もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通貨戦争(54)債務国から巨額の資金流出

 1ユーロ

 ユーロ圏内で、債務国から前例のないほど巨額の資金流出が起きている。
 連邦国家ではなく、集合した独立国家が共通通貨を使用することの基本的で、致命的な欠陥がまたも新たに現れた。
 離脱分裂の危機が早まることは疑いない。
 ーーーーーーーーーーーーーーーー
  ユーロ圏の安全国へ資金が逃避、通貨同盟存続を投資家疑問視  4/16 Bloomberg

ユーロ圏の金融危機は再び激化しているようだ。13日までの週のスペイン国債市場の波乱が示している。
もっとも、実を言えば危機は一度も去っていなかった。
そして、域内の国境を越えた資金の動きからは、欧州の人々が通貨同盟の存続をますます疑問視していることがうかがわれる。

最近数カ月は市場が落ち着いているように見えたが、洗練された投資家も普通の預金者も等しく、財政の弱い国から比較的安全とされる国へとユーロを移していた。
財政難国がユーロを捨て、これらの国の預金者の手には価値の目減りしたドラクマやリラ、ペセタが残されるという懸念が強まっていることが示唆される。

このような資金の流れを定量化するのは難しいが、ユーロ圏の中央銀行のバランスシートを観察することである程度、推測することができる。
域内のある国から別の国へ資金が流れると、流入先の国の中銀は同額を流出国の中銀に貸し付けることで通貨同盟内の収支を均衡させる。
例えばスペインの預金者がお金をドイツの銀行に預け替えると、スペイン銀行はドイツ連邦銀行から借金をすることになる。
各国間の貸借関係を見ることで、ユーロ圏のどの国からどの国へ資金が幾ら流れたかを推測できる。

この分析によれば、ユーロ圏では今、前例のない資金逃避が起こっているもようだ。
主としてスペインとイタリアから流出しドイツとオランダ、ルクセンブルクに向かっている。
3月だけでも約650億ユーロ(約6兆8000億円)がスペインから域内の他国に移った。
2月までの7カ月では、スペインとイタリアの中銀の借り入れはそれぞれ1550億ユーロと1800億ユーロ増えた。
ドイツとオランダ、ルクセンブルクの中銀はユーロ圏の中銀への貸し付けが約3600億ユーロ増えた。

 増加分は倍増

この7カ月の増加はその前の17カ月のほぼ2倍で、逃避先3カ国の他の中銀への融資は7890億ユーロと過去最大に膨んだ。
つまり3カ国の中銀、そして中銀を通して納税者が、イタリアやスペイン、ギリシャなどの債務だった約7890億ユーロを引き受けたということだ。

イタリアとスペインをめぐる懸念は、銀行・ソブリン・経済危機が合体した複合危機への欧州の対応が不適切な状況を反映している。
欧州中央銀行(ECB)は銀行システムに1兆ユーロ余りを注入したが、イタリアとスペインの銀行はこれを自国の国債購入に充ててしまい、自らの運命を国に結び付けてしまった。
欧州の新財政協定が求める厳しい緊縮策は財政難国の赤字削減のために必要な成長を止め、事態悪化を招いている。
市場がイタリアとスペインに資金を貸すことをやめれば、融資能力が6000億ユーロ程度しか残っていない救済基金は全く不十分ということになる。両国の向こう5年の資金需要は1兆ユーロ余りだからだ。

 対応に変化を

欧州の首脳らが流れを変えたいなら、やり方を変える必要がある。
ブルームバーグの見解では、悪い中でもまだ最善の道は、圧倒的な資金を示すことと統合深化だ。
欧州連合(EU)および国際通貨基金(IMF)とともにECBが十分な規模の保証を提供し、イタリアやスペイン政府の資金調達と銀行資本強化についての市場の疑念を払拭することだ。
われわれは必要な規模を3兆ユーロ以上と見積もっている。十分な額を示し市場が安心すれば、実際には使わなくて済む。

また、ユーロ圏は財政規律を強化するばかりでなく、財政難国を支援する財政同盟を結ぶべきだ。
米国で連邦政府が行うように、景気低迷に見舞われている国への歳入の移転ができるようにする。
そうすれば、ギリシャとポルトガル、アイルランド、スペイン、イタリアが歳出削減と景気悪化の悪循環を断ち切るのを助けられる。

欧州が現在取っている漸進的なやり方が危機対策費用の圧縮につながるというのは幻想だ。
資金逃避が示すように、ユーロ圏の財政難国では民間資金が流れ出し納税者への依存が高まっている。
苦境にある銀行と政府へのEUとECB、各国中銀からの貸し付けは今や2兆ユーロを超え、この資金の多くは借り手がユーロを離脱すれば失われる。

ユーロへの信頼を回復するために資金を積み上げた方が結果的に安上がりだと欧州の首脳らが気付けば良いが、遅くなり過ぎると危機のコストは納税者が負担しきれないほどになるだろう。
 ーーーーーーーーーーーーーーーー
 このブログ内での、ユーロの基本的で致命的な欠陥とリーマンショック以来の二極化の危機についての、関連記事リンクです。

・ 通貨、金利と信用創造の特殊な性質
・ 欧州の財政危機
・ ユーロは夢の終わりか
・ ヨーロッパの危機
・ 動けなくなってきたユーロ
・ ギリシャを解体、山分けする国際金融資本
・ 過剰信用と恐慌、焼け太る国際金融資本「家」
・ ユーロは凋落、デフレと円高は悪化へ
・ ユーロの危機は労働階級を試練にさらす
・ ギリシャの危機拡大はEUの危機!
・ 公平な分配で経済成長を続けるアルゼンチン
・ アイスランドの教訓:銀行は破綻させよ
・ ギリシャ、イタリアでIMF、EU抗議の大デモ
・ 破滅するユーロか、破滅する国家か
・ 欧州直接統治へ進む国際金融資本
・ ユーロは国民国家を解体するか
・ アイスランドの教訓、ギリシャはドラクマに戻せ
・ ユーロは崩壊か分裂か
・ 動乱の2012年
・ 通貨戦争(46)ドル、ユーロ、円
・ ヨーロッパは恐慌に向かっている
・ ユーロ危機で延命するドル・ 通貨戦争(48)分裂に向かうユーロ
・ 緊迫するユーロ、ギリシャは何処へ向かうか
・ IMF、EU、メルケルと闘うギリシャ
・ ギリシャ、抗議の暴動
・ 資産も主権も国際資本に奪われるギリシャ
・ ギリシャは民主主義を守るためにデフォルトを!
・ ユーロが襲うギリシャの社会危機、政治危機
・ 毒饅頭を食わされたギリシャ
・ 何も改善しないEU新財政協定
・ ユーロの悲劇:三橋
・ 通貨戦争(51)ユーロ分裂に備え始めた欧州
・ ヨーロッパは底なしの危機、27の指標
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://bator.blog14.fc2.com/tb.php/1028-ef5a8ea9

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。