fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

Hさんのこと

ままごと

   夫婦の会話とままごと遊びの会話
Hさん
94歳のHさんは脳梗塞で左半身麻痺、左がわの手足は拘縮が著しい。
自力ではほとんど動けず、オムツは日に2回取り替える、また、褥瘡を防ぐために身体の向きを変える。
言葉はほとんど話す能力を失っており、身振りなども手先を上げるくらいなのでコミュニケーションの能力もほぼ失われている。ただ聴覚は残っていて、大声なら聞こえているようである。
 就寝前にベッド周りのカーテンを回して閉めに行くと眼は半開きで眠っている。
言葉をほぼ失ってしまったHさんである。
 だが、毎日6時か7時に奥さんが来てベッドそばに座るのだが、この時奥さんとは30分ほども「話」をしているのである・
奥さんはHさんの方に上半身を傾け、30cmくらいに近寄って話を聞き、そして話す。
「………………..!」
[----------------うん」
「-----------------?]
「.........................!.........….!」
「---------------うん!」
………………..!,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,?]
「うん!.............................うん!」
夫婦の会話であるから傍の者にはどうせわからないのであるが、明らかに「会話」が成立している。
やはり、夫婦のコミュニケーションというものは絶大で偉大なものと感じる。

思うのは4.5さいの頃のあの「ままごと遊び」である。「お父さん」が帰ってきたら「お母さん」が「お帰りなさい」と言って、そこら辺の雑草などの「食事」を用意して「食べた」ものでした。そこで「子供なり」の「夫婦の会話」をしていたのでしょう。具体的に中身が展開する話はなくともそこに夫婦の「話」
という名の「コミュニケーション」がある。
そのことが目的の「お話」「会話」なのでしょう。
Hさんのご夫婦の会話は会話として具体的には展開されていなくともコミュニケーションとしての目的ある「会話」として偉大」、「絶大」に会話が成立しているのだと思いました。
「毎日来ないとお父さん元気がなくなるから」
Hさんは奥さんとの「会話」で元気をつけているのでした。

私が退院の頃、Hさんは食堂で離れて入るのですが、自分で水差しを掴んで水を飲むまでに回復していました。




関連記事

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん