もうすぐ北風が強くなる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるで中世の専制国家 民意を無視する野蛮な政府

   辺野古 名護署、抗議中の市民男性1人逮捕  3/31  琉球新報

名護署前
キャンプ・シュワブ前での市民男性の逮捕に抗議する市民ら=31日午前10時35分ごろ、名護署前

【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場移設に伴う新基地建設計画が進む名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で31日午前、基地建設に抗議していた市民の男性1人が公務執行妨害で逮捕され、名護署に連行された。
 ゲート前では、早朝から約20人の市民らが海上保安官や作業員の車両が基地内に入るのを止めようと座り込むなどして抗議。
 一時100人近くの機動隊ともみ合いになり、男性1人が逮捕された。
 男性は基地内に拘束され、午前8時50分ごろに名護署に連行された。
 午前11時現在、市民ら約80人が名護署の前に集まり、「不当逮捕だ。仲間を返せ。市民弾圧やめろ」と男性の逮捕に抗議の声を上げている。

 一方、海上ではスパット台船2基が作業を続けている様子が確認された。
 海上で抗議行動をしていた市民らのカヌー18艇のうち8艇が海上保安官に拘束される場面があった。
 ーーーーーーーーーーーーーー
翁長

   翁長知事、民意背に毅然 農相、県指示効力停止  3/31  琉球新報

 林芳正農相が30日、翁長雄志知事の作業停止指示の効力を一時執行停止すると決定した。
 日米関係への影響などを挙げ「指示は無効」とする政府側に対し、「民意に寄り添い、腹を据えて対応していく」と辺野古新基地阻止の意思をあらためて示した翁長知事。
 識者らも「地方自治を無視している」「声を上げれば押しつぶすという国の態度は明らか」と、今回の決定の問題点を指摘する。
 新基地建設に抗議行動を続ける市民や沖縄戦体験者らは、農相の決定に「これで法治国家と言えるのか」と、反発の声が上がった。

 「民意に寄り添いながら腹を据えて対応していきたい」―。30日午後5時すぎ、知事室前に集まった記者団に対し、翁長雄志知事は毅然(きぜん)と言い切った
 辺野古新基地建設をめぐり、林芳正農相が作業停止指示の「一時執行停止」を決めたが、翁長知事は淡々とした口調ながらも、言葉に決意をにじませた。

 農相の決定を受け翁長知事は、当初予定していた午後の日程をキャンセルし対応を協議。記者団への質問に答える「ぶら下がり取材」に応じた。

 知事室前にはテレビカメラ12台が並び、約40人の記者が集まった。
 翁長知事は終始表情を崩さず、言葉を選ぶように記者団の質問に答えた。
 農相の決定に「審査が公正公平に行われたのか理解できず残念」としたが、岩礁破砕の許可取り消しに関する質問には「個別的なことについては軽々に答えられない」と手の内を明かさなかった。
 一方で「名護市長選、知事選、衆院選で県民の民意ははっきりと示されている」と正面を見据え、新基地建設反対の民意をバックに政府に対応していく姿勢をあらためて強調した。
 ーーーーーーーーーーーーーーーー
   <社説>農相効力停止決定 まるで中世の専制国家 民意無視する政府の野蛮  3/31  琉球新報

 いったい今はいつの時代なのか
 歴然と民意を踏みにじり恬(てん)として恥じぬ政府の姿は、中世の専制国家もかくや、と思わせる。
 まして民主主義の国とは到底思えない。
 もっと根源的にいえば、この政府が人権意識をかけらでも持っているか疑わしい

 言うまでもなく林芳正農相が翁長雄志知事の発した作業停止指示の効力停止を決めたからだ。
 これで民主国家を称するとは度し難い。
 理は沖縄側にある。県は堂々と国際社会に訴えればいい
 民主制に程遠いこの国の実相を知れば、国際社会は耳を疑うだろう。

  「法治」の機能不全

 この肩書は悪い冗談としか思えないが、菅義偉官房長官は「沖縄基地負担軽減担当相」である。
 この人物の常套句(じょうとうく)は「法治国家」だが、農相の決定は、この国が「法治国家」としても機能不全であることを示している

 ここまでを振り返る。
 仲井真弘多前知事は米軍普天間飛行場の県外移設を掲げて2010年に再選されたが、13年末に突然、公約を翻し、辺野古移設を認める埋め立て承認をした。
 国は沖縄の反対の民意を無視し、14年夏から辺野古沖の海底掘削調査を強行した。
 掘削に先立ち、沖縄防衛局は県から岩礁破砕の許可を得たが、その際は錨(いかり)(アンカー)投下と説明していた。
 だがことし1月に10~45トンもの巨大なコンクリートを投下し始め、サンゴ礁を壊しているのが海中写真と共に報じられた。

 県は実態調査のため、制限区域内への立ち入り許可を米軍から得ようと防衛局に調整を求めたが、防衛局は拒否した。
 現に環境破壊が進行中なのに、環境保全を管轄する県が調査すらできない。
 そんな「法治国家」がどこにあるか。

 県は今月23日に防衛局に作業停止を指示した。
 翌日、防衛省は農相に不服申し立てをして県の指示の効力停止を求めた。
 県は27日、却下を求め農相に意見書を出したが、県の要求は退けられた。

 そもそも行政不服審査法は国民に行政庁への不服申し立ての道を開くのが目的だ。
 行政庁が自らの行為の温存に使うのは本末転倒
である。
 しかも審査は第三者機関がするのではない。
 農相は閣僚で、防衛省に停止を求めれば閣内不一致となる。停止指示できるはずがない
「法治」の根源である客観性の欠落は明らかだ。

 国は、県が許可したことを掘削強行の根拠とする。
 だが、数十トンもの巨大なコンクリートを「錨」と呼ぶのは詐称に等しい。
 しかもサンゴ破壊は県の許可区域外にも及んでいることがはっきりしている。
 どんな観点から見ても国の掘削は違法性が濃厚なのだ。
 これで「法治国家」といえるのか。

  基地集中は限界

 国は、工事停止で作業が遅れれば「日米の信頼関係に悪影響し、外交・防衛上の損害が生じる」と主張する。
 サンゴ破壊の有無を調べるだけで「信頼」が失われるような二国間関係とは何なのか。
 まして「日米関係が悪化するから」という理由で、国内法に基づく許可を得ないまま作業を続けていいと言うのなら、県の言う通り、もはや独立国家ではない

 辺野古移設は、地元では反対を掲げる市長が再選され、市議会も反対が多数を占め、反対の翁長氏が知事に当選し、衆院選は反対派が全小選挙区で勝利した。
 民主主義の観点から沖縄はこれ以上ない明確さで意思表示している。

 国は前知事の承認を大義名分とするが、公約破りに民主主義上の正当性はない
 昨年の知事選で、前知事が現職としては前代未聞の大差で敗れたことからもそれは明らかだ。
 その民意を踏みにじり、度重なる知事の面会要求すら拒み続けて移設を強行する政府の姿は、何と野蛮であろうか。

 常識的に考えて、国土のわずか0・6%の沖縄に米軍専用基地を74%も押し込め、戦後70年を経てもなお続けようとするのは人道上も許されない
 それが限界に来ている事実を政府は直視すべきだ。
関連記事
スポンサーサイト

民放TVに「言論」は不要、一掃された反政権言論人

古賀鳥越香山森永

   古賀茂明氏だけじゃない TVから一掃された“反政権”言論陣  3/31 日刊ゲンダイ

 先週27日のテレビ朝日系「報道ステーション」で、降板をめぐる官邸やテレ朝上層部からの“圧力”を暴露した元経産官僚の古賀茂明氏(59)。「I am not ABE」と書いた紙を掲げ、強烈な最後っ屁をかましたが、古賀氏はまだマシかも知れない。

 この春の番組改編で、民放各社の報道・情報番組のコメンテーターから、安倍政権に批判的な論客は静かにほぼ一掃された
 今や、反安倍論客はテレビ界の「絶滅危惧種」といってもいいほどだ。

 報ステでは、月~木曜のコメンテーターだった朝日新聞の恵村順一郎論説委員も3月いっぱいで降板する。
 昨年9月放送の慰安婦問題の検証で、「慰安婦問題は消すことのできない歴史の事実」とコメントしたのが、同10月のテレ朝の番組審議会で「ちゃぶ台返し」と非難された。
 ちなみに、審議会委員長の見城徹・幻冬舎社長は安倍首相の「メシ友」だ。

 また、古賀氏と同じく「翼賛体制の構築に抗する言論人、報道人、表現者の声明・宣言」の賛同人である精神科医の香山リカ氏も、3月をもって9年続いた日本テレビ系「スッキリ!!」のコメンテーターから外れた。
 香山氏は昨年、安倍首相の集団的自衛権の行使容認会見を「欺瞞的」と切り捨てていた。

 ほかにも、安倍政権の解釈改憲を真っ向から批判している作家のなかにし礼氏や、「秘密保護法は戦争できるようにするための法律」と喝破したジャーナリストの鳥越俊太郎氏。
 原発事故後に東電と国の原子力行政を批判してきたジャーナリストの上杉隆氏岩上安身氏らも、地上波から完全に姿を消してしまった。

  ■今の民放キー局に“意見は不要”の自粛ムード

「私も民放キー局から、だいぶ干されています」と打ち明けるのは、経済アナリストの森永卓郎氏だ。森永氏はアベノミクスに否定的な立場を明確にしている。

「古賀さんのように官邸にニラまれなくとも、今の民放キー局には政権批判の自粛ムードが蔓延しています。
 広告収入は激減、制作費は大幅カット、少数スタッフで番組作りを強いられる現場は『始末書』を書く余裕すらない。
 裁判やBPOに訴えられたら面倒だ、とハナから厄介事を避ける風潮が強い。
 だから、コメンテーターには政治に波風を立てて欲しくない
 いわゆる“左派”に限らず、コラムニストの勝谷誠彦さんや独立総合研究所の青山繁晴さんなど過激な“右派”も干されてしまうのです。
 元NHK記者の池上彰さんや、予備校講師の林修さんが重宝されるのは、政治的意見を極力抑えて、誰からも批判されないように時事ネタを解説するのが上手だから
 今の民放キー局に“意見”は不要なのです

 かくして報道・情報番組のMCやコメンテーターには、ジャニーズのタレントやよしもと芸人ばかりが増えていく。
 今のテレビは「言論の自由」を自らの手で握り潰している。
 ーーーーーーーーーーーーー
※ 民放はしつこいCMと馬鹿タレント芸人ばかり、近年はスポーツ選手までがテレビ映りのポーズや表情をする。
これでは文字通りの「一億総白痴化」だ。
NHKは加えて「全自動洗脳機」だ。
テレビは見ないほうが良い。

新聞もひどい。まるで信用できない。
まとなのは「日刊ゲンダイ」と「琉球新報」くらいだ。
それと「もうすぐ北風が強くなる」くらいか(笑)。
関連記事

食の裏側、ピザとチーズ

   某ファミレス「人気ピザ」とチーズの裏側  2014/6/24  河岸 宏和  東洋経済オンライン

  日本人だけが喜んで「ニセモノチーズ」を食べている

N君:「植物性タンパク」でカサ増ししたハンバーグといい、時間の経った「カット野菜」のサラダといい、この店、ボロボロですね……。どのファミレスも似たり寄ったりかもしれませんが……。あっ、最後に注文した「ミックスピザ」が来ました! ピザは……どうですか?

河岸:(一口食べて)冷凍品を仕入れて、チンしただけだね。でも、ファミレスで自家製ピザを期待する人はいないから、別にいいんじゃない。

N君:まあ、そうですよね……。スーパーで売っている冷凍ピザと大差ないってことですか?

河岸:この店はそうだね。上にのっているピーマンは韓国産じゃないかな。それにしても、このピザはチーズがひどいね。

N君:チーズですか? 生地は冷凍品でも、チーズは普通に焼きたてでおいしいと思いましたが。

河岸:このチーズは「チーズフード」といって、本物のチーズを水と小麦粉で薄めてカサ増ししたものだよ。いわば「ニセモノチーズ」。チーズの味も風味もないね。

N君:えっ? 「ニセモノチーズ」ですか? チーズ、好きなのに……ショックです!

前回、前々回に引き続き、ここは都内某所にある大手ファミレス・チェーン店です。新刊『「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。』執筆のための“市場調査”で、編集者のN君(34歳)と一緒に足を運びました。

前々回「人気ハンバーグの裏側」は、自他共に認める「肉のプロ」として、「植物性タンパク」でカサ増ししたハンバーグに激怒したという話をしました。
前回「人気サラダの裏側」は、「次亜塩素酸ソーダ」で何度も洗浄し栄養もおいしさも抜け落ちた「カット野菜」がサラダに使われていること、また輸入野菜のうち、95%が外食・中食に回され、その半分以上が中国野菜だという「現実」について述べました。

ファミレスシーズ3部作の“完結編”として、今回取り上げるのは「ピザ」です。
ファミレスでもイタリアンでも、ピザは人気メニューのひとつです。それにN君のように、老若男女を問わず、日本人はチーズが大好きです。

しかし、日本人が食べているチーズの多くは、残念ながら、世界標準で見れば「ニセモノチーズ」です。外食で使われているチーズの9割以上は「ニセモノチーズ」だと思って、およそ間違いないと思います。これほど外食に「ニセモノチーズ」がはびこっているのは、世界中を見渡しても日本だけです。

なぜ、日本人だけが喜んで「ニセモノチーズ」を食べているのか? なぜ外食には「ニセモノチーズ」がはびこっているのか?
今回は、某ファミレスの「人気ピザ」を題材に、日本人が大好きな「チーズの裏側」を公開します。

  チーズには「ナチュラルチーズ」「プロセスチーズ」「チーズフード」の3種類ある

N君:ピザにのっているチーズが「ニセモノチーズ」ということですが、それってどういうことですか?

河岸:そもそも、日本人がよく食べるチーズには3種類あるの。それは知っている?

N君:「カマンベールチーズ」とかですか……?

河岸:それは「ナチュラルチーズ」の種類の話。それ以前の、もっと大きな括りで。

N君:いえ、全然知らないです……。

河岸:日本で売っているチーズは、大きく分けて「ナチュラルチーズ」「プロセスチーズ」「チーズフード」の3種類あるの。「ナチュラルチーズ」というのは、本来のチーズの作り方で作ったもの。原料は「生乳」と「食塩」。

N君:確かに「ナチュラルチーズ」のラベルを見ると、原材料に「生乳、食塩」と書いてありますね。

ナチュラルチーズラベル

河岸:でも、「ナチュラルチーズ」は乳酸菌が生きているから、熟成とともに味も変わるし、食べ頃も変わる。何よりコストがかかるから値段が高い。

N君:それで、「プロセスチーズ」が出てくるわけですか。

河岸:そう。「プロセスチーズ」は複数の「ナチュラルチーズ」を混ぜ、加熱して発酵を止めて、「乳化剤」「安定剤」などを使用して食感を安定させたもの

N君:ホントだ……。「プロセスチーズ」は、原材料を見ると「ナチュラルチーズ、乳化剤」となっていますね。

プロセスチーズラベル

河岸:日本では、チーズといえば「プロセスチーズ」が一般的。大人気のスライスチーズだって「プロセスチーズ」だからね。

N君:なぜ日本では「プロセスチーズ」が一般的なのですか?

河岸:「プロセスチーズ」は「ナチュラルチーズ」よりもくせがなく、保存も利き、状態が安定していて、便利。そして何より安いから
「プロセスチーズ」はもともと、「ナチュラルチーズ」になじみのなかった日本人の口に合うということで広まったけど、いつしかチーズといえば「プロセスチーズ」を指すようになったの。

  チーズが51%以上入っていれば、残りは水と小麦粉でも「チーズフード」と呼べる

N君:で、今回のピザに使われている「チーズフード」というのは?

河岸:「プロセスチーズ」「ナチュラルチーズ」を溶かして、水と小麦粉を加えて「乳化剤」「香料」などを混ぜて固めたものが「チーズフード」

チーズフードラベル

N君:なぜそんなことをするのですか? 水と小麦粉を加えるのはカサ増しのためですか?

河岸:そう。「チーズフード」は、「プロセスチーズ」よりもチーズの含有量が少ない分、価格が安くなるから。
ピザに限らず、ドリアやグラタン、惣菜パン、チーズ加工品などにもよく使われているよ。

N君:みんなチーズと思って食べているけど、それは厳密には「チーズフード」のことも多いということですね。

河岸:外食で食べるチーズの9割以上は「チーズフード」と思って、まず間違いないと思う。
みんなチーズだと思って食べているけど、プロが食べれば、水っぽくて薄く、チーズ本来のうま味も風味もどこにも残っていないものも多いね。

N君:それが「ニセモノチーズ」と呼ばれるゆえんなのですね。

河岸:日本の法律では、製品中のチーズ分の重量が51%以上あれば、「チーズフード」と表記することができるからね。

N君:「チーズフード」は世界中で使われているのですか?

河岸:アメリカでも使われているけど、日本ほどはひどくない。
ここまで「チーズフード」がはびこっているのは、世界でも日本だけだよ。

N君:日本人だけが喜んで「ニセモノチーズ」を食べている、と。

河岸:イタリアを旅行した人が「ピザがおいしかった」「パスタがおいしかった」と口をそろえてよく言うでしょう。
あれはチーズの力によるところが大きいの。本物のチーズはそれくらいおいしいものだから。

  外食店にはJAS法等の法律が適用されない

そもそも「ニセモノ食品」というのは、コストを下げるために、本物にさまざまな「混ぜもの」を入れて本物のように売っているケースです。
代替食品」と呼ばれることもあります。
そのわかりやすい例のひとつが、今回、取り上げたチーズです。

なぜ日本の外食、特にチェーン店がニセモノ食品、代替食品の「宝庫」となっているのか。理由は大きく2つあります。

① 外食店にはJAS法などの法律が適用されない

食品をスーパーなどで販売するときは、原材料(使用した添加物も含む)、賞味期限、消費期限を表示する必要があります。
しかし、外食店でその場で作って提供するときは、その法律が適用されないのです。
外食店の法律は、簡単に言ってしまえば、「食中毒を出さなければいい」という程度のものでしかないのです。

ファミレス、居酒屋などのメニューに「○○産」「ビーフ100%」などと記されているのは、あくまでもその店が自主的に掲載しているものにすぎません。

メニューの自主表記では「都合のいい情報だけ書く」ということがよく行われています。
「北海道産ホタテ」や「スペイン産生ハム」はイメージがいいので書くけど、「ブラジル産チキン」や「台湾産豚肉」はイメージが悪いので書かないのです。

メニューを見て、一部の品だけに「国産レタス使用」「ビーフ100%」と書いてあれば、
「レタス以外は輸入野菜?」「ハンバーグ以外はビーフ100%じゃないの?」と“裏読み”するのが賢い見方です。

私は本来なら、外食店にも情報公開の義務がある、その場合は「国産」という表示ではなく「県名」まで出すべきだと思います
そうやって情報が公開されて初めて、消費者は「選択」できるわけですから。

② コンサルタントの“暗躍”

ニセモノ食品がはびこるもうひとつの理由は、外食店の効率化、合理化を進める「コンサルタント」の“暗躍”です。

外食コンサルタント」「フードコンサルタント」といった肩書きの人たちが、町の小さな飲食店にも乗り込んで「合理化」を進めています。
あるいは食材屋、添加物の営業マンもしきりに「合理化」をささやいています。

「どうせピザやドリアに使うチーズの味なんて、お客さんはよくわかりませんよ。
『チーズフード』を使えば、コストをこれだけ下げることができますよ。保存もラクだし、廃棄リスクも抑えることができますよ」といった具合です。

この効率化、合理化の波が、日本の外食をおかしくている大きな一因になっているのです。

  戦後の貧しさを引きずった悲しきニセモノ食品

「ニセモノ食品」を食べつづけた結果、あたかもそれが本物だとみんな勘違いしているような食品もあります。たとえば片栗粉は「ニセモノ食品」「代替食品」だったものが全国的に当たり前になってしまったケースです。

白い袋に入って「片栗粉」と書いて売っていますが、裏の表示を見ると、「馬鈴薯デンプン」と書いてあります。
これはジャガイモのデンプンなのです。

本来は、カタクリという植物から作ったものを「片栗粉」といいました。
カタクリは高価で稀少なため、馬鈴薯デンプンを片栗粉といって売っているのです。
これを日本人は全員がだまされて買っているのです。

馬鈴薯デンプンが悪いわけではありません。
片栗粉もどき」か「馬鈴薯デンプン」といって売れば済むことです。つまり、「がんもどき」にならえばいいと私は思うのです。

日本におけるニセモノ食品(代替食品)の先駆けは、がんもどきかもしれません。
がんもどきは雁という鳥の肉が高級品で食べられないから、豆腐を揚げて、雁の肉に味を似せて作ったものです。
がんもどきはがんもどきで十分おいしいし、潔く「もどき」と名乗っている。それならば何の問題もないのです。

それをいかにも「本物風」に見せかけて売るから、消費者は知らずに食べて「こんなものか」と思ってしまう
「ニセモノ食品」を食べ続けた結果、どんどん日本人の舌がマヒしてしまっている、そんな気がしてなりません。

冒頭でも述べたように、「ニセモノ食品」がここまで外食にはびこっているのは、世界中でも日本だけです。
なぜ日本だけが「ニセモノ食品」を作り、それを喜んで食べているのでしょうか?

実は「ニセモノ食品」は、戦後の貧しい時代の名残なのです。
食料のない時代、日本人は食べ物の切り落としでもクズでも大事に食べるために、一生懸命知恵を絞りました。
そうやって生まれた食品のひとつが「プレスハム」「チョップドハム」です。
プレスハムは端肉、クズ肉を寄せ集めて、つなぎに「植物性タンパク」やデンプンなどを入れ、ギュッと圧力をかけて成型したものです。
肉が高級品だった時代、少ない肉に大豆の搾りかすやデンプンといった「安いもの」を探して混ぜて、一生懸命膨らませて食べようとした、いじましくも切ない日本人の知恵だったのです。

しかし食べられない時代の知恵だったはずのものが、今は外食産業が儲けるため、値段を下げるための悪知恵に「転用」されているのです。
なぜ「世界のトヨタ」を擁する日本が、「植物性タンパク」でカサ増ししたいじましいハンバーグを食べなければいけないのか、水と小麦粉で増量した「ニセモノチーズ」を食べなければいけないのか。
つくづく情けなくなります。

食品業界だけ、「戦後」が終わっていないのです。

  来週、寿司チェーン店に覆面取材!次回は「豪華エビ天立ち食いそば」の裏側

(後日談)
N君:ファミレスは今回で最後にして、次は何を取り上げましょう?

河岸:みんなが好きなイタリアンがいいんじゃない? 「某イタリアン・チェーン店『人気ドリア』の裏側」とか。

N君:「このドリアはチーズとホワイトソースがひどすぎる。イタリア人が食べたら怒り出すよ」というやつですか?

河岸:そう。原稿段階ではもっと強い表現だったのを、あまりに過激だから表現を少し和らげたんだよね。

N君:でも新刊に詳しく書いたので、ほかの店にしましょうよ。読めば、どこのイタリアン・チェーン店か、わかる人にはわかりますし。
それに、あまりに過激な内容なので、ネット上で大騒動になりますよ。
ただでさえ、今でもネットの掲示板で「リアル『美味しんぼ』だ」とか「N君は実在するのか」と騒がれていますし……。

河岸:でも騒いでくれるのはいいことなんじゃない? 
「外食の裏側」を知ってもらうひとつのきっかけになると思うし。じゃあ、次は回転寿司にしようか。大手回転寿司チェーン店の食べ比べ。

N君:いいですね! ついでに、テレビで「話題」の寿司チェーン店にも行ってみましょうよ!

というわけで来週、N君とともに寿司チェーン店の食べ比べに行くことになりました。
その覆面ルポは次々回に紹介するとして、次回は「豪華エビ天立ち食いそば」の裏側を取り上げたいと思います。

なぜなら、今回の「ニセモノ食品」のもうひとつの代表例が「立ち食いそば」だからです。
そばなのに、そば粉は1~2割で、残りの8~9割は小麦粉
だから安いけど、もはや「茶色いうどん」と呼ぶべきシロモノといった話をしたいと思います。

先ほど述べた「某イタリアン『人気ドリア』の裏側」については新刊の中で詳しく書いているので、興味がある方はご覧ください。
なぜパスタが注文してすぐに出てくるのか?」という裏側から、「メニューの誇張表現がひどすぎる」という私の感想まで詳しく解説しています。
もちろん、今回、取り上げたチーズの問題も書いています。

ぜひみなさんも「外食の裏側」を知ったうえで、今日から使える「安くてうまいものを食べるスキル」を身に付けてください。
関連記事

 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

もうすぐ北風

Author:もうすぐ北風
こんにちは。
いろんな旅を続けています。
ゆきさきを決めてないなら、しばらく一緒に歩きましょうか。

最新記事(引用転載フリー)

カテゴリ

経済一般 (118)
経済一般~2012冬まで (161)
日本の経済 (224)
通貨戦争 (70)
ショック・ドクトリン (12)
震災関係 (23)
原発事故発生 (112)
事故と放射能2011 (165)
放射能汚染2012 (192)
汚染列島2013-14 (146)
汚染列島2015-16 (13)
福島の声 (127)
チェリノブイリからの声 (27)
政治 (413)
沖縄 (93)
社会 (316)
小沢一郎と「生活の党」 (232)
健康と食 (88)
環境と地球の歴史 (28)
未分類 (174)
脳卒中と入院 (7)

カウンター

最新コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。