出削減等が進行したが、他方、ドイツでは空前の金利低下により投資ブームが起こっている。

 日本国債が売却されるとして、その資金の行く先は、(1)国債より低リスクの現金、(2)国債より高リスクの社債・住宅債券・株式・不動産等の民間資産、(3)海外資産、の3つの範疇しかないが、(1)は危機に対応した日銀のマネタイゼーションが起きることは必至なので、考えにくい。

 つまり国債が暴落するような信認危機の深化に際しては、日本政府部門の債務としての日本国債と貨幣(日本円)との同質性はより強く認識されると思われるので、現金(日本円)が逃避資産になるとは考えられない。

 となると、日本国債暴落は、怒涛のような(2)の株式など高リスク民間資産か、(3)海外資産への資金移動によって起きることとなる。つまり国債暴落は株高または円安と同時に進行する可能性が高いと見られるのである。

  増税によるデフレ継続とどちらが望ましいか

 現在、暴落すると懸念される日本国債を、極端なまでに多くの日本投資家が抱えこんでいる。

 日米の金融資産配分を株式保有比率対債券・現金保有比率という形で比較すると、家計では日本(株式6%、債券現金59%)、米国(株式32%、債券現金24%)、年金では日本(国内株式9%、債券現金37%)、米国(株式36%、債券現金23%)、保険では日本(国内株式5%、債券現金62%)、米国(株式25%、債券現金56%)となっている。

img_f2b31eb0ee6b86ee45facaff4d9989ad31712.jpg
 日米の資産配分比較(家計)  出所:日本銀行

img_bf885e635fd48879273e0c69bd1857e032727.jpg
 日米の資産配分比較(年金基金)  出所:日本銀行

img_2f43191f67d91061242616e29e5ac71f33338.jpg
 日米の資産配分比較(保険)  出所:日本銀行

 この債券、特に日本国債偏重の極端なポートフォリオは、失われた20年を特徴づける「円高・デフレ・超低金利」という異常空間の中でのみ、妥当な資産配分であった。

 しかし国債が暴落すれば、「円高・デフレ・超低金利」という異常空間も終わる。投資家は資産配分の修正を一気に行い、大がかりの国債からの資金避難が起きる。円安・株高が起きる。それによって20年間下げ続けてきた賃金が上昇し、日本製品の競争力が強まり、株・不動産の値上がりが始まる

 現在の日本において極論すれば、円安はすべて善である。逆に円高デフレの同時進行は「悪徳」である。デフレは借り手、リスクテイカーを懲罰し、資本主義の精神、アニマルスピリットを萎えさせる。

 またデフレは生産性格差上昇率格差をインフレで埋めることを困難にし、低生産性、内需セクターの停滞と賃金下落を引き起こす。つまり所得配分を歪め、格差を拡大させる。さらにデフレスライドの支給減が行われないために、年金受給者、公務員など非ビジネスセクターの相対所得を引き上げ不公平を拡大する。

 「失われた20年」を特徴づけた円高・デフレの悪循環終焉は、日本の経済と市場の風景を根底的に変化させる可能性が強い。

 仮に増税をせずに金利が急上昇したとしたら、投資家のポートフォリオシフトにより、株高か円安が起きる。
 増税によるデフレ継続よりは円安株高の方が日本経済にとって望ましいのは論をまたない。
 国債暴落が起こったとしても、それは、官僚行政の危機ではあっても、日本経済の危機ではない。


img_b2cd983dc6ab47d1e85c09a7f86a6b5646927.jpg
 機関投資家の資産配分(世界)  出所:IMF(国際通貨基金)、武者リサーチ

img_73f986cc3c3157a275fb939a5db2993953068.jpg
 機関投資家の資産配分(日本)  出所:日本銀行、武者リサーチ
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 このブログ内のデフレ論を中心に、過剰米国債、円高関係ページのリンク。

・ 労働分配率の強制修正
・ 世界で日本のみデフレ
・ デフレ脱却には賃金上昇が不可欠
・ 民間給与5.5%減、237,000円減
・ 日銀の金融緩和は誰のためか
・ 通貨戦争(4)日本
・ 公務員叩きとデフレ対策
・ 信用創造(3)無政府的な過剰通貨
・ 通貨戦争(13)闘う政治を
・ S&P国債格下げの理由はデフレ増税論
・ デフレ脱却できないままに食料・石油が高騰してくる
・ 始まる価格高騰はコスト転嫁できず倒産と需要減少
・ 100兆円の余力を持ったまま自殺するのか
・ 復興財源には外貨準備を使え 
・ 滅亡か、米国債売却による経済復興か
・ 窮乏化する日本
・ デフレを知らないふりする増税論者ども
・ 日本に増税を求める国際金融資本
・ デフレ下で増税を叫ぶ愚者たち:三橋
・ 通貨戦争(37)財務省・日銀の窮乏化政策
・ なぜデフレなのか、なぜ放置するのか
・ 通貨戦争(40)デフレ、円高、増税政策の日本
・ 60歳の地獄か、年金と再雇用の現実
・ 通貨戦争(42)通貨による搾取システム
・ ゆでガエル!
・ 消費増税でデフレ恐慌を目指すかいらい政権
・ デフレを放置し、黒を白とうそぶく日銀総裁
・ 増税でデフレ恐慌、襲う国際金融資本
・ 民を殺す消費増税
・ 日本の労働は封建主義の農奴農民か
・ デフレ、米国債、輸出価格是正の課題
・ 日銀法の改正
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/1030-3d460376

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん