fc2ブログ

もうすぐ北風が強くなる

沖縄の意思に敵対する政府と暴力海保

 辺野古では海保の暴力行為が激しさを増している。
 女性を海に突き落とし、ずぶ濡れのまま2時間半拘束。
 抗議船が救急車を呼び、危うく搬送された。
 ーーーーーーーーーーーーーー
   辺野古の海保警備 激しさ増す 海上抗議で初の救急搬送  3/5 琉球新報

辺野古1
市民を数人がかりで押さえ付ける海上保安官=4日午前10時26分、名護市の大浦湾

辺野古2
カヌーから落水した市民を確保する海上保安官=4日午前10時25分、名護市の大浦湾

 米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で、市大浦湾での海上作業に抗議するカヌー隊の女性1人が4日午後、救急搬送された。海上抗議での救急搬送は初めて。
 海上保安官に確保され、1時間半以上ゴムボートの上で拘束されている間に、寒さで体が震え体調不良に陥った。

 ボーリング調査再開を前に、海保の警備行動が再び激しさを増している。
 海上保安官により、カヌー隊の別のメンバーが海に投げ出されながら確保されたり、抗議船の市民が腕を後ろに大きく曲げられながら押し倒されて確保されるなどの場面があった。

 搬送された女性を除くカヌー隊5人は、抗議船と引き離された地点で2時間半以上にわたり拘束された。
 搬送されたのは40代女性。状況の確認に来た抗議船の船長が、うずくまり青ざめている女性を見て「緊急事態」と判断
 海上保安官に訴えたものの、手配が遅いとし船長が直接救急車を呼んだ
 女性は抗議船に移り、最寄りの港から救急車で市内の病院に搬送された。

 女性は病院で体調は回復したものの「確保された時に波をかぶり体が冷えていた。ゴムボートには上げてくれたが、仲間の近くで早く解放してほしいという要望は聞き入れてくれなかった」と話した。
 ーーーーーーーーーーーーーー
   海保、抗議へ暴言 仲間解放求める船長に「腐れナイチャー」  3/5  琉球新報

 米軍普天間飛行場移設に伴い新基地建設の作業が進む名護市大浦湾で4日、新基地建設に抗議する市民に対し海上保安官の1人が「腐れナイチャーや」と発言し、抗議行動を制止しようとした
 拘束された仲間の解放を求める船長らに対して発言した。
 この日は海上行動で初の救急搬送者を出したほか、強引な確保・拘束も見られ、新基地建設に反対する市民らは「人権侵害だ」と海上保安官の言動を問題視した。

 この日は午前9時25分に市民抗議船4隻とカヌー7艇が市瀬嵩の浜を出発。臨時制限区域を示すように設置されている大型浮具(フロート)内で抗議行動を展開した。
 同10時20分すぎ、スパット台船の組み立て作業の中止を求めている最中、海保による確保が始まった。
 その中でカヌーに乗る男性に対し、複数の保安官が海に飛び込み取り押さえようとしたため男性は落水した。
 助けようとする抗議船の船長らの手を振り払いながら保安官が拘束した。
 さらに、この行動に抗議の意思を示した市民船に保安官4、5人が一斉に飛び移り、市民男性1人を押し倒しながら確保した。

 これら強引な確保に抗議していた別の市民船の船長に対し、保安官の1人が発言した。
 発言について第11管区海上保安本部の担当者は「調査しているところで、現時点では把握していない」と回答した。
 発言について、沖縄に移り住んで15年余になる船長の相馬由里さん(37)は「県内、県外出身という区別なく、沖縄県民の思いを受け止め、発信したい人が辺野古に集まっている。発言は悲しいことで、撤回してほしい」と述べた。
 ーーーーーーーーーーーーーー
   <社説>不開示求め提訴 知る権利に逆行する愚行  3/7 琉球新報

 県が情報公開条例で開示決定した公文書について、国が決定取り消しを求める訴訟を提起した。
 文書は米軍北部訓練場や東村などを通る県道70号の共同使用を取り決めたものだ。県道利用の文書をなぜ開示してはいけないのか。
 国が不開示を求めた文書は県の共同使用申請を受け、米側提案の使用条件を那覇防衛施設局長(当時)が県に照会した1981年の通知の一部と米軍、施設局、県の三者間で90年に締結した協定書の2件、英訳文書の計4件だ。

 国が不開示を求める理由は2点だ。文書を「日米合同委員会の議事録の一部」と位置付け、議事録は日米の合意がない限り、公にしないことが前提になっているとしている。米側が不開示を求めていることを挙げ「米国の信頼を損なう」として不開示を求めている。
 日米合同委員会とは日米地位協定の実施に関する日米両政府の協議機関を指し、日本からは外務省北米局長ら、米国からは在日米大使館公使らが参加する。
 議事録は合同委員会で協議した内容を記したものだ。
 今回の該当文書は県に照会した通知の一部と県などとの協定書だ。
 どう考えても日米合同委員会の議事録とは言い難い。


 県は文書が日米合同委員会の議事録ではないと判断し、開示決定を出している。
 素直に解釈すれば県の判断にこそ妥当性がある。
 国はこの文書をなぜ議事録の一部と導き出せたのか。ただのこじつけとしか受け取れない

 防衛省はヘリコプター着陸帯工事に反対する住民らの阻止行動の排除を目的に、県道70号を共同使用から米軍専用区域に変更する手続きを進めるようだ。
 住民はこうした動きを受けて文書の開示を請求した。
 提訴に持ち込んだ国の対応は工事反対の動きを封じ、国民の知る権利をいたずらに阻害する悪質な行為と言うほかない。

 国は過去に海上自衛隊那覇基地の対潜水艦作戦センターの建築図面を開示決定した那覇市を相手に不開示を求める訴えを起こした。
 判決は「秘匿の必要性は認められない」と国の訴えを退けている。今回の訴訟提起はこの裁判と同じ結果になろう。

 在沖米軍基地の提供・使用条件などを定めた日米合同委員会の秘密合意文書「5・15メモ」ですら18年前に全面公開されている。
 国は情報公開に逆行する愚行をやめ、訴訟を取り下げるべきだ
関連記事

WHO、砂糖の摂取量ガイドライン

 ケーキ

   砂糖新指針、欧米で物議「無理」 専門家ら反論、現行基準すら順守できず  3/6 biz-journal

 世界保健機関(WHO)が4日に発表した砂糖の摂取量に関する新ガイドラインが欧米で物議を醸している。
 WHOではこれまで成人の砂糖摂取量について、1日に摂取する総カロリー量の10%未満が望ましいと定めていたが、今回の新ガイドラインでは、生活習慣病の予防に望ましい水準として、従来の半分の5%未満に厳格化した。
 ところが5%という数字は砂糖換算だと25グラムでティースプーンわずか6杯分
 欧米では缶入りソーダ(340ミリリットル入り)1本がティースプーン10杯分(約40グラム)の砂糖を含んでおり、新ガイドラインだと1缶で1日の摂取量を超過する。
 そのため専門家から「5%は現実的ではない」といった反論が出ている。

 ◆現行基準すら順守できず

 WHOの栄養部門の責任者、フランチェスコ・ブランカ博士は、新ガイドラインの発表会見で「われわれが砂糖に注目する理由は、それが多くの国々で公衆衛生上の懸念となっている体重増や肥満の増加と大きく関係するためである」と明言。
 そのうえで、従来通り10%未満を推奨値としながらも、心臓病や糖尿病、ガンといった不健康な食生活と関連する生活習慣病の予防には5%未満がより望ましいとする新ガイドラインを説明した。

 ところがこの5%という数字、実はそう簡単に順守できるものではないのだ。
 AP通信やロイター通信などによると、欧米では、そもそも10%という数字すら順守できていない国々が目立つ。
 例えばポルトガルが25%、英国が17%、米国は成人13%、子供だと16%に。米国の13%という数字はティースプーン18杯分で268カロリーにもなる。

 ブランカ博士が説明した地域ごとの砂糖摂取量は、新目標が1日あたり25グラムなのに対し、南米130グラム、北米と中米が95グラム、西欧101グラム、中東90グラム。最も低い赤道地帯と南アフリカですら30グラムだ。
 農畜産業振興機構によると、砂糖とデンプン由来の異性化糖をあわせた日本人の糖類摂取量は66グラムという。

 WHOの推奨する5%だと、欧州では何とか7%を維持するノルウェーとハンガリーさえ基準超えで、順守はほぼ不可能と言っていい。

 その理由について欧米メディアは、意外な食品が多くの砂糖を含んでいることを挙げる。例えば、サラダ用のフレンチドレッシングには1回分(ティースプーン2杯分)に4グラム、冷凍ピザ1食分に7グラム、健康に良い印象があるヨーグルトでも、人気のギリシャヨーグルト「チョバーニ」(1つ150グラム)は17グラムもの砂糖を含んでいた。
 この他、シリアルで1カップに9グラム、ピーナツバターで1回分(ティースプーン2杯分)に7グラムと、あらゆる食品に大量の砂糖が使われている。

 ◆「ジュース1杯も飲めず」

 そのため、専門家からは、西欧諸国にとってガイドラインは従来の10%が現実的であり、5%は開発途上国を対象とすべきだとの声が上がっている。
 英キングス・カレッジ・ロンドンで栄養学と食事療法学を教えるトム・サンダース教授はAP通信に「5%を順守するならオレンジジュース(コップ1杯砂糖が24~26グラム)を飲むことすら許されないだろう」と憤慨

 さらに「欧米など先進国なら甘い飲み物やシリアル、ビール、あめ、クッキーをやめれば10%は困難ではない。ケーキは愛すべき食べ物だが、ごちそうなのだ」と述べ、ぜいたく品や菓子類をやめ、10%をめざす方が現実的との考えを強調した。
 ーーーーーーーーーーーーーーーー
※ アジアでも欧米でも砂糖類が多いですね。
 コーヒーでも紅茶でも必ず砂糖をじゃんじゃん入れるし、チョコレートなども含めて、どうも砂糖類も栄養源のように感じているように思われます。

 日本人は欧米ほどには砂糖を摂っていないが、平均で66グラムですか、誰が摂っているのでしょう。
 甘味飲料の好きな人はともかくとして、やはり加工食品でしょうね。
 カップラーメンから中食惣菜まで広い範囲で砂糖類が味付けに使われています。食パンでさえ入っています。

 お菓子や炭酸飲料の好きな人はしょうがありませんが、あまり調理しないで、加工食品や中食、外食の多い人も砂糖類を多く摂ることになります。
 味覚が「甘み」に慣らされてしまうことが心配されます。

 とはいえ、25グラム。日本でなら何とか可能かもしれません。
 「砂糖は食材ではない、百害あって一利なし
関連記事

 | HOME | 

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (175)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん